陳建仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
陳建仁
Vice President Chen Chien-jen.png
生年月日 (1951-06-06) 1951年6月6日(69歳)
出生地 中華民国の旗 中華民国台湾)・高雄県旗山鎮(現高雄市旗山区
出身校 国立台湾大学
アメリカ合衆国の旗ジョンズ・ホプキンス大学
所属政党 無所属
称号 バチカンの旗大聖グレゴリウス勲章
バチカンの旗エルサレム聖墳墓騎士団英語版
台湾の旗中山勲章など

在任期間 2016年5月20日 - 2020年5月20日
総統 蔡英文

行政院国家科学委員会主任委員
内閣 蘇貞昌
張俊雄
在任期間 2006年1月25日 - 2008年5月19日

行政院衛生署署長
内閣 游錫堃
在任期間 2003年5月18日 - 2005年2月16日
テンプレートを表示

陳 建仁(ちん けんじん、1951年6月6日 - )は、中華民国台湾)の疫学家、政治家無所属)、第14代副総統。2016年総統選挙に出馬する前は輔仁大学理事であり、退任後は輔大のRobert J. Ronald Chair Professorを務めました。[1][2][3]

略歴[編集]

1948年、台湾高雄県旗山鎮(現・高雄市旗山区)生まれ。国立台湾大学動物学科卒業後、医学部の大学院「公共衛生研究所」で修士号を取得し、国立台湾大学での教員となる。その後渡米し、米国のジョンズ・ホプキンス大学公共衛生学部流行病および人類遺伝学の大学院で博士号を取得。大学教員時にはB型肝炎小児麻痺、肺癌、鼻咽頭癌などの研究に力を注いだ[4]。同時にヒ素中毒研究の国際的な第一人者であり、嘉南平原で発生していた烏脚病中国語版の調査隊に参加している[5]

2003年5月18日から2005年2月16日まで、行政院衛生署(衛生福利部の前身)で署長を務め、重症急性呼吸器症候群 (SARS) 流行の際にはトップダウン方式の明確な対応と強いリーダーシップで感染拡大防止に尽力した[6]

2006年1月25日から2008年5月19日まで、行政院国家科学委員会主任委員(委員会は科技部の前身、主任委員はその長)を務め、2011年10月19日から2015年11月23日まで、中央研究院副院長を務めた。

2015年11月16日2016年中華民国総統選挙候補者の蔡英文民主進歩党)から副総統候補に指名された[7]

2016年1月16日、総統選の結果、蔡英文とペアで当選した[8]

2016年5月20日中華民国副総統に就任した[9]

2019年11月17日、蔡英文が2020年中華民国総統選挙の副総統候補に頼清徳を選んだため、中華民国副総統の退任が決まる[10]

退任を控えた2020年5月18日、蔡英文から史上4人目となる中山勲章を授与された[11]。規定上は副総統退任後も恩給の受給や送迎車などの待遇が得られることになっているが、本人はこうした待遇を辞退し、引き続き中央研究院での研究に従事することを公表した。副総統待遇を辞退した例は過去になく、陳建仁が初となる[12]

2020年6月6日に国立中山大学から名誉博士号を授与されました[13]

新型コロナウイルス[編集]

英国・BBCとの遠隔インタビューに応じる陳建仁(2020年4月8日)

副総統任期末期に発生した新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) での防疫対応では、政権内での多数のSARS対応経験者の一人として、また専門家の立場から医学的知見での助言や発信を積極的に行い[14][15]中央流行疫情指揮中心の指揮官陳時中(衛生福利部部長)を後方支援した。

人物[編集]

父は高雄県長を務めた経験がある[16]

大聖グレゴリウス勲章エルサレム聖墳墓騎士団英語版の「騎士」の称号を持っている[17]熱心なカトリック信者であるとされるが、2015年10月24日にカトリック教会が世界代表司教会議で同性婚は認めないと強調した[18]翌月の11月18日にインタビューで同性婚の問題を問われ、「個人はそれぞれ幸福な生活を追求する権利があり、同性愛者も例外ではない。彼等も私たちと同じ様で、同じでない性的傾向があるだけ」、「同性愛者も生命の理念、生活の自由を追求する権利があるが、同性婚について語るならば社会的なコンセンサスが必要かもしれない」と語った[19]

教授時代の教え子だった陳其邁(台大で公衆衛生修士)とは、SARS時に衛生署署長と立法委員という間柄で、防疫政策での予算や法案審議で立法院と行政院間の協調を図ったが[20]、2020年の新型コロナウイルスでも副総統と行政院副院長という立場で再度師弟が共闘することになった。

脚注[編集]

  1. ^ The18th Session of the Board of Trustees
  2. ^ 輔仁大學學校財團法人董事會第 18 屆第 16 次會議摘要
  3. ^ 輔仁大學醫學院聘請中研院陳建仁院士 擔任第一屆劉建仁神父紀念講座教授
  4. ^ 人物:陳建仁—台灣流行病學戰士
  5. ^ 流行病學家陳建仁 帶台灣走過SARS風暴
  6. ^ 2003年 第1号 新型肺炎SARS台湾視察報告トップダウンで感染防止を果たした台湾に学べ! (PDF)
  7. ^ “台湾:副総統候補、陳氏を決定 野党・民進党”. 毎日新聞. (2015年11月17日). オリジナルの2016年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160125064438/http://mainichi.jp/articles/20151117/ddm/007/030/144000c 2016年1月25日閲覧。 
  8. ^ “台湾新総統・蔡氏に当選証書「権力は人民に借りたもの」”. 朝日新聞デジタル. (2016年1月22日). オリジナルの2016年1月25日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20160125064450/http://www.asahi.com/articles/ASJ1Q5J99J1QUHBI024.html 2016年1月25日閲覧。 
  9. ^ 鈴木玲子 (2016年5月20日). “台湾新総統就任:「一つの中国」言及せず 対中国で玉虫色”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/articles/20160521/k00/00m/030/088000c 2016年5月20日閲覧。 
  10. ^ 台湾・蔡総統、副総統候補に頼氏起用 中国は警戒Reuters
  11. ^ “頒中山勳章給陳建仁 蔡:溫暖.專業.有責任感”. 民視 (Youtube). (2020年5月18日). https://www.youtube.com/watch?v=Yldkjm_KtdI 
  12. ^ (繁体字中国語)“陳建仁棄禮遇回中研院!施景中讚「聖人」:國家因你而偉大”. 三立新聞網. (2020年5月15日). https://www.setn.com/News.aspx?NewsID=743166 
  13. ^ 影音》中山大學沙灘畢典 前副總統陳建仁獲頒名譽博士
  14. ^ “台湾・陳建仁副総統「台湾がWHO加盟なら新型肺炎早期予防できた」”. 産経新聞. (2020年2月26日). https://www.sankei.com/world/news/200226/wor2002260026-n1.html 
  15. ^ (英語)“肺炎疫情:台灣副總統陳建仁分享抗疫經驗 冀跟英國合作抗疫”. BBC News 中文 (Youtube). (2020年4月13日). https://www.youtube.com/watch?v=-1Pwe-y5aTk 
  16. ^ “台湾最大野党・民進党、副総統候補に陳氏 公衆衛生の専門家”. 日本経済新聞. (2015年11月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM16H9P_W5A111C1FF8000/ 2016年1月25日閲覧。 
  17. ^ 陳建仁資歷顯赫 還有梵諦岡「騎士」頭銜
  18. ^ “カトリック司教会議、離婚・同性愛への姿勢変えず”. 日本経済新聞. (2015年10月25日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK25H0D_V21C15A0000000/ 2016年5月9日閲覧。 
  19. ^ “同性戀者有權追求幸福 陳建仁:同性婚姻需要社會共識”. ETtoday東森新聞雲. (2015年11月18日). http://www.ettoday.net/news/20151118/599330.htm 2016年5月9日閲覧。 
  20. ^ 陳建仁誇得意門生陳其邁「當年控制SARS疫情功臣之一」 2018年11月7日 風傳媒

外部リンク[編集]

中華民国の旗中華民国
先代:
呉敦義
中華民国副総統
第14代
2016年 - 2020年
次代:
頼清徳