青柳瑞穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

青柳 瑞穂(あおやぎ みずほ、1899年5月29日 - 1971年12月15日、男性)は、日本の仏文学者詩人美術評論家翻訳家山梨県出身。骨董品収集・随筆でも著名であった。ピアニスト青柳いづみこ大阪音楽大学教授)は、直系の孫である。

人物[編集]

山梨県西八代郡高田村印沢(現・市川三郷町)にて、四男五女の末子として生まれる。生家はかつて質屋を営んだことがある富裕な地主の家系。幼い頃から書画骨董の詰まった質倉で遊び、骨董に対する鑑賞眼を培った。

1917年に山梨県立甲府中学校(旧制)を卒業後、詩作やフランス語独習に熱中。永井荷風堀口大學に憧れて1919年に上京し、慶應義塾大学仏文予科に入学。このとき蔵原伸二郎と知り合い、無二の親友となる。1920年、出席時間不足のために留年し、新入生奥野信太郎と親交を結ぶ。1922年、慶應義塾大学仏文科に入学。在学中にアンリ・ド・レニエの小説を日本語に翻訳し、永井荷風の個人指導を受ける。留年を経て1926年に大学を卒業後、堀口大學の門人として、『パンテオン』『オルフェオン』『セルパン』などに創作詩を発表。やがて詩作から遠ざかり翻訳業に専念。

1937年、東京都杉並区の古道具屋にて、尾形光琳筆の肖像画『中村内蔵之助像』を7円50銭で発掘、大きな話題を呼ぶ。1949年、ジャン=ジャック・ルソーの『孤独な散歩者の夢想』の翻訳により戸川秋骨賞を受賞。1950年、慶應義塾大学仏文科ならびに同予科の非常勤講師となる。1961年に『ささやかな日本発掘』により第12回読売文学賞受賞。

1971年12月15日、急性肺炎で死去。中央線沿線に住む文士たちの集い「阿佐ヶ谷会」のまとめ役でもあった。

著書[編集]

共著[編集]

訳書[編集]

ギ・ド・モーパッサン[編集]

  • 『モーパッサン短編集 』(モーパッサン春陽堂) 1933、のち新潮文庫(全3巻)、のち改版
  • 『目ざめ その他』(モオパッサン、白桃書房) 1946、のち新潮文庫
  • 『山の宿 その他』(モオパッサン、白桃書房) 1946、のち新潮文庫
  • 『巴里人の日曜日』(モオパッサン、白桃書房) 1947、のち新潮文庫
  • 『水の上』(モオパッサン、白桃書房) 1948、のち新潮文庫
  • 脂肪の塊 / テリエ館』(モーパッサン、新潮文庫) 1951、のち改版 2012ほか
  • 女の一生』(モーパッサン、講談社、世界文学全集) 1968、のち講談社文庫 1971、のち新版 1974

参考文献[編集]

  • 『青柳瑞穂の生涯 真贋のあわいに』(青柳いづみこ、新潮社) 2000、のち平凡社ライブラリー 2006
  • 『青柳瑞穂 骨董のある風景』(青柳いづみこ編・解説、みすず書房、大人の本棚) 2004