テオフィル・ゴーティエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
テオフィル・ゴーティエ(ナダール撮影)

ピエール・ジュール・テオフィル・ゴーティエ (Pierre Jules Théophile Gautier,1811年8月30日 - 1872年10月23日)は、フランス詩人小説家劇作家。文芸批評、絵画評論、旅行記も残した。日本では「ゴーチエ」とも表記される。また、よりフランス語の発音に近い表記は「ゴティエ」である。

生涯[編集]

タルブ(現在のオート=ピレネー県の県都)で生まれ、父の転勤で3歳からパリで育った。はじめは画家を志したが、中学の上級生ネルヴァルの影響で詩作にも励み、学生時代にネルヴァルの紹介でヴィクトル・ユーゴーと出会い、ロマン派詩人として出発する。いわゆる青年フランス派に属し、1830年の"エルナニ合戦"(Bataille d'Hernani)ではロマン派の先頭に立って活躍している。当時仏訳されたE.T.A.ホフマンの影響を受けて、愛と死をテーマにした多くの幻想的な作品を書いた。

やがて当時のロマン主義者達の並はずれた自我の誇示・感情の吐露に反発し、没個性的で正確な描写を試みるようになる。また、その個人的感情を外界の冷静な描写に流し込むようになり、ロマン主義から脱した。また当時の政府の出版物への弾圧により、ゴーティエの評論等も掲載禁止とされた、小説「モーパン嬢」の序文においてはロマン主義の社会有用説を痛烈に批判している。

一時は画家を目指したことから、感情の美よりも外形の美に心をひかれ、「芸術のための芸術」を主張。形態と色彩と光沢への美に憧れ、画家や彫刻家が絵筆とのみで表そうとする美を、彼は詩人としてペンで表そうとした。

ロマンティック・バレエのために、いくつかシナリオを書いており、カルロッタ・グリジが最初に踊ったことで知られる『ジゼル』が有名である。グリジは彼が生涯で一番愛した女性だったが、彼女がそれを受け入れることはなく、彼はグリジの妹で歌手のエルネスティーヌと結婚し、2女をもうけた[1]。娘のジュデト・ゴーティエ[2]も作家で、その美貌で知られた[3]。明るく楽天的な性質だったとされるが、その一方でたいへんな迷信家であったと言われる。晩年の幻想的な作品である『アヴァタール』、『邪眼』、『精霊』などにはその傾向が現れており、スウェーデンボルグの影響も認められる。

1863年に、大半を若き日に執筆していた『キャプテン・フラカス』が大きな成功となる。1865年マティルド・ボナパルトのサロンに招かれたのをきっかけに、皇帝ナポレオン3世の宮廷へつながる足がかりを得た。

シャルル・ボードレールより、『悪の華』巻頭で「十全無瑕の詩人にして完璧なるフランス文学の魔術師テオフィル・ゴーチエ氏に」[4]という献辞を受けた。ゴーティエもボードレールの死後に追悼文と作家論を書き、新版『悪の華』の序文としている。また若き日のラフカディオ・ハーンが愛読し英訳[5] も行っている。

1872年、長年苦しんだ心臓病によりパリで没し、モンマルトル墓地に埋葬された。

ゴーティエの詩による音楽作品[編集]

ゴーティエの詩にはエルネスト・ショーソンアンリ・デュパルクガブリエル・フォーレなどの作曲家が曲を付けており、特にエクトル・ベルリオーズの「夏の夜」が知られる。

主な作品[編集]

  • コーヒー沸かし La Cafetière 1831年
  • アルベルトゥス Albertus 1831年
  • 若きフランスたち Les jeunes France 1833年
    • 『若きフランスたち-諧謔小説集』 井村実名子訳、国書刊行会。短編6篇
  • モーパン嬢 Mademoiselle de Maupin 1835年
    • 井村実名子訳、岩波文庫(上下)。田辺貞之助訳、白水社(上下)
  • 死霊の恋 La Morte amoureuse 1836年
  • ある夜のクレオパトラ Une nuit de Cleopatre 1838年
  • ジゼル Giselle 1841年
  • スペイン紀行 Un Voyage en Espagne 1843年
  • 七宝螺鈿集 Emaux et Camees 1852年(詩集)
  • ポンペイ夜話 Arria Marcella ou Souvenir de Pompèi 1852年
  • アヴァタール Avatar 1856年
  • ミイラ物語 Le Roman de la Momie 1858年
  • 精霊 Voyage en Russie, Spirite 1866年
  • キャプテン・フラカス Le Captitaine Fracasse 1863年
    • 田辺貞之助訳、岩波文庫(全3巻)、復刊
  • スピリット Spirite
    • 田辺貞之助訳、沖積舎-訳者自身の遺作
日本語訳版オリジナル
  • 『死霊の恋・ポンペイ夜話 他3篇』、田辺貞之助訳、岩波文庫
  • 『魔眼、金の鎖またはもやいの恋人、ある夜のクレオパトラ』
  • 『変化、ポンペイの幻、ミイラの足』
  • 『吸血女の恋、カンダウレス王、千二夜物語、双つ星の騎士』
    • 小柳保義訳、社会思想社〈現代教養文庫〉、1991-93/文元社教養ワイドコレクション 2004
  • 『舞踊評論』 井村実名子訳、新書館〈Classics on dance7〉、1994
  • 『ボードレール』井村実名子訳、国書刊行会、2011
    • ※ミシェル・レヴィ版・ボードレール全集「悪の華」(1868)の序文評伝。詳細な訳註・解説に図版を付す

脚注[編集]

  1. ^ 渡辺守章編・解説 『舞踊評論』 新書館、1994年
  2. ^ 娘ジュディットの代表作に児童文学『白い象の伝説』(1894年刊で、多数の挿絵はアルフォンス・ミュシャによる)がある。
  3. ^ 彼女の文学的生涯は、吉川順子『詩のジャポニズム ―ジュディット・ゴーチェの自然と人間』 (京都大学学術出版会、2012年)に詳しい。
  4. ^ 田辺貞之助の解説(『死霊の恋・ポンペイ夜話 他三編』岩波文庫、初版1982年)
  5. ^ 『クラリモンド 恋する死霊 英・仏対訳』(ハーン英訳、佐竹竜照・内田英一訳注、大学書林、1997年)を参照、巻末に英訳からの日本語訳がある。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]