脱毛 (美容)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
脱毛前の脚
ワックスによる脱毛を行った直後の脚

脱毛(だつもう)とは、体毛を意図的に除去することであり、美容あるいは身だしなみの観点から行われる。ワックス脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)、レーザー脱毛脱毛機など各種の方法がある。

かつては女性による脱毛が主流であったが、近年は男性が行うことも少なくない。

体毛除去の方法としての脱毛[編集]

体毛を除去するためには、かみそりを用いて剃毛する、クリーム状または泡状の除毛剤を用いて除毛をすることなどがあるが、脱毛は毛を毛根から抜くことを指し、毛抜きなどを使ったり、ワックス脱毛のように多くの毛を同時に毛根から抜くという方法がとられている。毛抜きなどにかわり、電動の脱毛器具も市販されている。

技術の進歩によって、直流もしくは高周波電流によって毛根の組織を破壊して毛の再生を阻止する針脱毛が用いられるようになり[1]、さらにレーザー脱毛のように赤外線熱エネルギーによって、短時間で多くの毛根を同時に破壊することが可能になった。

歴史[編集]

現在のような器具や脱毛剤を用いるか否かに関わらず、脱毛そのものは、考古学的には2万年ほど前から鋭利な石器や貝殻を用いて削り取るように剃っていた、と推測されている。

脱毛剤は美観や宗教的な目的で紀元前4〜3世紀の頃より存在し、香料を混入した粘り気のあるペースト状態の油脂や澱粉を肌の上に転がして脱毛する方法は、現代においても体毛を不浄と位置付けている宗教で婚姻の際などに花嫁に用いられている。また、溶岩が硬化する段階で火山ガスを放出して生成された、微細な気孔を多く持つ軽石や火山灰を混入した練り物も存在し、微粒子が摺り合って体毛の切断や除去に用いられている。紀元前3世紀頃のシュメール人はピンセット若しくは毛抜きを用いて脱毛し、古代アラビア人はを体毛の上に転がして縄目の撚りを利用して脱毛していた。紀元前300〜100年頃のものとされる古代ギリシアの出土品の中に青銅製のピンセットが現存する[1]

古代ギリシャやローマでも女性は体毛の除去を行っていた。例えばギリシャのアリストパネスによる戯曲『女の平和』には、女性同士が、浴場で、話し相手のきれいに脱毛された下腹部を話題にする描写がある。紀元前70〜30年頃のクレオパトラ7世を初めとするプトレマイオス朝の埋葬品の中にも青銅製の剃刀が存在し、砂糖蜂蜜や蜜蝋を練ったものが使用されていた。

一方で男性に関してはヘロドトスが「人間は死後に髪の毛や髭が伸びるのに関わらず、エジプト人はヒマさえあれば髭剃りをしている」と述べ奇異を表しているように、成人男性は髭を生やしているものと考えられていた[2]

しかしローマではやがて男性も髭を剃るようになり、さらには体毛を除去する男性も現れるようになった。セネカが浴場では体毛を抜く時に上げるうめき声が聞こえてうるさいと記していることから、紀元1世紀頃のローマの公衆浴場ではそれはよく見られた光景と考えられる。ところが髭をのばす風習はハドリアヌスの時代に再び現れる。ギリシアかぶれとして知られるハドリアヌスはギリシア風に髭を生やしたままにしたという。ハドリアヌス以前には髭を生やした皇帝の彫像は見られないがそれ以降にはしばしば見られる。このような、顔面を初めとして体毛を除去する行為は、高貴な地位を表すステータスシンボルとされていた。

アラブイスラーム社会では、成人男女共に首から下の体毛を剃毛することが、イスラームが勃興した1400年以上前から現代にいたるまで宗教的身だしなみとして既定されている。そのため男女共々10日に一度程度の頻度で、腋毛や陰毛を剃刀で剃ることが習慣である。

日本での歴史[編集]

平安時代(8〜12世紀)の日本では、表面が滑らかで、同種の貝でさえも別のものでは決して合わない二枚貝のハマグリの外縁部を使い、額の生え際を整えるため毛を抜いていた。ちなみに額の生え際の何らかの脱毛処理は13世紀頃の英国でも行われており、女王の肖像画から脱毛の存在を推し量ることができる。

江戸時代中期以降となると、ヒゲを含め体毛全般が嫌われるようになり、眉を抜いて薄くし、これを“かったい眉”として粋を競うことが流行。また、男たちは銭湯で脱毛に励んだ。男湯限定で常備されていた“毛きり石”という軽石や貝を擦り合わせ、削り取るようにして、すね毛、わき毛、陰毛、尻や肛門周辺の毛等の体毛を除毛していた。剃刀で剃ることもあった。当時は褌姿でいることが多く、そのときに覗く体毛が嫌われていたためである。このことについて川柳にも「石榴口蛙啼くなり毛切石」という句が残されている。[3][4] 一方で、女性も男性と同じように脱毛をしていたが、特に遊女は石を使った方法だけでなく、線香の先で焼切るという方法も取り入れていた。

体毛を処理する理由[編集]

ドミニク・アングル「

脱毛の理由は様々である。文化的には上で見られるように、古代から体毛を除去する慣習が知られており、タンクトップや短いスカートの着用にあたって、皮膚が露出する部分の腋毛やすね毛は剃毛するか脱毛するかということが一種の身だしなみとなっている。ドミニク・アングル19世紀に描いた女性の体には腋毛や陰毛が認められない。

男性にも長い間を剃るという慣習はあったが、近代までの西洋世界では日常的には髭以外の体毛処理はあまり行われず、例外的に自転車競技サッカー選手、野球選手が、の毛を怪我に備えての処理をするくらいであった[2]。また、美容目的ではボディビルダーが全身を脱毛する位であった。しかし露出や裸体への強烈なタブー感が薄まるにつれて、現代では脱毛も徐々に行われるようになった。

医学的な理由としては、逆まつげ小耳症、また多毛症のための処置などが初期の理由として挙げられる。

医師法との関係[編集]

針脱毛やレーザー脱毛は医療行為とされ、医師のいないエステティックサロンでの営業には法的問題があった[3]。また、高額な内容であるにもかかわらず、その場ですぐに契約させようとするといった問題もあった[4]。厚生労働省が、2001年に「医師免許の無い者がレーザー脱毛をすることは医師法違反」と通達した[5][6]のを受け、各エステティックサロンは、業界団体の再編やそこでの検討を経て、レーザーの出力を一定値以下に抑えるなどして対応している。しかし、2009年には、神戸市をはじめ近畿中国地方西日本地区に店舗を展開するエステティックサロンチェーンが、医師免許を持たない従業員にレーザー脱毛を行わせていたことが判明し、兵庫県警医師法違反容疑で捜索を行っている。この店の利用者の中には、火傷などのトラブルに見舞われた者もいるという[7][5][6]2012年3月には、2011年7月に医師免許が無いのに20代の女性に脱毛する医療行為を行ったとして、大阪府警生活環境課と曽根崎署は6日、エアフール(大阪府大阪市北区茶屋町)女性社長とエアフール梅田店店長従業員の3人を医師法違反で逮捕した。続いて同年6月には山形市のエステ店で医師免許を持たずに医療行為の「光脱毛」を行ったとして、山形県警生活環境課と山形署は29日、同店を経営する「ブラッサム」社長ら3容疑者を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。また、2014年4月にも、姫路市のエステサロン「ハニーフラッシュ」の経営者と元店長の合わせて3人が医師法違反の疑いで逮捕された。同店では8年前から客に対して同様の脱毛行為を行い、これまでに少なくとも310人の客が店側に健康被害を訴え出ていたとのこと[8]。またさらに厚生労働省研究班が医師を対象に調査した結果によると、エステ利用後に健康被害を訴える人が相次いでいることが判明。患者324人のうち41%が脱毛の施術を受けており、研究代表者は、エステで使われる光脱毛器の不適切な使用で火傷を負うケースが多いと指摘している[9]

ワックス脱毛[編集]

ワックス脱毛とは脱毛用に開発されたワックスを皮膚に塗り、毛とワックスとが接着する性質を利用し、これを引きはがすことによって、毛を毛根から取り除く方法である。家庭用での自己処理のために、室温で使えるジェル状のものや、シートに塗布された状態で市販されているものもある。

エステティックサロンで用いられる業務用のワックスは、室温では固形であり、金属の缶に入ったままヒーターで加熱されて融解させて使用する。この際、木製の使い捨てスパチュラを使ってワックスを脱毛する部位に塗る。ワックスは、綿や不織布でできた当て布を用いて引きはがすソフト・ワックスと呼ばれるものと、ワックス自体が固体化する性質のハード・ワックスと呼ばれるものがある。

レーザー脱毛[編集]

レーザー脱毛とは黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する[10][11]。また、毛のライフサイクルのうち、成長期に照射した分のみが永久的に脱毛されるといわれる。これは、毛根に対して十分な熱量が与えられるのがこの期間に限られるからである。

ニードル脱毛[編集]

ニードル脱毛は、電気針を使用する医療脱毛の一種。針脱毛とも呼ばれている。皮膚科美容整形外科のある病院で行われる。医療行為のため、医師、もしくは看護師でないと施術は出来ない。1800年代の後半、アメリカ逆さまつ毛の治療法として誕生。日本には1960年あたりから取り入れられた。毛穴に絶縁針を刺し、電流高周波熱で毛乳頭を焼き、組織を破壊して脱毛する。毛乳頭が完全に破壊されると、そこからは永久に毛が生えてこない。アメリカ食品医薬品局(FDA)が唯一、永久脱毛の効果がある脱毛方法と認めている。レーザー脱毛では行えない産毛や白い毛の脱毛や、日焼けした肌や、シミアザホクロなどメラニン色素が濃い部分の脱毛がニードル脱毛では可能である。またアトピーのある人でも脱毛が可能である[12]レーザー脱毛に比べると処理できる面積が狭く、時間もかかり、痛みも強いが[13]眉毛など細かい部分や、ビキニラインなど一本残らず処理したい場合には適している。施術時に痛みを伴い、色素沈着や内出血等のトラブル事例も散見されており、施術時には注意を要する[14]

脚注[編集]

  1. ^ 小林敏男、玉田伸二、山本貴弘、若松信吾『医学脱毛』(金芳堂、2000年
  2. ^ ランス・アームストロングは、著書の中で、落車して擦過傷になった場合、脛毛を剃っておいたほうが傷が治りやすいと指摘している。このため、競技として自転車に乗る場合は、事前に脛毛を剃ることを提唱している。
  3. ^ 林弘正「判例評論 最新判例批評(55) いわゆるレーザー脱毛の営業に関し、医師法違反の違法性の意識を欠いたことに相当な理由があるとはいえないとされた事例(東京地判平成14.10.30)」(判例時報2004年7月)
  4. ^ 「エステティック110番報告 概要書面・契約書面交付の徹底を」(月刊消費者、2001年11月)
  5. ^ a b 無許可レーザー脱毛、エステ店チェーン家宅捜索 兵庫県警 産経新聞 2009年12月18日
  6. ^ a b エステ:無免許でレーザー脱毛 兵庫県警が家宅捜索 毎日新聞 2009年12月18日
  7. ^ 無資格でレーザー脱毛か、エステ「アニュー」捜索 読売新聞 2009年12月18日
  8. ^ 医師の資格持たずに"光脱毛"経営者ら逮捕 兵庫(14/04/08) YouTube 2014年4月8日
  9. ^ “エステ脱毛で健康被害相次ぐ 機器の不適切使用でやけど”. 共同通信. (2014年8月6日). http://www.47news.jp/CN/201408/CN2014080601001530.html 2015年6月24日閲覧。 
  10. ^ 黒色から濃茶色ではない体毛(脱色した体毛・金髪・白髪など)の脱毛は苦手とする
  11. ^ 肌の地色が濃い場合は、そちらにも反応してしまうため、一般的には施術を避ける
  12. ^ 医療針脱毛のメリット
  13. ^ 医療針脱毛のデメリット
  14. ^ 針脱毛のメリット・デメリット

参考文献[編集]

  • 小林敏男、玉田伸二、山本貴弘、若松信吾(編)、日本医学脱毛学会(監修)『医学脱毛:多毛症の基礎からレーザー脱毛まで』(金芳堂、2000年)

関連項目[編集]