鄭文燦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
鄭 文燦
Cheng Wen-tsan
Cheng Wen-tsan at DPP press conference 2009-07.jpg
生年月日 (1967-07-06) 1967年7月6日(53歳)
出生地 台湾桃園県八徳郷
(現在の桃園市八徳区
出身校 国立台湾大学[1]
所属政党 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党
配偶者 林兪汝

中華民国の旗 第1-2期桃園市の旗桃園市長(直轄市昇格後)
当選回数 2回
在任期間 2014年12月25日 -

中華民国の旗 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党党本部桃園県主任
在任期間 2010年 - 2014年12月24日

在任期間 2006年1月25日 - 2007年4月20日

選挙区 八徳市第3
在任期間 1998年3月1日 - 2002年2月28日
テンプレートを表示
鄭文燦
各種表記
繁体字 鄭文燦
簡体字 郑文灿
拼音 Zhèng Wéncàn
和名表記: てい ぶんさん
発音転記: チェン・ウェンツァン
英語名 Cheng Wen-tsan
テンプレートを表示
交通部長賀陳旦、総統蔡英文とともに桃園機場捷運に試乗する鄭(2017年1月)
Lamigoモンキーズの始球式で総統蔡英文に同伴する鄭(2016年5月)

鄭文燦(てい ぶんさん、チェン・ウェンツァン、1967年7月6日 - )は中華民国台湾)の政治家民主進歩党)。現桃園市長[2][3]

学歴[編集]

[4]

学生時代[編集]

  • サークル「台大学生報社」第1期のサークル長(1988-89)で学内刊行物出版に携わったほか、別サークルで学内サークル全体を取りまとめる「台湾研究社」の初代サークル長も兼任。
  • 台大学生会副会長(1989-90)任期期間中は学生会の自治規定である「学生憲章」を完成させた。
  • 1989年2月28日二二八事件記念日には犠牲者である台大学長林茂生中国語版の追悼式典開催に携わり、同年9月28日には学生と教授による街頭パレードを挙行、大学法改正、学生自治の遂行、自主性の訴求に奮闘した。
  • 1990年3月の野百合学運では意思決定小部会のメンバーとして、国民大会解散などの4つの提言を提出し、2年後の改選に結実した。

卒業後の徴兵時期には中華民国国軍聯合後勤司令部に配属されている。

参謀経歴[編集]

公職・党職[編集]

桃園市長[編集]

主な施政実績[編集]

姉妹都市・友好都市締結
市関連施設・企業友好提携
その他

桃園捷運公司筆頭株主である市政府の首長として、安全基準を下げることなく桃園機場捷運を開業に漕ぎ着けた。 高架化が決まっていた台鉄縦貫線立体化事業を地下化推進に切り替えた[25]。また、市内鉄道網整備(桃園捷運)でも政府から多くの認可を勝ち取っている。

市議会は国民党が多数派で難しい舵取りを迫られることも多いが、2016年12月20日発表の満足度調査では6大直轄市でトップの施政満足度を、市長個人での満足度でも頼清徳陳菊に次いで60%弱の評価を得ている[26]

ラバーダックが桃園市で展示されたときに美観を損ねるとの苦情が相次いだのを受けて、電線の地中化を推進することになった[27]

新型コロナウィルス

防疫対応では空の玄関口となる桃園国際空港を抱えながらも、2020年4月に行われた遠見雑誌による民調では70%超の満足度となり、6市長のうち3番目の高評価だった[28]

争議[編集]

  • 2015年1月20日 - 6名の消防士も殉職した桃園市新屋区ボーリング場火災事故で視察時にFacebookでの状況報告と追悼文をアップロードしたが一部市民から不謹慎と批判された[29]。その後「当時はメディアも来ておらず第一報を発信する形となった。今後同様の事態になれば、市政府新聞処の専門スタッフによる速報体制に一任する。」と事実上の謝罪に追い込まれた[30]

施政評価[編集]

市長に対する市政満足度と施政評価調査の結果、評価は以下のようになっている。1期目初期はさほど高くなかったが、高雄・台南市長として高評価だった頼清徳や陳菊が中央政界に去って以降は評価ポイントも順位も上がりつつある。

遠見雑誌中国語版(毎年5月末に発表)
  • 2015年が満足度56.1、施政68.0、星は4[31]
  • 2016年が満足度68.8、施政70.9、星は4.5[32]
  • 2017年が満足度70.5、施政72.6、星は5[33]
  • 2018年が満足度77.9、施政74.5、星は5[34]
  • 2019年が満足度77.7、施政77.1、星は5[35]
  • 2020年が満足度84.8、施政79.0、星は5[36][注 1]
天下雑誌中国語版(毎年9月発表)
  • 2015年が施政満足度60.11[37]
  • 2016年が施政満足度61.10(六都3位、全22県市中13位)[38]
  • 2017年が施政満足度69.45(六都1位、全22県市中4位)[39]
  • 2018年が施政満足度68.74(六都1位、全22県市中4位)[40]
  • 2019年が施政満足度74.47(六都1位、全22県市中4位)[41]

日本との関係[編集]

上述の通り日本との友好関係構築に積極的なほか、2016年熊本地震では他の民進党系首長と同じく報酬の1ヶ月分を被災地に寄贈[42]。また、桃園市政府消防局中国語版特捜大隊(レスキュー隊)及び災害救助犬をいつでも派遣可能な態勢を整えた[43]

設立50周年を迎えたYKK台湾法人の記念式典で来賓として登壇、祝辞を送ったほか、董事長に名誉市民証を授与した[44]。日本統治時代に建立、近年修復された桃園神社については今後の歴史的遺産として活用する考えを示している[45]

逸話[編集]

台大には電気工学部に入学するも、社会学部に鞍替えしたことについて、同党立法委員で大学の先輩でもある邱太三中国語版に「クラスメートの女子の後を追いかけて社会学部に転入した」と暴露されている。ただし対外的には「台湾では1人の技術者であるよりも1人の社会の変革者を必要としていると感じた」ことをその理由としている。[46]

妻は環保署の技術者。結婚は文燦が政治活動に専念する契機となった[1]

2009年の桃園県長選挙時、公認過程で紆余曲折があり公示日が迫っていた中で総統の蔡英文が鄭に白羽の矢を立てることとなった。 鄭の参選声明は「庶民台湾、勇敢承擔」と赤壁の戦いを捩ったものだった[47]。 また、映画レッドクリフ》の台詞「困難に立ち向かうために勇気を振り絞る(要用無比的勇氣來對抗困難)」などを引用している 蔡は鄭を武双全(台湾映画「双全中国語版」での主人公)や三国志周瑜に喩えたが、本人は「現在オーバーウェイトで『胖周瑜』だ。」と自嘲している(「胖」は太った人物を「ふとっちょ」と揶揄する表現[48])。また、15,000人以上の有権者名簿の姓名を覚えているという記憶力を持ち、蔡は鄭に対し「人間PDA」と評していた[49]

2009年桃園県長選挙[編集]

2009年桃園県長選挙得票分布。

党幹部の要請により、急遽2009年の統一地方選挙に出馬することになった。選挙活動は58日間しかなく4万9,000票あまりの僅差で国民党名誉主席で呉伯雄を父にもつ呉志揚に惜敗するも、得票率では46%に迫る善戦ぶりだった。これは特に伝統的に国民党が強い桃園県においては党の過去最高の得票率であり、新世代の中心人物へと上り詰めることになる。その後新総統となる蔡英文はこの件を「鄭文燦58日間の奇跡(鄭文燦的五十八天奇蹟)」と評した[50]

2009年桃園県県長選挙結果
候補者番号 候補者名 政党 得票数[51] 得票率[51] 当落
1 呉富彤
吳富彤
客家党中国語版 15,807 2.08%
2 鄭文燦 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 346,678 45.69%
3 呉志揚 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 396,237 52.22% Vote1.svg
有権者数  1,437,190 [52]
投票数  772,180
有効票  758,722
無効票  13,458
投票率  53.73%

2012年桃園県立法委員選挙[編集]

2012年立法委員選挙で地元桃園県選挙区(蘆竹郷亀山郷、一部の桃園市域)から出馬するも国民党のベテラン議員に2万票差で敗れ、5選を許すことになった。[53][54]

2012立法委員選挙結果
候補者番号 党籍 姓名 得票 得票率 当選
1 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 鄭文燦 82,820 44.65%
2 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 陳根徳中国語版 102,648 55.35%
Vote1.svg

2014年桃園市市長選挙[編集]

2014年桃園市長選挙得票分布。

下馬評では圧倒的に有利だった現職の呉が3万票差の僅差で敗れ、メディアは「十大不可思議」と評した[55]直轄市長選挙において47歳での当選は、陳水扁台北市長に当選を果たした44歳時に次いで史上2番目に若かった。

2014年桃園市長選挙結果
候補者番号 候補者名 政党 得票数[56] 得票率[56] 当落
1 鄭文燦 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 492,414 51.00% Vote1.svg
2 呉志揚 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 463,133 47.97%
3 許睿智 無所属   10,003 1.03%
有権者数  1,568,713 [57]
投票数  984,099
有効票  965,490
無効票  18,609
投票率  62.73%

2018年桃園市長選挙[編集]

桃園市長選挙得票分布。
2018年桃園市長選挙結果[58]
候補者番号 候補者名 政党 得票数[59] 得票率[59] 当落
1 朱梅雪 無所属 18,200 1.76%
2 陳学聖 Emblem of the Kuomintang.svg 中国国民党 407,234 39.42%
3 楊麗環 無所属 51,518 4.99%
4 呉富彤 無所属 3,867 0.37%
5 鄭文燦 Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 552,330 53.46% Vote1.svg
有権者数  1,732,591 [60]
投票数  1,050,527
有効票  1,033,149
無効票  17,378
投票率  60.63%

脚注[編集]

註釈[編集]

  1. ^ 高雄市長は罷免投票直前で韓国瑜本人に対する世論調査禁止期間だったため調査対象外となり5直轄市および全21県市による順位

出典[編集]

  1. ^ a b (繁体字中国語)候選人臉譜 - 桃園市”. 2015年10月28日閲覧。
  2. ^ (繁体字中国語)桃園藍綠翻轉 民心思變 2014年11月29日,中央通訊社
  3. ^ (繁体字中国語)桃園市市長選舉候選人得票數 2014年12月5日,中央選挙委員会
  4. ^ (繁体字中国語)市長簡介 2016年10月26日,桃園市政府
  5. ^ (繁体字中国語)“蘇煥智晤鄭文燦 台大轉系成話題”. 中國評論通訊社. (2012年4月13日). http://hk.crntt.com/doc/1020/7/3/3/102073336.html 2014年12月1日閲覧。 
  6. ^ (繁体字中国語)邱垂貞 新國會政策研究中心
  7. ^ (繁体字中国語)87年縣市議員選舉(區域) 候選人得票數
  8. ^ (繁体字中国語)新任黨務幹部簡歷2005.02.13 2005年2月13日,民主進歩党
  9. ^ (繁体字中国語)台灣電影未來版圖的擎劃者-新聞局長鄭文燦專訪 2006年11月23日,台湾電影網
  10. ^ (繁体字中国語)蘇貞昌:鄭文燦宴飲時間不當 准辭新聞局長
  11. ^ (繁体字中国語)民進黨中國事務會 首次開會 2013年5月9日,中央通訊社
  12. ^ (繁体字中国語)鄭文燦民調勝出 代表綠營參選桃市長 2014年5月1日,自由時報
  13. ^ (繁体字中国語)桃園市長選舉 吳志揚認敗給鄭文燦 2014年11月29日,中時電子報
  14. ^ “台湾・桃園市長選、民進党籍の現職が再選 統一地方選”. フォーカス台湾. (2018年11月25日). http://japan.cna.com.tw/news/apol/201811250004.aspx 2018年12月26日閲覧。 
  15. ^ 加賀市の友好都市 2016年5月19日,加賀市役所
  16. ^ 桃園市、日本の香川県と交流協定締結 2016年7月19日,Taiwan Today
  17. ^ 桃園市が千葉県と友好交流協定締結 2016年8月10日,Taiwan Today
  18. ^ 千葉県と友好協定締結の台湾・桃園市長「まずは若者の交流促進を」 2016年8月12日,産経新聞
  19. ^ (繁体字中国語)桃園市與日本成田市締結姊妹市 展開交流 2016年9月16日,中時電子報
  20. ^ (繁体字中国語)桃市與美國聖貝納迪諾 締結姊妹市 2017年2月25日,中時電子報
  21. ^ (繁体字中国語)桃園以色列拉馬甘市締結姊妹市 2016年7月12日,中時電子報
  22. ^ (繁体字中国語)台日首簽 桃機與成田機場締結姐妹機場 2016年9月16日,聯合報
  23. ^ 桃園国際空港、成田空港と姉妹関係に 2016年9月17日,台湾国際放送
  24. ^ 桃園空港・メトロ、関空・南海電鉄と連携協定 乗車券相互販売を検討/台湾 2017年4月25日,フォーカス台湾
  25. ^ (繁体字中国語)桃園地鐵促進會大會 鄭文燦:明年是地下化關鍵年 2015年12月13日,中時電子報
  26. ^ (繁体字中国語)6都新任市長 鄭文燦滿意度最高 2016年12月21日,中時電子報
  27. ^ 台湾桃園市が電線の地中化を計画、きっかけはあの「黄色いアヒル」―台湾メディア 2015年2月14日,レコードチャイナ
  28. ^ (繁体字中国語)“「六都防疫滿意度調查」出爐:為何醫生柯文哲輸給警察出身的侯友宜?”. 遠見雑誌. (2020年4月17日). https://www.gvm.com.tw/article/72199 
  29. ^ (繁体字中国語)保齡球館火警鄭文燦臉書現場轉播 遭批「打卡市長」 今日新聞網
  30. ^ (繁体字中国語)挨轟「打卡市長」 鄭文燦以後不發fb了 蘋果日報即時新聞
  31. ^ (繁体字中国語)遠見》6都施政滿意度︰陳菊、賴清德再奪5星”. 自由時報 (2015年5月28日). 2019年9月1日閲覧。
  32. ^ (繁体字中国語)2016《遠見雜誌》22 縣市長施政滿意度調查”. 遠見雑誌 (2016年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  33. ^ (繁体字中国語)縣市長滿意度:7首長同登5星 綠營新秀崛起!”. 遠見雑誌 (2017年5月31日). 2019年9月1日閲覧。
  34. ^ (繁体字中国語)五位蟬聯5星縣市長:鄭文燦、林智堅、傅崐萁、黃健庭、劉增應”. 遠見雑誌 (2018年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  35. ^ (繁体字中国語)六位5星縣市長:鄭文燦、林智堅、林明溱、潘孟安、徐榛蔚、劉增應”. 聯合報 (2019年5月30日). 2019年9月1日閲覧。
  36. ^ (繁体字中国語)“2020《遠見雜誌》縣市長施政滿意度調查”. 遠見雜誌. (2020年5月28日). https://gvsrc.cwgv.com.tw/articles/index/14830 
  37. ^ (繁体字中国語)《天下雜誌》2015「縣市大調查」結果出爐”. 天下雑誌 (2015年9月1日). 2019年9月1日閲覧。
  38. ^ (繁体字中国語)【2016縣市大調查】明星首長光環打折 6年級新秀竄起”. 天下雑誌 (2016年9月13日). 2019年9月1日閲覧。
  39. ^ (繁体字中国語)擠掉賴神、菊姊 誰才是明星縣市長?”. 天下雑誌 (2017年9月12日). 2019年9月1日閲覧。
  40. ^ (繁体字中国語)選情預告?《天下》縣市首長滿意度:前3名泛藍全包”. 天下雑誌 (2018年9月11日). 2019年9月1日閲覧。
  41. ^ (繁体字中国語)2019《天下》縣市調查:韓國瑜墊底、柯文哲倒數第3,黑馬出線”. 天下雑誌 (2019年9月10日). 2019年9月10日閲覧。
  42. ^ (繁体字中国語)朋友需要我們!鄭文燦捐一月所得關懷熊本震災 2016年4月16日,自由時報
  43. ^ (繁体字中国語)熊本 加油!桃特搜隊整裝待發 2016年4月17日,中時電子報
  44. ^ 2016年10月5日 YKK台湾社 創業50年記念式典を開催 2016年10月5日,YKK
  45. ^ 日本時代建設の旧神社が修復完了 桃園市長「憩いの場に」/台湾 2017年3月20日,フォーカス台湾
  46. ^ (繁体字中国語)我的學運經驗。 鄭文燦公式チャンネル/Youtube
  47. ^ (繁体字中国語)庶民台灣,勇於承擔
  48. ^ (繁体字中国語)徵召鄭文燦 蔡英文:盼胖周瑜打贏赤壁戰
  49. ^ (繁体字中国語)新市長專訪3 2014年12月4日,今周刊937期
  50. ^ (繁体字中国語)胖周瑜瘦了 鄭文燦創58天奇蹟 2009年12月6日,自由時報
  51. ^ a b (繁体字中国語)98年縣市長選舉 候選人得票數”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。
  52. ^ (繁体字中国語)98年縣市長選舉 選舉概況”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。
  53. ^ (繁体字中国語)鄭文燦 新生代戰力強 陳根德 老將拚五連霸
  54. ^ (繁体字中国語)第 08 屆 立法委員選舉(區域) 候選人得票數
  55. ^ (繁体字中国語)讓人眼鏡碎光光!九合一大選的「十大不可思議」 2014年11月30日,東森新聞雲
  56. ^ a b (繁体字中国語)103年直轄市長選舉 候選人得票數”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。
  57. ^ (繁体字中国語)103年直轄市長選舉 選舉概況”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。
  58. ^ “2018年桃園市長選舉分區投開票數據”. 中国時報. (2018年11月26日). https://election2018.chinatimes.com/municipalmayors/county/68000 2018年12月26日閲覧。 
  59. ^ a b (繁体字中国語)107年直轄市長選舉 候選人得票數”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。
  60. ^ (繁体字中国語)107年直轄市長選舉 選舉概況”. 中選會選舉資料庫網站. 2020年6月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

中華民国の旗中華民国
先代:
改制前:呉志揚中国語版
桃園県県長)
初代・2代:桃園市の旗 桃園市長
※桃園県の直轄市昇格
2014年12月25日 -
次代:
(現職)
先代:
姚文智中国語版
行政院 第23代行政院新聞局局長
2006年1月25日 - 2007年4月20日
次代:
易栄宗易榮宗)(代理)
正式:謝志偉
Green Island with White Cross.svg 民主進歩党
先代:
陳志謀中国語版
桃園県党本部主任
2009年12月25日 - 2014年7月5日
次代:
陳頼素美中国語版
改制後:桃園市党本部主任