モーリス・メルロー=ポンティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モーリス・メルロー=ポンティ
Maurice Merleau-Ponty
生誕 (1908-03-14) 1908年3月14日
フランスの旗 フランス共和国シャラント=マリティーム県ロシュフォール
死没 (1961-05-03) 1961年5月3日(満53歳没)
フランスの旗 フランスパリ
時代 20世紀の哲学
地域 西洋哲学
学派 大陸哲学現象学実存主義西欧マルクス主義構造主義ポスト構造主義
研究分野 心理学、身体化された認知、形而上学知覚ゲシュタルト心理学認識論美学西欧マルクス主義
主な概念 知覚の現象学、匿名の集合、運動的志向性、世界の肉、「知覚する心は身体化された心である」、キアスム、浸透
テンプレートを表示

モーリス・メルロー=ポンティ(Maurice Merleau-Ponty、1908年3月14日 - 1961年5月3日)は、フランスロシュフォール生まれの哲学者。主に現象学の発展に尽くした。パリの自宅で執筆中、心臓麻痺のため死去。著書の日本語訳等においては、「モーリス・メルロ=ポンティ」、「モーリス・メルロ・ポンティ」など、Merleauに長音記号を付けない表記が多く用いられている。

生涯[編集]

1908年フランスロシュフォールに生まれる。18歳のとき高等師範学校に入学し、サルトルボーヴォワールレヴィ=ストロースらと知り合う。21歳のときフッサールの講演を聴講し、現象学に傾注する。以後現象学の立場から身体論を構想する。37歳のとき主著『知覚の現象学』を出版するとともに、サルトルと「レ・タン・モデルヌ(現代)」誌を発刊する。戦後はパリ大学文学部教授となり(1949年)、児童心理学教育学を研究する一方、冷戦激戦化の状況の中、マルクス主義に幻滅し、サルトルとは決別した[1]

メルロ=ポンティは、知覚の主体である身体を主体と客体の両面をもつものとしてとらえ、世界を人間の身体から柔軟に考察することを唱えた。身体から離れて対象を思考するのではなく、身体から生み出された知覚を手がかりに身体そのものと世界を考察した。1959年、『見えるものと見えないもの』を刊行。パリの自宅で執筆中、心臓麻痺のため急逝(1961年)。

思想[編集]

彼の哲学は「両義性Ambiguïté[2])の哲学」「身体性の哲学」「知覚の優位性の哲学」と呼ばれ、従来対立するものと看做されてきた概念の<自己の概念>と<対象の概念>を、知覚における認識の生成にまで掘り下げた指摘をしている。

たとえば、それまで枯れ木を見たことがない人にとっては、枯れ木を見るだけでは、名前のない枯れ木を「現象」としてしか知ることができない。「枯れ木」を恒常的に認識できるようになるためには、「枯れ木」という言葉(記号)を知る必要がある。

また、精神身体というデカルト以来の対立も、知覚の次元に掘り下げて指摘し、私の身体が<対象になるか><自己自身になるか>は、「どちらかであるとはいえない。つまり、両義的である」とした。一つの対象認識に<精神の中のものであるか><対象の中のものであるか>という二極対立を超え、私の身体のリアリティは<どちらともいえない>。しかし、それは無自覚な<曖昧性>のうちにあるのではなく、明確に表現された時に<両義性>を持つとした。そして、その状態が<私という世界認識><根源的な世界認識>であるとした。

そこには、既に言葉と対象を一致させた次元から始めるのではなく、そもそもの言葉の生成からの考察がある。

それは、論理実証主義哲学、分析哲学プラグマティズムなどの<言語が知られている次元>からの哲学に厳しい指摘をしたといえる。そこには多くの哲学の垣根を越える試みが見られ、また、異文化理解や芸術などに大きな影響を与えた。

また、知覚の優位性からの新しい存在論の試みが絶筆となった『見えるもの見えないもの』で見られる。

主要著作[編集]

モーリス・メルロー=ポンティの著作リスト」も参照(フランス語)。
  • "La nature de la perception" (1933 - ) [3] 『知覚の本性 -- 初期論文集』 加賀野井秀一編訳(叢書ウニベルシタス) 法政大学出版局(1988)
  • "La Structure du comportement" (1942) 『行動の構造』 滝浦静雄木田元共訳 みすず書房(1964)
  • "Phénoménologie de la perception" (1945) 『知覚の現象学1』 竹内芳郎小木貞孝共訳 みすず書房(1967)
  • "Phénoménologie de la perception" (1945) 『知覚の現象学2』 竹内芳郎・木田元・宮本忠雄共訳 みすず書房(1974)
  • "Phénoménologie de la perception" (1945) 『知覚の現象学』 中島盛夫訳 (叢書ウニベルシタス) 法政大学出版局(1982)
  • "Humanisme et terreur, essai sur le problème communiste" (1947) 『ヒューマニズムとテロル』改訂版 森本和夫現代思潮社(1965)
  • "Sens et non-sens" (1948) 『意味と無意味』 永戸多喜雄国文社(1970)
  • "Les aventures de la dialectique" (1955) 『弁証法の冒険』 滝浦静雄・木田元・田島節夫市川浩共訳 みすず書房(1972)
  • "Signes" (1960) 『シーニュ1』 竹内芳郎監訳 みすず書房(1969)
  • "Signes" (1960) 『シーニュ2』 竹内芳郎監訳 みすず書房(1970)
  • "L’Œil et l’esprit" (1961) 『眼と精神』 滝浦静雄・木田元共訳 みすず書房(1966)
  • "Le Visible et l’invisible, suivi de notes de travail", texte établi par Claude Lefort (1964) 『見えるものと見えざるもの』 クロード・ルフォール編/中島盛夫監訳(叢書ウニベルシタス) 法政大学出版局、『見えるものと見えないもの』 滝浦静雄・木田元共訳 みすず書房(1989)
  • "Résumés de cours, Collège de France 1952-1960" (1968) 『言語と自然 - コレージュ・ド・フランス講義要録 - 』 滝浦静雄・木田元共訳 みすず書房(1979)
  • "La Prose du monde" (1969) 『世界の散文』 滝浦静雄・木田元共訳 みすず書房(1979)
  • 『メルローポンティの研究ノート - 新しい存在論の輪郭 - 』 菊川忠夫(現象学研究会[4])編訳 御茶の水書房(1981)
  • 『サルトル/メルロ=ポンティ往復書簡―決裂の証言』( J.‐P. サルトル、M. メルロ=ポンティ) 菅野盾樹訳 みすず書房(2000)
  • 『知覚の哲学――ラジオ講演1948年』 菅野盾樹訳 ちくま学芸文庫(2011)


関連図書[編集]

関連項目[編集]

  • ルビンの杯 - 現象学を基盤として、人間の行動の構造と身体の性質(機能)による知覚の構造に適用し、現象学身体論を展開した。
  • 幻影肢 - 生理学として説明されていた概念を現象学的身体論の見地からとらえ直した。
メルロー=ポンティに影響を与えた人物
アグレガシオン合格後、教員資格取得の教育実習同期生[5]
その他

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂版 倫理用語集 ソフィエ ~智を学び夢を育む~』235ページ、清水書院
  2. ^ 学術用語でない名詞としての「Ambiguïté」(アンビギュイテ)の日本語訳は、「曖昧さ(複数形は「曖昧な言葉、行為」)」「両義性」「多義性」等。ウィクショナリーAmbiguïté」も参照(フランス語、一部日本語)。「1990年フランス正書法改編」(フランス語「Rapport de 1990 sur les rectifications orthographiques」も参照)以降の新しいつづりは「Ambigüité」となる。
  3. ^ 本書の構成は「Précédé de Projet de travail sur la nature de la perception (1933) - 知覚の本性に関する研究計画」「La nature de la perception (1934) - 知覚の本性(知覚の生理学と病理学; 知覚の哲学; 知覚の心理学)」「Christianisme et ressentiment (1935) - キリスト教とルサンチマン」「Etre et Avoir (1936) - 存在と所有」「J.-P. Sartre, "L'Imagination" (1936) - J・P・サルトル著『想像力』」「J.-P. Sartre, "Les mouches" - J・P・サルトル著『蠅』」「実存の哲学」
  4. ^ 現象学研究会公式サイト
  5. ^ アグレガシオン合格年は、ボーヴォワール1929年、メルロー=ポンティが1930年レヴィ=ストロース1931年

外部リンク[編集]