泉 (絵画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『泉』
フランス語: La Source
Jean Auguste Dominique Ingres - The Spring - Google Art Project 2.jpg
作者 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル
製作年 1820年 - 1856年
種類 カンヴァス油彩
寸法 163 cm × 80 cm (64 in × 31 in)
所蔵 オルセー美術館パリ
ヴィーナスの誕生

』(フランス語: La Source)は、 フランス新古典主義の画家ドミニク・アングルが1820年から1856年にかけて描いた絵画。 アングルはフィレンツェ時代の1820年頃にこの作品の制作を開始したが、1856年パリの時点で未完であった[1][2]。 アングルが『泉』を完成させたのは彼が76歳の時で[3]、すでにその名声は知れ渡っており[4]エコール・デ・ボザールの学長を務めていた[5]。 壺を持った女性像のイメージはジャン・グージョンen)によるイノサン噴水(en)のレリーフ彫刻、あるいはシュリー館en)のレリーフ彫刻に由来すると考えられている。裸婦像のポーズはアングルの別作品『ヴィーナスの誕生』(1848年)[6]や、『クニドスのアプロディーテー』(別名『恥じらいのヴィーナス』)としばしば比較される[5]。 アングルの2人の弟子、画家のポール・バルズ(en)とアレクサンドル・デゴッフ(en)が、背景と水壺を描くのを手伝った[1]

構図[編集]

作品には、岩の割れ目に永続的に立つ裸婦が描かれる。彼女の手は水壺を支えており、そこから水が流れ落ちている。 彼女は水源や泉を象徴しており、西洋古典学ではムーサに仕えるとされ、詩的な着想の源ともなった[7]

彼女は2つの花の間に立っており、花は「それらを引き抜こうとする男性への脆弱性」を示している[7]。 周りを縁取るヘデラは、騒乱、再生、恍惚の神ディオニューソスを象徴する植物である[7]

彼女の注ぐ水が川となって境界線を生みだし、彼女と鑑賞者を切り離している点は、象徴として重要である[7]

解釈[編集]

芸術歴史家のフランセス・フォウルとリチャード・トムスンは、『泉』には「女性と自然の記号的統一」が見られると示唆している。

作品中で顕花植物と水は、アングルが女性の「第二の特質」で満たした背景として用いられている[8]

反応[編集]

1856年に『泉』は完成し、その年に初めて展示された[9]。 作品は熱狂的に受け入れられた[4]。 タンネギー・デュシャテルが1857年に25,000フランを支払って作品を手にした。 1878年に政府が絵を取得し、作品をルーヴル美術館に納めた。 1986年にはオルセー美術館に移された[1]。 作品はしばしば展示されて、広く公開された[1][10]

ホールデン・マクフォールは著書『絵画の歴史:フランスの天才』で、『泉』を「アングルの特によく知られた裸婦像」と評している[11]ケネス・クラークは著書『女性の美』で、『泉』が「フランス絵画で最も美しい姿」と述べられてきたことに注目した[12]。 ヴァルター・フリードランダーは『デヴィッドとドラクロワ』で『泉』について「アングルの絵画で最も有名なもの」と評した[13]

絵のモデルは、アングルの住む集合住宅の管理人の若い娘が務めた[11]。 アイルランドの小説家ジョージ・ムーアは著書『一青年の告白』で、芸術作品作成の道徳性について、「16歳そこそこのメイドの貞操がアングルの『泉』の代償だとして、それがなんだというのか? 洗練された無垢な夢である『泉』の本質にかんがみれば、モデルが酒と病気のために病院で死んだことは、たいしたことではない」と皮肉った[14]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d La Source”. オルセー美術館. 2012年3月2日閲覧。
  2. ^ Houghton Mifflin Company (2003). The Houghton Mifflin dictionary of biography. Houghton Mifflin Harcourt. pp. 782-. ISBN 978-0-618-25210-7. http://books.google.com/books?id=rySr84jox_AC&pg=PA782. 
  3. ^ Arnheim, Rudolf (2004). Art and visual perception: a psychology of the creative eye. University of California Press. p. 152. ISBN 978-0-520-24383-5. http://books.google.com/books?id=9RktoatXGQ0C&pg=PA152. 
  4. ^ a b Magi, Giovanna (1999). Grand Louvre and the Musee D'Orsay. Casa Editrice Bonechi. p. 91. ISBN 978-88-7009-780-1. http://books.google.com/books?id=T4VsrAyUEgAC&pg=PA91. 
  5. ^ a b Baguley, David (2000). Napoleon III and his regime: an extravaganza. LSU Press. pp. 317–. ISBN 978-0-8071-2624-0. http://books.google.com/books?id=acgxXxume2sC&pg=PA317. 
  6. ^ Geist, Sidney (1988). Interpreting Cézanne. Harvard University Press. p. 93. ISBN 978-0-674-45955-7. http://books.google.com/books?id=7cse0EiksSkC&pg=PA93. 
  7. ^ a b c d Ferber, Michael (2007). A dictionary of literary symbols. Cambridge University Press. pp. 75ff, 80f, 104f, 170ff. ISBN 978-0-521-87042-9. 
  8. ^ Fowle, Francis; Thomson, Richard (2003). Soil and stone: impressionism, urbanism, environment. Ashgate Publishing. p. 23. ISBN 978-0-7546-3685-4. http://books.google.com/books?id=udT3p5pusY8C&pg=PA23. 
  9. ^ Stoddart, David Michael (1990). The scented ape: the biology and culture of human odour. Cambridge University Press. p. 131. ISBN 978-0-521-39561-8. http://books.google.com/books?id=NYBux6MdmbIC&pg=PA131. 
  10. ^ Fried, Michael (1998). Manet's modernism, or, The face of painting in the 1860s. University of Chicago Press. p. 518. ISBN 978-0-226-26217-8. http://books.google.com/books?id=aV9bPK-vE6cC&pg=PA518. 
  11. ^ a b Macfall, Haldane (August 2004). A History of Painting: The French Genius (vol. 6). Kessinger Publishing. p. 275. ISBN 978-1-4179-4511-5. http://books.google.com/books?id=UWrGyKyc60oC&pg=PA275. 
  12. ^ Henry A. Strobel (1999). Reflections: personal essays. Henry Strobel Publisher. p. 62. ISBN 978-1-892210-01-2. http://books.google.com/books?id=6wac58KGK1sC&pg=PA62. 
  13. ^ Walter Friedländer (1952). David to Delacroix. Harvard University Press. p. 87. ISBN 978-0-674-19401-4. http://books.google.com/books?id=rhm0pV_t-Z0C&pg=PA87. 
  14. ^ Barrett, Cyril (1982). “The Morality of Artistic Production”. The Journal of Aesthetics and Art Criticism (Wiley-Blackwell) 41 (2): 137–144. http://www.jstor.org/pss/430264. 

参照項目[編集]