ハリー・スタック・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハリー・スタック・サリヴァン
Harry Stack Sullivan
生誕 ハリー・スタック・サリヴァン
Harry Stack Sullivan
(1892-02-21) 1892年2月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没 (1949-01-14) 1949年1月14日(56歳没)
フランスの旗 フランスパリ
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 精神医学
精神分析学
研究機関 シカゴ大学医学部
ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所
出身校 シカゴ大学医学部
プロジェクト:人物伝

ハリー・スタック・サリヴァン: Harry Stack Sullivan1892年2月21日 - 1949年1月14日)はニューヨーク州生まれのアメリカ合衆国精神科医社会心理学者[1]。精神保健の国際化、操作的診断基準の導入、地域精神医療の体制化によって現代精神医療の基礎を築いた。

略歴[編集]

1892年アイルランド移民の子としてアメリカ合衆国ニューヨーク州に生まれる。1917年シカゴ医学校卒業。1922年までワシントンにあるセント・エリザベス病院で働き、W. A. ホワイト の指導を受けた。その後シェパード・アンド・イノック・プラット病院にて主として統合失調症患者の治療を行い、1930年ニューヨークにて開業。1930年代末にウィリアム・アランソン・ホワイト研究所[注 1]を設立し、教育と研究に尽力した。1938年、Psychiatry誌主筆。現代精神医学の源流となるアメリカ社会精神医学の主導者となった。WHO設立に係る米国側特使として滞在していたパリで、1949年死没[1]。死因に関しては他殺説、自殺説がある。

人物[編集]

生い立ち[編集]

1892年、ニューヨーク州シェナンゴ郡に、カトリック系のアイルランド系移民3世として生まれた。頑固で共感性の乏しい父親とヒステリックで愚痴の多い母親の間で、心細く不安の多い少年時代を過ごす。(この時期、ルース・ベネディクトと同級生であったが、この時点での交流はなかった。)一旦はコーネル大学で物理学を志すも退学し、その後シカゴ医学校で医師免許を取得する。短期間を軍医、産業外科医として過ごした後、2年間をセント・エリザベス病院、その後にシェパード・アンド・エノック・プラット病院で精神科医として勤務する。[2]

同性愛への強硬な反発があった時代にありながら、1920年代以降は自らの同性愛嗜好を半ば明らかにして活動した。(このために、1960年代以降のゲイ・ムーブメントの先駆けとなる。)[3]

文化学派、「関与しながらの観察」[編集]

サリヴァンは人格の成長における対人関係、文化要因の研究を進めた(この点から、カレン・ホーナイエーリヒ・フロム等と並び、新フロイト派とも称される)。協力者には言語学者エドワード・サピア、政治学者ハロルド・ラズウェル、文化人類学者ルース・ベネディクトといった社会科学者が多い。これは、人間が社会集団の中の成長し、さらに次のコミュニティを形成していく働きの中に精神障害の基盤となる病理があると考えたためでもある。彼は「精神医学は対人関係の学である」[4]とし、精神疾患の原因を社会的な対人関係の偏倚に求めた。1940年代以降、アメリカ精神医学界でサリヴァンの臨床理論は絶大な影響力をもったが、彼の著作は没後ながく出版が差し止められていた。第一にはサリヴァンの同性愛への親和的言説(サリヴァン自身も同性愛者であった[3])が忌避されたことがある。これに加えて、フロイト理論への批判に対してアメリカ精神医学会から圧力が加えられたことも指摘されている。共産主義陣営との接触を疑われていたことも、マッカシーズム前夜の米国においてサリヴァンへの言及を困難にした。

彼は初期プラグマティズム文化人類学(特にシカゴ学派)等、幅広い分野の学者と交流を持ち、その研究手法を自身の理論に柔軟に取り入れた。関与しながらの観察」(participant observation)の重視はこの所産である。文化人類学者はフィールドワークをする際に、研究対象の現地に赴き、長期間ともに時間を過ごし生活して観察する。つまり、単に客観的な観察者にとどまることをよりも、自ら問題の構造に関わりを持つことを重視した。

サリヴァン自身はフェレンツィ・シャーンドルによる精神分析を希望していたが、自身の活動のため渡欧することができなかった。代わりに、共同研究者であったクララ・トムソンをフェレンツィのもとに送り、そこで学ばせた技法で自らに分析を行うよう指示している。(帰米後にトムソンが用いたのはウィルヘルム・ライヒの技法に近いもので、分析自体もサリヴァンによって中断された。トムソンはこれを「サリヴァンの性格武装のため」と振り返っている。)[5]

統合失調症治療における実践[編集]

サリヴァンは自らの設計した急性期病棟プログラムにおいて、70%近い統合失調症社会的寛解を実現していた。(この治療成績は、サリヴァンの去った後を継いだWilliam Silverbergによっても確認されている。)当時の秘書は、彼自身がかつて、統合失調症を発症していたと何度か述べていたといい、彼の統合失調症患者の扱い方や、治療理論は、彼自身のかつての経験も色濃く反映しているとされる。

サリヴァンはまた、看護師ソーシャルワーカーの育成にも尽力した。その際、看護師集団の中で劣等生だった者を意図的に集め、育成した。そのような環境で育った人間こそ精神障害の治療に適していると考えたためである。統合失調症の看護においては、前青春期的な、相互の劣等感や不全感をともにする過程が必要であるとサリヴァンは考えたため、病棟は劣等生であった男性看護師のみを集めた場所となった。(そのことが既存の看護組織から反発を生み、エノック・プラット病院を去る一因となる。)

サリヴァンの理論(「発達論的アプローチ」)[編集]

サリヴァンは出生以降の他者との交わりの様式を5つに分けている。

第一がinfancy era(乳児期)であり、ここでは自らに快楽(母乳による空腹軽減)を与える絶対他者(神の前概念)との二値的な関係である。この時期の体験様式を「宇宙的融即cosmic participation」としている。


第二にchildhood era(幼児期)であり、ここでは第一次集団(同じ家に住む家族)との交流、特に支配/服従関係を中心にした交流が営まれる。この時期に、精神発達遅滞を伴わない対人関係の障害(現代の自閉スペクトラム症)を指して「精神病質の幼児psychopathic child」という言葉を精神医学界に初めて提出した[6]。また、この時期の養育者の生殖器に対する態度(乳児自慰に対する親の過剰反応など)が取り込まれ、さらに内在化したものがフロイト理論における「去勢不安」の実態であるとしている。

第三にjuvenile era(児童期)であり、就学によって家族以外の人間と交流し、直接の面識を持たない人間とも書物や伝聞を介して間接的な交流を持つようになる。このときにカースト制、すなわち貧富の差別、人種差別の萌芽が現れる。

第四にadolescence era(青春期)があり、二次性徴を通して生じた性の葛藤、特に同性・同年代の集団における性の取扱いが主題となる。青春期はさらに三つに分類され、前青春期preadolescence(初めての親友chumを得てから、二次性徴の完了するまでの期間)、青春期中期mid-adolescence(性欲が出現し、それを対人関係の中に位置づけるまでの期間)、青春期後期late-adolescence(性行動のパターン化が完了してからの期間)である。同性間に育まれる広義の性的交流を人格発展の基本的な場としている。性欲の出現する直前、かつ「水入らずの親友」を希求する気持ちの芽生えた前青春期に、精神障害の治療だけでなく、文化史的な意義のあることを指摘している。

なお性の葛藤を対人関係の中で満足に昇華できたものだけがadulthood(成人期)に達する。

統合失調症概念と同性愛[編集]

1920年代までの英語圏の精神病理学は、統合失調症の発症直前に同性愛的状況(同性の集まる兵営生活、同性の親とのスキンシップなど)が存在するとしていた。特にサリヴァンの私慕していたEdward J. Kempfはこれを押し進め、統合失調症をacute homosexual panic(急性同性愛パニック)と呼称している。[7](統合失調症と同性愛をこのように結びつける考えは、アメリカを中心にその後1960年代まで続いた。ゲイ・パニック・ディフェンスも参照のこと。)サリヴァンも自らの理論のなかで、前青春期に同性間の十分な心理的結びつきを形成できなかった少年が、後に文化的圧力から異性愛を強制された際の葛藤が統合失調症の本態であるとしている。葛藤が解離され、幻聴思考吹入として再体験されることを統合失調症の基本的な病理と捉えている。この状態を指して、サリヴァン自身の著作では「acute schizophrenic state(急性統合失調状態)」と記される。

またこれとは独立に、観念が過剰に体系化される「純粋パラノイア」と、過剰に発散している「純粋スキゾフレニア」を両極とする仮想軸上に、個々の統合失調症、強迫性障害精神病質人格(発達障害を含む)症例が位置づけられると主張している[8]。これはドイツ精神病理学が前提とする層構造(神経症躁うつ病、統合失調症、器質性精神疾患の順に病理が深いとされる)[9]と対比される独自の疾患定式である。

日本との関わり[編集]

日本では、井村恒郎が戦後早期に米国精神医療の泰斗としてサリヴァンを取り上げ、井村と東大分院時代に同僚であった中井久夫がその後サリヴァンの著作・思想を精力的に翻訳したことで日本で知られるようになった。[10]強い影響を受けた日本の精神科医に、阪本健二松本雅彦斎藤環がいる。自己を他者関係の中に捉える木村敏の著作もサリヴァンの対人関係論の影響が強い。[11]

著作[編集]

サリヴァンの生前に発表されたのは講演録であった『現代精神医学の概念』のみである。処女作の『Personal Psychopathology』は1933年に完成していたものの、同性愛に対する親和的な記述のために同僚による出版妨害を受け、死後発表となった(日本未訳)。それ以外の著作は論文や講義ノートが死後編纂されたものである。

  • 『現代精神医学の概念(英題:Conceptions of modern psychiatry : the first William Alanson White Memorial Lectures)』 / H.S.サリヴァン著,中井久夫, 山口隆訳,みすず書房、1982
  • 『精神医学の臨床研究(英題:Clinical Studies in Psychiatry)』 / H.S.サリヴァン著,中井久夫, 山口直彦 他(訳),みすず書房、1986
  • 『サリヴァンの精神科セミナー(英題:A Harry Stack Sullivan case seminar : treatment of a young male schizophrenic)』 / H.S.サリヴァン著, ロバート・G・クヴァーニス, グロリア・H・パーロフ編 ; 中井久夫訳、みすず書房、2006 (野口昌也らによる先訳があるが、先訳者の許可のもと中井が新たに訳出・出版している)
  • 『精神医学は対人関係論である(英題:The interpersonal theory of psychiatry)』 / H.S.サリヴァン著, 中井久夫[ほか]共訳,みすず書房、1990
  • 『分裂病は人間的過程である(英題:Schizophrenia as a human process)』 / H.S.サリヴァン著、中井久夫 [ほか] 共訳、みすず書房、1995

その他の著作[編集]

  • 『サリヴァンの生涯』/H. S. ペリー著;中井久夫、今川正樹訳
  • 『サリヴァン入門 : その人格発達理論と疾病論』 / A. H. チャップマン, M. C. M. S. チャップマン著 ; 山中康裕監修 ; 武野俊弥, 皆藤章
  • 『サリヴァン治療技法入門』/A. H. チャップマン著; 作田勉訳
  • "Phobia" by John Vassos, David A. Beronä (Introduction); Dover, 1976 (献呈に「H. S. Sの多彩色の思い出に」と記されている。Vassosはサリヴァンの治療を受けていたと考えられている)

脚注[編集]

  1. ^ 正式名称は William Alanson White Institute of Psychiatry, Psychoanalysis & Psychology である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小此木啓吾 他(編) 『精神分析事典』 岩崎学術出版社、2002年4月。ISBN 9784753302031 p.518
  2. ^ ヘレン・スウィック・ペリー; 中井久夫; 今川正樹 (1985). サリヴァンの生涯. みすず書房. 
  3. ^ a b MARK J. BLECHNER, Ph.D. (2005年). “THE GAY HARRY STACK SULLIVAN INTERACTIONS BETWEEN HIS LIFE, CLINICAL WORK, AND THEORY”. Contemporary Psychoanalysis 41. 
  4. ^ Seishin igaku wa taijin kankeiron de aru. Sullivan, Harry Stack, 1892-1949., Nakai, Hisao, 1934-, 中井, 久夫, 1934-. みすず書房. (1990). ISBN 4622040824. OCLC 674367937. https://www.worldcat.org/oclc/674367937. 
  5. ^ Meigs, Kathleen (2017年9月). “The Failure of Clara Thompson’s Ferenczian (Proxy) Analysis of Harry Stack Sullivan*” (英語). The American Journal of Psychoanalysis 77 (3): 313–331. doi:10.1057/s11231-017-9103-8. ISSN 0002-9548. http://link.springer.com/10.1057/s11231-017-9103-8. 
  6. ^ 1892-1949., Sullivan, Harry Stack, (1984, ©1972). Personal psychopathology ; early formulations. ([1st ed.] ed.). New York: Norton. ISBN 0393301842. OCLC 13017572. https://www.worldcat.org/oclc/13017572. 
  7. ^ Edward J. Kempf (1920). Psychopathology. 
  8. ^ Bunretsubyō wa ningenteki katei de aru. Sullivan, Harry Stack, 1892-1949., Nakai, Hisao, 1934-, 中井, 久夫, 1934-. みすず書房. (1995). ISBN 4622040972. OCLC 675209135. https://www.worldcat.org/oclc/675209135. 
  9. ^ Seishin byōrigaku genron. Jaspers, Karl, 1883-1969., Nishimaru, Shihō, 1910-2002., 西丸, 四方, 1910-2002.. みすず書房. (1971). ISBN 4622022249. OCLC 674175605. https://www.worldcat.org/oclc/674175605. 
  10. ^ 中井久夫 (2013). サリヴァン、アメリカの精神科医. みすず書房. 
  11. ^ 1931-, Kimura, Bin,; 1931-, 木村敏,. Seishin igaku kara rinshō tetsugaku e (Shohan ed.). Kyōto-shi. ISBN 9784623057511. OCLC 607973148. https://www.worldcat.org/oclc/607973148. 

参考文献[編集]

  • Ellenberger, H.F.(1970)"The Discovery of the Unconscious"木村敏・中井久夫監訳 1980 無意識の発見 弘文堂)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]