ハリー・スタック・サリヴァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ハリー・スタック・サリヴァン
Harry Stack Sullivan
生誕 ハリー・スタック・サリヴァン
Harry Stack Sullivan
(1892-02-21) 1892年2月21日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没 (1949-01-14) 1949年1月14日(56歳没)
フランスの旗 フランスパリ
居住 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
研究分野 精神医学
精神分析学
研究機関 シカゴ大学医学部
ウィリアム・アランソン・ホワイト研究所
出身校 シカゴ大学医学部
プロジェクト:人物伝
精神分析学のシリーズ記事 
精神分析学
photograph

ハリー・スタック・サリヴァン: Harry Stack Sullivan1892年2月21日 - 1949年1月14日)はニューヨーク州生まれのアメリカ合衆国医学者精神科医精神分析家[1]

略歴[編集]

1892年アイルランド移民の子としてアメリカ合衆国ニューヨーク州に生まれる。1917年シカゴ医学校卒業。1922年までワシントンにあるセント・エリザベス病院で働き、W. A. ホワイト の指導を受けた。その後シェパード・アンド・イノック・プラット病院にて主として統合失調症患者の治療を行い、1930年ニューヨークにて開業。1930年代末にウィリアム・アランソン・ホワイト研究所[注 1]を設立し、教育と研究に尽力した。1938年、Psychiatry誌主筆。WHO設立に係る米国側特使として滞在していたパリで、1949年死没[1]。死因に関しては他殺説、自殺説がある。

人物[編集]

生い立ち[編集]

サリヴァンはカトリック系のアイリッシュの貧農の家に生まれた。幼年期をルース・ベネディクトと共に過ごす。一旦はコーネル大学で物理学を志すも退学し、その後シカゴ医学校で医師免許を取得する。短期間を軍医、産業外科医として過ごした後、セント・エリザベス病院で精神科医となる。[2]

新フロイト派[編集]

サリヴァンは人間の心の成長に文化や社会が与える要因を考慮し、ジークムント・フロイト、精神分析からの離脱を説いた(その為、カレン・ホーナイエーリヒ・フロム等と並び、新フロイト派と称される)。彼は「精神医学は対人関係の学である」とし、精神疾患の原因を幼少期の対人関係に求めた(但しアンリ・エレンベルガーは「サリヴァンは自分では精神分析家だと言いながら、実は一種アードラー的な治療を行っていたと言ってよい」としている)。しかし、サリヴァンの著作は彼の没後、40年程、米国ですら出版されなかった。これは、彼がフロイトの理論に批判的であった為、自我心理学派などから「異端」扱いされた為であると言われており、サリヴァンの同性愛傾向が男性精神科医たちに、サリヴァンの教えを受けたことを公開することをためらわせたためでもあるとも推測されている(サリヴァンの協力者には女性が多い)。

関与しながらの観察[編集]

彼は文化人類学(特にシカゴ学派)等、幅広い分野の学者と交流を持ち、彼らの理論や研究手法を自身の理論に柔軟に取り入れた。例えば、彼は関与しながらの観察」(participant observation)が治療者に求められる姿勢だとした。文化人類学者はフィールドワークをする際に、研究対象の現地に赴き、長期間ともに時間を過ごし生活して観察する。つまり、客観的に対象を対象として扱わず、自分を含めた上(つまり、参与した上)で、調査を行う手法であり、サリヴァンはこれを自身の治療法に取り入れた。

統合失調症治療における名声[編集]

当時、不治の病とされていた統合失調症をサリヴァンは80%の治癒率を実現していた。当時の秘書は、彼自身がかつて、統合失調症を発症していたと何度か述べていたといい、彼の統合失調症患者の扱い方や、治療理論は、彼自身のかつての経験も色濃く反映しているとされる。

また彼は医者のみならず、看護師等の育成にも尽力した。その際、看護師として選んだ人間にいわゆる劣等生だった者を集め、そのような環境で育った人間が統合失調症患者の気持ちを比較的良く理解できると考えていた。彼は人間にとり、8歳半から始まる前青春期が非常に重要であるとし、そこでの友情から物事や世界の意味を確認できる、貴重な時期だとした。そこでの関係は、いわゆるchumshipと呼ばれる。もし、それまでの母子関係(乳幼児期~前思春期まで)に何かしらの問題があった場合でも、ここでの重要な他者との出会いが、その人の人生を支える可能性があるとしている。統合失調症の患者にはこの前思春期の経験が欠如している為、治療でそれを作り出す必要があると考えたサリヴァンは、婦長を頂点とする看護婦によるチームではなく、男性中心の看護チームを作り、一時、その体制でかなり集中的に治療に当たった。

サリヴァンの理論[編集]

サリヴァンは出生以降の他者との交わりの様式を5つに分けている。第一がinfancy era(乳児期)であり、ここでは自らに快楽(母乳による空腹軽減)を与える絶対他者(神の前概念)との二値的な関係である。第二にchildhood era(幼児期)であり、ここでは第一次集団(同じ家に住む家族)との交流、特に支配/服従関係を中心にした交流が営まれる。第三にjuvenile era(児童期)であり、就学によって家族以外の人間と交流し、直接の面識を持たない人間とも書物や伝聞を介して間接的な交流を持つ。第四にadolescence era(青春期)があり、二次性徴を通して生じた性の葛藤、特に同性・同年代の集団における性の取扱いが主題となる。そして、性の葛藤を対人関係の中で満足に昇華できたものだけがadulthood(成人期)に達するとされている。

このそれぞれの過程において、葛藤を生じた人格部分が時に解離され、幻聴思考吹入として再体験されることを統合失調症の基本的な病理と捉えた。また、同性間に育まれる広義の性的交流を人格発展の基本的な場としている。

同性愛への強硬な反発があった時代に生まれながら、自らの同性愛嗜好を半ば明らかにして活動していたことで、1960年代以降のゲイ・ムーブメントの先駆けとなっている。

日本への広がり[編集]

日本では、井村恒郎が戦後早期に米国精神医療の泰斗としてサリヴァンを取り上げ、井村と東大分院時代に同僚であった中井久夫がその後サリヴァンの著作・思想を精力的に翻訳して本邦で知られるようになった。

著作[編集]

サリヴァンの生前に発表されたのは講演録であった『現代精神医学の概念』のみである。処女作の『Personal Psychopathology』は生前に完成していたものの、同性愛に対する親和的な記述のために同僚による出版妨害を受け、死後発表となった(本邦未訳)。それ以外の著作は論文や講義ノートが死後編纂されたものである。

  • 『現代精神医学の概念(英題:Conceptions of modern psychiatry : the first William Alanson White Memorial Lectures)』 / H.S.サリヴァン著,中井久夫, 山口隆訳,みすず書房、1982
  • 『精神医学の臨床研究(英題:Clinical Studies in Psychiatry)』 / H.S.サリヴァン著,中井久夫, 山口直彦 他(訳),みすず書房、1986
  • 『サリヴァンの精神科セミナー(英題:A Harry Stack Sullivan case seminar : treatment of a young male schizophrenic)』 / H.S.サリヴァン著, ロバート・G・クヴァーニス, グロリア・H・パーロフ編 ; 中井久夫訳、みすず書房、2006
  • 『精神医学は対人関係論である(英題:The interpersonal theory of psychiatry)』 / H.S.サリヴァン著, 中井久夫[ほか]共訳,みすず書房、1990
  • 『分裂病は人間的過程である(英題:Schizophrenia as a human process)』 / H.S.サリヴァン著、中井久夫 [ほか] 共訳、みすず書房、1995

その他の著作[編集]

  • 『サリヴァン入門 : その人格発達理論と疾病論』 / A. H. チャップマン, M. C. M. S. チャップマン著 ; 山中康裕監修 ; 武野俊弥, 皆藤章

脚注[編集]

  1. ^ 正式名称は William Alanson White Institute of Psychiatry, Psychoanalysis & Psychology である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小此木啓吾 他(編) 『精神分析事典』 岩崎学術出版社、2002年4月。ISBN 9784753302031 p.518
  2. ^ ヘレン・スウィック・ペリー; 中井久夫; 今川正樹 (1985). サリヴァンの生涯. みすず書房. 

参考文献[編集]

  • Ellenberger, H.F.(1970)"The Discovery of the Unconscious"木村敏・中井久夫監訳 1980 無意識の発見 弘文堂)

関連人物[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]