ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナイト: Knight)は、主にヨーロッパキリスト教国家において勲章の授与に伴い王室または教皇から授与される、中世の騎士階級に由来した栄誉称号である[1]

特にイギリス(連合王国)の叙勲制度において王室より叙任されるものが有名。日本語では勲功爵勲爵士[2][3][4][5][6][7]騎士爵士爵[8][注釈 1][10][11][12][13]などの訳が見られるほか、ナイト爵[14]と片仮名で表記されることも多い[疑問点]。英国においてナイトは公・侯・伯・子・男の貴族の身分ではなく、世襲権を持たない準貴族である[15]。また、称号としてのナイトを騎士号とも称する。本項では「ナイト」に統一し、「爵」ではなく「称号」と記述するが、伝統的な日本語訳である「勲爵士」を一部の括弧内に併記する。

制度の概要[編集]

第2次世界大戦中のイタリア戦線でオリヴァー・リース英語版将軍を騎士叙任する国王ジョージ6世(1944年)

現代国際法は、貴族称号またはナイトを授与する主体(: fons honorum)は主権を有する必要があると定めており、ナイトの授与を行えるのは主権国家ローマ教皇君主に限られる[17]

イギリスにおいては、今日でも特定の勲章の授与時に王室から臣民にナイトが授与されることがあるが、これは英国君主としての「血の権利 (iure sanguinis) による叙任権 (Ius Collationis)」の行使の例である。

ローマ教皇は、教皇庁とバチカン市国の君主としての主権を以て、聖シルベストロ教皇騎士団などの勲章の受勲者に対しナイトの授与を行っている。これらのナイトは総称して「Papal Knights」と呼ばれる[18][19][注釈 2]

さらに、君主制の国家ではないものの、政府として騎士号を授与する国もある。この例としては、共和国法第646号においてリサール騎士団の創設と騎士叙任を認めたフィリピン共和国の例がある[21]

なお、民間団体が「ナイト」を模した民間称号を与える例がある(鑑評騎士[注釈 3]名誉騎士[注釈 4]など)。

イギリスにおける制度[編集]

イギリスにおいて授与される勲章にはオーダー(Order)、デコレーション(Decoration)、クロス(Cross)、メダル(Medal)の4種類が存在する[24]。このうちオーダーは、中世の騎士団制度に由来する栄典で、王室により設立された騎士団(勲爵士団)へ入団すること自体を栄誉とするものであり、勲章はその団員証である。すなわち、オーダーの受勲とは勲爵士団への入団を意味する[25]

イギリスには多くのオーダーが存在するが、最も叙勲対象が広いものは大英帝国勲章である。この勲章は主に文化・学術・芸能・スポーツ面で著しい功績があった者に対し、首相の助言(外国籍の者に対しては外相の推薦)によって君主(国王または女王、2022年現在は王)が授与する栄典である[26]。大英帝国勲章の叙勲者は年に2度、旧来は女王の誕生日と新年に発表され、そのうち上位2等級の受勲者にナイトが授与される。

イギリスに存在する主な勲章と、ナイトが授与される等級を以下に示す。このうち受勲者がナイトに叙任される階級を黄色で示す。また、下表に示す以外にも、騎士団への入団を伴わないナイトの叙任も行われており、「ナイト・バチェラー」(Knight Bachelor)と呼びわける。

勲章の等級比較
等級 ガーター勲章 バス勲章 ロイヤル・ヴィクトリア勲章 大英帝国勲章
一等 ナイト (Knight) / デイム (Dame) ナイト・グランドクロス (Knight Grand Cross) / デイム・グランドクロス (Dame Grand Cross) ナイト・グランドクロス (Knight Grand Cross) / デイム・グランドクロス (Dame Grand Cross) ナイト・グランドクロス (Knight Grand Cross) / デイム・グランドクロス (Dame Grand Cross)
二等 ナイト・コマンダー (Knight Commander) / デイム・コマンダー (Dame Commander) ナイト・コマンダー (Knight Commander) / デイム・コマンダー (Dame Commander) ナイト・コマンダー (Knight Commander) / デイム・コマンダー (Dame Commander)
三等 コンパニオン (Companion) コマンダー (Commander) コマンダー (Commander)
四等 ルテナント (Liutenant) オフィサー (Officer)
五等 メンバー (Member) メンバー (Member)

ナイトの授与に際しては、中世の騎士を叙任した主君のしきたりを踏襲した。騎士叙任の儀式で受勲者は女王、王または王族の代理の前に進み出るとひざまずき、儀礼用の剣の平を両肩に受ける。ナイトの称号は受けた本人一代限りで、世襲は許されない。

ナイトより格上の栄典としては、世襲が認められる準男爵(Baronet)や、世襲を行わないが世襲貴族と並んで貴族院議員となる一代貴族がある。

ナイトとその配偶者の敬称[編集]

イギリス臣民でナイトに叙任された男性は Sirサー)、その夫人は Ladyレディ)の敬称をつけて呼ばれる。また、女性でナイトに相当する叙勲を受けた者は Dameデイム)の敬称をつけて呼ばれる。ただし、「サー」や「デイム」はサーネーム(苗字)ではなく、であるファーストネーム、またはフルネームの前につける敬称である。例えば、エドモンド・ヒラリーは「サー・エドモンド」または「サー・エドモンド・ヒラリー」とするのが正しく、「サー・ヒラリー」とするのは誤り。姓のみ呼ぶ場合は「ミスター・ヒラリー」。

男性ナイトの夫人はレディのあとにサーネームだけをつける。たとえばアン・スミスはレディ・スミスとなる。デイム(女性ナイト)の夫には敬称はつかない。

ナイトの称号は英国国民以外では、イギリス連邦加盟国や旧イギリス領だった国の国民に与えられることが多く、先述のエドモンド・ヒラリーもニュージーランド人である。

(イギリス国王が君主である国々以外の)外国人で名誉ナイト号を受けた者が「サー」の敬称を用いることはない。「サー」の敬称をつけて呼ばれるのは騎士叙任の儀式を受けた者だけであり、彼らはこの儀式を受けないためである。また、イギリス人であっても聖職者も同様に騎士叙任の儀式を受けないため、「サー」の敬称をつけて呼ばれることはない[27][28]

なお、日本語ではサーの称号を冠する人物を表す際、姓に「」をつけた表記がしばしば見られる(「ヒラリー卿」、「コンラン卿」など)。しかし、サーの訳語に卿を選ぶとしても、第1点として「姓+卿」では、本来の用法とは異なる。それに加え第2点として、「卿」は「ロード」(Lord)の訳語として定着していて、イギリスにおける侯・伯・子・男それぞれの爵位の保持者などに付される称号である。これらの理由から「Sir」に対して「卿」を用いるのは適切ではない[注釈 5]

ナイトの剥奪[編集]

ルーマニアニコラエ・チャウシェスクジンバブエロバート・ムガベがナイトを剥奪された。

マルタ騎士団における制度[編集]

エルサレム、ロードス及びマルタにおける聖ヨハネ主権軍事病院騎士修道会(通称・マルタ騎士団)はナイトにより構成され、約960年の歴史を有する「領土なき国家」である[30]。現在は領土を有さないが、今日でも国際連合ならびに欧州連合にオブザーバーとして参加し[31]、110か国と外交関係を持つ[32]騎士団中央政府は治外法権の認められたマルタ宮殿イタリアローマ・コンドッティ通り68)に置かれ、世界120か国で医療などの慈善活動を実施し、世界中に12の管区、48の国家支部、133の外交団、33のボランティア隊を展開する[33]

マルタ騎士団は貧者・病者に対する長年の顕著な奉仕の功績を有し、法曹界学界医療界などにおいて指導者と目される敬虔なカトリック教徒を選抜し、ナイトへと叙任する[34]。2021年時点の騎士総数は全世界で1万3500名[35]

第80代マルタ騎士団総長ジャコモ・ダッラ・トッレ・デル・テンピオ・ディ・サングイネット

騎士候補に選抜された者は、洗礼を受けたカトリック教徒である証明として司祭の推薦状を得た上、1年間の修練準備期間を経ねばならない。マルタ騎士団騎士への叙任はカトリック教会における最上級の栄誉の一つであり、騎士には叙任と同時にマルタ騎士団総長により騎士団員章である聖ヨハネ騎士勲章が授与される[36]。マルタ騎士団騎士には3つの階級が存在し、原則としてすべての騎士は最初に第三階級に叙任された後、マルタ騎士団内における功績に応じ上位の階級に昇叙する。

第一階級(最上級騎士)[編集]

ナイトに対する敬称はFra'

  • ナイト・オブ・ジャスティス(正義の騎士) 修道誓願(独身・私有財産の放棄・神への従順)を立てた騎士。1990年から非貴族階級出身者にも昇進の道が開かれた[37]

第二階級(上級騎士)[編集]

ナイトに対する敬称はConfrere

  • ナイト・イン・オヴィディエンス(忠誠の騎士)

第三階級[編集]

ナイトに対する敬称はConfrere

  • ナイト・オブ・オナー・アンド・デヴォーション(名誉と献身の騎士) 曽々祖父母16名全員が貴族家系であることを証明出来る者はこの種別に叙任される[37]
  • ナイト・オブ・グレース・アンド・デヴォーション(慈愛と献身の騎士) 曽祖父母8名全員が貴族家系であることを証明出来る者はこの種別に叙任される[37]
  • ナイト・オブ・マジストラル・グレース(主の恩寵の騎士)

サンマリノ[編集]

受任者にミュージシャンの高見沢俊彦がある。

性別称号を廃止した国家[編集]

オーストラリアは2015年に、ナイトとデイムの性別称号を「時代遅れ」との理由から廃止している[38]

主なナイト叙任者(姓五十音順)[編集]

イギリス連邦および旧イギリス領[編集]

男性(サー)[編集]

女性(デイム)[編集]

イギリス連邦以外(名誉叙任)[編集]

アイルランド[編集]

  • ボノ(ミュージシャン)

アメリカ[編集]

ノルウェー[編集]

日本[編集]

ブラジル[編集]

作品[編集]

ナイトが登場する作品ならびにナイトをモチーフにしたキャラクターやそのキャラクターが登場する作品一覧を記す。

キャラクター[編集]

小説[編集]

ゲーム[編集]

参考文献[編集]

本文脚注の典拠。主な執筆者、編者の順。

  • Guy Stair Sainty (1991). The Orders of Saint John. The American Society of The Most Venerable Order of the Hospital of Saint John in Jerusalem 

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 坪内逍遥版『十二夜』の配役に「士爵《サー》トービー・ベルシ」「士爵《サー》アンドルー・エーギューチーク」とある[9]
  2. ^ 実業家から画家に転じたマット・ラム(Lamb, Matt, 1932年-2012年)の例は伝記[20]に記載がある。
  3. ^ 「チーズ鑑評騎士」[22]
  4. ^ 「ベルギービール名誉騎士」[23]
  5. ^ Sir が「卿」と誤訳されるに至った経緯などは、植松靖夫「LordとSirの訳語をめぐって」『』[要出典]および植松靖夫「『卿』とは何か——LordとSirの訳語をめぐって——」『東北学院大学論集』[29]に詳しい。

出典[編集]

  1. ^ Jesus D. Rodriguez-Velasco (2010) (英語). Order and Chivalry, Knighthood and Citizenship in Late Medieval Castille. University of Pennsylvania Press. pp. [要ページ番号] 
  2. ^ 「社說 十九世紀の勳爵士起てよ」『女学雑誌』第244号、女学雑誌社、東京、1890年12月、 p501-505(コマ番号0002.jp2-0004.jp2)、 doi:10.11501/1749634
  3. ^ 石田銈吉、メルタンス「一 ベルギー勞働組合の先驅者 §(ニ)勞働勳爵士」『日本読書協会会報』第66号、東京 : 日本読書協会、 238-238 (コマ番号0124.jp2)、 doi:10.11501/3560233
  4. ^ Stevenson, Robert Louis (1850-1894) 著、西村孝次 訳 『バラントレイの若殿』 4巻、八雲書店、東京〈スティヴンソン全集(マイクロ)〉、1948年。国立国会図書館内限定、図書館・個人送信対象、遠隔複写可。doi:10.11501/1708060 
  5. ^ 作者不詳 著「跪いた勳爵士」、大山定一、谷, 友幸 編 『恋愛学講座』京都 : 世界文学社、1949年、195-219 (コマ番号0106.jp2-0118.jp2)頁。 
  6. ^ 米沢, 富美子、辻, 和彦「デイム・コマンダー勲爵士」 『人物でよむ物理法則の事典』朝倉書店、東京、2015年、 469頁。ISBN 9784254131161全国書誌番号:22676484https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026914858-00 
  7. ^ にほんのかわ編集委員会編「井口昌平東京大学名誉教授の勲爵士受勲章を祝う」『にほんのかわ』第90号、日本河川開発調査会、2000年7月、 8-9 (コマ番号0007.jp2)、 doi:10.11501/3249311
  8. ^ 『教官名並学士爵名改正ニ関スル伺書』文部省 : [書写資料]、1872年(明治5年)、1,3頁。 
  9. ^ シェークスピヤ (William Shakespeare 著、坪内逍遙 訳 『十二夜』 20巻、中央公論社〈新修シェークスピヤ全集〉、1933年(昭和8年)。doi:10.11501/1237635 『Twelfth Night, 1599』。
  10. ^ ハッガード, ライダー 著、宮井安吉 訳「第一回 士爵カーチスとの邂逅」 『大宝窟』 上、博文館〈世界文庫 ; 第15,16編〉、1894年(明治27年)、1 (コマ番号0006.jp2)頁。 
  11. ^ 新渡戸稲造; 笠井脩「第一回 英国水師提督士爵ウィリアムペンの嫡男ウキリアムペン生誕の事」(日本語) 『建国美談 : 一名・ウィリアム・ペン小伝』新渡戸稲造 [ほか]、1895年、1-28 (コマ番号0009jp2-0023.jp2)頁。doi:10.11501/782460全国書誌番号:40019367 
  12. ^ 渋江易軒「第18章 神霊の実体化−即ち神霊の示現 中 §クルックス士爵の実験」 『最近接神術 : 原理応用』大学館、1909年(明42年)、(コマ番号0081.jp2-)頁。doi:10.11501/759871全国書誌番号:40004911 
  13. ^ フエレンツ・モルナアル 著、鈴木善太郎 訳「靑顎の士爵」 『開かれぬ手紙 : 戯曲集』第一書房、1928年(昭和3年)、155-169 (コマ番号0082.jp2-0089.jp2)頁。doi:10.11501/1193325全国書誌番号:47031398 
  14. ^ ロッド・スチュワートさん、ナイト爵に” (日本語). BBCニュース (2016年10月12日). 2022年9月20日閲覧。
  15. ^ Tagore, Rajah Sir Sourindro Mohun (1884) (英語). The Orders of Knighthood, British and Foreign with a Brief Review of the Titles of Rank and Merit. Stanhope Press. pp. [要ページ番号] 
  16. ^ Cox, Noel (2009). “The principles of international law governing the Sovereign authority for the creation and administration of Orders of Chivalry” (英語). Essays Presented to Liam Mac Alasdair, FGSI: 15-25. 
  17. ^ (英語) The principles of international law governing the Sovereign authority for the creation and administration of Orders of Chivalry. Genealogical Society of Ireland. OCLC 704874347. edsoai.ocn704873776. https://eds.s.ebscohost.com/eds/detail/detail?vid=1&sid=3a85b289-633f-4269-a946-529918bfe2ef@redis&bdata=JnNpdGU9ZWRzLWxpdmUmc2NvcGU9c2l0ZQ==#AN=edsoai.ocn704873776&db=edsoai. [16]原典はRory Stanley (ed.) Féil-Scríbhinn Liam Mhic Alasdair の章。
  18. ^ van Duren, Peter Bander (1995) (英語). Orders of Knighthood and of Merit : The Pontifical, Religious and Secularised Catholic-founded Orders and their relationship to the Apostolic See. Buckinghamshire: Colin Smythe. pp. [要ページ番号]. OCLC 33047051 . ISBN 9780861403714, 9780861403806, 0861403711, 0861403800
  19. ^ How to… become a papal knight” (英語). Catholic Herald (2019年7月4日). 2022年9月19日閲覧。
  20. ^ Speer R. Matt Lamb : The Art of Success. Hoboken: Wiley; 2013. OCLC 97257, ISBN 9781118450826, 9781118450789, 1118450825, 1118450787.
  21. ^ Republic Act No. 646”. chanrobles.com. 2018年7月19日閲覧。
  22. ^ 「チーズ鑑評騎士・デクーさん」『文芸春秋』第67巻第9号、1989年8月、 (コマ番号0038.jp2)、 doi:10.11501/3198547
  23. ^ 富江 弘幸「プロと話しながら傾けるベルギービール。: ベルギービール広報センター代表 ベルギービール名誉騎士 佐藤ひとみ ブラッセルズ株式会社取締役事業本部長 ベルギービール名誉騎士 滝沢健二」『東京人』第29巻10 (通号343)、都市出版、東京、2014年9月、 21-23頁、 ISSN 0912-0173
  24. ^ THE BRITISH HONOURS SYSTEM.” (英語). The Churchill Society London. 2018年6月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月22日閲覧。
  25. ^ 小川賢治 『勲章の社会学』晃洋書房、2009年3月、[要ページ番号]頁。 
  26. ^ Types of honours and awards”. イギリス政府language=en. 2018年7月22日閲覧。
  27. ^ The Monarchy Today > Queen and public > Honours > Knighthoods”. 2008年6月8日閲覧。 英王室公式ウェブサイトのナイトについての解説ページ(英語)
  28. ^ “BRITISH DECORATIONS.; What They Mean When Conferred Upon American Leaders”. The New York Times. (1918年8月15日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?_r=2&res=940CE0D81739E13ABC4D52DFBE668383609EDE&oref=slogin&oref=slogin 2008年6月8日閲覧。  『ニューヨークタイムズ』紙の、アメリカ人がイギリス国王から叙勲された場合に「サー」の敬称をつけて呼ばれないことを解説した記事(英語、PDF)
  29. ^ 植松, 靖夫「「卿」とは何か--LordとSirの訳語をめぐって」『東北學院大學論集. 英語英文学』第92号、東北学院大学学術研究会、2004年2月、 1-13頁、 ISSN 0385-406XCRID 1520572359442432768掲載誌別題『Tohoku Gakuin University review. Essays and studies in English language and literature』。
  30. ^ Pope Francis to receive Knights of Malta grand master Thursday” (英語). ansa.it. 2020年8月28日閲覧。
  31. ^ Multilateral relations” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  32. ^ The Orders of Saint John 1991, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  33. ^ National Institutions” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  34. ^ Membership in the American Association” (英語). orderofmaltaamerican.org. 2020年8月28日閲覧。
  35. ^ Humanitarian & Medical Works” (英語). orderofmalta.int. 2020年8月28日閲覧。
  36. ^ [[#CITEREFThe_Orders_of_Saint_John1991[要ページ番号]Category:出典のページ番号が要望されている記事|The Orders of Saint John, 1991 & [要ページ番号]]], Sainty, Guy Stair
  37. ^ a b c The Orders of Saint John 1991, pp. &#91, 要ページ番号&#93,
  38. ^ ナイトの称号、「時代遅れ」で廃止に オーストラリア」『CNN』 CNN.co.jp、2015年11月3日。「政府の発表によると、閣議でも「ナイトとデイムは現代の褒章制度にそぐわない」との認識で一致した。オーストラリア勲章からナイトとデイムを外すことについては、女王も了承していると説明。既に授与された称号には影響は及ばないとしている。」
  39. ^ ダニエル・デイ=ルイス ウィリアム王子からナイト爵を授けられる」『』シネマトゥデイ、2014年11月17日。2014年11月18日閲覧。
  40. ^ “The Queen Awards Honorary Knighthood to Seattle Resident”. British Consulate-General, San Francisco. (2007年9月28日). http://www.britainusa.com/sf/articles_show_nt1.asp?i=41003&L1=36000&L2=36014&a=47067 2007年11月11日閲覧。  タダタカ・ヤマダのKBE叙任を伝える在サンフランシスコ英国領事館のプレスリリース(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]