高等師範学校 (フランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
École normale supérieure
Logotype de École normale supérieure.png
École normale supérieure emblem
創立 1794年
学校種別 グランセコール[1] (administrative)
学長 Pierre-Louis Lions[2]
学長 Marc Mézard
学部生 250 [3]
大学院生 2,750 [3]
所在地 フランスパリ
スクールカラー 黄、紫
所属提携 Paris Sciences et Lettres, Conférence des grandes écoles
ウェブサイト ens.fr
テンプレートを表示

フランス高等師範学校École Normale Supérieure、略称 ENS、エコール・ノルマル・シュペリウール)はフランスの高等教育機関グランゼコールの一つであり、グランゼコールや大学の教員・研究者を養成することを目的とする。現在のフランスにはパリリヨンに2校ずつ、合計4校の高等師範学校が存在するが、単に「高等師範学校」と言えばパリのユルム通りの高等師範学校を指すことが多い。卒業者はノルマリアン (Normalien) と呼ばれ、準公務員として手当も支給される。

フランス革命期の1794年10月3日国民公会によって教員養成を目的として設立された。その後、1795年5月廃止されるものの、1808年3月17日にナポレオンによって再び設立されることとなり、1847年に現在の所在地であるパリ市内のユルム通りに移転。また、1985年にはパリ近郊のセーヴル女子高等師範学校を吸収合併した。

2015/2016年、QSによる世界大学ランキングでは、グランゼコールという総合大学とは異なる理学、哲学、文学、歴史学などの一部の学科しか存在しないという特殊性ゆえにランキングにおいて不利な立場でありながら、世界23位(フランスでは1位)となった。(東京大学39位)

一学年300人程度と少数精鋭でありながら、卒業生にノーベル賞受賞者13人、数学におけるノーベル賞と言われるフィールズ賞受賞者を世界最多の、全フィールズ賞受賞者の約2割にあたる人数輩出した世界屈指の超エリート校として知られる。(フィールズ賞受賞者内訳英語版

高等師範学校出身の著名人(抜粋)[編集]

正面入口

括弧内は入学年。

哲学者[編集]

文学者[編集]

社会学者[編集]

数学者[編集]


経済学者[編集]

その他の研究者[編集]

政治家[編集]

経営者[編集]

エピソード[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.ens.fr/a-propos/l-institution/?lang=fr
  2. ^ Decree of 11 June 2009”. French Ministry of Higher Education. 2014年11月20日閲覧。
  3. ^ a b Faits et chiffres – École normale supérieure – Paris”. Ens.fr. 2014年5月15日閲覧。
  4. ^ シモーヌ・ド・ボーヴォワール 『娘時代――ある女の回想』 朝吹登水子訳、紀伊國屋書店、1961年(原著1958年)。
  5. ^ 阿部良雄 『若いヨーロッパ――パリ留学記』 中央公論社〈中公文庫〉、1979年(原著1962年)。ISBN 4-12-200636-8

外部リンク[編集]