シャルル・ヴィルドラック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1926年、妻とともに訪日

シャルル・ヴィルドラックフランス語: Charles Vildrac, 1882年11月22日 - 1971年6月25日)は、フランスの作家。まず詩人、つぎに戯曲作者として名を得、童話も書いた。人間主義にもとづく反戦主義者であった。

生涯[編集]

1882年、パリ5区で生まれた。本名はシャルル・メサジェ(Charles Messager)。父は独身時代パリ・コミューンに活動し、ニューカレドニアへ送られた前歴の人であった。シャルルは教職の母が勤める学校を卒業し、ヴォルテール高等中学校(Lycée Voltaire)に進んだ。詩に取りつかれ、18歳のとき数篇を雑誌に載せた。弁護士の秘書として働いた。

1901年ころ、ジョルジュ・デュアメル、ルネ・アルコス(René Arcos)らの若手作家を知った。1903年、兵役に服した。1905年、デュアメルの姉ローズ(Rose)と結婚した。

1906年秋からの14ヶ月間、デュアメル、アルコスほかの詩人・作家・画家・音楽家・印刷工らと、パリ南東クレテイユの古家を改修したいわゆる『クレテイユの僧院』(Abbaye de Créteil)に籠もって、出版で自活しようとする理想主義的文学共同生活を営み、ジュール・ロマンも参加した。『アベイ派』と呼ばれる。1907年、詩集『幻想と蜃気楼』を『僧院』で印刷した。

『僧院』閉鎖後の1910年、詩集『愛の書』を出版した。文筆のかたわら、パリ6区セーヌ通りで妻と画廊を経営し、それは1930年まで続いた。

1914年からの第一次世界大戦期は、カモフラージュ部に属した。

1920年3月、ジャック・コポーヴィユ・コロンビエ劇場で初演した『商船テナシティ』が評判を呼び、同劇場での上演は200回を越えた。この年、ロマン・ロランジュール・ロマンらと、『反戦詩集』を共編した。

この頃以降、地中海岸のサントロペパリとで暮らした。童話も書き始めた。

1925年10月、ジューヴェ一座のコメディ・デ・シャンゼリゼ劇場で、『ベリアル夫人』を初演した。

1926年5月、妻と日本を訪れ、川島理一郎黒田清輝石井柏亭与謝野鉄幹与謝野晶子西條八十堀口大學小山内薫土方与志らが、歌舞伎座で歓迎会を開いた。川島には、パリ時代に夫妻の画廊を借りた縁があった。

1930年、『仲違い』(La Brouille)が、コメディ・フランセーズで成功し、その後も再演された。

1932年、『革命的作家芸術家協会』(Association des écrivains et artistes révolutionnaires)の発起人の一人になった。

1934年の映画『商船テナシチー』では、監督のジュリアン・デュヴィヴィエと共に、脚本を書いた。

1928年と1935年とにソヴィエトを訪れ、その体制に好意的な『新しいロシア』を、1937年に出版した。

ナチスに占領されていた1942年に、非合法出版の『フランス文学』(Lettres Françaises)に参画した。1943年ゲシュタポに逮捕され、3ヶ月投獄された。ナチス撤退後は、作家・芸術家に対する『検問調査委員会』の長を勤めた。

1952年の第5回カンヌ国際映画祭日本の『源氏物語』が撮影賞を受けたときは、審査員であった。

1960年、アルジェリア戦争反対の宣言に署名した。

1963年、アカデミー・フランセーズの文学大賞を得た。

妻ローズの死後、1970年、秘書のシュザンヌ・ロシャ(Suzanne Rochat)と再婚した。

1971年、腎臓を病みサントロペで没。82歳。その地に葬った。

1973年、フランス文学者協会(Société des gens de lettres)に『シャルル・ヴィルドラック賞』(Prix de poésie Charles Vildrac)が設けられた。

おもな著作[編集]

  • 1907:幻想と蜃気楼(Images et mirages)、詩集、『クレテイユの僧院』から出版
  • 1910:愛の書(Livre d'amour)、詩集
  • 1912:発見(Découverte)、小説
  • 1920:絶望者の歌(Chants du désespéré)、詩集
  • 1920:商船テナシティー(Le Paquebot Tenacity)戯曲、1920.3.5, ジャック・コポー一座により初演
  • 1922:ミシェェル・オークレール(Michel Auclair)、戯曲、1922.12.27, ジャック・コポー一座により初演
  • 1920:寂しい人々(Les indigents)、戯曲、1927, ジョルジュ・ピトエフ(Georges Pitoëff)一座により初演
  • 1923:巡礼(Le Pèlerin)、戯曲、1925.10.9, ルイ・ジューヴェ一座により初演
  • 1924:バラの島(L'Ile Rose)、童話
  • 1925:僧院の詩(Poèmes de l'Abbaye )、詩集
  • 1925:ベリアル夫人(Madame Béliard)、戯曲、1925.10.9, ルイ・ジューヴェ一座により初演。
  • 1927:日本への旅(D'un voyage au Japon)、紀行
  • 1930:仲違い(La Brouille)、戯曲、1930 コメディ・フランセーズで初演
  • 1930:植民地(La Colonie)、童話
  • 1932:ライオンの眼鏡(Les Lunettes du Lion)、童話
  • 1938:新しいロシア(Russie neuve)、紀行
  • 1924:牢獄の三ヶ月(Trois mois de prison)、記録
  • 1938:時代の空気(L'air du Temps)、戯曲
  • 1949:こだまの後に(D'après l'écho)、小説

訳書[編集]

原著の発行年次順に列記する。重版されている図書は、新しい方の年次を記す。

  • 発見:内藤濯訳、近代社 仏蘭西近代傑作集(1925)
  • 商船テナシチー・巡礼:山田珠樹訳、創元社創元文庫(1953)
  • 寂しい人:岩田豊雄訳、(岩田豊雄創作翻訳戯曲集中の一篇)、新潮社(1963)
  • ミシェル・オークレール:内藤濯訳、岩波文庫(1949)
  • ヴィルドラック選詩集:尾崎喜八訳、寺本書房(1946)
  • ベリアル夫人:内藤濯訳、白水社(1927)
  • ライオンのめがね:熊田千佳慕訳、神奈川新聞社(1998)ISBN 4876452377
  • 新しいロシア:渡辺一夫訳、酣灯社(1946)

日本の上演記録[編集]

  • ミシェル・オークレール:築地小劇場、1926
  • 商船テナシチー:新劇座、1934.11
  • 商船テナシテイ:大阪放送劇団、大阪朝日会館、1950.1.22 -
  • ミッシェル・オークレール:劇団俳優座、俳優座劇場、1958.7.6 -
  • 寂しい人:劇団鷹の会、赤坂公会堂、1962.9.21 -
  • 商船テナシティ:劇団京、劇団京ホール、1988.6.18 -
  • 商船テナシティ:劇団京、東邦生命ホール、1989.9.6 -
  • 商船テナシティ:劇団俳小、南大塚ホール、2003.12.9 -

出典[編集]

  • 川島順平:現代のフランス演劇、カルチャー出版社(1974)
  • 高田博厚:分水嶺、岩波現代文庫 S17(2000)ISBN 4006030177
  • 中田耕治:ルイ・ジュヴェとその時代、作品社 (2000)、ISBN 4-87893-353-4

外部リンク[編集]