李登輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李 登輝
Lee Teng-hui 2004-cropped.jpg

中華民国の旗 中華民国
第7代(代行)、第8-9代総統
任期 1988年1月13日2000年5月20日

任期 1984年5月20日1988年1月13日
元首 蒋経国総統

出生 1923年1月15日(93歳)
大日本帝国の旗 日本統治時代 (台湾) 台北州淡水郡三芝庄埔坪村
(現:中華民国の旗 新北市三芝区
政党 Emblem of the Kuomintang.svg 国民党1971年-2001年
無所属(2001年-)
台湾団結連盟の精神的指導者
配偶者 曽文恵
署名 Signature of Li Teng-hui.png
李登輝
職業: 学者政治家
各種表記
繁体字 李登輝
簡体字 李登辉
拼音 Lǐ Dēnghuī
注音符号 ㄌㄧˇ ㄉㄥㄏㄨㄟ
和名表記: り・とうき
発音転記: リー・テンホイ
ラテン字 Lee Teng-hui
テンプレートを表示

李 登輝(り とうき、1923年大正12年)1月15日 - )は、中華民国政治家農業経済学者。元・中華民国総統1988年 - 2000年)。コーネル大学農業経済学博士、拓殖大学名誉博士。信仰する宗教プロテスタント長老派日本統治時代に使用していた名は岩里 政男(いわさと まさお)。

蒋経国の死後、その後継者として中華民国の歴史上初めての民選総統となった。中華民国総統、中国国民党主席に就任し、中華民国の本土化を推進した。中華民国が掲げ続けてきた「反攻大陸」のスローガンを下ろし、中華人民共和国が中国大陸を有効に支配していることを認めると同時に、台湾澎湖金門馬祖には中華民国という別の国家が存在するという「中華民国在台湾」を主張、その後さらにこの国のことを「中華民国台湾」と呼ぶようになった。北京政府との内戦状態の一方的終結宣言は、内戦を理由に存在し続けてきた治安法「動員戡乱時条款」を廃止させ、政治の民主化を推進させた。

総統職と国民党主席を退任した後は、「台湾」と名前の付いた初めての政党台湾団結連盟を自ら中心となって結成し、台湾独立運動に影響を与え続けている。

生い立ち[編集]

李登輝(右)と兄の李登欽

台北州淡水郡三芝庄(現在の新北市三芝区)埔坪村の「源興居」で李金龍と江錦の次男として生まれる。2歳年上の兄李登欽(日本名:岩里武則)は、日本統治時代にフィリピンで大日本帝国海軍二等機関兵(戦死後、「上等機関兵」)として従軍し戦死している。異母弟の李炳男は、貿易業に従事した。

一族は古くから台湾に住みついた客家の一つで、父・金龍は警察官。経済的に安定した家庭環境により幼少の頃から教育環境に恵まれていた。父の転勤に伴い6歳から12歳まで汐止公学校、南港公学校、三芝公学校、淡水公学校と4度の転校を繰り返した。淡水公学校卒業後は私立台北国民中学(現在の大同高級中学)に入学したが、1年後の1938年に淡江中学校へ転校している。淡江中学校では学業に専念し首席で卒業。卒業後は台北高等学校に合格している。

台北高等学校に入学した登輝は、1年次に台湾総督府が推進した皇民化運動の中で展開された改姓名運動の中、「岩里政男」と改名。現在でも流暢な日本語を話し「21歳(1945年)まで日本人だった」「難しいことは日本語で考える」と公言している[1]。訪日時は日本語を使用している。

京都帝国大学[編集]

1943年9月、台北高等学校を卒業。同年10月、現地の台北帝国大学には現地人に対する入学制限から進学することが叶わず本土の京都帝国大学農学部農業経済学科に進学した。農業経済学を選択した理由として、本人によれば幼少時に小作人が苦しんでいる不公平な社会を目の当たりにした事と、高校時代の歴史教師である塩見薫の影響によりマルクス主義唯物史観の影響を受けたこと、農業問題は台湾の将来と密接な関係があると思ったことを理由として挙げている[2]。大学時代は自ら「農業簿記」を学び、同時にマルクス河上肇などの社会主義関連の書籍に親しんでいた[3]

1944年にほかの文科系学生と同じように学徒出陣により出征する(農業経済学を専攻している学生は、農学部所属ではあったが、文系として扱われた)。大阪師団徴兵検査第一乙種合格で入隊し、台湾に一時帰って基礎訓練を終えた後日本に戻り、その後名古屋の高射砲部隊に陸軍少尉として配属され、終戦を名古屋で迎えた。

ちなみに、召集された際、日本人の上官から「お前どこへ行く?何兵になるか?」と聞かれ、迷わず「歩兵にしてください」と言い、加えて「二等兵にしてください」とまで要求したところ、その上官から「どうしてそんなきついところへ行きたいのか」と笑われたという[4]

台湾大学[編集]

曽文恵と結婚

1945年8月の日本の敗戦とそれに伴う台湾島の中華民国への返還を受けて、日本軍が台湾を撤退した後の1946年春に台湾へ帰り、台湾大学農学部農業経済学科に編入学した。翌1947年二・二八事件が発生し、登輝は台湾人および日本人としての経歴から、この事件で粛清の対象になる可能性が高かったため、知人の蔵に匿われた[5]

呉克泰の証言では、登輝は台湾に帰国後間もなく、彼の要請を受け、(中華人民共和国の建国、中華民国による台湾島の実効支配が行われる1949年の前)1946年9月中国共産党に入党し、国民党による二・二八事件に反発する暴動などに参加したが、2年間で離党したという[6]また、中国共産党に入党した登輝がのちに中華民国副総統に昇進したとき、国民党は「共産党員」という登輝の記録を故意に破棄したという[要出典]。このことに関して、共産党員になるには党組織による観察が一年以上必要なので、台湾に引き揚げてから二・二八事件が発生するまでに共産党員になるのは不可能だとする意見がある[7]

しかし2002年に行われたインタビューで、登輝は自身が共産主義者であったことを認めた。登輝は同インタビューの中で、「共産主義理論をよく理解しており、共産主義は失敗する運命にあることを知っているので、共産主義には長い間反対していた」と述べた。さらに「自身の国民党への強い憎悪のために共産党へ入党した」とも述べている[8]

1948年農学士の称号を得る。1949年、台湾大学を卒業し、同大学農学部の助手として採用された。同年、淡水の地主の娘であり、台北第二女子中学(日本統治時代は台北第三高女と称し現在は台北市立中山女子高級中学)の曽文恵と見合いにより結婚している。

アメリカ留学[編集]

1950年に長男李憲文を儲け、1952年に中美(米)基金奨学金を獲得しアメリカに留学、アイオワ州立大学で農業経済学を研究した。1953年に修士学位を獲得して中華民国に帰国、台湾省農林庁技正(技師)兼農業経済分析係長に就任する傍ら、台湾大学講師として勤務することになった。

その後1957年中国農業復興聯合委員会(略称:農復会)に就職、研究職としての職歴を重ねた。同時に台湾大学助教授を兼任した。また、1961年にキリスト教に入信する。

1965年ロックフェラー財団及びコーネル大学の奨学金を得てコーネル大学に留学する。同大学では農業経済学を専攻する。1968年5月にPh.D.(農業経済学専攻)を取得。博士論文 Intersectional Capital Flows in the Economic Development of Taiwan, 1895-1960 (1895年から1960年の台湾の経済発展におけるセクター間の資本の流れ)は全米農業経済学科賞を受賞し、1971年にコーネル大学出版社から出版されている。博士号を受けて1968年7月に台湾に帰国、台湾大学教授兼農復会技正(技師)に就任している。

この当時42歳で、留学生の間では最年長だった彼は、週末になると若い学生を自宅に招き、ステーキをふるまうことが多かった。そのため、当時のあだ名が「牛排李」(ビーフステーキの李)だったというエピソードがある。また、このころ彼の家に招待されていた者の中に、後に蒋経国暗殺未遂事件を起こす黄文雄鄭自才がおり、このことが後述するバンコクへの出国不許可につながることになる[9]

政界進出[編集]

1969年6月に登輝は警備総部の取調べを受ける。最初の取調べは17時間にも及びその後1週間拘束された。この経験から李登輝は台湾人を白色テロの恐怖から救うことを決心したと後年述べている。このとき、彼の経歴を洗いざらい調べた警官に「お前みたいな奴なんか蒋経国しか使わない」と罵られたという[10]1970年国際連合開発計画の招待によりバンコクで農業問題の講演を依頼されたが、同年4月に蒋介石の息子で当時行政院副院長の役職にあった蒋経国の暗殺未遂事件が発生し、犯人黄文雄とアメリカ留学時代に交流があったため政府は「観察中」との理由で出国を認めなかった[11]

この時期農復会の上司であった沈宗瀚は、農業専門家として1971年8月に蒋経国の知遇を得ることになった。そして蒋経国により国民党への入党を勧誘され、同年10月、経済学者の王作栄の紹介により国民党に入党している[12]。入党後は、蒋経国が行政院長に就任すると無任所大臣に当たる政務委員として入閣した。この時49歳であり、当時最年少での入閣であった。以降6年間、農業専門の行政院政務委員として活動した。

その後1978年、蒋経国により台北市長に任命される。市長としては「台北芸術祭」に力を入れた。また、水不足問題の解決等に尽力し、台北の水瓶である翡翠ダムの建設を行った。さらに1981年には台湾省主席に任命される。省主席としては「八万農業大軍」を提唱し、農業の発展と稲作転作などの政策を推進した。私生活では、1982年に長男の憲文が上咽頭癌により死去している。

1984年、蒋経国により副総統候補に指名され、第1回国民大会第7回会議選挙の結果、第7期中華民国副総統に就任した。蒋経国が登輝を副総統に抜擢したことについて登輝自身は「私は蒋経国の副総統であるが、彼が計画的に私を後継者として選んだのかどうかは、本当に知らない。しかし、私は結局彼の後を引き継いだのであり、これこそは歴史の偶然なのである。」と語っている[13]

中華民国総統[編集]

総統代行(1988年~1990年)[編集]

1988年1月13日、蒋経国が死去。憲法上任期中に総統が死去すると副総統が継承するため登輝が総統に就任する。国民党主席代行に就任することに対しては蒋介石の妻・宋美齢が躊躇し主席代行選出の延期を要請したが、当時若手党員だった宋楚瑜が早期選出を促す発言をしたこともあり主席代行に就任する。7月には国民党代表大会で正式に党主席に就任した。しかし登輝の政権基盤は確固としたものではなく、李煥郝柏村兪国華ら党内保守派がそれぞれ党・軍・政府(行政院)の実権を掌握していた。この後、登輝はこれらの実力者を牽制しつつ自らの政権基盤を固め、民主化を進めていった。

1989年に国民党内の支持が低いことを理由に兪国華が行政院長を辞任すると、国民党秘書長の李煥が行政院長に就任した。この時、後任の秘書長に登輝の国民党主席就任を支持した宋楚瑜を据え、登輝は党の主導権を握った。

第8期総統(1990年~1996年)[編集]

「万年国会」解消[編集]

1990年5月に登輝の代理総統の任期が切れるため、同年3月21日総統選挙が行われることになった。国民党内では登輝が党推薦の総統候補になるコンセンサスが形成されており、登輝によって誰が副総統候補に指名されるか注目された。登輝が指名したのは李煥などの実力者でなく総統府秘書長の李元簇だった。これに反発した李煥・郝柏村ら反李登輝派は党推薦候補を決定する国民党臨時中央委員会全体会議で林洋港を総統候補に擁立しようとし、李登輝派との間で「2月政争」が発生した。登輝は多数を確保し、満場一致で同会議において国民党の総統候補に選出された。この後、林洋港は無所属候補としても出馬しないことを表明し、反李登輝派の対抗馬擁立は失敗した。3月21日の総統選挙で登輝と李元簇は信任投票により総統・副総統に選出された。

同時期、台湾では民主化運動が活発化し、国民政府台湾移転後一度も改選されることのなかった民意代表機関である国民大会代表及び立法委員退職と全面改選を求める声が強まっていた。1989年に国民大会で「万年議員」の自主退職条例を可決させていたが、1990年3月16日、退職と引き換えに高額の退職金や年金を要求する国民大会の万年議員への反発から「三月学運」が発生した。総統再任後、登輝は学生運動の代表者や黄信介民進党主席らと会談し、彼らが要求した国是会議の開催と憲法改正への努力を約束した。6月に朝野の各党派の代表者を招き「国是会議」が開催され、各界の憲政改革に対する意見を求めた。国是会議の議論に基づいて、1991年5月に動員戡乱時期臨時条款を廃止し(戒厳体制解除)、初めて中華民国憲法を改正した。これにより国民大会と立法院の解散を決定し、この2つの民意代表機関の改選を実施することになった。「万年議員」は全員退職し、同年12月に国民大会、翌1992年12月に立法議員の全面改選が行われ「万年国会」問題は解決された。

総統直接民選[編集]

1991年6月、登輝は李煥に代わって郝柏村を行政院長に指名した。このときシビリアン・コントロールの原則に従って郝を軍から除役させたため、郝の軍に対する影響力が弱まり、軍の主導権も登輝が握ることになる。1993年に郝が行政院長を辞任し、登輝の側近だった連戦が行政院長に就任したため行政院の主導権も握った。この後、登輝はより一層の民主化を推進していくことになる。

1994年7月、台湾省・台北市高雄市での首長選挙を決定し、同年12月に選挙が実施された。さらに登輝は総統直接選挙の実現に向けて行動した。しかし国民党が提出した総統選挙草案は、有権者が選出する代理人が総統を選出するというアメリカ方式の間接選挙を提案するものであった。それでも登輝はフランス方式の直接選挙を主張し、1994年7月に開催された国民大会において、第9期総統より直接選挙を実施することが賛成多数で決定された。同時に総統の「1期4年・連続2期」の制限を付し独裁政権の発生を防止する規定を定めた。

第9期総統(1996年~2000年)[編集]

1996年初めての総統直接選挙において54.0%の得票率で当選し、台湾史上初の民選総統として第9期総統に就任した。この選挙に際して中華人民共和国は台湾の独立を推進するものと反発し、総統選挙に合わせて「海峡九六一」と称される軍事演習を実施、ミサイル発射実験をおこなった。アメリカは2隻の航空母艦を台湾海峡に派遣して中華人民共和国を牽制し、両岸の緊張度が一気に高まった。

総統に再任後は行政改革を進めた。1996年12月に「国家発展会議」(「国是会議」から改称)を開催したが、この会議の議論に基づいて1997年に憲法を改正し、台湾省を凍結(地方政府としての機能を停止)することが決定された。これによって台湾省政府は事実上廃止となった。

2000年の総統選挙では自身の後継者として連戦を推薦し選挙支援を行なうが、この選挙では国民党を離党した宋楚瑜が総統選に参加したことから、国民党票が分裂、最終的には民主進歩党候補の陳水扁が当選し、第10期中華民国総統に就任した。これにより中華民国に平和的な政権移譲を実現したが、野党に転落した国民党内部からは登輝の党首辞任を求める声が高まり、2000年3月に国民党主席職を辞任した。

外交・両岸関係[編集]

外交は、今までの「中華民国は中国全土を代表する政府」という建前から脱し、「現実外交」を展開した。1989年にシンガポールを訪問した際、シンガポール側が李登輝を「中華民国総統」ではなく「台湾から来た総統」という呼称を用いたが、登輝は「不満だがその呼称を受け入れる」と表明した。また、1990年にGATTには「中華民国」ではなく「台湾・澎湖・金門・馬祖個別関税領域」の呼称で加盟し、1991年にはAPECに「中華台北」の呼称で加盟している。

両岸問題では中華民国国家元首・国民党主席の立場から三民主義に立脚した中国統一政策を標榜した。1991年、国家統一委員会において『国家統一綱領』を策定、中華民国は中国の一部であり、中国大陸もまた中国の一部と表明し、密使を通じて大陸の曽慶紅らと接触した。しかし1996年に総統に再選された後は李登輝の武力行使放棄提案(李六条李六点)に反発した大陸の江沢民政権の軍事的圧力によって台湾海峡ミサイル危機が起きたことで両岸関係に対する態度を変え、「台湾独立」を意識した発言を強めていくことになる。1999年7月、ドイツの放送局ドイチェ・ヴェレのインタビュー中で両岸関係を「特殊な国と国の関係」と表現、二国論を展開した。同年12月にも、アメリカの外交専門雑誌『フォーリン・アフェアーズ』の論文で「台湾は主権国家だ」と記述し、台湾独立を強く意識する主張を行った。

総統退任後[編集]

総統職を退いた後は台湾独立の立場を明確にした。「中華民国は国際社会で既に存在しておらず、台湾は速やかに正名を定めるべき」と主張する台湾正名運動で総召集人を務め、2001年7月には国民党内の本土派と台湾独立派活動家と共に「台湾団結連盟」を結成した。形式上では既に政界を引退しているものの、独立運動の精神的な指導者と目されるようになる。このため同年9月21日に国民党中央考核紀律委員会により、反党行為を理由に党籍剥奪の処分を受けた。国民党を離れたため、その後は台湾独立派と見られる民進党と関係を深めていく。2003年9月には「もはや中華民国は存在しない」と発言して台湾独立への意思を鮮明にした。2004年の総統選挙では、選挙運動中の同年2月28日、台湾島の南北約500kmを約200万人の市民が手をつないで「人間の鎖」を形成する台湾独立デモを主催するなど、民進党候補の陳水扁を側面支援した。

しかし次第に陳水扁を批判するようになり、民進党とも距離を置くようになる。2007年1月には、メディアのインタビューを受けた際に、“私は台湾独立とは一度も言ったことがない”と発言して、転向かとメディアに騒がれる出来事もあったが、台湾の声によれば、インタビュー本文には「台湾は既に独立した国家だから、いまさら独立する必要はない。民進党は政治利用に独立を持ち出すのは控えるべき」と発言したことが明記されている[14]

2008年の総統選挙ではなかなか民進党の総統候補である謝長廷の支持表明をせず、痺れをきらせた後援会が勝手に支持を表明する事態が発生したが、2008年3月の選挙直前に謝を「台湾が主権国家であるとはっきり言える人物」として支持表明[15]。しかし、国民党総統候補馬英九の当選後は産経新聞のインタビューに対し、馬に協力する意向を示した[16]

地位によって政治的主張が異なる人物のため、台湾国内では「台湾独立を諦めていないが、駆け引き上手な現実主義者」というイメージが強いとされる。

2011年6月、9期目在任中の1997年から退任する2000年までの間に国家安全局の裏帳簿から自身の創立したシンクタンク「台湾総合研究院」へ、780万米ドル(6億2700万円)を運営資金として流しまた一部を着服した公金横領とマネーローンダリングの罪で、中華民国最高検察庁に起訴された[17][18][19]。2013年11月15日、台北地方法院で無罪判決が言い渡された[20]

台湾第四原子力発電所について、2013年4月に李登輝ははっきりと核四の住民投票に行くことはないと表明し、「もし原子力発電を維持できなければ、台湾の未来はどこへ行くのか?風力や太陽エネルギーでエネルギー源を置き換えようとするのならば、これらの代替エネルギーは「コントロールする術が無く」、不安定過ぎて台湾の電力需給に応えられない」、「原子力発電方式は改変すべきであり」と語り、人民の台湾電力及び政府に対する信頼の欠如に至っては、「台湾電力は民間に開放すべきで、例えば6社の民営電力会社に分割して小規模で進めれば、このように大きな問題は発生することは有り得ない」と主張した[21]

2012年4月から、「生命之旅」と称して台湾各地を視察する旅に出ている。どんな姿であれ、最後は玉山(旧称 新高山:ニイタカヤマ)で終わりたいという胸の内を周囲に語っている。

2013年12月、台湾で同性婚を容認する多元成家法案に対し、「私はキリスト教徒だ。聖書に何と書かれているか見てみるべきだ」と発言し、反対の立場を表明した[22]

人物像[編集]

司馬遼太郎小林よしのりとの対談でも時間を忘れるほど熱心に語る雄弁家である。新婚時代、新妻に対しても遠慮なく農業政策を語り続けたため、農業には無知だった夫人も話を合わせるために農業を勉強したという。

李登輝は中華人民共和国の政治家を全面否定しているわけではなく、胡錦濤やそのポスト世代の習近平李克強を「地方で鍛えられた優秀な政治家」と高く評価し、日本の政治家を「東京や法律でしかものを考えられない人ばかり」と批判している[23]

文学・思想[編集]

中学・高校時代に鈴木大拙阿部次郎倉田百三夏目漱石らの日本の思想家や文学者の本に触れ、日本の思想から影響を受ける。また、日本の古典にも通じており、『古事記』・『源氏物語』・『枕草子』・『平家物語』などを読む[24]。宗教に関しては、キリスト教長老派を信奉している[25]。また、台湾総督府民政長官を務めた後藤新平を「台湾発展の立役者」として高く評価している[26]

ちなみに、若手育成のために開いた「李登輝学校」の卒業生らが、李登輝が漫画『魁!!男塾』の登場人物の江田島平八に似ているということで、PR向けに江田島平八のコスプレを行ったことがある。これについて「日本びいきだ」という批判が起きたことがある。

言語[編集]

台湾の同世代に顕著なことだが、中華民国政府の要人でありながら一番得意とされる言語は日本語と言われる。それについで台湾語英語となり、一番苦手なのは北京語で、非常に台湾訛りが強い。この不得手さを逆手にとって、宋美齢の側近に「宋美齢の北京語は浙江訛りが強いため、今後用件は文書で送付するように」と要請、発言を記録化し宋美齢の権力を失墜させた。

上記のように、日本文学を多く読み、岩波文庫の蔵書数を誇ったり、日本のオピニオン雑誌『中央公論』『文藝春秋』を愛読するなど、情報処理や思考の面で多く日本語が介在しているとされる。そのため、記者会見など公の場でも特定の単語を日本で定着している呼称をそのまま現地語で発音することがあり、台湾では「波斯(ペルシア)湾戦争」と表記される湾岸戦争を「湾岸戦争」のまま中国語読みしていた例も確認されている[27]。また、文恵夫人を日本語読みで「フミエ」と呼ぶこともある。

評価[編集]

異なる時代に異なる地位で異なる政治主張を行なったため、その政治的評価は定まっていない。

中華民国総統在任期間中(1988年-2000年)に総統及び副総統、台湾省長、台北市長、高雄市長選挙を住民の直接選挙とし、憲政及び国会で多くの改革を行い中華民国の民主化を促進した点については中華民国内外で概ね好意的な評価を受けている。一方で、その政局運営では国民党の権力構造を改革するため地方分権を急速に実施した結果、企業や黒社会との癒着が進み、金権政治を発生させたという批判もあり、1990年代の政治風紀の乱れの責任を問う声もあるが、これらは李登輝が民主化と情報公開を推進した結果、それまで隠蔽されていた社会矛盾が暴露されたに過ぎないとの見解もある。

「台湾独立運動」に関する評価では両極に分化している。台湾独立派は伝統的な中国の概念と思想、そして文化体系より離脱し独立路線を採用したものとして好意的に評価している。登輝は台湾独立派から「総統任期中、中華民国の台湾本土化運動を推進し、伝統的な盟友であるアメリカや日本との強固な連携を確立し、退任後の台湾独立運動推進の基本路線を確定した」として高く評価され、国民党から除名された後も中華民国政局・台湾独立運動の主要な精神的指導者として影響力を保持している。

総統在任中はアメリカ訪問の機会を探り、国際社会の中で中華民国の外交(国交樹立)拡大の可能性を模索したが、二国論の主張は「一つの中国政策」を堅持する中華人民共和国政府の強烈な反発を招いた。退任後に台湾独立を明言したことで中国共産党の強い反発を受けている。また台湾国内でも泛藍と称される中華統一派からも政治主張の違いから否定的な評価を受けることとなった。

日本との関係[編集]

親日の政治家・言論人として知られる。台湾の公人でありながら自らを「22歳まで日本籍だった」と発言するなど、親台派からその親日ぶりが高く評価されている。また先述の様に、日本の漫画登場人物コスプレをするなど、日本のエンターテイメントにも関心を寄せている。

靖国神社問題では2007年5月末から6月初旬にかけて訪日した際、日本外国特派員協会で開かれた記者会見で「“靖国問題”とは中国とコリアがつくったおとぎ話だ」と発言した。

台湾も領有権を主張する尖閣諸島を「沖縄県に属する日本固有の領土」であるとし[28]、2008年9月24日には訪問先の沖縄で再び日本領土だと発言した[29]。また、「おネエちゃんがきれいだからといって、私の妻だと言う人間がどこにいるのだ」「尖閣諸島周辺はよい漁場で、沖縄の漁民はかつて、同漁場でとった魚を台北に売りにきた。沖縄県当局は、日本が統治していた台湾の台北州に尖閣諸島周辺の管理を委託していただけ」「第二次世界大戦後、沖縄の行政権はアメリカが掌握し、その後、日本に返還された」「日本の自衛隊が、この海域の防衛に責任を持つことになったが、台湾の漁民は(尖閣諸島周辺で)操業することが習慣になっていたことから問題が発生した」「1972年になってから『尖閣諸島は中華民国領』と主張したことで、問題が発生した」「台湾が他人の場所に行って、魚がとれただけでも上出来だった。それを自分の『戸籍』に入れようとは、あまりにも幼稚」と、台湾が尖閣諸島の領有権を主張していることを皮肉ったという。李登輝の発言に対して中国のインターネットユーザーは、李登輝の発言の記事を掲載したサイト「環球網」にて、李登輝を「日本の犬」「売国奴」「まだ死んでいないのか」「特殊工作員を送り、一族皆殺しにして、子孫を根絶やしにしろ」などといった、李登輝に対する罵詈雑言が飛び交っているという[30]。「文芸春秋」のインタビューで李登輝は「前にも言ったように、尖閣諸島は日本の領土だ。日本は道理に合わないことを言う中国に譲歩する必要はない」と語ったことについて李登輝の発言に対し、台湾当局関係者が即座に反駁し、台湾総統府の羅智強報道官は「李登輝氏の尖閣諸島は日本領という発言は歴史事実に反し、しかも国家主権を侵害している」、国民党の邱毅は「李登輝氏の政権はとっくの昔に終わったのだ。いつまでも発言するな!」と批判した。

2013年4月10日に日本が調印した日台漁業協定について、「過去に日本は台湾に対して行き過ぎていたが、東日本大震災後に台湾は多くのお金を寄付したので、日本側は後に反省した。過去に日本はずっと台湾と漁業協議を署名しようとしなかったが、現在は作法を改善した。例えば、ワールド・ベースボール・クラシックの時に台湾代表チームは日本に試合に行ったが、日本の民衆も台湾チームのために応援した」[31]と語った。

2014年、小学館発行の『サピオ』2014年2月号で、「中国という国は南京大虐殺のようなホラ話を世界に広め」、「韓国や中国は、自国の宣伝工作の一環として捏造した「歴史」を利用する。その最たる例が「慰安婦」だ」と発言[32]。2015年、『Voice』で「台湾の慰安婦の問題は決着済み」述べ、総統府スポークスマン陳以信は「無知ではなく冷血」、「もし李登輝が本当に慰安婦問題がすでに決着済であると考えているならば、自ら映画館に行って映画『葦の歌』を見ていただきたい」と痛烈に批判した[33]

2015年8月には『Voice』2015年9月号へ寄稿した中で「70年前まで日本と台湾は『同じ国』だった…台湾が日本と戦った(抗日)という事実もない」、「当時われわれ兄弟は、紛れもなく『日本人』として、祖国のために戦った」と発言し[34]日本統治時代 (台湾)を指す)、国民党の憤激を買った。その一方で、同年9月13日に台湾の学生団体主催の講演会に出席した時は、日本統治時代を「(当時の)日本は外来政権」、「(台湾の人が)日本人の奴隷になったのは悲しい」などと語っている[35][36]

訪日[編集]

一つの中国」を国是とする中華人民共和国中国共産党)は、登輝を「台湾独立勢力の象徴的人物」として危険視し、李の訪日希望には査証を発給しないよう要求している。ただし、登輝は政界入り直後に日本の政治家と会談し、副総統時代にも査証発給の問題なしに訪日を実現している。

  • 2001年
2001年4月、持病の心臓病治療の目的で倉敷市を訪問している。日本政府は人道的な措置として査証発給。この騒動を主な契機として同年12月に日本李登輝友の会が設立される。登輝もインターネットを通じて講演を行った。
  • 2002年
2002年10月、慶應義塾大学の学術サークル「経済新人会」が同大学の学園祭「三田祭」において講演を依頼したため、その依頼を受けて訪日する意向が伝えられた。当初、講演は問題なく実現するかにみられたが、11月7日に学園祭の実行委員会が講演を却下した。その後、会場を別にして講演が行われる予定だったが、日本政府が李登輝への査証の発給を拒否。訪日と講演は実現しなかった[37]。講演予定だった内容は、11月19日付け産経新聞朝刊で「日本人の精神」と題して全文が掲載された。
  • 2004年
2004年12月から翌年1月にかけて、妻・文恵や長男の嫁、孫娘らを伴い、観光旅行として訪日した。その際「私人に対する査証を断る理由はない」として、査証が発給された。ただし、政治的行動をしないなどの条件を日本国政府は求めたとされる。李登輝は、名古屋市金沢市京都市を訪れた。京都では、京都帝国大学時代の恩師である柏祐賢と再会を果たしたほか、京都大学農学部を訪問したが、本部キャンパスの敷地へ入ることは認められず、入口から眺めるに終わった。これは、京都大学側が大学の自治を盾に警察官の入構を拒否したため、李登輝が警備上の理由から訪問を断念したという[38]
  • 2007年
2007年5月から6月にかけて奥の細道を訪ねる目的で訪日し、東京仙台山形盛岡秋田などを訪問した。6月7日には、日本兵として戦死した兄が奉られている靖国神社を参拝した[39]。その際に登輝は同神社に対し「兄の霊を守ってくれることに感謝している」と述べている[39]
日本国政府は2005年3月以降、観光目的の台湾居住者の日本入国査証の免除を行っているため、今回の訪問では査証発給問題は発生しなかった。また訪日や靖国参拝などに対する中国側の反応も、日中関係に配慮してか今回は比較的抑制的であった。産経新聞の報道によれば、ハイリゲンダム・サミットで当初、中華人民共和国側は登輝の訪日に激しく反発したものの、日本側が強い態度に出たところ矛を収め、何事もなかったかのように予定通り日中首脳会談が行われた。朝日新聞がこれについて「李登輝の影響力が低下」という旨の記事を載せたが、登輝と敵対する国民党幹部のインタビューのみを根拠としていたことで批判を浴びた。
6月9日、成田空港から離日の際に台湾独立反対派の在日中国人の男に、中身が入ったペットボトルを2本投げつけられた。男は空港警察官に現行犯で取り押さえられ、夫妻に怪我はなかった。
  • 2008年
2008年9月22日沖縄で講演を行う目的で訪日した。翌9月23日には「学問のすゝめと日本文化の特徴」について講演した。講演では、日本は物質的な面での豊かさばかり重視するのではなく、日本文化の伝統の精神的側面である高い道徳心を重視し、福沢諭吉が『学問のすゝめ』の中で説いた道徳観を再構築すべきだと主張した[40][41]。その中で「今の日本と台湾はともに指導者のいない状況だ」と発言し、暗に馬英九政権を批判した[42]
  • 2009年
2009年9月、東京青年会議所と、塩川正十郎が理事長、江口克彦が副理事長を務める武士道協会の共催による講演のため訪日。会場の日比谷公会堂には、中條高徳櫻井よしこ、江口克彦、小林よしのりなどの著名人が多数訪れた。このほか高知県なども訪れ、坂本龍馬ゆかりの場所(坂本龍馬記念館・坂本龍馬像など)を見学した[43]

訪台した日本の学生との交流[編集]

2009年12月18日に、台北市内で、訪台中の日本の高校生約100人を相手に『日本と台湾の歴史と今後の関係』をテーマに講演した。李は講演で「あなたたちの偉大な祖先の功績を知り、誇りに思ってほしい」「公に尽くし、忠誠を尽くした偉大な祖先が作り上げてきた『日本精神』を学び、あなたたちも大切にしてほしい」と述べた[44]

2010年3月24日、「第7回日台文化交流 青少年スカラシップ」の日本側研修団の表敬訪問を受けた。李は学生に対し「日本人は教育と政治の影響で否定的な価値観を持たされ、心理的な鎖国に陥っている。日本の気高い形而上学的・道徳的価値観と品格を大切にし、自らの歴史を肯定しなさい」と述べた。また、日本の台湾統治にも触れ「日本は植民地の形ではあったが台湾近代化に大きな貢献をした」と述べた[45]

年譜[編集]

  • 1923年1月15日、当時の台北県三芝郷埔坪村に生まれた。父の李金龍は警察官。母は江錦。一つ上の兄は李登欽。 
  • 1929年 - 淡水公学校入学。
  • 1935年 - 淡水公学校尋常科卒業。
  • 1936年 - 淡水中学校入学。
  • 1940年 - 台北高等学校入学。
  • 1943年 - 京都帝国大学農学部農林経済学科に入学。のち、学徒出陣。終戦時の階級は陸軍少尉。
  • 1945年 - 2月15日、兄の李登欽がルソン島マニラ市のマニラ湾において戦死。享年24。大日本帝国軍人として靖國神社に祀られる。
  • 1946年 - 台湾に帰って台湾大学に編入し学業を継続した。
  • 1947年 - 二・二八事件が発生するが、難を逃れる。
  • 1949年 - 2月、曽文恵と結婚。8月、台湾大学で農業経済学士の学位を取得し卒業し、同大学助手に。
  • 1951年 - 中米基金奨学金を受けアメリカのアイオワ州立大学で農業経済学を研究する。      
  • 1953年 - アイオワ州立大学より農業経済学の修士号を取得。帰国後、台湾大学の講師に。
  • 1954年 - 台湾省農林庁技師および農業経済分析係長を兼務。
  • 1961年 - キリスト教に入信。
  • 1968年 - アメリカのコーネル大学より農業経済学の博士号を取得して帰国。
  • 1970年 - 国連よりタイバンコクでの講演依頼をうけるが、要注意人物のため出国できず。
  • 1971年 - 国民党入党。
  • 1972年 - 行政院政務委員に就任。
  • 1978年 - 台北市長に就任(当初行政院政務委員兼務)。
  • 1981年 - 台湾省政府主席に就任。
  • 1984年 - 副総統に就任。
  • 1988年 - 1月13日、蒋経国総統の死去により総統を継承。
  • 1995年 - 総統就任後初渡米し、母校コーネル大学で講演。
  • 1996年 - 中華民国史上初の総統直接選挙を実施し勝利。
  • 1999年 - 7月、一つの中国政策についてドイツの放送局によるインタビューに答え、「中国と台湾の関係は特殊な国と国との関係」であると定義し、中国共産党から強い反発を受ける。10月、『台湾の主張』で山本七平賞を受賞。
  • 2000年 - 3月、総統選挙で国民党の連戦候補が惨敗した責任を取り、同党主席を辞任。12月、拓殖大学から日本では初めてとなる名誉博士の称号を贈られた。
  • 2001年 - 4月、心臓病治療のため訪日。岡山県倉敷市などを訪れた。7月、台湾団結連盟を立ち上げ、精神的指導者となる。9月、これが反党行為とみなされ、国民党を除名。
  • 2002年 - 10月、慶應義塾大学の学術サークル「経済新人会」が同大学の学園祭「三田祭」での講演を依頼したため訪日する意向が伝えられる。11月、日本政府が李登輝のビザの発給を拒否したため、訪日と講演が中止になる。
  • 2003年 - 12月12日中央大学の学生主催のインターネット講演会で日本人向けの講演を行った。
  • 2004年 - 12月27日、3年8ヶ月ぶりに訪日。
  • 2007年 - 5月30日、約2年半ぶりに訪日。6月1日、第1回「後藤新平賞」受賞(後藤新平の会主催)。
  • 2008年 - 9月22日、1年4ヶ月ぶりに訪日。11月23日中正紀念堂で行われた拓殖大学学友会主催のアジア・ヨーロッパ学友大会で講演を行った。
  • 2009年 - 9月4日、1年ぶりに訪日。
  • 2011年 - 6月30日、公金横領と資金洗浄の罪で起訴される[17][18][19]
  • 2013年 - 11月15日、台北地方裁判所で無罪判決[46]
  • 2015年 - 10月27日、台湾で結成された新党「時代力量」の党員らと面会し助言を与えた[47]

主な著書[編集]

  • 信仰―わが心の内なるメッセージ』 早稲田出版、1989年
  • 『台湾がめざす未来―中華民国総統から世界へのメッセージ』 柏書房、1995年
  • 『これからのアジア』 光文社<カッパ・ブックス>、1996年(共著:加瀬英明
  • 『台湾の主張』 PHP研究所、1999年
  • 『台湾大地震救災日記』 PHP研究所、2000年
  • 『アジアの知略―日本は歴史と未来に自信を持て』 光文社<カッパ・ブックス>、2000年(共著:中嶋嶺雄
  • 『李登輝学校の教え』 小学館、2001年(共著:小林よしのり
  • 『「武士道」解題―ノーブレス・オブリージュとは』 小学館、2003年
  • 『李登輝実録―台湾民主化への蒋経国との対話』 産経新聞出版、2006年
  • 『最高指導者の条件』 PHP研究所、2008年
  • 『李登輝より日本へ 贈る言葉』 ウェッジ社、2014年
  • 『新・台湾の主張』 PHP研究所、2015年

関連項目[編集]

関連人物[編集]

  • 黄昭堂(台湾独立運動家。台湾独立建国連盟主席)
  • 司馬遼太郎(作家。『街道を行く 台湾紀行』で李登輝と対談)
  • 小林よしのり(漫画家。李登輝とインタビューなどを通じて交流)
  • 許文龍奇美実業会長。李登輝の後援者)
  • 柏祐賢(農学者。京大時代の恩師)
  • 羽田亨(京大在学時の京大総長)
  • 白暁燕(彼女の誘拐殺害事件にて「犯人らを発見次第問答無用で射殺せよ」との命令を発した)

脚注[編集]

  1. ^ 司馬遼太郎 『街道をゆく(40)』 朝日新聞社<朝日文芸文庫>、1997年、82頁
  2. ^ 李登輝 『台湾の主張』 PHP研究所、1999年、28頁。
  3. ^ 伊藤潔 『李登輝伝』 文藝春秋、1996年、42頁。
  4. ^ 小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言スペシャル・台湾論』 小学館、2000年、26頁。
  5. ^ 上原冬子 『虎口の総統―李登輝とその妻』 講談社、2001年、61頁。
  6. ^ China Warehouse- More Than Crockery Message Board
  7. ^ 伊藤潔 『李登輝伝』 文藝春秋、1996年、50頁。
  8. ^ "Lee admits to fling with communism", Taipei Times, November 8, 2002.
  9. ^ 本田善彦 『台湾総統列伝 米中関係の裏面史』中公新書ラクレ p144.145
  10. ^ 小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言スペシャル・台湾論』 小学館、2000年、29頁。
  11. ^ 伊藤潔 『李登輝伝』 文藝春秋、1996年、66頁。
  12. ^ 鄒景雯 『台湾よ―李登輝闘争実録』 産経新聞社、2002年、39頁。
  13. ^ 李登輝 『最高指導者の条件』 PHP研究所、2008年、40頁。
  14. ^ 李登輝・前台湾総統の信念は不変 台湾の声2007年2月8日。
  15. ^ 謝氏支持を表明―李登輝前総統 産経新聞2008年3月20日。
  16. ^ 「中台統一」加速はない―李登輝前総統 産経新聞2008年3月27日。
  17. ^ a b 李登輝元総統を起訴=公金横領罪で検察-台湾 時事通信2011年6月30日
  18. ^ a b 吉村剛史 (2011年6月30日). “李登輝氏らを公金横領で起訴 台湾当局”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/110630/chn11063012320001-n1.htm 2011年7月17日閲覧。 
  19. ^ a b “【NewsBrief】李登輝・元総統を公金横領で起訴─台湾検察”. ウォールストリート・ジャーナル. (2011年6月30日). http://jp.wsj.com/World/Europe/node_256302 2011年7月17日閲覧。 
  20. ^ 李登輝元総統に無罪判決 台湾の機密費裁判 産経新聞 2013年11月15日
  21. ^ 李登輝:不要核電,台灣何去何從 聯合報2013年4月12日]
  22. ^ 台灣同性婚姻爭議升溫 李登輝依據聖經反對 基督日報 2013年12月03日02時11分
  23. ^ 李登輝 「カリスマは人民の幻想。指導者は対話こそ必要だ」 『週刊東洋経済』 2007年12月1日号、東洋経済新報社
  24. ^ 李登輝 『台湾の主張』 PHP研究所、1999年、23頁-24頁。
  25. ^ 曹長青:李登輝的基督信仰
  26. ^ 李登輝・深田祐介 「2008年台湾総選挙と「海洋国家」日本の運命」 『諸君!』 2008年4月号 39頁、文藝春秋。
  27. ^ 本田善彦 『台湾総統列伝 米中関係の裏面史』中公新書ラクレ p164.165
  28. ^ 沖縄の海図(64)・メッセージ復帰30年 特別編 李登輝(上) 台湾 「尖閣諸島は日本領土」[リンク切れ] 沖縄タイムス2002年9月24日
  29. ^ “尖閣諸島は「日本の領土」 李登輝氏、中台の反発も”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月24日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008092401000679.html 2013年5月6日閲覧。 
  30. ^ “李登輝氏「尖閣は他人の妻」発言に中国では罵詈雑言の嵐”. サーチナ. (2010年10月20日). http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1020&f=politics_1020_019.shtml 2010年10月20日閲覧。 
  31. ^ 李登輝:日本不讓步不行 2013-04-12 01:35 中國時報【徐子晴/新竹報導】
  32. ^ 李登輝氏 ホラ話を広め軋轢を生む中国はリーダーになれない NEWS ポストセブン 2014.01.27 07:00
  33. ^ 慰安婦問題已解決? 總統府批李登輝無知、冷血 自由時報 2015-08-20 17:33
  34. ^ 李登輝氏「日本人として戦った」 寄稿に台湾与党怒る 朝日新聞2015年8月23日
  35. ^ 李登輝元総統、「日本人の奴隷になったのは悲しい」/台湾 フォーカス台湾 2015-09-13 18:25
  36. ^ 李登輝:日本是外來政權 當日本人奴隸很悲哀 ETtoday 東森新聞雲 2015年09月13日 16:26
  37. ^ 中国を気にして自粛促す―独立自尊の建学精神どこへ 台湾の声メールマガジン(原文は産経新聞)
  38. ^ 「日台の絆を強めた思索と感謝の旅 日の丸と台湾旗が出迎え見送った六泊七日の全行程」 (PDF) 『日台共栄』平成17年2月
  39. ^ a b “李登輝氏、靖国参拝 中国、一段と反発も”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年6月7日). http://www.47news.jp/CN/200706/CN2007060701000162.html 2012年9月17日閲覧。 
  40. ^ 李登輝元総統が「学問のすゝめと日本文化の特徴」をテーマに講演 産経新聞2008年9月24日
  41. ^ 道徳観再構築 李登輝氏訴え 沖縄・宜野湾で講演」 『西日本新聞』、2008年9月24日付朝刊。
  42. ^ 李登輝氏:「今の日本、台湾は指導者なき状態」 毎日新聞2008年9月24日
  43. ^ 李登輝・台湾元総統:来県 龍馬ファン…記念館や像を見学、講演も/高知 毎日新聞高知版2009年9月7日
  44. ^ 今泉有美子 (2009年12月18日). “「日本人の誇りを持って」 李登輝氏が高校生に講演 台北”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/life/education/091218/edc0912181925004-n1.htm 2010年3月19日閲覧。 
  45. ^ 山本勲 (2010年3月24日). “日台スカラシップ研修団、李登輝元総統表敬”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/china/100324/chn1003242114004-n1.htm 2010年3月25日閲覧。 
  46. ^ 台湾の李元総統、一審で無罪 在任中の公金横領事件 朝日新聞 2013-11-15付
  47. ^ “李登輝氏、新党「時代力量」党員と面会 若者の参政を支持/台湾”. フォーカス台湾. (2015年10月28日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201510280002.aspx 2015年10月28日閲覧。 

外部リンク[編集]

サイト
動画
 中華民国の旗 中華民国
先代:
林洋港
台北市の旗 台北市長
1978年 - 1981年
次代:
邵恩新
先代:
林洋港
中華民国の旗 台湾省主席
1981年 - 1984年
次代:
邱創煥
先代:
謝東閔
中華民国の旗 中華民国副総統
1984年 - 1988年
次代:
不在期間
先代:
蒋経国
中華民国の旗 中華民国総統
1988年 - 2000年
次代:
陳水扁
Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党
先代:
蒋経国
党主席
1988年 - 2000年
次代:
連戦