台湾の行政区分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2010年12月25日以降の中華民国の行政区画。

台湾の行政区分(たいわんのぎょうせいくぶん)では中華民国が実効支配する台湾地区(自由地区)の現行の行政区分について説明する。日本統治時代の台湾の行政区分については日本統治時代の台湾行政区分を参照、遷台以前の中華民国の行政区分については中華民国の行政区分をそれぞれ参照。

概要[編集]

台湾における行政区分は、中華民国憲法とその修正条文、ならびに地方制度法の規定に基づいて区分されており、現在では第1級行政区分の6直轄市台北市新北市桃園市台中市台南市高雄市)、ならびに第2級行政区分の3省轄市基隆市新竹市嘉義市)と13に区分されている。

かつては第1級行政区分として福建省台湾省)という区分単位も存在しており、第2級行政区分である省轄市と県は、省内を更に区分していた。だが、1996年1月に福建省が、1998年12月に台湾省がそれぞれ行政機能を「凍結」させられた為、その機能は中央や第2級行政区分の省轄市、県へと分散された。

しかし、財政上は省と同格である2直轄市(台北市と高雄市)が厚遇されていたため、県や省轄市には十分な予算が回らないという問題が続いてきた。そのため、2007年に地方制度が改正され、人口200万以上の県市に直轄市並みの財政処置が可能とすることが決まった。この条件を満たす県市は複数あるが、まず台北県がこの準直轄市扱いとなった。なお、法律上は「準直轄市」という区分が存在しない。台北県も財政上の処置を除くと、他県同様の区分にとどまっている。2009年にまた法律が改正され、2010年末から台北県が新北市に昇格(直轄市)し、さらに台中市と台中県、台南市と台南県、高雄市と高雄県がそれぞれ合併して直轄市になった。同時に、桃園県の人口数が200万を超えたため、準直轄市扱いとなった。

なお、中華民国が領有する東沙諸島南沙諸島の島々は高雄直轄市に、また尖閣諸島(中国語名:釣魚台列嶼)は「中華民国領海及鄰接区法」の規定によって宜蘭県の所管とされている。

行政区画の一覧[編集]

省級[編集]

[編集]

中華民国は戦後も自らが中国(台湾・モンゴルを含む)の唯一の正統な国家だと主張していた。そのため、南京時代の行政区画は有効とし、中国全土を数十の省他に分割していた。しかし国民党が台湾に渡ってから1949年以降実効支配していたのは台湾省の全土と福建省の一部のみであった。それら2省も、1990年代に地方政府としての機能を凍結または廃止された。台湾省議会も消滅した。

2000年の中華民国憲法増修条文の規定により、それまで地方自治体だった省政府は中央政府の出先機関と改編され、実際の行政区分には存在しないため名目化された。『中華民国地方制度法律』では「省」の下部に「県」または「市」を設置すると規定されている。

直轄市[編集]

直轄市は、中華民国行政院に直属する地上自治体である。人口125万以上、政治・経済・文化の発展に重要な地域が指定される。2010年12月25日と2014年12月25日に変更があり現在は既存の台北市高雄市に加えて新北市台中市台南市桃園市が指定を受けている。「市」の下部には「区」が設置され、「区」の下部に「里」、「里」の下部に「鄰」を設置している。

下部行政区数 下部行政区
台北市の旗 台北市 12区 松山区 | 大安区 | 大同区 | 中山区 | 内湖区 | 南港区 | 士林区 | 北投区 | 信義区 | 中正区 | 万華区 | 文山区
新北市の旗 新北市 29区 板橋区 | 三重区 | 永和区 | 中和区 | 新荘区 | 新店区 | 土城区 | 蘆洲区 | 汐止区 | 樹林区 | 鶯歌区 | 三峽区 | 淡水区 | 瑞芳区 | 五股区 | 泰山区 | 林口区 | 深坑区 | 石碇区 | 坪林区 | 三芝区 | 石門区 | 八里区 | 平渓区 | 双渓区 | 貢寮区 | 金山区 | 万里区 | 烏来区
桃園県の旗 桃園市 13区 桃園区 | | 平鎮区 | 八徳区 | 楊梅区 | 蘆竹区 | 大渓区 | 大園区 | 亀山区 | 龍潭区 | 新屋区 | 観音区 | 復興区
台中市の旗 台中市 29区 中区 | 東区 | 南区 | 西区 | 北区 | 西屯区 | 南屯区 | 北屯区 | 豊原区 | 大里区 | 太平区 | 東勢区 | 大甲区 | 清水区 | 沙鹿区 | 梧棲区 | 后里区 | 神岡区 | 潭子区 | 大雅区 | 新社区 | 石岡区 | 外埔区 | 大安区 | 烏日区 | 大肚区 | 龍井区 | 霧峰区 | 和平区
台南市の旗 台南市 37区 東区 | 南区 | 中西区 | 北区 | 安南区 | 安平区 | 新営区 | 永康区 | 塩水区 | 白河区 | 麻豆区 | 佳里区 | 新化区 | 善化区 | 学甲区 | 柳営区 | 後壁区 | 東山区 | 下営区 | 六甲区 | 官田区 | 大内区 | 西港区 | 七股区 | 将軍区 | 北門区 | 安定区 | 楠西区 | 新市区 | 山上区 | 玉井区 | 南化区 | 左鎮区 | 仁徳区 | 帰仁区 | 関廟区 | 龍崎区
高雄市の旗 高雄市 38区 | 鼓山区 | 左営区 | 楠梓区 | 三民区 | 新興区 | 前金区 | 苓雅区 | 前鎮区 | 旗津区[1] | 小港区 | 鳳山区 | 岡山区 | 旗山区 | 美濃区 | 林園区 | 大寮区 | 大樹区 | 仁武区 | 大社区 | 鳥松区 | 橋頭区 | 燕巣区 | 田寮区 | 阿蓮区 | 路竹区 | 湖内区 | 茄萣区 | 永安区 | 弥陀区 | 梓官区 | 六亀区 | 甲仙区 | 杉林区 | 内門区 | 茂林区 | 桃源区 | 那瑪夏区

県級[編集]

[編集]

名目上は「省」の下部組織であるが、実際は行政院に直属する地方自治体。「県」の下部には「県轄市・鎮・郷」を設置し、「県轄市・鎮」の下部には「里」を、「郷」の下部には「村」が設置され、「里・村」の下部に「鄰」を設置している。

県名 下部行政区数 下部行政区
新竹県の旗 新竹県 1市3鎮9郷 竹北市 | 関西鎮 | 新埔鎮 | 竹東鎮 | 湖口郷 | 横山郷 | 新豊郷 | 林郷 | 宝山郷 | 北埔郷 | 峨眉郷 | 尖石郷 | 五峰郷
苗栗県の旗 苗栗県 2市5鎮11郷 苗栗市 | | 苑裡鎮 | 通霄鎮 | 竹南鎮 | 後龍鎮 | 卓蘭鎮 | 大湖郷 | 公館郷 | 銅鑼郷 | 南庄郷 | 頭屋郷 | 三義郷 | 西湖郷 | 造橋郷 | 三湾郷 | 獅潭郷 | 泰安郷
彰化県の旗 彰化県 2市6鎮18郷 彰化市 | 員林市 | 鹿港鎮 | 和美鎮 | 北斗鎮 | 渓湖鎮 | 田中鎮 | 二林鎮 | 線西郷 | 伸港郷 | 福興郷 | 秀水郷 | 花壇郷 | 芬園郷 | 大村郷 | 埔塩郷 | 埔心郷 | 永靖郷 | 社頭郷 | 二水郷 | 田尾郷 | 頭郷 | 芳苑郷 | 大城郷 | 竹塘郷 | 渓州郷
南投県の旗 南投県 1市4鎮8郷 南投市 | 埔里鎮 | 草屯鎮 | 竹山鎮 | 集集鎮 | 名間郷 | 鹿谷郷 | 中寮郷 | 魚池郷 | 国姓郷 | 水里郷 | 信義郷 | 仁愛郷
雲林県の旗 雲林県 1市5鎮14郷 斗六市 | 斗南鎮 | 虎尾鎮 | 西螺鎮 | 土庫鎮 | 北港鎮 | 古坑郷 | | 桐郷 | 林内郷 | 二崙郷 | 崙背郷 | 麦寮郷 | 東勢郷 | 褒忠郷 | 台西郷 | 元長郷 | 四湖郷 | 口湖郷 | 水林郷
嘉義県の旗 嘉義県 2市2鎮14郷 太保市 | 朴子市 | 布袋鎮 | 大林鎮 | 民雄郷 | 渓口郷 | 新港郷 | 六脚郷 | 東石郷 | 義竹郷 | 鹿草郷 | 水上郷 | 中埔郷 | 竹崎郷 | 梅山郷 | 番路郷 | 大埔郷 | 阿里山郷
屏東県の旗 屏東県 1市3鎮29郷 屏東市 | 潮州鎮 | 東港鎮 | 恒春鎮 | 万丹郷 | 長治郷 | 麟洛郷 | 九如郷 | 里港郷 | 塩埔郷 | 高樹郷 | 万巒郷 | 内埔郷 | 竹田郷 | | 枋寮郷 | 新園郷 | 崁頂郷 | 林辺郷 | 南州郷 | 佳冬郷 | 琉球郷 | 車城郷 | 満州郷 | 枋山郷 | 霧台郷 | 瑪家郷 | 泰武郷 | 来義郷 | 春日郷 | 獅子郷 | 牡丹郷 | 三地門郷
宜蘭県の旗 宜蘭県 1市3鎮8郷 宜蘭市 | 羅東鎮 | 蘇澳鎮 | 頭城鎮[2] | 礁渓郷 | 壮囲郷 | 員山郷 | 冬山郷 | 五結郷 | 三星郷 | 大同郷 | 南澳郷
花蓮県の旗 花蓮県 1市2鎮10郷 花蓮市 | 鳳林鎮 | 玉里鎮 | 新城郷 | 吉安郷 | 寿豊郷 | 光復郷 | 豊浜郷 | 瑞穂郷 | 富里郷 | 秀林郷 | 卓渓郷 | 万栄郷
台東県の旗 台東県 1市2鎮13郷 台東市 | 成功鎮 | 関山鎮 | 卑南郷 | 大武郷 | 太麻里郷 | 東河郷 | 長浜郷 | 鹿野郷 | 池上郷 | 緑島郷 | 延平郷 | 海端郷 | 達仁郷 | 金峰郷 | 蘭嶼郷
澎湖県の旗 澎湖県 1市5郷 馬公市 | 湖西郷 | 白沙郷 | 西嶼郷 | 望安郷 | 七美郷
金門県の旗 金門県 3鎮3郷 金城鎮 | 金湖鎮 | 金沙鎮 | 金寧郷 | 烈嶼郷 | 烏坵郷
連江県の旗 連江県 4郷 南竿郷 | 北竿郷 | 光郷 | 東引郷

[編集]

旧称を省轄市と称し、県と同等の存在として行政院に直属する地方自治体。人口50万以上125万人未満であり、政治・経済・文化で重要な地位を占める場合に指定される。「市」の下部に「区」が設置され、「区」の下部に「里」、「里」の下部に「鄰」が設置される。

市名 下部行政区数 下部行政区
基隆市の旗 基隆市 7区 中山区 | 七堵区 | 暖暖区 | 仁愛区 | 中正区 | 安楽区 | 信義区
新竹市の旗 新竹市 3区 東区 | 北区 | 香山区
嘉義市の旗 嘉義市 2区 東区 | 西区

区域聯合服務中心[編集]

区域聯合服務中心は省級の非正規な中央政府出先機関であり、行政院各部会が各地域に出向した場合の総合庁舎として設置された。中心の責任者は主任であり行政院副院長が兼務し、実際の政務は中心執行長を中心に行なわれている。

区域聯合服務中心の管轄区域は『台湾地区国土綜合開発計画』で策定された台湾本島四大区域(北部、中部、南部、東部区域、および福建省金門、連江両県による金馬区域)を担当することとなっており、現在行政院南部聯合服務中心行政院中部聯合服務中心が設置されている。このほか行政院では行政院東部聯合服務中心行政院金馬聯合服務中心の設置が検討されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 中華民国政府が領有する東沙諸島南沙諸島の島々は旗津区に帰属している
  2. ^ 中華民国政府は尖閣諸島中国語名:釣魚臺列嶼)の領有権を主張しており、行政区分上は頭城鎮に帰属させている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]