外省人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
外省人
各種表記
繁体字 外省人
簡体字 外省人
拼音 Wàishĕngrén
注音符号 ㄨㄞˋ ㄕㄥˇ ㄖㄣˊ
発音: ワイセンレン
台湾語白話字 Goā-séng-lâng(外省人)
A-soaⁿ-á(阿山仔)
Tn̂g-soaⁿ-á(唐山仔)
テンプレートを表示

外省人(がいしょうじん)においては、1945年8月15日以降、すなわち台湾光復以降、中国大陸各地から、台湾に移り目下定住している人々について説明する。

概説[編集]

「外省人」・「本省人」という用語は台湾に限る用語ではない[1]。まず「本省人」の本来的概念は、中国の当該省(どの省でもいい)に自分もしくは父祖の本貫(本籍地)があって、現にそこに住んでいる、自分と仲間たちを自称する場合に多く使われる[1]。従って、当該省に本貫を持たない他省からの来省者は、「外省人」となる[1]。このように「本省人」・「外省人」の用語は一般的な用語であるが、台湾においては、エスニシティ(族群)としての両者の違いが強く意識される。

1945年8月のポツダム宣言受諾による日本の降伏により、台湾は連合国の一員であった中華民国の一つの省である「台湾省」に編入され、10月25日には、中国戦区最高司令官蒋介石の代理である陳儀が、最後の台湾総督安藤利吉から降伏を受けた[2]。さらに翌1946年1月の国府行政院訓令により、当時の台湾の住民は、「1945年10月25日より中華民国の国籍を回復した」ものとされた[3]。この訓令で中華民国国籍を回復した男性とその子孫が本省人となり、この訓令によらず中華民国国籍を所有しており、その後台湾に居住するようになった男性とその子孫を「外省人」と呼ぶようになった[3][4]

ちなみに、台湾の言語学者による母語を族群の指標として推計したところ、先住民族が1.7パーセント、福佬人が73.3パーセント、客家人が12パーセント、外省人が13パーセントである(黄宣範『言語社会與族群意識』1995年)[5]

支配と融和[編集]

外省人の第一世代の多くは、中国国民党政府および中国国民党軍、学校で雇用されていた人々と家族である。そして第一世代は、政府機関や国営企業、メディアの要職を占めて本省人を抑圧した。その頂点が二・二八事件という虐殺である。同事件後も中国国民党政府は、戒厳令に基づき政治活動を取り締まった。その期間は実に38年に及んだ。

ただし外省人の一部は民主化運動を主導したし、特権を必ず享受したわけでもなかった。雷震胡適らは『自由中国』を発刊した。台湾大学教授の陳師孟は、学生の前で国民党の党員証を引き破り、後に国民党資産の問題を指摘した。中国大陸で支配階級でなかった外省人は、旧日本人住宅ではなくバラックに住んだ。

自らを中国人とみなした蒋介石が死去し、蒋経国が総統になると晩年に戒厳令を解除して「私は台湾に住んで40年、すでに台湾人です。もちろん中国人でもあります。」と本省人の長老に語った。本省人である李登輝が後継の総統として民主化を進めた後は、本省人と外省人の区別自体が無意味という意識が台湾で一般的になった。李登輝はかつて馬英九に対する応援演説で「500年前だろうが50年前だろうが、台湾に渡ってきた人はみんな新台湾人だ。これからはみんな21世紀に向かって、この土地で生きるものとして力を合わせて頑張ろう」と訴えた。近年は、選挙時期や歴史に関する議論を除けば、まれにしか両者は対立しない。

外省人と産業、職業[編集]

本省人が伝統的な産業で先行して事業を展開していたことから、外省人インテリ層は勃興しつつあったコンピュータ産業に身を投じた。アメリカ留学に積極的だったことも、コンピュータ関連企業の成長を後押しした。外省人は、台湾の食文化を豊かにした。外省人は自らの出身地の料理法を伝え、台湾を舞台に競争したので、各々の料理が大幅に洗練された。小籠包、牛肉麺、涼麺といった料理は、外省人の流入なしには発展し得なかった。外省人は、竹聯幇などのヤクザ組織も作った。この一因には、中国国民党による台湾統治から間もない時期、多くの仕事で台湾語(ホーロー語)が欠かせなかったことがある。

外省人の歴史的記憶[編集]

1949年以来、台湾社会には異なる二つの歴史的記憶がある[6]。外省人の歴史的記憶と光復初期における台湾本省人の青年・壮年世代の歴史的記憶である[7]。前者は、主流である国家体制側の歴史的記憶、すなわち国民党政権が教育を通じて学生や生徒たちに注入しようとした歴史的記憶でもある[8]。すなわち、中華文化の体現と民族精神の発揚を主軸とし、彼らが大陸で体験してきた日中戦争の経験や抗日のための民族主義の影響を受けている[8]。そのため日本および日本を代表する事物を嫌悪している[8]。大多数は1949年以降にやってきたため、二・二八事件に対する理解が欠落しているという特徴がある[8]

新世代の外省人[編集]

近年中台関係が改善し、台湾と大陸との間での婚姻も増えた(zh:外籍配偶 (台灣)zh:大陸配偶 (台灣)参照)。これらの者は新世代台湾人とも言われている。大陸からきた「大陸新娘」が約25万人いるとの説もあり、台湾の人口比からみれば高い。ただし台湾政府はこれを防ぐため、外国人配偶者には結婚から3年間は身分証(公民権)を与えないとする規定を強化し、大陸籍住民に対してだけは8年間とした。台湾行政院大陸委員会(陸委会)の頼幸媛主任委員は、大陸籍配偶者に対する規制緩和を求めた「台湾地区と本土地区人民の関係に関する条例」を行政院会(閣議に相当)に提出し、可決もされている。大陸籍配偶者に対する差別撤廃に尽力し、修正後は、本土配偶者に就労許可が与えられ、永住権獲得までの期間も8年から6年に短縮された。これと似たように香港では2006年に香港人男性と結婚する女性の4割が大陸籍という現象が起きている。2011年2月5日、北京晩報によると、現在台湾には約30万人の中国大陸出身の配偶者が生活しているという。

中華生産党[編集]

2010年、大陸配偶者は台湾において「中華生産党」を組織し、その党員の数は3万2000人でその目的は配偶者の権益を守るにあるという。1992年に台湾人に嫁いだ廬月香が台湾で中華生産党を立ち上げ党主席となったという。

著名な台湾外省人[編集]

日本でも比較的よく知られている台湾外省人の例としては、高金素梅(国会議員)、郝龍斌(前台北市長)、胡志強(前台中市長)、レイニー・ヤン(歌手)、テレサ・テン(歌手)、馬英九(前中華民国総統)、朱立倫(国民党副主席)、劉兆玄(前行政院長)、李元簇(副総統)、侯孝賢アン・リー(映画監督)、郭台銘(実業家)、任家萱S.H.Eのメンバー)、朱孝天F4のメンバー)、徐熙媛「大S」(女優)、徐熙娣「小S」(司会者)、陳建州(司会者)などを挙げることができる。

著名な二、三世外省人の一覧[編集]

浙江と上海から
山東から
広東から
四川から
江蘇から
北方から
その他

出典[編集]

  1. ^ a b c 載(1988年)5ページ
  2. ^ 若林(2001年)62ページ
  3. ^ a b 若林(2001年)63ページ
  4. ^ 載(1988年)14ページ
  5. ^ 若林(2005年)20ページ
  6. ^ 周(2013年)250ページ
  7. ^ 周(2013年)256ページ
  8. ^ a b c d 周(2013年)253ページ

参考文献[編集]

  • 若林正丈「台湾-変容し躊躇するアイデンティティ」ちくま新書(2001年)
  • 村田雄二郎、C・ラマール編『漢字圏の近代- ことばと国家』(2005年)東京大学出版会所収、若林正丈「1台湾の近代化と二つの『国語』」
  • 載國煇「台湾―人間・歴史・心性―」(1988年)岩波新書
  • 周婉窈著/濱島敦俊監訳「図説台湾の歴史(増補版)」平凡社(2013年)

関連項目[編集]