アフロヘアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アフロヘアー

アフロヘアー(Afro-hair)、あるいは単にアフロ(Afro)は、「アフリカ系髪型」の意を持つパーマの一つである。を大きく膨らませ丸い形にする特徴がある。

歴史[編集]

20世紀前半に、アメリカ合衆国黒色人種間で発生した。当時の技法はポマードを頭髪全体によく塗り、それにヘアーアイロンを押し当てるという技法であり、特に当時の主流であった、短髪に反しており良く目立ったといわれている。 二度の世界大戦の間に廃れたこともあったが、その後の公民権の獲得運動の中で「ブラック・イズ・ビューティフル」と呼ばれる運動が起こり、黒色人種に多い縮毛を際立たせるような髪型が注目され、その潮流の中で数々のアーティストがアフロヘアーで登場したことも相まって人気を博した。手入れに手間を要するため、黒人の富裕層の髪型であった(そのまま放置するとドレッドロックス状になる)。

現在は、かつて労働の為の奴隷として世界に広がったアフリカ系の出自を持つ者が、自らのルーツであるアフリカを意識的に主張するために好む傾向もある。

アフロヘアーの著名人(50音順)[編集]

日本国内[編集]

※ただしかつら着用の人物も含める。

海外[編集]

アフロヘアーのキャラクターが主人公の作品[編集]