中華民国総統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華民国の旗 中華民国
総統
中華民國總統
President of the Republic of China
ROC Office of the President Emblem.svg
総統府紋章
Commander-in-Chief Flag of the Republic of China.svg
中華民国統帥旗
蔡英文官方元首肖像照.png
現職者
蔡英文(第7代)

就任日 2016年5月20日
官邸中華民国総統府
指名中国国民党中央委員会(間接選挙時代)
任命国大代表による間接選挙1990年まで)
自由地区の住民による直接選挙1996年から)
任期1996年まで:6年(臨時条款によって3選禁止規定は凍結)
1996年から:4年(3選禁止)
根拠法令中華民国憲法
動員戡乱時期臨時条款(1991年まで)
中華民国憲法増修条文(1991年から)
前身中華民国大総統
国民政府主席
初代就任蔣介石
創設1948年5月20日
職務代行者中華民国副総統
頼清徳
ウェブサイト総統府公式サイト

中華民国総統(ちゅうかみんこくそうとう、正体字中華民國總統英語: President of the Republic of China)は、中華民国元首である。なお、台湾に政体を置く以前の中華民国の元首に関しては、中華民国大総統または、国民政府主席を参照。

概要[編集]

名称[編集]

初代総統に就任する蔣介石(中央)、右は副総統の李宗仁1948年5月20日

中華民国の元首は当初、中華民国大総統という名称だったが、国民政府の発足後に中華民国国民政府主席となり、1947年中華民国憲法施行以降は中華民国総統となっている。

中国語において総統とは日本語大統領と同義の言葉だが、日本では漢字のまま総統とし台湾総統と呼ぶことが多い。中華民国が日本と国交を有していた時代の日本語の外交文書では、中華民国大統領[1]支那共和国大統領[2]も見られた。中華民国が中華人民共和国とは別個の国家であることを強調する意図で、台湾大統領や中華民国大統領の表記を好む人もいる。中華人民共和国では1949年の成立以降、台湾にある中華民国政府を認めていないため、台湾地区領導人台湾地区の指導者)という表現を使う事が多い。

選出[編集]

1990年第8回総統選挙までは、国民大会が正副総統を選出し、任期は6年間だったが、1994年に行われた憲法改正により、1996年に実施された第9回総統選挙からは、中華民国国民による直接選挙中華民国総統選挙)によって選出されるようになった。この改正ではアメリカの大統領制度に倣い、1任期は4年間とされ、再選も1回まで(すなわち3選以上はされない)に制限された。被選挙権は満40歳以上の中華民国国民に与えられており、正副両候補がペアで立候補する。

罷免・弾劾[編集]

  • 正副総統の罷免案は、立法委員の4分の1の発議を経て、3分の2の同意によって提出でき、住民投票で有権者数の過半数が投票し、有効投票総数の過半数が罷免に同意した場合に通過する。(憲法増修第2条第9項)
  • 立法院が提出した正副総統の弾劾案が、司法院大法官の審理を経て憲法法廷の判決が成立したとき、被弾劾者は即時解任される。(憲法増修第2条第10項)

なお、総統は内乱罪又は外患罪を犯した場合を除いて、罷免又は解任を経た後でなければ刑事上の訴追を受けない。 (憲法第52条)

主な権限[編集]

護衛軍[編集]

憲兵は平時においては軍隊内部の秩序・規律を維持し、規律正しさから特殊な任務を担うことも多いが、中華民国総統府区域の警備に当たっているのも憲兵である。この憲兵のワッペンには「獬豸」(かいち)が使われている。「獬豸」の「豸」の字は「法治」を意味することから、古くから漢人は「法治」の精神を獬豸を使って表現し、正義や公正を象徴する「祥獣」(瑞獣の一種)となったためである。

総統の一覧[編集]

Flag of the Republic of China.svg
中華民国政治関連項目

中華民国の政治
中華民国憲法

総統蔡英文
副総統頼清徳

中華民国総統選挙
中華民国立法委員選挙

行政院 • 立法院
司法院 • 監察院
考試院

国民大会(-2005年

最高法院

政党制度政党一覧

与党
民主進歩党
62 長7)
立法委員有する野党
中国国民党
(立38 県市長14)
台湾民衆党
(立5 県市長1)
時代力量(立3)
台湾基進(立1)

台湾問題中台関係

台湾独立運動
中国統一
担当機関:大陸委員会

その他台湾関係記事

文化 - 経済 - 地理
政治 - 教育 - 軍事
人口 - 言語 - 交通
歴史

中華民国関係記事

中華文化
中国の歴史

1947年の中華民国憲法施行後。これ以前は国民政府主席一覧を参照。

総統 所属政党 在任期間 副総統 備考
01 蔣介石 蔣中正肖像(上色).jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1 1948年5月20日
- 1949年1月21日
246日 李宗仁 中国国民党総裁
任期満了前に辞任[注釈 1]
0- 李宗仁 李宗仁戎裝照(cropped).jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1949年1月21日
- 1949年11月20日
303日 (空席) 総統代行(副総統)[注釈 2]
任期満了前に逃亡[注釈 3]
0- 閻錫山 Yan Xishan.jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1949年11月20日
- 1950年3月1日
101日 李宗仁[注釈 4] 総統代行(行政院長)[注釈 5]
01 蔣介石[注釈 6] 蔣中正肖像(上色).jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1950年3月1日
- 1954年5月20日
25年 + 35日 党総裁
2 1954年5月20日
- 1960年5月20日
陳誠 党総裁
3 1960年5月20日
- 1966年5月20日
党総裁
4 1966年5月20日
- 1972年5月20日
厳家淦 党総裁
5 1972年5月20日
- 1975年4月5日
党総裁
在任中に死去
02 厳家淦 President Yen Chia-kan.png Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1975年4月6日
- 1978年5月20日
3年 + 44日 (空席) 副総統から昇格
03 蔣経国 ChiangChingkuo photo.jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 6 1978年5月20日
- 1984年5月20日
9年 + 238日 謝東閔 中国国民党主席
7 1984年5月20日
- 1988年1月13日
李登輝 党主席
在任中に死去
04 李登輝 總統李登輝先生玉照 (國民大會實錄).jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 1988年1月13日
- 1990年5月20日
12年 + 128日 (空席) 副総統から昇格
8 1990年5月20日
- 1996年5月20日
李元簇 党主席
9 1996年5月20日
- 2000年5月20日
連戦 党主席
05 陳水扁 總統陳水扁先生玉照 (國民大會實錄).jpg Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 10 2000年5月20日
- 2004年5月20日
8年 + 0日 呂秀蓮 民主進歩党主席
11 2004年5月20日
- 2008年5月20日
06 馬英九 中華民國第12、13任總統馬英九先生官方肖像照.jpg Naval Jack of the Republic of China.svg 中国国民党 12 2008年5月20日
- 2012年5月20日
8年 + 0日 蕭万長 党主席
13 2012年5月20日
- 2016年5月20日
呉敦義 党主席
07 蔡英文 蔡英文官方元首肖像照.png Green Island with White Cross.svg 民主進歩党 14 2016年5月20日
- 2020年5月20日
5年 + 158日 陳建仁[注釈 7] 党主席[注釈 8]
15 2020年5月20日
- (現職)[3]
頼清徳 党主席

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 国共内戦による戦況悪化の引責。
  2. ^ 蔣介石が引退宣言をしたため総統代行に就任。
  3. ^ 国共内戦の戦況悪化により香港に逃亡。
  4. ^ 香港への逃亡を経てアメリカに亡命し、職務不履行となったため事実上空席。1954年3月10日国民大会で弾劾・解任。
  5. ^ 李宗仁が香港に逃亡したため、憲法49条の規定に基づいて総統代行に就任。
  6. ^ 1949年12月に国民政府が台湾に移り、総統へ復帰。
  7. ^ 無所属(無党籍)で民主進歩党副総統候補に指名された。
  8. ^ 2018年11月、統一地方選挙の敗北により引責辞任。

出典[編集]

  1. ^ 日本国と中華民国との間の平和条約(昭和27年条約第10号)
  2. ^ 山東懸案解決に関する条約(大正11年条約第3号)
  3. ^ 【台湾・総統選】蔡英文氏が再選決める 韓国瑜氏は敗北認める” (日本語). 産経ニュース (2020年1月11日). 2020年2月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]