国立台湾大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国立台湾大学
台湾大学総図書館
台湾大学総図書館
大学設置 1945年
創立 1928年
学校種別 国立
設置者 中華民国教育部
本部所在地 中華民国台湾台北市大安区羅斯福路四段1号
北緯25度1分4.7秒 東経121度32分14.2秒 / 北緯25.017972度 東経121.537278度 / 25.017972; 121.537278座標: 北緯25度1分4.7秒 東経121度32分14.2秒 / 北緯25.017972度 東経121.537278度 / 25.017972; 121.537278
キャンパス 本キャンパス(台北市大安区
水源(台北市中正区
城中(台北市中正区)
雲林(雲林県虎尾鎮
山地実験農場(南投県仁愛郷
演習林(南投県竹山鎮
学部 文学部
理学部
社会科学部
医学部
工学部
生物資源・農学部
管理学部
公衆衛生学部
電機情報学部
法律学部
生命科学部
ウェブサイト 国立台湾大学公式サイト
テンプレートを表示

国立台湾大学(こくりつたいわんだいがく、英語: National Taiwan University、公用語表記: 國立臺灣大學)は、中華民国台湾台北市大安区羅斯福路四段1号に本部を置く台湾国立大学である。1945年に設置された。

大学の略称は台大であるが、日本の植民地時代から使われている帝国大学という愛称もある。

大学全体[編集]

国立台湾大学の前身は、1928年日本統治時代に設立された台北帝国大学臺北帝國大學)。1945年11月15日中華民国政府により接収され現在の名前に変更された。国共内戦後中華民国随一の最高学府との位置づけがなされ国立中央大学は、国立台湾大学に置き換えされた。

現在は11学院(学部及び研究科)・54学系(学科)・96研究所(専攻)・33研究中心(研究所)と夜間部を擁し、3万人を越える学生が通うマンモス校である。

著名な卒業生にはノーベル化学賞受賞者である李遠哲チューリング賞受賞者である姚期智ウルフ賞受賞者である楊祥發農業部門)、翁啓恵化学部門)らをはじめ、百名を超える国立科学アカデミー(中央研究院)の院士、李登輝陳水扁馬英九蔡英文ら4人の中華民国総統連戦呂秀蓮呉敦義陳建仁ら4人の中華民国副総統そのほか、台湾はもとより、世界各国の政・財・官・学の各界で活躍する人材を多数輩出している。

沿革[編集]

国立台湾大学の起源は、日本統治時代の1928年(昭和3年)3月16日に、台湾台北州台北市富田町で 7番目の帝国大学として設立される。大学設立の準備段階では当初「台湾大学」との名称が用いられ、その後、「台湾帝国大学」が用いられたが、「台湾帝国大学」では台湾帝国の大学との誤解が生じるとの理由から1927年に「台北帝国大学」に名称が決まった[1]

日本内地の帝国大学が文部省の管轄であったのに対し、台北帝国大学は台湾総督府の管轄であった。当初は文政学部と理農学部の二学部が設置され、1928年4月より開講した。さらに1941年(昭和16年)には予科(豫科)も作られた。1945年(昭和20年)度時点での学部構成は、文政学部、理学部、農学部、医学部、工学部であった。

1945年(昭和20年)8月15日の終戦により、同年11月15日に中華民国が接収して「国立台北大学」と改称した。12月15日にと「国立台湾大学」改称、現在に至る。

月日 事跡
1928年 - 台北帝国大学が開校
1945年 11月15日 国立台北大学と改称
1945年 12月15日 国立台湾大学と改称
1947年 - 台北高等商業学校が台湾大学法学院へ編入
1959年 - 商学系を設置
1967年 - 夜間部を設置
1987年 - 商学系4系を統合し、管理学院を設置
1993年 - 公衆衛生学院を設置
1997年 - 電機学院を設置
1999年 - 法律学院を設置
2003年 - 生命科学院を設置

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 台北キャンパス
    • 校本部(台北市大安區羅斯福路四段1号)
    • 水源キャンパス(台北市大安区思源街18号)
    • 城中キャンパス(台北市中正区徐州路21号)
  • 雲林キャンパス(雲林県虎尾鎮學府路95号)
  • 山地実験農場(南投縣仁愛鄉仁和路215号)
  • 演習林(南投県竹山鎮前山路一段12号)

組織[編集]

文学部
  • 中国文学科および研究科
  • 歴史学科および研究科
  • 哲学科および研究科
  • 外国語文学科および研究科
  • 人類学科および研究科
  • 図書情報学科および研究科
  • 日本語文学科および研究科
  • 戯劇学科および研究科
  • 芸術史研究科
  • 言語学研究科
  • 音楽学研究科
  • 台湾文学研究科
理学部
  • 数学科および研究科
  • 物理学科および研究科
  • 化学科および研究科
  • 地質学科および研究科
  • 動物学科および研究科
  • 植物学科および研究科
  • 心理学科および研究科
  • 地理環境資源学科および研究科
  • 大気科学科および研究科
  • 海洋研究科
  • 生化研究科
  • 漁業科学研究科
社会科学部
  • 政治学科および研究科
  • 経済学科および研究科
  • 社会学科および研究科
  • ソーシャルワーク学科および研究科
  • 国家発展研究科
  • 新聞研究科
医学部
  • 医学科
  • 歯学科および研究科
  • 薬学科および研究科
  • 医学技術学科および研究科
  • 看護学科および研究科
  • 理学療法学科および研究科
  • 作業療法学科
  • 臨床医学研究科
  • 臨床歯学科研究科
  • 生理学研究科
  • 生物化学と分子生物学研究科
  • 薬理学研究科
  • 病理学研究科
  • 微生物学研究科
  • 解剖学研究科
  • 毒理学研究科
  • 分子医学研究科
  • 免疫学研究科
  • 口腔生物科学研究科
  • 医学工学研究科
工学部
  • 土木工学科および研究科
  • 機械工学科および研究科
  • 化学工学科および研究科
  • 工科学および海洋工学科および研究科
  • 材料科学と工程学科および研究科
  • 環境工学研究科
  • 応用力学研究科
  • 建築と城郷研究科
  • 工業工程学研究科
  • 医学工程学研究科
  • 高分子科学と工程学研究科


生物資源および農学部
  • 農芸学科および研究科
  • 生物環境系統工程学科および研究科
  • 農業化学科および研究科
  • 植物病理と微生物学科および研究科
  • 森林学科および研究科
  • 畜産学科および研究科
  • 農業経済学科および研究科
  • 園芸学科および研究科
  • 獣医学科および研究科
  • 農業宣伝学科および研究科
  • 生物産業機電工程学科および研究科
  • 昆虫学科および研究科
  • 食品科技研究科
管理学部
  • 工商管理学科
  • 会計学科および研究科
  • 財務金融学科および研究科
  • 国際企業学科および研究科
  • 情報管理学科および研究科
  • 商学研究科
公衆衛生学部
  • 公衆衛生学科
  • 職業医学と公共衛生研究科
  • 流行病学研究科
  • 医療機関管理研究科
  • 環境衛生研究科
  • 衛生政策と管理研究科
  • 予防医学研究科
電機情報学部
  • 電機工程学科および研究科
  • 情報工学学科および研究科
  • 情報ネットワークとマルチメディア研究科(多媒體與網路研究科)
  • 光エレクトロニクス学研究科
  • 通信工学研究科(電信工程學研究科)
  • 電子工学研究科
法律学部
  • 法律学科および研究科
生命科学部
  • 生命科学科
  • 生化科技学科および研究科
  • 動物学研究研究科
  • 植物科学研究科
  • 分子細胞生物学研究科
  • 生態学と進化生物学研究科
  • 漁業科学研究科
  • 生化科学研究科
進修推進部

学生[編集]

教員[編集]

メインストリートである椰林大道(Royal Palm Blvd.)
シンボルの傅鐘
医学院付属病院

Category:国立台湾大学の教員も参照せよ。

歴代学長[編集]

区分 氏名 任期
帝大 初代 幣原坦 1928年3月 - 1937年9月
帝大 第2代 三田定則 1937年9月 - 1941年4月
帝大 第3代 安藤正次 1941年4月 - 1945年3月
帝大 第4代 安藤一雄 1945年3月 - 1945年8月
台大 初代 羅宗洛 1945年8月 - 1946年7月
台大 第2代 陸志鴻 1946年8月 - 1948年5月
台大 第3代 荘長恭 1948年6月 - 1948年12月
台大 代理 杜聰明 1948年12月 - 1949年1月
台大 第4代 傅斯年 1949年1月 - 1950年12月
台大 代理 沈剛伯 1950年12月 - 1951年1月
台大 第5代 銭思亮 1951年1月 - 1970年5月
台大 第6代 閻振興 1970年6月 - 1981年7月
台大 第7代 虞兆中 1981年8月 - 1984年7月
台大 第8代 孫震 1984年8月 - 1993年2月
台大 代理 郭光雄 (台湾の動物学者)中国語版 1993年3月 - 1993年7月
台大 第9代 陳維昭 1993年8月 - 2005年6月
台大 第10代 李嗣涔 2005年6月 - 2013年6月
台大 第11代 楊泮池 2013年6月 -

スポーツ・サークル・伝統[編集]

主な出身者[編集]

政治[編集]

学術[編集]

文学[編集]

音楽[編集]

  • 周華健(エミール・チョウ) - 歌手 ※中退
  • 溫尚翊 - メイデイという5人組ロックバンドのギタリスト、リーダー ※中退

芸能[編集]

交流のある学校[編集]

日本
日本国外

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 李恒全「台北帝国大学設立計画案に関する一考察 ― 幣原担の設立構想を中心に ―」神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要第1巻第1号(2007年11月)45-64頁