李宗仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
李宗仁
李宗仁
Lizhongren.jpg
中華民国の旗 中華民国総統代行
任期
1949年1月21日 – 1950年2月29日
前任者 蒋介石
後任者 蒋介石
中華民国の旗 中華民国副総統
任期
1948年5月20日 – 1954年3月10日
大統領 蒋介石
前任者 新設
後任者 陳誠
個人情報
生誕 (1890-08-13) 1890年8月13日
清の旗 広西省桂林府臨桂県
死没 (1969-01-30) 1969年1月30日(満78歳没)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国北京市
国籍 清の旗 (1890–1911)
中華民国の旗 中華民国(1912–1964)
中華人民共和国の旗 中華人民共和国(1964–1969)
政党 中国国民党
配偶者 李秀文
郭德潔(m.1924–1966)
胡友松(m.1966–1969)
兵役経験
部門 中華民国国軍
軍歴 1916–1954
最終階級 将軍
戦闘 国共内戦
日中戦争
李宗仁
プロフィール
出生: 1890年8月13日
光緒17年7月初9日)
死去: 1969年1月30日
Flag of the People's Republic of China.svg 中華人民共和国北京市
出身地: 清の旗 広西省桂林府臨桂県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 李宗仁
簡体字 李宗仁
拼音 Lǐ Zōngrén
和名表記: り そうじん
発音転記: リー ツォンジェン
ラテン字 Li Tsung-jen
テンプレートを表示

李 宗仁(り そうじん)は中華民国軍人政治家。中華民国軍陸軍一級上将。国民政府国民革命軍)の軍人で、白崇禧黄紹竑とともに新広西派(新桂系)の主要な指導者の1人と目される。また、一般には、その3人の中でも李が最高指導者とみなされる。国共内戦期には中華民国副総統に当選し、内戦最終盤に短期間ながら代理総統も務めた。徳鄰

事跡[編集]

新広西派の創始[編集]

広西省(当時)の郷村の塾教師の家庭に生まれる。1908年光緒34年)、広西陸軍小学堂に入学する。1910年宣統2年)、中国同盟会に加入した。また、このときに黄紹竑と同学になっている。1913年民国2年)秋に卒業して、南寧の将校講習所で下級軍官に任ぜられた。以後、陸栄廷を指導者とする旧広西派(旧桂系)で軍歴を重ねていく。

1920年(民国9年)に陸栄廷が粤桂戦争で粤軍(広東軍)に敗北してからは、広西省内は混乱して様々な軍人たちが自立するようになる。この混戦の中で1922年(民国11年)、李宗仁は広西自治軍第2路総司令を自称し、黄紹竑らの協力も得た。翌年、広州軍政府の孫文(孫中山)に与して、中国国民党に加入し、「広西定桂軍」を組織した。

1924年(民国13年)、旧広西派の陸栄廷、沈鴻英を相手に、李宗仁は三つ巴の戦いを開始する。まず、3勢力中最強の陸に対抗するため、李は沈との間で事実上の連合を結成する。4月、沈が桂林に進軍してきた陸を包囲・攻撃した。6月、李らは、手薄になった陸の本拠地・南寧を占領した。このとき、李宗仁は定桂聯軍を組織し、その総指揮となる。9月、沈が陸を広西から駆逐し、翌月にこれを下野に追い込んだ[1]

11月、李宗仁は孫文から広西全省綏靖督弁公署督弁に任命され、黄紹竑は会弁、白崇禧は参謀長に任じられた。翌年初頭から、李と沈鴻英との間で戦闘が開始される。4月、李らは桂林を占領し、沈軍をほぼ再起不能に追い込んだ。さらに、広西侵攻を企てた雲南省唐継尭軍を撃退するなどして、同年中に、李らはついに広西省を統一した[2]。これより、新広西派による広西統治が開始される。

北伐への貢献[編集]

広西省を統一した李宗仁は、その後、広東方面へも国民党支援のために出兵し、広東の平定にも貢献した。1926年(民国15年)3月、李の軍は国民革命軍第7軍に改組され、李宗仁が軍長、黄紹竑が党代表、白崇禧が参謀長となった。7月、李は北伐に自ら第7軍を率いて参戦し、湖南省湖北省江西省方面へ進撃して北京政府側の呉佩孚孫伝芳などを撃破した。翌年3月、安徽省に進駐している。

4月12日、上海クーデターが発生すると、李は蒋介石を支持して中国共産党粛清に従事した。武漢上海国民政府の分裂(寧漢分裂)でも上海国民政府を支持している。1928年(民国17年)、武漢政治分会主席を兼ね、さらに第4集団軍総司令に昇進した。北伐勝利後の10月、国民政府委員兼軍事参議院院長に任じられている。

蒋介石との戦い[編集]

蒋介石が李済深を捕らえるなどの挙に出たこと、また、新広西派の軍事力を削減しようと図ったことに不満を覚え、1929年(民国18年)3月、李宗仁は蒋に反旗を翻して挙兵した(蒋桂戦争)。しかし同年6月、広西省で部下の兪作柏らが兵変を起こしたため敗北を喫し、香港へ逃亡している。それでも同年中に広西省内が混乱したため、兵変を起こした軍人たちに李は再度呼び戻され、新広西派の指導者としては復帰した。これにより、李は「護党救国軍」を組織し、引き続き反蒋運動を続ける。翌年、中原大戦に参戦したが、蒋に再び敗北を喫した。

1931年(民国20年)5月、反蒋介石派の軍人・政治家が広州非常会議を開催すると、李宗仁の新広西派もこれに参加し、西南派を結成した。結局、満州事変の勃発もあって西南派は蒋との大同団結に回帰するが、新広西派の国民政府内における勢力は、これにより大きく強化されることとなる。李宗仁・白崇禧は、広西統治において「三自三寓」[3]政策を実践し、軍事・内政・財政など様々な方面で改革に大きな成果をあげている。

日中戦争での指揮[編集]

1937年(民国26年)の日中戦争(抗日戦争)勃発とともに、李宗仁は第5戦区司令長官に任ぜられ、津浦線の防御を担当した。翌年1月には、安徽省政府主席も兼任し、これにより安徽省も新広西派の影響下に置かれることになる。

李宗仁は第5戦区司令長官を6年間つとめ、日本軍との戦いでの指揮は優れたものであった。指揮下にあった張自忠孫連仲孫震盧漢らが徐州方面で好戦績を収め、台児荘戦役などで戦果をあげたことが、その例である。1943年(民国32年)9月、軍事委員会委員長漢中行営主任に転じた。

代理総統へ[編集]

日中戦争勝利後、李宗仁は軍事委員会委員長北平行営主任(1946年(民国35年)9月、国民政府主席北平行轅主任に改組)に任じられ、共産党との戦いを開始する。1948年(民国37年)、中華民国副総統選挙に出馬し、蒋介石が推す孫科を破って当選した。

翌1949年1月、蒋が国共内戦不利の責任をとって下野すると、李が代理として中華民国総統に就任し、共産党との和平交渉を開始する。4月、張治中を代表とする共産党との和平交渉団を派遣し、交渉団が最終案を持ち帰ってきた。しかし、最終的には国民党内の反発もあって李は調印できなかった。

その後も蒋と李との政治的齟齬は大きく、内戦も毛沢東中華人民共和国成立の結末となる。11月、李は香港へ逃亡し、さらに12月にはアメリカへ亡命してしまった。国民党とともに台湾へ渡った蒋は、1950年(民国39年)3月1日総統への復任を宣言した。

晩年[編集]

1966年10月1日、毛沢東と共に天安門の楼上に立つ李宗仁

その後、李宗仁は台湾に向かうことなく、アメリカで中台情勢を見守っていた。しかし妻の郭德潔が末期がん(乳がん)と診断され、1965年7月、帰国を決断して妻と北京入りし、毛沢東ら中華人民共和国の首脳から歓迎を受けている。翌1966年3月に妻は北京で死去した。

1969年1月30日、北京で死去。享年80(満78歳)。

[編集]

  1. ^ 李静之「李宗仁」『民国人物伝 第7巻』は、9月23日に陸栄廷が全州で下野を宣言した、との説をとっている。しかし陸の下野時期についての有力説は、10月9日、湖南省永州において、である(莫済杰・陳福林主編 『新桂系史第1巻』、59-74頁;黄宗炎「陸栄廷」謝本書主編『西南十軍閥』、76頁)。これは、『申報』1924年10月23日記事、黄紹竑の回顧録『五十回憶』等の裏づけがある。
  2. ^ 統一完了時期については諸説ある。例えば莫済杰・陳福林主編 『新桂系史 第1巻』、96頁は、1925年7月に雲南軍を撃退した時点を統一完了時期と見ている。また、胡啓望・項美珍「黄紹竑」『民国人物伝 第12巻』、132頁は、黄紹竑が広西省民政長に就任した同年9月を統一完了時期としている。一方、当事者の間でも見解が割れている。李宗仁は、やはり7月で統一完了と見ているが(『李宗仁回憶録』、178頁)、黄紹竑は、1925年年末に省内敵対勢力を掃討し終わった時点を、統一完了と見ている(『五十回憶』、109頁)。
  3. ^ 「三自」とは、「自衛・自治・自給」を指し、「三寓」とは「寓兵于団(軍政一致と民兵強化、すなわち全民皆兵を指す)、寓将于学(軍幹部教育と初中等以上の学校での軍事訓練)、寓徴于募(募兵制と徴兵制の混合)」を指す。郭緒印主編『国民党派系闘争史』上海人民出版社、1992年、341-343頁。

参考文献[編集]

中華民国の旗 中華民国北京政府
先代:
陸栄廷(広西辺防督弁)
広西善後督弁
1924年11月 - 1925年7月
次代:
(廃止)
中華民国の旗 中華民国国民政府
先代:
(創設)
軍事参議院院長
1928年10月 - 1929年5月
次代:
唐生智
先代:
蒋作賓
安徽省政府主席
1938年1月 - 9月
次代:
廖磊
先代:
新設
副総統
1948年5月 - 1954年3月
次代:
陳誠
先代:
蒋介石
総統(代行)
1949年1月 - 1950年3月
次代:
蒋介石