ジョセフ・ベンソン・フォラカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョセフ・ベンソン・フォラカー

ジョセフ・ベンソン・フォラカーJoseph Benson Foraker1846年7月5日 - 1917年5月10日)はアメリカ合衆国オハイオ州共和党の政治家。第37代オハイオ州知事。

伝記[編集]

フォラカーはオハイオ州ハイランド郡レインズボロ (Rainsboro) 近郊で生まれた。 南北戦争時に北軍で戦った後、フォラカーはそこでファイ・カッパ・サイのメンバーでもあったコーネル大学に通った。 1883年にオハイオ州知事選に出馬して落選するも、2年後に当選し、1886年から1890年まで2期4年を務めた。 フォラカーは1896年に連邦上院議員に当選し1897年から1909年まで2期を務めた。 その間に、フォラカー法として知られる、アメリカが新たに獲得したプエルトリコ島に民政府 (civil government) を設立する1900年の基本法 (the Organic Act of 1900) を提案した。 フォラカーは1908年の3選はならず、同年の大統領選挙の共和党の指名の候補者のうちの一人となった。 レインズボロのおよそ10マイル西のハイランド郡郡庁所在地ヒルズボロの通りの "Governor Foraker Place" は彼から名づけられたものである。

南北戦争[編集]

フォラカーは第96オハイオ歩兵連隊のA中隊の兵卒であった。 19歳の時には既に13の主要な戦いに参加して来ており、中尉と名誉大尉 (Brevet Captain) に昇進した(The Centennial History of the Phi Kappa Psi Fraternity による)。

外部リンク[編集]

先代:
ジョージ・ホードリー
オハイオ州知事
1886年 - 1890年
次代:
ジェームズ・エドウィン・キャンベル