コーネル大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コーネル大学
Cornell University seal.svg
ラテン語: Universitas Cornelliana
校訓 "I would found an institution where any person can find instruction in any study."—Ezra Cornell, 1865
学校種別 私立
設立年 1865年 (1865)
基金 68億ドル
学長 Martha E. Pollack
副学長 Michael Kotlikoff
大学職員数
1,639人 – イサカ
1,235人 – ニューヨーク市
34人 - ドーハ
学生数 23,016人 (2017年)[1]
学部生数 14,907 (2017年)[1]
大学院生数 8,109 (2017年)[1]
所在地 アメリカ合衆国
ニューヨーク州イサカ
北緯42度27分 西経76度29分 / 北緯42.45度 西経76.48度 / 42.45; -76.48座標: 北緯42度27分 西経76度29分 / 北緯42.45度 西経76.48度 / 42.45; -76.48
キャンパス Small city, 4,800エーカー (19 km2)
スクールカラー Carnelian, white[2]
          
陸上競技 全米大学体育協会アイビー・リーグ
有名なチーム Big Red
マスコット Touchdown the Bear (非公式)
ウェブサイト cornell.edu
Cornell University logo.svg
テンプレートを表示

コーネル大学(Cornell University)は、米国の私立大学でありアイビー・リーグを構成する一校である。特に機械工学、生命科学、物理学、建築学、造園学、コンピュータ工学、経営学、医学、農学分野は著名である。世界における大学ランキングでは、Webometrics Ranking of World Universitiesで2015年度は5位にランクされ[:en]、またノーベル賞の全部門で受賞者を輩出する等、研究・教育の両面において世界最高水準を保持している。

大自然に恵まれたキャンパス内には湖や滝があり、全米一美しいと言われている。またバラエティに富んだ高い品質の学食を提供することでも知られ、Princeton Reviewで2016年には全米3位にランクインされた。

沿革[編集]

コーネル大学は、1865年に、米国の電信事業における先駆者でありニューヨーク州上院議員であったエズラ・コーネルと、同じく州上院議員でミシガン大学の元教授であったアンドリュー・ディクソン・ホワイトによって設立憲章が起草され、1868年10月7日、3年余りの準備期間の後、ニューヨーク州イサカに開設された。

現在[編集]

コーネル大学は、設立当初からニューヨーク州におけるランドグラント大学である一方[3]アイビー・リーグの一校としても名を連ねるという、世界でも珍しい半官半民(公立かつ私立)の大学の一つである。

同大学の著名な研究分野である機械工学、生命科学、ホテル経営学、建築学、造園学、農学獣医学などは世界最高峰と評されている。また、コンピュータ工学もアイビー・リーグの中で最大の施設と研究を誇り、全米でトップ 5 に入る名門分野である (コーネル大学のコンピュータ工学については、下記の特筆すべき点を参照)。 **コーネル大学ビデオ**

同大学はロックフェラー大学スローン・ケタリング癌センターともに共同でMD-PhD プログラム(Weill Cornell/Rockefeller/Sloan-Kettering Tri-Institutional MD-PhD program)を提供している。[4]

ランキングと名声[編集]

主要世界大学ランキング[編集]

  • Webometrics Ranking of World Universities : 第4位(2010年)
  • 上海交通電気大学ランキング:第13位(2011年)[5]
  • TIMES世界大学ランキング(総合):第10位(2008年)[6]
  • TIMES世界大学ランキング(社会科学分野):第7位(2008年)[7]
  • TIMES世界大学ランキング (人文科学分野) :第14位(2008年)[8]
  • TIMES世界大学ランキング (生物科学分野) :第8位(2008年)[9]
  • TIMES世界大学ランキング (自然科学分野) :第11位(2008年)[10]
  • TIMES世界大学ランキング (情報科学/工学分野) :第8位(2008年)[11]
  • NEWSWEEK世界大学ランキング:第9位(2006年)[12]

US NEWS学部課程ランキング[編集]

  • US NEWS Best Colleges 2009- National Univeristies Rankings(全米大学総合ランキング): 第10位(2009年度)[13]

US NEWS主要大学院ランキング[編集]

  • 物理学:第7位[14]
  • 化学:第9位[15]
  • 生物学:第12位[16]
  • 工学:第9位[17]
  • コンピューター工学:第6位[18]
  • 数学:第13位[19]
  • 経済学:第7位[20]
  • 歴史学:第11位[21]
  • 政治学:第8位[22]
  • 心理学:第10位[23]
  • 社会学:第14位[24]
  • 英語学:第6位[25]

専門職大学院[編集]

  • 医科大学院:第8位[26]
  • 法科大学院(J.D.):第12位[27]
  • 経営学大学院:第14位[28]
  • 都市計画大学院:第2位[29]
  • 獣医学大学院:第1位[30]

その他ランキング[編集]

教育機関[編集]

Undergraduate Colleges and Schools

  • College of Agriculture and Life Sciences*
  • College of Architecture, Art, and Planning
  • College of Arts and Sciences
  • College of Engineering
  • School of Hotel Administration
  • College of Human Ecology*
  • School of Industrial and Labor Relations*

Graduate/Professional Colleges and Schools

  • Graduate School
  • Law School
  • Johnson Graduate School of Management
  • Weill Cornell Medical College (New York City)
  • Weill Cornell Medical College (Qatar)
  • Weill Cornell Graduate School of Medical Sciences (New York City)
  • College of Veterinary Medicine*

Other Cornell Academic Units and Degree-Granting Programs

  • Cornell Cooperative Extension
  • Cornell Institute for Public Affairs(コーネル大学公共政策大学院)(CIPA)
  • Cornell University Library
  • Division of Nutritional Sciences
  • Faculty of Computing and Information Science
  • Office of Undergraduate Biology
  • Program in Real Estate
  • School of Continuing Education and Summer Sessions

なお*印が、ニューヨーク州設立の教育ユニット

研究機関[編集]

米国連邦国立研究センターとして次の4つが設置されている。

  • Cornell High Energy Synchrotron Source (CHESS)
  • Cornell NanoScale Facility (CNF)
  • Laboratory of Elementary-Particle Physics (LEPP)
  • National Astronomy and Ionosphere Center (NAIC)

そのほかにも、100を超える研究所及びラボラトリーの設置、ならびに教育プログラムを実施中。

特筆すべき点[編集]

1970年代から始まった情報検索システムであるSMARTシステムの研究開発等によって、また、電子図書館(Digital Archive、Digital Library)の実現において先駆的な業績を残した。その他には、データベース分野、知識処理の分野でも数多くの業績を残している。

物理学の分野でもコンピュータ科学学科との連携により、高エネルギー物理学のための情報交換プロトコル等の設計で顕著な業績を残している。

生命科学の分野では、物理学の分野と同じくコンピュータ科学学科との連携により、アメリカ国立衛生研究所遺伝情報データベースの構築等で業績を上げている。また、医学分野との連携によって、タンパク質の解析等の分野でも成果を挙げつつある。

SETI@Home(関連項目:SETI)プロジェクトにおけるデータの提供を行っている、プエルトリコにあるアレシボ電波天文台の運営をアメリカ国立科学財団より委託を受けて行っている。

デジタルコレクション[編集]

コーネル大学図書館 デジタル・コレクション[1]

学生生活[編集]

スポーツ

主要記事:w:Cornell Big Red

コーネル大学のスポーツチームは「コーネル・ビッグ・レッド」と呼ばれている。コーネル大学には30以上のスポーツチームがあり、全米大学体育協会(NCAA)のカンファレンスはアイビー・リーグに所属しているが、アイスホッケーについてはECACホッケー・リーグ(ECAC Hockey League)に所属している。

アイスホッケーは同校で最も人気のあるスポーツの一つであり、冬の風物詩となっている。同校は全米選手権の優勝を2回、フローズン・フォー(全米ベスト4)進出を8回果たしている強豪である。アイスホッケーの長年のライバルはハーバード大学であり、全米でも有名なカレッジアイスホッケーのライバル関係である[34]。コーネル大学のホームアリーナであるリナーリンク(Lynah Rink)でハーバード大学と対戦する際は、ハーバード大学の選手が入場する際に熱狂的なファンが大量の魚をリンクに投げ入れることが恒例となっている。これは、ハーバード大学が港町(ボストン)にあることを揶揄しているのである。

関係者[編集]

以下のリストには、コーネル大学の著名な卒業生、在校生、教授などが含まれる。なお、情報は 2005-04-22 日付けのものであり、最新の情報は英語版記事 Cornellians を参照のこと。

卒業生[編集]

ノーベル賞受賞者[編集]

政治 / 法律[編集]

ビジネス[編集]

医学[編集]

社会科学[編集]

科学 / テクノロジー[編集]

芸術全般[編集]

学習できる専門分野[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Common Data Set 2015-2016, Part B”. Cornell University. 2017年8月28日閲覧。
  2. ^ Colors · Cornell University”. 2017年8月28日閲覧。
  3. ^ A listing of land grant institutions Higher Education Resource Hub
  4. ^ Tri-Institutional MD-PhD Program
  5. ^ http://ed.sjtu.edu.cn/rank/2007/ARWU2007_Top100.htm
  6. ^ http://www.topuniversities.com/university_rankings/results/2008/overall_rankings/fullrankings/
  7. ^ http://www.usnews.com/articles/education/worlds-best-colleges/2008/11/20/worlds-best-colleges-top-social-sciences-universities.html
  8. ^ http://www.usnews.com/articles/education/worlds-best-colleges/2008/11/20/worlds-best-colleges-top-arts-and-humanities-universities.html
  9. ^ http://www.usnews.com/articles/education/worlds-best-colleges/2008/11/20/worlds-best-colleges-top-life-sciences-and-biomedicine-universities.html
  10. ^ http://www.usnews.com/articles/education/worlds-best-colleges/2008/11/20/worlds-best-colleges-top-natural-sciences-universities.html
  11. ^ http://www.usnews.com/articles/education/worlds-best-colleges/2008/11/20/worlds-best-colleges-top-engineering-and-it-universities.html
  12. ^ http://www.geocities.jp/worldtheride/newsweek.html
  13. ^ http://colleges.usnews.rankingsandreviews.com/college/national-search
  14. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/phy/search
  15. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/che/search
  16. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/bio/search
  17. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/eng/search
  18. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/com/search
  19. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/mat/search
  20. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/eco/search
  21. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/his/search
  22. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/pol/search
  23. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/psy/search
  24. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/soc/search
  25. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/egl/search
  26. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/med/search
  27. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/law/search
  28. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/mba/search
  29. ^ http://www.planetizen.com/topschools
  30. ^ http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/grad/vet/search
  31. ^ http://www.forbes.com/2008/05/19/billionaires-harvard-education-biz-billies-cx_af_0519billieu.html
  32. ^ http://www.washingtonmonthly.com/features/2007/0709.natlrankings.pdf
  33. ^ http://www.gallup.com/poll/9109/Harvard-Number-One-University-Eyes-Public.aspx
  34. ^ “Cornell–Harvard hockey rivalry” (英語). Wikipedia. (2018年6月30日). https://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Cornell%E2%80%93Harvard_hockey_rivalry&oldid=848240745. 

関連項目[編集]