大聖グレゴリウス勲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大聖グレゴリウス勲章

大聖グレゴリウス勲章: Ordo Sancti Gregorii Magni)は、ローマ教皇から授与される騎士団勲章5つのうち1つ。名称は西暦600年頃のローマ教皇、グレゴリウス1世に由来する。

騎士団[編集]

個人としてローマ教皇庁カトリック教会に対し貢献した一般人を顕彰するためのもので、カトリック信徒以外も対象となっている。通常は教区司教の推薦が教皇大使を通してバチカン国務長官に取り次がれ、それに基づき騎士団員に任命される。その栄誉に対していかなる義務も伴わない。

勲章[編集]

勲章は騎士団員の証として授与される。正面に大聖グレゴリウスの肖像、裏面に標語Pro Deo et Principe(神と教皇のために)が記された赤いマルタ十字で、赤地金縁の綬に、文官は月桂冠、武官は"trophy of arms" を介してさげる[1]

等級[編集]

等級は3つあるが、このうち司令官については星章ありとなしの区分があり、実質4等級となっている。

  • 大十字(大綬と星章)
  • 司令官(中綬・星章ありまたはなし)
  • 騎士(小綬)
左から騎士、司令官、司令官(星章あり)、大十字

歴史[編集]

グレゴリウス16世が1831年9月1日付け教皇書簡Quod Summisにより創設。当初は教皇領における公務上の貢献に報いるための物であり、武官と文官の2部門に分かれていた。ピウス10世による1905年の教皇騎士団改革により、2部門それぞれにピウス9世騎士団と似た等級が設定された[1]。かつて男性に限られていたが、1994年ヨハネ・パウロ2世が女性にも対象を拡大した。

著名な受章者[編集]

日本の受章者[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Wikisource-logo.svg Rock, P.M.J. (1913). "Pontifical Decorations" . In Herbermann, Charles. Catholic Encyclopedia (in English). New York: Robert Appleton Company. |access-date= requires |url= (help)

外部リンク[編集]