ジュール・ロマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Jules Romains
ジュール・ロマン
Jules Romains-crop.jpg
誕生 ルイ・アンリ・ジャン・ファリグール
1885年8月26日
フランスの旗 フランス共和国オート=ロワール県
死没 (1972-08-14) 1972年8月14日(86歳没)
フランスの旗 フランスパリ
職業 作家、詩人
国籍 フランスの旗 フランス
主題 小説随筆戯曲
文学活動 国際ペンクラブ会長
(1936 - 1941)
アカデミー・フランセーズ会員
(1946年 - 1972年)
代表作 『善意の人々』
主な受賞歴 レジオンドヌール勲章グラントフィシエ
芸術文化勲章コマンドゥール
サイン
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ジュール・ロマン(Jules Romains, 1885年8月26日 - 1972年8月14日)は、フランスの作家、詩人、ユナニミスム文学運動の主導者。本名、ルイ・アンリ・ジャン・ファリグール(Louis Henri Jean Farigoule)。

生涯[編集]

1885年、オート=ロワール県サン=ジュリアン=シャトゥイユに生まれ、直後に、小学校教員の父の転勤でパリに移り、のち、コンドルセ高等中学校(Lycée Condorcet)に学んだ。1902年高等師範学校École Normale Supérieure)に進み、哲学の大学教授資格を得て1909年卒業後、1919年まで各地の教職を務めた。

高等中校時代、雑踏の中でユナニミスム(Unanimism 、『一体主義』)を感得したという。高等師範学校時代の1906年、ユナニミスムの小説『新しい町』を出版し、また、ジョルジュ・デュアメルシャルル・ヴィルドラックら『アベイ派』と、親交を結んだ。デュアメルらは、1906年から1908年、パリ南東クレテイユの『クレテイユ僧院』(Abbaye de Créteil)に籠もって理想主義的文学共同生活を営み、『アベイ派』と呼ばれた。

1911年の小説『ある男の死』、1913年の、小説『仲間たち』、詩集『歌と祈り』などで世に知られ、1922年 - 1929年の三部作小説『プシュケ』、1923年の、戯曲『ル・トルーアデック氏の放蕩』、戯曲『クノック』などで、文名を確かにした。

1932年から1946年にかけ、全27巻の大河小説、『善意の人々』を出版した。

1914年第一次世界大戦勃発を契機に、政治問題にも関心を抱き、1927年、「国民総動員」的法律への抗議運動に加わり、1931年の『今日の問題』、1933年の『ヨーロッパの問題』などの評論も発表した。エドゥアール・ダラディエの急進社会党と近く、人民戦線を支持して、スペイン内戦のフランコナチスヒトラーへの宥和政策に反対した。

1936年から1941年まで、国際ペンクラブの会長を務めた。

1939年第二次世界大戦開戦とともにアメリカ合衆国へ亡命し、反ナチズムをラジオで訴え、1941年からはメキシコで、在ラテンアメリカ・フランス人協会(IFAL)を組織した。

1945年、シャルル・ド・ゴール首相やジョルジュ・デュアメルに薦められ、アカデミー・フランセーズ会員への立候補をメキシコで表明し、翌1946年11月7日に認められ、同年帰国した。

1962年には、アルジェリアの独立を進めるドゴール大統領を、支持した。

その後も、1970年の回想録『友情と出会い』に至るまで、執筆活動を続け、1972年、パリに没した。

レジオンドヌール勲章グラントフォシエ、芸術文化勲章コマンドゥールを贈られている。

主な作品[編集]

  • 1904年:人の心(L'Âme des Hommes)、詩集
  • 1906年:新しい町(Le bourg régénéré)、小説
  • 1908年:一体生活(La Vie unanime)、詩集
  • 1911年:ある男の死(Mort de quelqu'un)、小説
  • 1913年:歌と祈り(Odes et prières)、詩集
  • 1913年:仲間たち(Les Copains)、小説
  • 1914年:ヴィレットの岸で(Sur les Quais de la Villette)、小説
  • 1916年:ヨーロッパ(Europe)、詩集
  • 1920年:ふるさとクロムデール(Cromedeyre-le-Vieil)、戯曲
  • 1923年:ル・トルーアデック氏の放蕩(Monsieur Le Trouhadec saisi par la débauche)、戯曲
  • 1923年:クノック、あるいは医学の勝利フランス語版Knock ou le triomphe de la médecine)戯曲
    • ルイ・ジューヴェ一座により、1923年12月14日、初演。
  • 1922年 - 1929年:プシケ(Psyché)、三部作の小説
    • 1.リュシエンヌ(Lucienne)(1922)、2.肉体の神(Le Dieu des corps)(1928)、3.船が……(Quand le navire...)(1929)
  • 1925年:ル・トルーアデック氏の結婚(Le mariage de Le Trouhadec)、戯曲
    • ルイ・ジューヴェ一座により、1925年1月31日、初演。
  • 1926年:独裁者デメトリオス(Le dictateur Démétrios)戯曲
    • ルイ・ジューヴェ一座により、1925年10月9日、初演。
  • 1926年:ジャン・ル・モーフランク(Jean Le Maufranc)、戯曲
    • ジョルジュ・ピトエフ(Georges Pitoëff)一座により、1926年、初演。
  • 1929年:ヴォルポーネ(Volpone)、ベン・ジョンソン作、シュテファン・ツヴァイク脚色を更に脚色、戯曲
  • 1930年:アメデと靴磨き台上の諸君(Amédée et les Messieurs en rang)、戯曲
    • ルイ・ジューヴェ一座により、1923年12月14日、初演。
  • 1930年:きらめき(La Scintillante
    • ルイ・ジューヴェ一座により、1924年10月6日、初演。
  • 1930年:ドノゴー=トンカ(Donogoo-Tonka)、戯曲
    • ルイ・ジューヴェの演出により、1930年10月15日、初演。
  • 1932年 - 1946年:善意の人々(Les Hommes de bonne volonté)、27巻の大河小説
  • 1931年:今日の問題(Problèmes d'aujourd'hui)、評論
  • 1931年:仮面の王(Le roi masqué)、戯曲
    • ルイ・ジューヴェの演出により、1931年、初演。
  • 1933年:ヨーロッパの問題(Problèmes européens)、評論
  • 1940年:ヨーロッパの7つの謎(Sept mystères du destin de l'Europe)、評論
  • 1947年:第一義の問題(Le problème No.1)、評論
  • 1956年:ジョルファニオンの息子たち(Le Fils de Jerphanion)、小説(邦題『もだえ ― 若き世代のドラマ』)
  • 1961年:偉大なる正直者(Un grand honnête homme)、小説
  • 1962年:無名の人々の肖像(Portraits d'inconnus)、短編集
  • 1970年:友情と出会い(Amitiés et rencontres)、回想録

日本語訳された作品[編集]

訳書[編集]

  • 『クノック ― 医学の勝利』、岩田豊雄訳、白水社(1927)、新潮文庫(1957)
  • 『或る男の死 他一篇』山内義雄訳、白水社(1938)
  • 『プシケ』(第1‐3部)青柳瑞穂訳、新潮文庫(1955)
  • 『ル・トルデアック氏の放蕩』岩田豊雄訳(岩田豊雄創作翻訳戯曲集中の一篇)新潮社(1963)
  • 『ボールポヌ』長谷川義雄訳、立命館出版部(1935)
  • 『アメデと靴磨き台上の諸君』岩田豊雄訳(現代世界戯曲選集1中の一篇)白水社(1958)
  • 「善意の人々1、2(十月六日・キネットの犯罪・幼き戀・パリのエロス)」川崎竹一訳、『三笠書房現代世界文学全集2』3(1954)
  • 『十月六日』(『善意の人々』の1)権守操一訳、創元社(1941)
  • 「ヴェルダン」(『善意の人々』の16)山内義雄訳、新潮社現代世界文学全集33(1958)
  • 『欧州の七つの謎』清水俊二訳、六興商会出版部(1941)
  • 『もだえ ― 若き世代のドラマ』川崎竹一訳、大日本雄弁会講談社(1957)
  • 「新しい町」山内義雄訳『世界文学大系92』筑摩書房(1964)

戯曲上演[編集]

  • クノック - 医学の勝利、新劇協会(1927.4)帝国ホテル演芸場 翻訳・演出:岩田豊雄
1938年3月、文学座第一回公演の演目としても上演された。
  • ル・トレアデック氏の放蕩、名古屋の美術座(1928.11)新守座
  • 医師クノック、劇団昴(1982)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前任:
アベル・ボナール
アカデミー・フランセーズ
席次12

第17代:1946年 - 1972年
後任:
ジャン・ドルメソン