行政院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統 馬英九
副総統 呉敦義

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

台湾の政党一覧

泛藍 :
泛緑 : 台連

両岸関係

台独 • 統一

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

行政院
Executive Yuan01.jpg
行政院(旧台北市役所)=国定史跡=
各種表記
繁体字 行政院
簡体字 行政院
拼音 Xíngzhèng Yùan
注音符号 ㄒ|ㄥˊ ㄓㄥˋ ㄩㄢˋ
発音: シンヂェンユエン
英文 Executive Yuan of the Republic of China
テンプレートを表示

行政院(ぎょうせいいん)は中華民国台湾)の「国家の最高行政機関」(中華民国憲法53条)。いわゆる内閣に相当する。行政院長首相に相当し、中華民国総統が直接任命する。現在の行政院長は、江宜樺(第25代)。

構成[編集]

行政院の最高意思会議である行政院会議(いわゆる閣議)は、正副院長、正副秘書長、各部会の長(大臣)、5~7名の政務委員(無任所大臣に相当)によって構成される。その他の行政組織の長は内閣閣員として出席できるが議決権は無い。直轄市の長である新北市長高雄市長台中市長台北市長台南市長も出席できるが、議決権は無い。

2010年の行政院組織法改正により、2012年民国101年)から順次再編されていき、最終的に従来の39組織(8部・2会・2局・1処・3署・21委員会)から14部・8委員会・2処・1行・1院・3独立機関の合計29組織が設置されることになる。このうちが日本の「省」に、部長が「大臣」に相当する。委員会は「庁」に、主任委員は「長官」に相当する。2010年の組織改革以前は、「部」と同格の「会」(蒙蔵委員会僑務委員会)が存在した。

廃止・併合が決定している組織[編集]

歴史[編集]

1928年(民国17年)、国民革命軍北伐を完成し、張学良が南京政府支持を表明した後の10月3日に「中華民国国民政府組織法」が制定され、10月8日に初代行政院長として譚延闓が指名された。当時は、内政、外交、軍政、財政、農鉱、工商、教育、交通、鉄道、衛生の10部を有していた。

1947年(民国36年)、中華民国憲法が公布されると、「中華民国における最高行政機関」と位置づけられ、同年3月31日公布の「行政院組織法」により組織整備が進められた。憲法起草者の1人である中国民主社会党張君勱によって内閣制に近い概念が採用され、行政院院長は総統の指名後、立法院の同意をもって任命され、総統令の副署権があるなど、いわゆる内閣総理大臣に近似していた。しかし、国共内戦を経て戒厳令体制が敷かれ、憲法臨時条款により「総統大権」が認められたことにより、憲法が定める「内閣制」は形骸化した。

民主化が進んだ李登輝総統時代になると、憲法改正で総統令に対する院長の副署権と立法院による同意がなくなったため大統領制に近づき、総統の輔弼機関として位置づけが強まった。

歴代院長は行政院長を参照。

庁舎[編集]

行政院が入る建物の所在地は、台北市中正区忠孝東路1段1号。

日本統治時代台湾総督府営繕課長井手薫が設計し、台湾の漢人系企業である「協志商会」により1940年昭和15年)に竣工した建物で、当時は台北市役所として使われた。国民政府が接収した後は台湾省政府庁舎として使われ、1957年(民国46年)より行政院として使用されている。なお 、行政院は、国民政府が遷台した1949年(民国38年)当初は、総統府とともに「介寿館」(現在の総統府)に置かれていた。

施工当時の日本は日中戦争などにより物資が欠乏し始めていたため、華美な装飾を省いて造られたが、結果として日本統治時代末期のモダニズム建築を代表する建築物の一つとなった。国家古蹟(国定史跡)に指定されている。

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]