フランソワ・ラリュエル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランソワ・ラリュエル
生誕 (1937-08-22) 1937年8月22日(81歳)
フランスヴォージュ県シャブロー
時代 現代哲学
地域 西洋哲学
学派 非哲学
主な概念 充足哲学律、哲学的決定、一者、一者におけるヴィジョン、クローン、最終審級における決定
テンプレートを表示

フランソワ・ラリュエルFrançois Laruelle, 1937年8月22日 - )は、フランス哲学者国際哲学コレージュパリ第10大学ナンテールで教鞭を執った。1970年代初頭から執筆活動を開始し、これまでに約20冊の著作を発表している。高等師範学校の卒業生であるラリュエルは、非哲学(non-philosophy)という概念を提唱したことで知られる。現在、国際非哲学機構(Organisation Non-Philosophique Internationale)のディレクターであり、非哲学の運動を推進している。10年前までのラリュエルに対する評価として、スコットランドの哲学者レイ・ブラシエは「今日、ヨーロッパで活動している世に知られざる哲学者の中で最も重要な人物」[3]と述べている。また、ジル・ドゥルーズフェリックス・ガタリも、ラリュエルは「現代哲学の最も重要な課題の一つに取り組んでいる人物」[4]として捉えていた。英語圏におけるラリュエルの著作の受容は、ほとんどブラシエの尽力によるものである。ブラシエは2003年の『Radical Philosophy』にラリュエルの非哲学についての考察を寄稿した。また著作『Nihil Unbound』で開始された自らの研究プロジェクトでは、非哲学の幾つかのアイデアを批判的に取り入れている[5]。昨今、ラリュエルの国際的な受容はますます進んでおり、1年のうちに数十冊もの著作が英訳されている。ラリュエルの英訳を発行している出版社としては、エディンバラ大学出版会、コンティニューム、パルグレイブ・マクミラン、コロンビア大学出版会、アーバノミック/シークエンスなどがある。

哲学的・非哲学的な発展[編集]

ラリュエルは自らの仕事を5つの時期に分割している。すなわち、哲学Ⅰ(1971~1981年)、哲学Ⅱ(1981~1995年)、哲学Ⅲ(1995~2002年)、哲学Ⅳ(2002~2008年)、哲学Ⅴ(2008年~現在)である。哲学Ⅰにて、ラリュエルはニーチェハイデガー、ドゥルーズ、デリダの概念を転覆しようと試みている。この初期の時点ですでに、哲学に対する超越論的な姿勢を採ることに対するラリュエルの関心が伺える。哲学Ⅱでは、哲学それ自身に対して超越論的なアプローチを展開しようとする確固たる努力がなされている。しかしながら、ラリュエルが述べるところによると、非哲学プロジェクトが本格的に開始されたのは、哲学Ⅲの時期に入ってからである。

非哲学[編集]

ラリュエルによれば、あらゆる形態の哲学(古代哲学から分析哲学脱構築主義等に至る)は、ある先行する決定がなされた上で構造化されているのだが、どの形態の哲学も、その決定については構成的に盲目であり続けているという。ラリュエルがここで述べる「決定」とは、世界を哲学的に把握するためになされる、世界の弁証法的な分割のことを指している。ラリュエルは、哲学のこの決定的構造は非哲学的にのみ理解することができると主張する。この意味で、非哲学は哲学についての科学なのである。

著作[編集]

英訳された論文
  • François Laruelle, 'A Summary of Non-Philosophy' in Pli: The Warwick Journal of Philosophy. Vol. 8. Philosophies of Nature, 1999.
  • François Laruelle, 'Identity and Event' in Pli: The Warwick Journal of Philosophy. Vol. 9. Parallel Processes, 2000.
  • François Laruelle, 'The Decline of Materialism in the Name of Matter' in Pli: The Warwick Journal of Philosophy. Vol. 12. What Is Materialism? 2001.
  • François Laruelle, 'The Truth According to Hermes: Theorems on the Secret and Communication' in Parrhesia 9 (2010): 18-22.
  • François Laruelle, 'The End Times of Philosophy' in continent. 2.3 (2012): 160-166.
哲学Ⅰ
  • Phénomène et différence. Éssai sur l'ontologie de Ravaisson [Phenomenon and Difference: An Essay on Ravaisson's Ontology], Klinskieck, Paris, 1971.
  • Machines textuelles. Déconstruction et libido d'écriture [Textual Machines: Deconstruction and Libido of Writing], Seuil, Paris, 1976.
  • Nietzsche contra Heidegger. Thèses pour une politique nietzschéenne [Nietzsche contra Heidegger: Theses for a Nietzschean Politics], Payot, Paris, 1977.
  • Le Déclin de l’écriture, suivi d'entretiens avec J-L Nancy, S. Kofman, J. Derrida et P. Lacoue-Labarthe [The Decline of Writing] Paris, Aubier-Flammarion, 1977.
  • Au-delà du principe de pouvoir [Beyond the Power Principle], Paris, Payot, 1978.
哲学Ⅱ
  • Le principe de minorité [The Minority Principle], Aubier Montaigne, Paris, 1981.
  • Une biographie de l'homme ordinaire. Des Autorités et des Minorités [A Biography of the Ordinary Man: Of Authorities and Minorities], Paris, PUF,1985.
  • Les Philosophies de la différence. Introduction critique [English translation: Philosophies of Difference: A Critical Introduction to Non-Philosophy, trans. Rocco Gangle, New York, Continuum 2010.] Paris, PUF, 1986.
  • Philosophie et non-philosophie [Philosophy and Non-Philosophy], Mardaga, Liège/Brussels, 1989.
  • En tant qu'un. La non-philosophie éxpliquée au philosophes [As One: Non-Philosophy Explained to Philosophers], Aubier, Paris, 1991.
  • Théorie des identités. Fractalité généralisée et philosophie artificielle [Theory of Identities: Generalized Fractality and Artificial Philosophy], Paris, PUF, 1992.
哲学Ⅲ
  • Théorie des Étrangers. Science des hommes, démocratie, non-psychoanalyse [Theory of Strangers: Science of Men, Democracy, Non-Psychoanalysis], Kimé, Paris, 1995.
  • Principes de la non-philosophie [English Translation: Principles of Non-Philosophy, trans. Nicola Rubczak and Anthony Paul Smith, New York, Bloomsbury 2013], PUF, Paris, 1996.
  • Dictionnaire de la non-philosophie [Dictionary of Non-Philosophy], François Laruelle et Collaborateurs, Kimé, Paris, 1998.
  • Éthique de l'Étranger. Du crime contre l'humanité [Ethics of the Stranger: Of The Crime Against Humanity], Kimé, Paris, 2000.
  • Introduction au non-marxisme [Introduction to Non-Marxism], PUF, Paris, 2000.
哲学Ⅳ
  • Le Christ futur, une leçon d'hérésie [English translation: Future Christ: A Lesson in Heresy, trans. Anthony Paul Smith, New York, Continuum 2010], Exils, Paris 2002.
  • L'ultime honneur des intellectuels [English translation: Intellectuals and Power, trans. Anthony Paul Smith, Malden, MA, Continuum, 2014], Textuel, Paris 2003.*
  • La Lutte et l'Utopie à la fin des temps philosophiques [English translation: Struggle and Utopia at the End Times of Philosophy, trans. Drew S. Burk and Anthony Paul Smith, Univocal 2012], Kimé, Paris 2004.
  • Mystique non-philosophique à l’usage des contemporains [Non-Philosophical Mysticism for Contemporary Use], L'Harmat, Paris 2007.
  • Introduction aux sciences génériques [Introduction to Generic Science], Pétra, Paris 2008.
  • Philosophie non-standard : générique, quantique, philo-fiction [Non-Standard Philosophy: Generic, Quantum, Philo-Fiction], Paris, Kimé, 2010.
  • Anti-Badiou : sur l'introduction du maoïsme dans la philosophie [Anti-Badiou: The Introduction of Maoism in Philosophy], trans. Robin Mackay, New York, Bloomsbury, 2013], Paris, Kimé, 2011.
  • Théorie générale des victimes [English translation: General Theory of Victims, trans. Alex Dubilet and Jessie Hock, Malden, MA, Polity, 2015], Paris, Mille et une nuits, 2012.
  • Christo-fiction [Christo-Fiction: The Ruins of Athens and Jerusalem, trans. Robin Mackay, New York: Columbia University Press, 2015], Paris, Fayard, 2014

脚注[編集]

  1. ^ John Mullarkey, Post-Continental Philosophy: An Outline, Continuum International Publishing Group, 2007, p. 4.
  2. ^ Katerina Kolozova, The Cut of the Real: Poststructuralist Theories of Subjectivity, New York: Columbia University Press, 2014
  3. ^ Ray Brassier, 'Axiomatic Heresy: The Non-Philosophy of Francois Laruelle', Radical Philosophy 121, Sep/Oct 2003, p. 24.
  4. ^ Gilles Deleuze and Félix Guattari, What is Philosophy?, Trans. Hugh Tomlinson and Graham Burchell (New York: Columbia University Press, 1994), p. 220n5.
  5. ^ Ray Brassier, Nihil Unbound. Palgrave Macmillan, 2010

外部リンク[編集]