コンテンツにスキップ

中田耕治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
中田耕治(1964年)

中田 耕治(なかだ こうじ、1927年11月5日 - 2021年11月26日)は、日本の評論家小説家翻訳家演出家

来歴

[編集]

東京市大森区生まれ[1]明治大学文学部英文科卒。在学中の1946年より『近代文学』への投稿を始め、「戦後派」の最も若い批評家として注目を集める。初期評論はのちに『怪蛇(バジリスク)の眼』(1975年)にまとめられている。

1956年、「俳優座」養成所の講師として、戯曲論、アメリカ演劇研究などを講義し、やがて「青年座」などで演出にあたる[1]

1958年、アメリカ版MANHUNTの日本語版として創刊された雑誌『マンハント』に翻訳スタッフとして参加。同誌は創刊号で「珍訳誌、超訳誌」を宣言しており、中田も原文に縛られない自在な「超訳」を披露した[注 1]。後に中田は当時を振り返って「(『マンハント』は)文体の修練の場だった。確実にぼくの一部分が培われたと思う。スタイリストの都筑道夫に負けたくなかったので、独自の文体をつくろうとした」と語っている[2]

1961年ハードボイルド小説『危険な女』で小説家デビュー。和製ハードボイルドの多くが社会派的要素を取り入れることに腐心していた中、アメリカ流のハードボイルド・タッチに彩られた本作は当時としては異彩を放っていた[注 2]。なお、初期ハードボイルド作品は「中田耕治ハードボイルド・シリーズ」(三一書房)全6巻に収録されている。

1962年、劇団「鷹の会」を結成。以後、14本の芝居を演出[1]1963年、『ボルジア家の人々』で第5回近代文学賞を受賞。

1969年澁澤龍彦・編集『血と薔薇』に評伝「ド・ブランヴィリエ侯爵夫人」を発表。作家として大きく転換し、歴史を彩った女性達の評伝を手がけるようになった。『ルクレツィア・ボルジア』(1975年)、『メディチ家の人々』(1975年)、『メディチ家の滅亡』(1983年)などが大きな山系を形作っている。フランスの演劇人を描いた『ルイ・ジュヴェとその時代』(2000年)は評伝代表作である。

2021年11月26日、心不全のため千葉市内の病院で死去。94歳没[3]

人物

[編集]

著書

[編集]
  • 『危険な女』河出書房新社、1961年。 
  • 『異聞猿飛佐助』東都書房、1963年。 のち大陸文庫
  • 『異聞霧隠才蔵』東都書房、1963年。 のち大陸文庫
  • 『暁のデッドライン』河出書房新社、1964年。 
  • 『忍者アメリカを行く』東都書房、1966年。 のち大陸文庫
  • 『異聞真田幸村』東都書房、1967年。 のち大陸文庫
  • 『傷だらけの逃亡』日本文華社、1967年。 
  • 『大江戸どんふぁん』東都書房、1967年。 
  • 『真昼に別れの接吻を』双葉社、1967年。 
  • 『死角の罠』桃源社、1967年。 
  • 『ゼロ大陸・サイゴン』三一書房〈中田耕治ハードボイルド・シリーズ〉、1968年。 
  • 『夜は燃え昼は…』桃源社、1968年。 
  • 『異聞真田幸村・唐人お吉』三一書房〈中田耕治ハードボイルド・シリーズ〉、1969年。 
  • 『江戸で夜だった』三一書房、1969年。 
  • 『怪蛇の眼』創土社、1970年。 評論集
  • 『孤独な獣』桃源社、1970年。 
  • 『太陽と血と砂と』桃源社、1970年。 
  • 『江戸の恋人たち』光風社書店、1970年。 
  • 『ド・ブランヴィリエ侯爵夫人』薔薇十字社、1971年。 
  • 『殺し屋が街にやってくる』桃源社、1971年。 
  • 『週末は死の恋人』桃源社、1971年。 
  • 『青い薔薇:性の倒錯ヴァリエイション』新評社、1972年。 
  • 『エロスの星の下に』桃源社、1972年。 
  • 『ソウルフル・サーカス』昭文社出版部、1973年。 
  • 『剣と恋の砦』桃源社、1974年。 
  • 『ハウハウ受験英語塾』二見書房〈サラ・ブックス〉、1975年。 
  • ルクレツィア・ボルジア集英社、1975年。 のち文庫
  • 『私のアメリカン・ブルース』南窓社、1977年。 
  • 『艶笑コレクション:面白さ品質保証:古今東西小咄集』日本ジャーナルプレス新社、1978年。 
  • 『異聞沖田総司:ひとりぼっちのあいつ』桃源社、1979年。 のち大陸文庫
  • 『誘惑』現代書林、1979年。 
  • 『メディチ家の人びと:ルネサンスの栄光と頽廃』集英社、1979年。 のち河出文庫講談社学術文庫
  • 『中田耕治のコージー・コーナー』大和美術印刷出版部、1979年。 
  • 『裸婦は裸婦として:人間ピカソサンケイ出版、1982年。 
  • 『メディチ家の滅亡』青土社、1983年。 のち河出文庫
  • 『60分で読める武将おもしろまじめ物語:とても同じ日本人とは思えない』双葉社、1984年。 
  • 『おお季節よ城よ:私のヴィタ・セクスアリス』オール出版、1990年。 
  • 『マリリン・モンロー論考』青弓社〈中田耕治コレクション1〉、1991年。 
  • 『ルネサンスの肖像』青弓社〈中田耕治コレクション2〉、1992年。 
  • 『異端作家のアラベスク』青弓社〈中田耕治コレクション3〉、1992年。 
  • 『エロス幻論』青弓社〈中田耕治コレクション4〉、1994年。 
  • 『鞭打ちの文化史』青弓社〈中田耕治コレクション5〉、1994年。 
  • ルイ・ジュヴェとその時代』作品社、2000年。 
  • 五木寛之論:時の過ぎゆくままに』響文社、2004年。 

編集

[編集]
  • 『推理小説をどう読むか』三一書房、1971年。 
  • 『マリリン・モンロー:ドキュメント』三一書房、1974年。 
  • 『娼婦へのレクイエム:娼婦小説アンソロジー』白夜書房、1981年。 
  • 『ファースト・ラブ:「初恋」小説集』集英社〈文庫コバルトシリーズ〉、1982年。 
  • 『映画の小さな学校』青土社、1984年。 

翻訳

[編集]
  • ミッキー・スピレイン『裁くのは俺だ』早川書房、1953年。 のち文庫
  • アルフレッド・ヘイズ『ヴィアフラミニアの女』早川書房、1954年。 
  • ヘミングウェイ『持つことと持たざること』荒地出版社、1954年。 
  • ジョン・R・マクドナルド『人の死に行く道』早川書房、1954年。 のち文庫
  • ヘミングウェイ『春の奔流』河出文庫、1955年。 
  • ヘミングウェイ『ヘミングウェイ短篇集』荒地出版社、1955年。 北村太郎共訳
  • ヘンリイ・ケイン『地獄の椅子』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1955年。 
  • アーサー・クラーク『宇宙島へ行く』銀河書房、1955年。 
  • セント・ジョン『消えたロケット』銀河書房〈少年少女科学小説選集〉、1956年。 
  • メエリイ・チェーズ『バーナーディーン』白水社〈現代海外戯曲〉、1956年。 
  • レオ・トルストイ戦争と平和』早川書房、1956年。 
  • J・R・マクドナルド『犠牲者は誰だ』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1956年。 
  • J・R・マクドナルド『死体置場で会おう』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1956年。 
  • トマス・B・デューイ『非情の街』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1957年。 
  • E・S・ガードナー『幸運の脚』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1957年。 
  • ブレット・ハリディ『夜に目覚めて』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1957年。 
  • カート・シオドマク『ドノヴァンの脳髄』早川書房、1957年。 
  • アルフレッド・ベスターわが赴くは星の群講談社、1958年。 のち『虎よ、虎よ!』に改題 ハヤカワ・SF・シリーズ、ハヤカワ文庫SF277
  • ディヴィッド・アリグザンダー『恐怖のブロードウェイ』早川書房、1958年。 
  • ロス・マクドナルド『運命』早川書房〈世界探偵小説全集〉、1958年。 
  • モード・ハッチンス『ノエル:一少女の性の告白』荒地出版社、1959年。 
  • E・S・ガードナー『埋められた時計』早川書房〈世界ミステリシリーズ〉、1959年。 
  • ハロルド・グリーンウォルド『コール・ガール:一精神分析医の診断記録』荒地出版社、1959年。 
  • フィリップ・K・ディック『宇宙の眼』早川書房、1959年。 のち文庫
  • ヘレン・マクロイ『殺す者と殺される者』創元推理文庫、1959年。 
  • ウィリアム・P・マッギヴァーン『ゆがんだ罠』創元推理文庫、1960年。 
  • クロンハウゼン『性文学をどう読むか』新潮社、1960年。 
  • ロバート・ブロック『夜の恐怖』早川書房〈世界ミステリシリーズ〉、1960年。 
  • エド・マクベイン『麻薬密売人』早川書房、1960年。 のち文庫
  • リチャード・マーステン『ビッグ・マン』創元推理文庫、1960年。 
  • J・R・マクドナルド『ギャルトン事件』早川書房、1960年。 
  • W・P・マツギヴァーン『悪徳警官』東京創元社〈世界名作推理小説大系〉、1961年。 のち創元推理文庫
  • フレドリック・ブラウン『B.ガール』東京創元社〈世界名作推理小説大系〉、1961年。 
  • W・P・マッギヴァーン『恐怖の限界』創元推理文庫、1961年。 
  • シーリア・フレムリン『夜明け前の時』東京創元社、1961年。 
  • ロス・マクドナルド『わが名はアーチャー』早川書房、1961年。 
  • ヘンリイ・ケイン『マーティニと殺人と』早川書房、1962年。 
  • W・P・マッギヴァーン『虚栄の女』創元推理文庫、1962年。 
  • レオン・ユリス『ミーラ街18番地』新潮社、1963年。 
  • アーサー・コナン・ドイルある姫の失踪』集英社〈世界の名作推理:第6〉、1964年。 
  • ドイル『四つの署名バスカーヴィルの犬』集英社〈世界の名作推理:第5〉、1964年。 
  • ドイル『緋色の研究恐怖の谷』集英社〈世界の名作推理:第4〉、1964年。 
  • ドイル『シャーロック・ホームズの帰還踊る人形』集英社〈世界の名作推理:第3〉、1964年。 
  • ドイル『グロリア・スコット号』集英社〈世界の名作推理:第2〉、1964年。 
  • ドイル『まだらの紐』集英社〈世界の名作推理:第1〉、1964年。 
  • アルフレッド・ベスター虎よ、虎よ!』早川書房、1964年。 (『わが赴くは星の群』を改題したもの)のち文庫
  • アナイス・ニン『愛の家のスパイ』河出書房新社〈人間の文学〉、1966年。 
  • ヘミングウェイ『蝶々と戦車』河出書房新社、1966年。 
  • ジェイムズ・M・ケイン郵便配達は二度ベルを鳴らす』集英社〈世界文学全集〉、1967年。 のち文庫
  • A・E・ホッチナー『パパ・ヘミングウェイ』早川書房、1967年。 のち文庫
  • エドナ・オブライエン『傷ついた平和』講談社、1968年。 
  • オークシイ紅はこべ筑摩書房〈世界ロマン文庫1〉、1969年。 のち河出文庫
  • ハンター・デヴィス『ビートルズ草思社、1969年。 小笠原豊樹共訳
  • アイラ・レヴィン死の接吻』早川書房、1970年。 
  • ダグラス・A・ヒューズ『ポーノグラフィ論』研究社出版、1971年。 
  • ヘンリー・ミラー『北回帰線からの手紙』晶文社、1972年。 深田甫共訳
  • リチャード・バック『王様の空』三笠書房、1974年。 
  • フレッド・ローレンス・ガイルズ『マリリン・モンローの生涯』集英社、1974年。 
  • バーバラ・レイン『フッカーズ』三笠書房、1974年。 
  • カトリーヌ・リュシエール『秘戯』フランス書院、1975年。 
  • ローラ・バーフォード『悪徳の報酬:極めて道徳的な物語』立風書房、1975年。 杉崎和子共訳
  • レイモンド・チャンドラー他(編)『恐怖の1ダース』出帆社、1975年。 のち講談社文庫
  • オスカー・ワイルドウィンダミア卿夫人の扇』出帆社〈オスカー・ワイルド全集4〉、1976年。 
  • イッサー・ハレル『獣は鎖に繋げ!:緊急極秘指令:600万人殺戮の元凶アイヒマン生け捕り作戦』読売新聞社、1977年。 
  • カトリーヌ・リュシエール『恋人の秘密』フランス書院、1977年。 
  • ステファン・ルイス『家出娘』二見書房、1978年。 
  • エドナ・オブライエン『愛に傷ついて』集英社文庫、1978年。 
  • フィリップ・ヴァン・リント『ヒトラーの裁判』双葉社、1980年。 
  • リアノー・フライシャー『ステイン・アライブ』集英社文庫、1983年。 
  • S・E・ヒントン『非行少年』集英社文庫、1983年。 
  • S・E・ヒントン『アウトサイダー』集英社文庫、1983年。 
  • S・E・ヒントン『おれたちのレクイエム:続・アウトサイダー』集英社文庫、1983年。 
  • D・セルツァー『オーメン』河出文庫、1985年。 
  • アーヴィング・ウォーレス『第七の機密』二見文庫、1986年。 
  • アンソニー・サマーズ『女神-マリリン・モンロー:“永遠のスター”の隠された私生活』サンケイ出版、1987年。 
  • H・B・ギルモア『危険な情事』扶桑社、1988年。 
  • マイケル・ハードウィック『魔犬の復讐:新シャーロック・ホームズ』二見文庫、1989年。 
  • クライヴ・バーカー『ダムネーション・ゲーム』扶桑社、1991年。 松本秀子共訳
  • ドイル『シャーロック・ホームズ傑作選』集英社文庫、1992年。 
  • アイラ・レヴィン硝子の塔』扶桑社、1993年。 
  • スコット・フィッツジェラルド『わが失われし街:スコット・フィッツジェラルド作品集』響文社、2003年。 
  • オノト・ワタンナ『お梅さん』柏艪舎, 2011.6

脚注

[編集]

注釈

[編集]
  1. ^ たとえばヘンリー・ケイン作「ドライ・ジンと殺人と」(1961年9月号)では原文の「And then Miss Edith Wilde and Mr. Peter Chambers were all alone.」を「かくて、ミス・イーディス・ワイルドとミスタ・ピーター・チェンバースが二人だけが残った。ワルいねえ。」と訳した。最後の「ワルいねえ」は原文にはない語句。
  2. ^ 紺野俊秋は『日本ミステリー事典』(新潮選書)で「スピレインらのパルプ・アクションの翻訳で培った呼吸が、タフな主人公造形やキレのいい散文、苛烈な暴力描写などに活かされている」とその作風を分析している。
  3. ^ 中田の論考に応答するかたちで稲葉由紀が「ハードボイルドなど死滅しようが」(11月号)、大藪春彦が「ハードボイルドであろうがなかろうが」(12月号)を寄稿するなど、論争は数か月に渡ってつづいた。

出典

[編集]
  1. ^ a b c 中田耕治 略年譜”. 中田耕治ドットコム. 2020年10月31日閲覧。
  2. ^ 小鷹信光「『マンハント』がおもしろかった頃…」『宝島』、JICC出版局、1978年9月。 
  3. ^ 作家の中田耕治さん死去”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2022年2月4日). 2022年2月4日閲覧。
  4. ^ 中田耕治とは”. 中田耕治ドットコム. 2023年3月16日閲覧。

外部リンク

[編集]