ジョルジュ・デュアメル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョルジュ・デュアメル

ジョルジュ・デュアメルGeorges Duhamel1884年6月30日 - 1966年4月13日)は、フランスユマニスムの作家、詩人。小説『パスキエ家の記録』、『サラヴァンの生涯と冒険』などの作者。レジオンドヌール勲章グランクロワ(一等)を受けた。

経歴[編集]

パリ13区に生まれ、移り気な父のため、幼少期に転居を繰り返しながら、12歳の頃から詩作し、1900年には小説も書いた。1901年、大学入学資格試験を通過し、1902年医学大学へ進んだ。

1902年頃、シャルル・ヴィルドラック、ルネ・アルコス(René Arcos)らの若手作家を知った。しばしば近隣諸国に遊ぶ一方、学資稼ぎもした。

1906年秋からの14ヶ月間、ヴィルドラック、アルコスほかの詩人・作家・画家・音楽家・印刷工らと、パリ南東クレテイユの古家を改造した『クレテイユの僧院』(Abbaye de Créteil)に籠もって、出版で自活しようとする理想主義的文学共同生活を営み、ジュール・ロマンも参加した。『アベイ派』と呼ばれた。1907年、詩集『伝説、戦闘』を『僧院』から出版した。アベイ派仲間との交流は、その後も続いた。

1909年、卒業して医学博士となり、製薬の研究所に勤務し、また、文芸雑誌『メルキュール・ド・フランス』の詩歌批評欄を担当した。この年、女優ブランシュ・アルバーヌと結婚した。

1914年からの第一次世界大戦には、志願して野戦外科医となり、約4年間に数千件の手当をした。その体験を、1917年の『殉難者の記録』と1918年の『文明』とに纏め、後者によりゴンクール賞を得た。その後、機械文明や画一主義よりはユマニスムの寛容を尊ぶべし、とする文筆活動を続けた。

1927年のソヴィエト旅行、1929年のアメリカ旅行の見聞を、『モスクワの旅』と『未来生活情景』とに纏め、前者の画一主義と後者の機械主義文明を批判した。

1935年から1938年まで、『メルキュール・ド・フランス』の主筆を勤めた。

1935年10月、『人民戦線賛成』の署名を拒否した。11月、アカデミー・フランセーズの会員に選ばれた。風雲急なヨーロッパ各国で、技術的発展にでなく人間の心に基づく文明を、説いた。

ナチス占領期の1941年、ルイ・アラゴンらが『フランス文学者委員会』(Comité National des E'crivains)への入会を要請したのに応じなかった。1942年、ドイツ占領軍に全著作の発売禁止処分を受けた。

1944年、パリ解放後、漸く『フランス文学者委員会』へ入会したが、その排他性を嫌い、1946年脱会した。

1950年、左翼のルイ・アラゴンと論争し、彼に非難された。

1952年、読売新聞の招待で、訪日した。

その後も文筆活動を続けたが、1960年健康を損ね、1966年4月、ヴァル=ドワーズ県ヴァルモンドア(Valmondois)の別荘で、81年余の生涯を閉じた。

生前、次の肩書も持った。

シャルル・ヴィルドラックは、姉の夫である。作曲家のアントワーヌ・デュアメル(Antoine Duhamel)は、息である。

おもな著作[編集]

  • 1907:伝説、戦闘(Des légendes, des batailles)詩集
  • 1911:光(La Lumière)、戯曲、1911.4.3 - オデオン座で初演
  • 1912:彫像の影の下で(Dans l'ombre des statues)、戯曲、1913.3.14 - オデオン座で初演
  • 1913:戦闘(Le Combat)、戯曲、1913.3.14 - テアトル・デ・ザールで初演
  • 1917:殉難者の記録(Vie des Martyrs)、記録
  • 1918:文明(Civilisation)、評論、ゴンクール賞受賞。
  • 1920:真夜中の告白(Confession de minuit)、小説
  • 1920:運動選手の仕事(L'œuvre des athlètes)、戯曲、1920.4.10 - ヴィユ・コロンビエ劇場で初演。
  • 1921:お好きな時に(Quand vous voudrez)、戯曲、1921.2.5 - ジョルジュ・ピトエフ(Georges Pitoëff)一座が初演
  • 1921:ラポアントとロピトー(Lapointe et Ropiteau)、戯曲、1921.2.10 - ピトエフ一座が初演
  • 1923:告白の日(La journée des aveux)、戯曲、1923.10.24 - ルイ・ジューヴェ一座が初演
  • 1920 - 1932:サラヴァンの生涯と冒険(Vie et aventures de Salavin)、連作小説
    • 1920:1. 深夜の告白(Confession de minuit)
    • 1924:2. 二人の男(Deux hommes)
    • 1927:3. サラヴァンの日記(Le Journal de Salavin)
    • 1929:4. リヨン人たちのクラブ(Le Club des Lyonnais)
    • 1932:5. あるがままに(Tel qu'en lui même)
  • 1928:モスクワの旅(Le voyage de Moscou)、紀行・評論
  • 1930:未来生活情景(Scènes de la vie future)、紀行・評論
  • 1933 - 1945:パスキエ家の記録(Chronique des Pasquier )、連作小説
    • 1933:1. ル・アーヴルの司教(Le Notaire du Havre)
    • 1934:2. 野獣の園(Le Jardin des bêtes sauvages)
    • 1934:3. 約束の地の眺め(Vue de la Terre promise)
    • 1935:4. 聖ジャンの夜(La Nuit de la Saint-Jean)
    • 1937:5. ビエーヴルの砂漠(Le Désert de Bièvres)、
    • 1937:6. 先生たち(Les Maîtres)
    • 1938:7. われわれのセシル(Cécile parmi nous)
    • 1939:8. 影との戦い(Le Combat contre les ombres)
    • 1941:9. シュザンヌと若者たち(Suzanne et les Jeunes Hommes)
    • 1944:10. ジョゼフ・パスキエの受難(La Passion de Joseph Pasquier)
  • 1936:わが庭の寓話(Fables de mon jardin)、随筆
  • 1937:文芸の擁護(Défense des Lettres)、評論
  • 1944 - 1953:わが生涯に光をあてて(Lumières sur ma vie)、回想録、全5巻
  • 1944:慰めの音楽(La musique consolatrice)、随筆
  • 1946:Souvenirs de la vie du Paradis(天国生活の思い出)、小説
  • 1950:パトリス・ペリヨの遍歴(Le voyage de Patrice Periot)小説
  • 1953:伝統と未来の間の日本(Le Japon entre la tradition et l'avenir)、紀行

訳書[編集]

  • 『文明』和田伝訳『新興文学全集 第17巻』平凡社 1930
  • 『深夜の告白・リオネエ倶楽部』中村星湖訳『世界文学全集』新潮社、1931
  • 『戦争の診断』木村太郎白水社 1931
  • 『犠牲』木村太郎訳 白水社 1935
  • 『北方の歌』尾崎喜八訳 竜星閣 1940
  • 『阿蘭陀組曲』尾崎喜八訳 竜星閣 1941 のち角川文庫『阿蘭陀組曲・北方の歌』
  • 『恫喝者アメリカ』木原直夫訳 紘洋社 1941
  • 『殉難者』木村太郎訳、創元社(1950)
  • 『モスコウの旅』尾崎喜八訳、龍星閣(1941)
  • 『未来生活風景 アメリカ旅行記』神谷行訳 筑摩書房、1949
『未来生活情景』中込純次訳、審美社(1985)
  • 『文学の宿命』渡辺一夫訳、創元社(1940)
  • 『サラヴァンの生涯と冒険』全5巻 木村太郎訳、白水社(1942-43)
  • 『パスキエ家の記録』全10巻:長谷川四郎訳、みすず書房(1950)
  • 『わが庭の寓話』尾崎喜八訳、創元社、1953 ちくま文庫(1998)
  • 『慰めの音楽』戸田邦雄訳 創元社 1952
尾崎喜八訳、白水社(1999)

出典[編集]

  • 渡辺一夫編:ジョルジュ・デュアメル略年譜(『パトリス・ペリヨの遍歴、岩波書店(1992)』の巻末)
  • 中田耕治:ルイ・ジュヴェとその時代、作品社 (2000)、ISBN 4-87893-353-4
  • 江川卓ほか編:新潮世界文学辞典 増補改訂版、新潮社(1990)ISBN 4107302091
  • 篠田一士ほか編:集英社世界文学辞典、集英社(1992)ISBN 4081430071
  • いろいろなウェブ情報

外部リンク[編集]


前任:
ジョルジュ・ルノートル
アカデミー・フランセーズ
席次30

第14代:1935年 - 1966年
後任:
モーリス・ドリュオン