熱エネルギー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
可視光の熱放射はこの熱い金属物で見ることができる。熱エネルギーは、理想的にはその温度へ金属を温めるために必要な熱の量であるが、この量は明確に定義されない。これは、ある温度の物体を得るための多くの方法があり、それぞれが異なる量の総注入を必要とするためである。熱エネルギーは、内部エネルギーと異なり、したがって状態関数ではない。

熱力学において、熱エネルギー(ねつエネルギー、: Thermal energy)は、物質の内部エネルギーのうち物質を構成する原子分子の熱運動によるエネルギーを指す[1]。この概念は物理学熱力学において明確に定義されておらず、幅広く受け入れられていない。これは、内部エネルギーは温度を変化させることなく変化させることができ、系の内部エネルギーのどの部分が「熱」に由来するのかを区別する方法がないためである。英語の "thermal energy" は系の(全)内部エネルギーといったより厳密な熱力学量、、エネルギーの「伝達」の一種として定義される顕熱仕事がエネルギーの伝達の一種であるのと同じ)の同義語として大ざっぱに使われることがある。熱と仕事はエネルギー伝達の手段に依存するが、内部エネルギーは系の状態の性質であり、したがってエネルギーがどのようにしてそこに着いたかを知らなくても理解することができる。

熱および内部エネルギーとの関係[編集]

はより熱い系(物体)からより冷たい系(物体)へ自発的に伝達されるエネルギーである[2][3]。熱はエネルギーの移動の形式であり、系の中に存在するものではない[4]。熱は系の境界内にも含まれない[2]。一方、内部エネルギーは系の性質である。理想気体において、内部エネルギーは気体粒子の運動エネルギーの統計的平均であり、この運動が系の境界を越える熱の伝達の源および効果である。理想気体の内部エネルギーはこの意味において "Thermal energy" と考えることができる。この場合、しかしながら、thermal energy と内部エネルギーは同一である。

理想気体よりも複雑な系(実在気体など)は相転移を起こす。相転移はその温度を変化させることなく系の内部エネルギーを変化させる。したがって、thermal energy は温度だけで定義することはできない。Thermal energy は内部エネルギーと系内外の総熱移動との差によって定義することもできない。これは、系が寸分違わぬ状態で始まり終わるが、このサイクルの間に熱が出入りする正味の流れが存在する熱力学サイクルを構築することは容易だからである。

これらの理由から、系の thermal energy の概念は明確に定義されておらず、熱力学では使われない。

歴史的文脈[編集]

「物質、活力、熱について」と題された1847年の講演で、ジュールthermal energy および熱と密接に関連する様々な用語を特徴付けた。ジュールははっきりと異なる物理現象、すなわち粒子のポテンシャルエネルギーおよび運動エネルギーに影響を与える熱の形式として潜熱および顕熱という用語を定義した[5]。ジュールは粒子のある配置における相互作用のエネルギー、すなわちポテンシャルエネルギーの一形式として潜熱を特徴付け、ジュールが「活力」と呼んだ thermal energy が原因の温度計によって測定できる温度に影響を与えるエネルギーとして顕熱を特徴付けた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大辞林
  2. ^ a b Robert F. Speyer (2012) [September 16, 1993]. Thermal Analysis of Materials. Materials Engineering. Marcel Dekker, Inc.. p. 2. ASIN 0824789636. ISBN 0-8247-8963-6. NCID BA2367314X. OCLC 700434612. 
  3. ^ Thomas W. Leland, Jr., G. A. Mansoori, ed. (PDF), Basic Principles of Classical and Statistical Thermodynamics, http://www.uic.edu/labs/trl/1.OnlineMaterials/BasicPrinciplesByTWLeland.pdf 
  4. ^ 『物理小事典』 三省堂編修所(編修)、宮島龍興(監修)、三省堂2008年(原著1994年4月)、第4版。全国書誌番号:94041161ISBN 978-4385240169NCID BN10774805OCLC 675375379ASIN 4385240167
  5. ^ J. P. Joule (1884). “Matter, Living Force, and Heat” (PDF). The Scientific Papers of James Prescott Joule. 2. The Physical Society of London. p. 274. https://ia802301.us.archive.org/33/items/scientificpapers01joul/scientificpapers01joul.pdf. "I am inclined to believe that both of these hypotheses will be found to hold good,—that in some instances, particularly in the case of sensible heat, or such as is indicated by the thermometer, heat will be found to consist in the living force of the particles of the bodies in which it is induced; whilst in others, particularly in the case of latent heat, the phenomena are produced by the separation of particle from particle, so as to cause them to attract one another through a greater space." 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]