青柳いづみこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
青柳 いづみこ
生誕 (1950-06-04) 1950年6月4日(69歳)
出身地 日本の旗
学歴 東京藝術大学学術博士
ジャンル ニューエイジ
映画音楽
現代音楽
職業 エッセイストピアニスト
担当楽器 ピアノ

青柳 いづみこ(あおやぎ いづみこ、1950年6月4日 - )は、日本のピアニストエッセイスト。学術博士(東京芸術大学[1]大阪音楽大学教授ドビュッシー研究家。東京都出身。

来歴・人物[編集]

東京都杉並区阿佐ヶ谷に生まれ育つ。祖父は仏文学者青柳瑞穂。4歳からピアノを習う。東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京芸術大学音楽学部卒業。フランスに留学し、国立マルセイユ音楽院首席卒業。東京芸術大学大学院博士課程修了。安川加壽子ピエール・バルビゼに師事。

1980年に帰国し、東京で初めてのリサイタルを開く。1989年、論文『ドビュッシーと世紀末の美学』によって東京芸術大学より学術博士を授与(フランス音楽の分野で初めての博士号だった)。1990年文化庁芸術祭賞受賞。99年『翼のはえた指』で吉田秀和賞受賞、2001年『青柳瑞穂の生涯』で日本エッセイストクラブ賞受賞、09年『六本指のゴルトベルグ』で講談社エッセイ賞受賞。

CD[編集]

著書[編集]

共著[編集]

  • 『我が偏愛のピアニスト』中央公論新社、2010年/中公文庫、2014年 - 日本人ピアニスト10名との対話集。
  • 『ドビュッシーのおもちゃ箱』沼辺信一共著、学研、2018年8月。CD付き
  • 『対談音楽で生きていく! 10人の音楽家と語るこれからのキャリアデザイン』アルテスパブリッシング、2019年

解説[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

外部リンク[編集]