2018年中華民国統一地方選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統蔡英文
副総統頼清徳

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

政党制度政党一覧

与党
民主進歩党
62 長7)
立法委員有する野党
中国国民党
(立38 県市長14)
台湾民衆党
(立5 県市長1)
時代力量(立3)
台湾基進(立1)

台湾問題中台関係

台湾独立運動
中国統一
担当機関:大陸委員会

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

2018年中華民国統一地方選挙は、中華民国(台湾)における地方自治体の首長や議会議員を改選する地方選挙2018年民国暦107年)11月24日に投票が行われた。2014年統一地方選同様「九合一選挙[注 1]」である。併せて10件の国民投票も行われた。

概要[編集]

中華民国の直轄市(台北市、新北市、桃園市、台中市、台南市、高雄市、いわゆる「六都」である)、台湾省(13県3市)及び福建省(2県)の地方自治体の首長や議会議員が選出された[1]

2016年に発足した蔡英文による民主進歩党政権の最初の試金石だったが、予想をはるかに上回る大敗に終わった。選挙期間を三つの期間に分けた場合、序盤における優勢から中盤で中国国民党に並ばれ、終盤で逆転となった。序盤戦(1月~5月)ですでに蔡政権の支持率は低迷していたが、与党民進党の現職や公認候補の方が野党国民党候補よりも有利と考えられていた。しかし中盤戦(6月~8月)前回の統一地方選で共闘した無党派現職の柯文哲台北市長と対立し(無党派ブーム)、終盤戦(9月~11月)では高雄市長の国民党候補韓國瑜に圧倒された(韓國瑜現象、韓流)[2][3]蔡英文は党主席を辞任[4]、政権交代の可能性が非常に高くなったと評された。


選挙結果[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 直轄市長、直轄市議員、省轄県市長、県市議員、郷鎮市長、郷鎮市民代表、村里長、山地原住民区長及び平地原住民区民代表の9つの選挙の意。[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 台湾の2018年九合一選挙(中華民国統一地方選挙)について”. 台湾の風. 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ 小笠原欣幸 (2018年2月20日). “2018年台湾統一地方選挙-序盤情勢-”. 小笠原HOMEPAGE. 2021年4月23日閲覧。
  3. ^ 小笠原欣幸 (2019年2月19日). “2018年台湾統一地方選挙の分析 (PDF)”. 小笠原HOMEPAGE. 2021年4月23日閲覧。
  4. ^ “蔡総統が党主席辞任へ 台湾地方選で与党が大敗”. 日本経済新聞 朝刊. (2018年11月25日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO38155510U8A121C1MM8000/ 2018年11月26日閲覧。 

関連項目[編集]


外部リンク[編集]