セクシー・ユー (モンロー・ウォーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
セクシー・ユー(モンロー・ウォーク)
郷ひろみシングル
B面 朝陽のプロローグ
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 作詞:来生えつこ
作曲:南佳孝
チャート最高順位
郷ひろみ シングル 年表
マイレディー
(1979年)
セクシー・ユー(モンロー・ウォーク)
(1980年)
タブー(禁じられた愛)
(1980年)
テンプレートを表示

セクシー・ユー(モンロー・ウォーク)』は、1980年1月にリリースされた郷ひろみの33枚目のシングルである。

概要[編集]

  • 南佳孝モンロー・ウォーク』(1979年)のカバーであるが、歌詞は原曲の1番の大体分が使い回されたものの、2番以降は新たに書き起こされている。
  • 原曲は南によると、風呂上がりに15分くらいでできたそうである[1]
  • 南は『モンロー・ウォーク』を発表後、海外へ行って活動を休止していたため、その間の収入源として同じレコード会社所属の郷に同曲を歌ってもらうことになったという。また郷のファン層は「モンロー・ウォーク」の語源を知らないだろうからということでレコード会社がタイトルを変更したが、その変更に来生えつこは怒っていたという[1]

収録曲[編集]

  1. セクシー・ユー(モンロー・ウォーク)
  2. 朝陽のプロローグ

カバー[編集]

  • 定岡正二(1982年、アルバム『ヤング・ジャイアンツ歌の球宴』収録)
  • かとうれいこ(1991年、シングル「モンロー・ウォーク」)
  • 高野千恵(2009年、アルバム『Summer Collection』収録)

その他[編集]

  • 当時放映中だった「ビッグベストテン」(フジテレビ)のランクイン時、郷ひろみが風邪による病欠の際、郷の物真似で知られる若人あきらがピンチヒッターとして、郷本人になりきって同曲を歌唱した事が有る。
  • 現在では癒し系楽器として有名なスティールパンを歌謡曲で初めて盛り込んだ曲である。不思議な音色の正体として「ザ・ベストテン」(TBS)等の歌謡テレビ番組で紹介された。
  • お笑い芸人の永野のネタ「ノリノリで香水をつける人」でこの曲のイントロが使われている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2008年7月17日放送のフジテレビ系「とくダネ!」“朝のヒットスタジオ”コーナーより、南本人の発言。

関連項目[編集]