木田元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木田 元
(きだ げん)
生誕 (1928-09-07) 1928年9月7日
日本の旗 日本新潟県新潟市
死没 (2014-08-16) 2014年8月16日(85歳没)
千葉県船橋市
時代 20世紀の哲学
21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学現象学
研究分野 現象学形而上学存在論言語哲学哲学史
主な概念 反哲学
テンプレートを表示

木田 元(きだ げん、1928年9月7日 - 2014年8月16日)は、日本哲学者。専攻は現象学研究中央大学名誉教授

モーリス・メルロー=ポンティ等の現代西洋哲学の主要な著作を、平易な日本語に翻訳した。マルティン・ハイデッガーエドムント・フッサールの研究でも知られる。

経歴[編集]

新潟県新潟市生まれ、本籍地山形県最上郡東小国村(現在の最上町)。

3歳のとき一家で満洲新京に渡る。新京第一中学校(戦時体制のため4年で繰り上げ卒業)を経て、1945年昭和20年)海軍兵学校に入学(78期)。同年8月6日江田島で水泳の訓練中、原爆投下広島市側の海岸で目撃[1][2]。8月15日に日本が終戦を迎えると軍海軍兵学校では生徒たちに帰宅の指示が出たが満州出身なので本土にいる親戚もよくわからず困っていたところ、教官が自身の佐賀の実家へ行くよう指示してくれる。教官は兵学校での残務処理に残ったので、木田は佐賀では肩身の狭い思いをしたため、1ヶ月ほどでと東京へむかう。東京の大学へ進学した母校中学校の先輩をあてにするも見からず、上野で野宿をしているところをテキヤに誘われしばらく働きながら、東京にいるはずの親戚について海軍省で調べた。目黒で父親のいとこの夫で海軍大佐を見つける。そして山形県新庄市の父方の遠縁の家に行くよう勧められ、寄留する。なお、この間に敗戦で海軍兵学校が解体され、旧制高等学校への編入資格を得るが、野宿生活のために締め切りを知らず、知っていても家族が全員満洲にいるため学費を捻出できず、手続きをしなかったため、失効する。1945(昭和20年)10月、満洲から家族が引き揚げてきて、母の郷里の山形県鶴岡市に落ち着く。父がシベリアに抑留されたため、長男である木田は、鶴岡市役所臨時雇、小学校代用教員などで家族を養う。

同時に働いていた闇屋で一儲けし、その金をあてにして代用教員を辞め、1947年(昭和22年)4月、新設されたばかりの山形県立農林専門学校(現在の山形大学農学部)に入学した[2]。「人生の中休みだ」と思って入学試験を受け、金が無くなれば学校を辞めようと思っていたが、同年9月に父が帰国したので、自身で生活の心配をする必要がなくなり、卒業まで在籍した。しかし、農業で生計を立てる自信もなく将来への不安がぬぐえず、その不安から逃げるつもりで書籍の読書に走る。そしてドストエフスキーの注釈書として読んだキェルケゴールから哲学の興味を持ち始める。

1950年(昭和25年)4月、東北大学文学部哲学科(旧制)[要検証]に編入学。大学1年のときドイツ語を、2年のとき古典ギリシア語を、3年のときラテン語を習得[3]1953年に学部を卒業して同大学院哲学科特別研究生課程に進み、フランス語を習得。1958年に同大学院修了し、同年から東北大学文学部助手となる。

1960年から中央大学文学部哲学科専任講師。同助教授を経て、1972年から中央大学文学部哲学科教授1999年に定年退職し名誉教授となった。2010年9月に、日本経済新聞私の履歴書」に自伝を連載した。

2013年12月頃から体調が悪化し、2014年7月から入院。同年8月16日、自宅のある船橋市内の病院肺炎のため死去[4][5][6]。85歳没。

著書[編集]

  • 現代哲学 人間存在の探究(日本放送出版協会(NHK市民大学叢書) 1969年/「現代の哲学」講談社学術文庫 1991年)
  • 現象学(岩波新書 1970年)
  • ハイデガー(岩波書店(20世紀思想家文庫) 1983年/岩波現代文庫 2001年)
  • メルロ・ポンティの思想(岩波書店 1984年)
  • 哲学と反哲学(岩波書店 1990年/同時代ライブラリー 1996年/岩波現代文庫 2004年)
  • ハイデガーの思想(岩波新書 1993年)
  • 反哲学史(講談社 1995年/講談社学術文庫 2000年)
  • 哲学以外(みすず書房 1997年) 初のエッセー集
  • わたしの哲学入門(新書館 1998年/講談社学術文庫 2014年)
  • 現象学の思想(ちくま学芸文庫 2000年)。文庫版オリジナル
  • 最終講義(作品社 2000年/「木田元の最終講義―反哲学としての哲学」角川ソフィア文庫 2008年)
  • 哲学の余白(新書館 2000年)
  • ハイデガー『存在と時間』の構築(岩波現代文庫 2000年)
  • 詩歌遍歴(平凡社新書 2002年)
  • 偶然性と運命(岩波新書 2001年)
  • マッハとニーチェ 世紀転換期思想史(新書館 2002年/講談社学術文庫 2014年)
  • 猿飛佐助からハイデガーへ(岩波書店(グーテンベルクの森) 2003年/岩波現代文庫 2010年)
  • 闇屋になりそこねた哲学者(晶文社 2003年/ちくま文庫 2010年)
  • 哲学の横町(晶文社 2004年)
  • ハイデガー拾い読み(新書館 2004年/新潮文庫 2012年)
  • 新人生論ノート(集英社新書 2005年)
  • 反哲学入門(新潮社 2007年/新潮文庫 2010年)
  • 哲学は人生の役に立つのか(PHP新書 2008年)
    山田風太郎モーツァルトカフカ保坂和志大塚博堂など、哲学以外の本や音楽、映画などを語る。
  • なにもかも小林秀雄に教わった(文春新書 2008年)
  • ピアノを弾くニーチェ(新書館 2009年)
  • 哲学散歩(文藝春秋 2014年/文春文庫 2017年)

評伝[編集]

  • 「闇市から来た反-哲学者-木田元論」 晃洋書房〈ライフヒストリー研究叢書〉 2009年
  • 「木田元 軽妙洒脱な反哲学」 河出書房新社〈道の手帖〉 2014年

共編著[編集]

  • 理性の運命 現代哲学の岐路(生松敬三共著 中公新書 1976年/講談社学術文庫 1996年)
  • 西洋哲学史の基礎知識(生松敬三、伊東俊太郎岩田靖夫共編 有斐閣 1977年)
    • 概念と歴史がわかる西洋哲学小事典(ちくま学芸文庫 2011年)
  • コンサイス20世紀思想事典(栗原彬丸山圭三郎野家啓一共編 三省堂 1989年)
  • 現象学事典(村田純一、野家啓一、鷲田清一共編 弘文堂 1994年、新装版2014年)
  • 哲学の古典 101物語(編 新書館 1996年、新装版1998年)
  • 日本の名随筆 別巻92 哲学(編 作品社 1998年)
  • 哲学を話そう 木田元対談集(新書館 2000年)
  • 哲学と文学 エルンスト・マッハをめぐって 談話会(中央大学人文科学研究所・人文研ブックレット 2000年)
  • 現代思想フォーカス88(編 新書館 2001年)
  • ハイデガー 思想読本 知の攻略(編 作品社 2001年)
  • ハイデガー本45 西洋哲学のハードコアを読み解く(編 平凡社 2001年)
  • ハイデガーの知88(編 新書館 2002年)
  • 哲学者群像101(編 新書館 2003年)
  • 待つしかない、か。 二十一世紀身体と哲学(竹内敏晴共著 春風社 2003年、新版2014年)
  • 一日一文 英知のことば(編 岩波書店 2004年/岩波文庫 2018年12月)
  • 人生力が運を呼ぶ(渡部昇一共著 致知出版社 2004年)
  • 哲学キーワード事典(編 新書館 2004年)
  • 精神の哲学・肉体の哲学 形而上学的思考から自然的思考へ(計見一雄共著 講談社 2010年)
  • 対訳 技術の正体(デコ 2013年)、マイケル・エメリック英訳

訳書[編集]

  • M・メルロー=ポンティ『行動の構造』(滝浦静雄共訳 みすず書房 1964年、新版2014年)
  • メルロー=ポンティ『眼と精神』(滝浦静雄共訳 みすず書房 1966年)
  • フランシス・ジャンソン『現象学の意味』(せりか書房 1967年)
  • ジョルジュ・ルカーチ著作集 若きヘーゲル 下』(生松敬三・元浜清海共訳 白水社 1969年)
  • ジャン・ラクロワ『カント哲学』(渡辺昭造共訳 白水社〈文庫クセジュ〉 1971年)
  • X.ティリエット『メルロ=ポンティ あるいは人間の尺度』(篠憲二共訳 大修館書店 1973年)
  • メルロ=ポンティ『知覚の現象学 第2』(竹内芳郎宮本忠雄共訳 みすず書房 1974年)
  • ショーペンハウアー『全集(12) 哲学小品集 3』(生松敬三・大内惇共訳 白水社 1974年 新装版1996年、2004年)
  • D.クリストフ『フッサール 事象への還帰』(本間謙二共訳 大修館書店 1974年)
  • E・フッサール『ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学』(細谷恒夫共訳 中央公論社 1974年/中公文庫(改訳版) 1995年)
  • ゲオルグ・ジンメル『著作集(4) カント、カントの物理的単子論』(白水社 1976年 新装版1994年、2004年)
  • メルロ・ポンティ『世界の散文』(滝浦静雄共訳 みすず書房 1979年)
  • メルロー=ポンティ『言語と自然 コレージュ・ドゥ・フランス講義要録』(滝浦静雄共訳 みすず書房 1979年)
  • ジル・ドゥルーズ『ヒュームあるいは人間的自然 経験論と主体性』(財津理共訳 朝日出版社「エピステーメー叢書」 1980年)
    • 新版 『経験論と主体性 ヒュームにおける人間的自然についての試論』(河出書房新社 2000年)
  • F・フェルマン『現象学と表現主義』(岩波書店 1984年/講談社学術文庫 1994年)
  • マーティン・ジェイアドルノ』(村岡晋一共訳 岩波書店 1987年/同時代ライブラリー 1992年/岩波現代文庫 2007年)
  • エルンスト・カッシーラー 『シンボル形式の哲学』(生松敬三・村岡晋一共訳 岩波文庫(全4巻) 1989年-1997年)
  • メルロー=ポンティ『見えるものと見えないもの』(滝浦静雄共訳 みすず書房 1989年、新装版2017年)
  • メルロー=ポンティ『意識と言語の獲得 ソルボンヌ講義』(鯨岡峻共訳 みすず書房 1993年)
  • E・パノフスキー 『〈象徴形式〉としての遠近法』(監訳、川戸れい子上村清雄共訳 哲学書房 1993年 新版2003年/ちくま学芸文庫 2009年)
  • アドルノ『否定弁証法』(渡辺祐邦共訳 作品社 1996年)
  • マルティン・ハイデガー『シェリング講義』(迫田健一共訳 新書館 1999年)
  • メルロ・ポンティ『哲学者とその影』(生松敬三共訳 みすず書房 2001年)
  • メルロー=ポンティ『人間の科学と現象学』(竹内芳郎・滝浦静雄共訳 みすず書房 2001年)
  • メルロ=ポンティ『幼児の対人関係』(滝浦静雄共訳 みすず書房 2001年)
  • メルロ=ポンティ『言語の現象学』(滝浦静雄共訳 みすず書房 2002年)
  • メルロ=ポンティ『政治と弁証法』(海老坂武共訳 みすず書房 2002年)
  • アンドレ・コント=スポンヴィル『哲学はこんなふうに』(小須田健・C.カンタン共訳 紀伊國屋書店 2002年)
  • 『アーレント=ハイデガー往復書簡 1925-1975』(ウルズラ・ルッツ編 大島かおり共訳 みすず書房 2003年、新装版2018年)
  • アンドレ・コント=スポンヴィル『幸福は絶望のうえに』(小須田健・C・カンタン共訳 紀伊國屋書店 2004年)
  • サイモン・ブラックバーン『プラトンの『国家』』(ポプラ社 名著誕生 2007年)
  • マルティン・ハイデガー『現象学の根本問題』(監訳、平田裕之・迫田健一訳 作品社 2010年)

脚注[編集]

  1. ^ 恵比寿映像祭 - 映像をめぐる言葉 - 木田元
  2. ^ a b 「ふたたび廃墟に立って」~82歳哲人の追想
  3. ^ 渡部昇一との対談『人生力が運を呼ぶ』(致知出版社2004年)と、『闇屋になりそこねた哲学者』(晶文社2003年
  4. ^ ハイデッガー研究第一人者の木田元氏死去 Archived 2014年8月19日, at the Wayback Machine. 日刊スポーツ 2014年8月17日閲覧
  5. ^ 「木田元氏死去(哲学者、中央大名誉教授)」時事通信2014/08/17
  6. ^ 「哲学者の木田元さん死去」日本放送協会2014年8月17日 15時16分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]