台湾映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
民生劇院

台湾映画(たいわんえいが)は、主に台湾の資本と人材によって製作された映画のこと。

中国語の映画は、それぞれ独自に発展した中国映画香港映画、台湾映画に分類することができる。台湾映画は、香港映画の流れや中華人民共和国政府による検閲とは一線を画し、独特で急速に変化する台湾の歴史の中で発展した。台湾映画の傾向として、アート映画やミニシアターが多くある。

歴史[編集]

玉山
台湾
人口 - 経済
教育 - 交通
言語 - 軍事
政治
文化
遺跡 - 映画
芸術 - 文学
演劇 - 舞踊
宗教 - 民俗
世界遺産候補地
歴史建築百景 - 台流
地理
温泉 - 国立公園
歴史
先史時代
オランダ統治時代
鄭氏政権
清朝統治時代
台湾民主国
日本統治時代
中華民国時代
カテゴリ
政府機構 - 社会 - 文化
生物 - 博物館 - 台湾人
スポーツ - 原住民 - 古跡
行政区分 - メディア - 交通
食文化 - 教育 - 経済
組織 - 言語 - 地理
歴史 - 画像 - 政治

1900年高松豊次郎により映画が台湾に紹介されて以来、日本統治時代には数多くの映画が台湾で制作された。1937年に日中戦争が勃発すると、映画産業は活動を妨げられ、1945年まで実質的に作品を供給することができなかった。

国共内戦の終結に伴い中国国民党を支持する中国大陸の映画製作者が台湾へと渡ってきたことで、1949年以降台湾映画は再び発展し始める。この時期に製作された映画は政府によって公認された「国語」(北京官話)によるものだった。政府は、国語を推進することで国家の統一を図ろうとし、方言は制限されたため、台湾語などによる映画は徐々に減少していった。

1960年代は、台湾は近代化の入り口にいた。政府は、経済・産業・教育の発展に重点を置き、1963年には中央電影公司(CMPC, Central Motion Picture Corporation)がメロドラマ“健康写実主義(Health Realism)”を売り出した。この映画ジャンルは、社会経済構造が急速に変化する中で重要だと考えられていた、伝統的な道徳観を養うものとしてとらえられていた。この時期には、伝統的なカンフー映画も恋愛メロドラマと同程度の人気を博していた。瓊瑤はこの時期の映画の基となった恋愛小説の著者として特に有名である。

1975、76年には日本の東映と手を組んで日台合作映画シリーズ『閃電騎士』が公開された。内容はそれぞれ、日本の『仮面ライダー対ショッカー』、『仮面ライダー対じごく大使』、『仮面ライダーV3対デストロン怪人』、『五人ライダー対キングダーク』の台湾リメイク映画である。

この時代の台湾映画は中華民国による検閲、プロパガンダと密接に関係している。

1982年以降[編集]

1980年代初期、台湾におけるホームビデオの普及は、映画(フィルム)鑑賞という行動を一般化させた。しかし、台湾の映画産業界は高い娯楽性を有することで知られていた香港映画などの流入という深刻な問題に直面していた。香港映画に対抗するため、CMPCは若い監督の育成に乗り出す。楊徳昌エドワード・ヤン)、陶徳辰柯一正張毅の4人の若く優秀な監督による1982年の映画『光陰的故事』は、台湾映画の若返り、ニューウェーブの始まりとして知られている。

それまでの十数年来のメロドラマやカンフー映画とは対照的に、ニューウェーブ映画は台湾人を写実的で現実的、共感的な描写を特徴とする。これらの映画は、台湾の都市部あるいは地方に住む人の真実の物語を描き出そうとし、しばしばイタリア新写実主義運動の映画と比較される。ニューウェーブ映画におけるリアリズムの追求は、革新的なストーリー構成によってさらに強化された。例として、従来のクライマックスまでストーリーを構築する手法の放棄が挙げられる。物語はむしろ実生活に基づいたペースで展開されるようになるのである。

実生活を率直に描写するため、ニューウェーブ映画ではこの時代に台湾社会が直面していた重要な課題を克明に調査している。例えば、侯孝賢ホウ・シャオシェン)は『悲情城市』で、日本統治時代後、中国大陸から移住してきた外省人本省人の緊張を描いている。また、楊徳昌エドワード・ヤン)は『台北ストーリー』(青梅竹馬、1985年)、『エドワード・ヤンの恋愛時代』(1994年)で1980年代と1990年代の都市部の若者たちが感じている伝統的な価値観と現代的な実利主義との葛藤を表している。このことによって、この時代の映画は、近現代の台湾の社会経済・政治構造を表した年代記として捉えることができる。

この時代の台湾映画については、台湾ニューシネマも参照のこと。

1990年代以降[編集]

1990年代に入ると、ニューウェーブ映画は引き続き台湾を描写しながらも、俗に第2次ニューウェーブと呼ばれるものへと変化していく。

例えば、1994年のヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を獲得した蔡明亮ツァイ・ミンリャン)の『愛情萬歳』では、台北の高級アパートに住んでいるヤングアダルトたちの孤独と絶望、恋愛模様が描かれている。

また、頼聲川スタン・ライ)の『楽園のかなたに』(暗戀桃花源、The Peach Blossom Land, 1992年)は、異なる脚本で同じ舞台に立つ2組の俳優のリハーサル中の悲喜劇を描写している。この作品も東京やベルリンの映画祭で高い評価を得た。

李安アン・リー)は、おそらく第2次ニューウェーブでももっともよく知られた映画監督であろう。彼の初期の作品である『推手』(Pushing Hands, 1991年)、『ウェディング・バンケット』(喜宴、1993年)、『恋人たちの食卓』(飲食男女、1994年)では、現代の家族の世代的、文化的衝突にフォーカスしている。彼の最近の作品である『グリーン・デスティニー』(臥虎藏龍、2000年)では武侠ジャンルを復活させることに成功している。

2000年以降[編集]

長い間低迷を続けていた台湾映画界も2010年ごろから好調に転じた。そのきっかけとなったのが2008年魏徳聖ウェイ・ダーション)監督作品『海角七号 君想う、国境の南』で、監督も俳優も無名だったにもかかわらず、台湾映画業界史上、ハリウッド映画の『タイタニック』に次ぐ、歴代2位の興行成績を収めた。その後、同監督の『セデック・バレ』、葉天倫監督の『鶏排英雄』、九把刀ギデンズ・コー)監督の『あの頃、君を追いかけた』とヒット作が続き、国内だけでなく、中国をはじめ、海外でも好成績を上げている[1]

近年では、馮凱監督の『陣頭』(2012年)、陳玉勲チェン・ユーシュン)監督の『祝宴!シェフ』(2013年)、邱瓈寬監督の『大尾鱸鰻』(2013年)、馬志翔マー・ジーシアン)監督の『KANO 1931海の向こうの甲子園』(2014年)、葉天倫監督の『大稻埕』(2014年)が3億円以上の興行収入をあげるヒット作となった。

なお、2000年代にヒットした『海角七号 君想う、国境の南』『セデック・バレ』『KANO 1931海の向こうの甲子園』『大稻埕』はいずれも日本統治時代を舞台としているが、同時代を描いたかつての映画(1975年『梅花』、1987年『稻草人』、1989年『悲情城市』、1994年『多桑/父さん』など)に比べ、台湾アイデンティティ(中華民国としてより台湾としての共同体への帰属意識[2])を強く持つ層に支持されている。同じ理由で、台湾語や方言を使った映画も増えている。

日本映画の輸入[編集]

台湾への日本映画輸出は、1969年に日本映画の輸入が台湾映画の製作に圧迫を与えるという理由で[3]、事実上輸入禁止措置がとられ[3][4][5]日本が中国と国交を回復した1972年以来、商売の道も閉ざされ[6][7][8]1973年から全面的に禁止された[4][9][10]岡田茂映連会長以下、各映画会社首脳陣の長年の努力が実り[3][4][8][11]台湾行政院新聞局から映連に、1980年金馬奨に日本映画の出品要請があり[4]、1980年、当時の映連加盟四社から各一本づつ、松竹砂の器』、東宝サンダカン八番娼館 望郷』、東映二百三高地』、日活先生のつうしんぼ』の4本が金馬奨の招待作品として上映された[6][12]。以降は日中関係も懸念され[7]、濃すぎる日本色を抑えるためか[10]、台湾の製作者や一部ジャーナリストの間で解禁に反対の声もあったが[4]1982年に岡田映連会長が訪台した際に、宋行政院新聞局局長に「(1980年の)金馬奨に出品した4作品だけでも特別に輸入を解禁してほしい」と要請[4]。台湾側の外貨事情、対日感情の好転などの背景もあり[3]、これが認められ1983年12月6日に東京会館での記者会見で岡田が「台湾が15年ぶりに日本映画輸入の門戸を開いた」と発表し[4]、1984年8月、台湾行政院新聞局から正式に日本映画輸入を解禁するとの報道された[3]。これを祝して1985年2月に新宿東映ホール1で日本で初めての台湾映画祭が開催された[13]。復活初年度の1985年は、東映だけ『二百三高地』を『魔界転生』に入れ替え[8]、他の三社は1980年の金馬奨に出品した同じ作品が台北高雄の映画館で一般公開され[3][8][14][15]、日本映画の輸出が復活した[5][6][8][9][16]。台湾の解禁で主要国で日本映画を上映禁止するのは韓国だけとなった[3]。これらは大人気となり、現地の業者が群がり大変な騒ぎになった[3][8][14][17]。翌1986年は前年の4本から6本に枠が増え[7]、増加分は映連加盟四社で抽選があり、抽選に勝った東映と松竹が2本づつになり[8]角川映画は当時映連に加盟していなかったが[8]、『里見八犬伝』はこの東映の増加枠に入れられ[8]、1986年9月25日に台湾で公開され大ヒットした[7]Record Chinaは、大ヒットした日本映画の1本として『里見八犬伝』を挙げている[18][注 1]。封切に合わせ、薬師丸ひろ子松坂慶子三船敏郎、岡田茂東映社長・映連会長らが訪台し[7][10]、台湾でも大人気の薬師丸が熱烈歓迎を受け、大きな騒動になった[7]。当時台湾では最新の日本とアメリカのビデオが見られる同伴喫茶が大流行しており、台湾のヤングは国際芸能によく通じていたという[10]。岡田は台湾の映画関係者と輸入に関する取り決め事項の調整を行った[7]。『海角七号 君想う、国境の南』の監督・魏徳聖ウェイ・ダーション)は「『里見八犬伝』は初めて自分で2回チケットを買って観た作品なんですよ。今でもストーリーや登場人物を鮮明に覚えています」などと話している[19]

1986年から1994年10月にかけては、行政院新聞局が6回の輸入割当本数の告示を行い、合計201本の輸入割当を許可したが、日本映画の著作権料が跳ね上がり、実際に輸入された日本映画はこの間52本であった[9]。1994年10月以降は全面的に日本映画の輸入が解禁されている[6][9][11]。日本映画輸入自由化は、岡田茂映連会長の永年の努力が大きいといわれる[11]。1986年の岡田と台湾の映画関係者との折衝の際に[7]、台湾側から「日本映画は輸出するのに、台湾の映画は日本ではやってくれないではないか」と不満が出て[7]、急遽、東映で1987年2月14日から『スケバン刑事』との併映で公開予定だった香港映画『蜀山』(『蜀山奇傅 天空の剣』)を後ろにずらし[7]、台湾側から要望があった『カンフーキッド/好小子』をこの枠に入れ、東映洋画系で公開した[7]。同作は日本のメジャー映画会社の番線に乗った初めての台湾映画である[7]。また1995年4月に台湾初のCATV党営の「博新多媒體」(PHTV)が開局の際、これらの交渉で岡田と懇意になった同社社長・廖祥雄からの要請で[5]、東映台(東映チャンネル)がディズニー台(ディズニー・チャンネル)などと共に四チャンネルの一つに選ばれた[5][20][21]。台湾はレンタルビデオCATVなどのメディアの普及が日本より早かった[5]。台湾は1960年代から1970年代に日本映画の興行を禁止していたため[5]台湾人には東映のヤクザ映画が新鮮で人気が高かったという[5]。東映台は三年の供給契約で東映の過去の映画850本とテレビドラマなど供給本数は1600本に上った[20]。台湾のCATVで最初に放映された日本映画・ドラマは東映作品であった。東映はこれを機にアジア戦略を強化し[20][21]、日本での二次利用、三次利用が一段落ついた旧作品ビジネスをアジアで広げようと1996年夏に日本で公開されたが配収が4億円と振るわなかった[21]That's カンニング! 史上最大の作戦?』の主演・安室奈美恵が1997年にアジアでコンサートを開いて人気を高めたことから香港で同作を上映したり[21]、当時アジアの衛星放送で日本のトレンディドラマが相次いで放送され[21]、『Lie lie Lie』の出演者である豊川悦司鈴木保奈美らが知名度を高めていたことから台湾と香港で日本公開に先駆け同作を先行上映するなどしている[21]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 〔引用者註〕出典の先頭の「2016年4月1日、」は誤植と思われる。1980年の映画祭で出品されたのは二本ではなく四本。

出典[編集]

  1. ^ 奇跡の成長期を迎えた台湾映画暉峻創三、台湾情報誌『交流』2012.2 No.851
  2. ^ 新台湾人『現代アジア事典』長谷川啓之、図書出版 文眞堂, 2009
  3. ^ a b c d e f g h “日本映画、台湾が輸入許可―来月から4作品を公開。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 12. (1984年8月27日) 
  4. ^ a b c d e f g 「台湾へ15年ぶり日本映画輸出決る『砂の器』『二百三高地』など4本」『映画時報』1984年1月号、映画時報社、 32頁。
  5. ^ a b c d e f g “ステップアップ台湾企業 脱NIESへの道(4) 博新多媒体(メディア事業)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 2. (1995年7月4日) 
  6. ^ a b c d 馬場秀司・深津純子 (1995年6月27日). “揺れる規制(アジア銀幕新事情 映画100年:1)”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 11 
  7. ^ a b c d e f g h i j k l 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 台湾映画の超ヒット作が来年東映の一般番線に登場。日本映画の輸出枠をアップされ、両国の興隆はますます盛んに。」『キネマ旬報』1986年11月上旬号、キネマ旬報社、1986年、 166-167頁。
  8. ^ a b c d e f g h i 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 永年の努力と昨年の実績が認められ台湾に年間6本輸出」『キネマ旬報』1986年7月上旬号、キネマ旬報社、 169頁。
  9. ^ a b c d 「日本製映像ソフトの浸透と台湾の国家政策」羅慧雯,2003年,京都大学学術情報リポジトリ,pp.53–57
  10. ^ a b c d 木村晃三 (1988年3月2日). “〔ジャパネスク新世紀〕第二部(15)愛憎の交錯文化(連載)”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 5 
  11. ^ a b c 「アルバムは語る 『小さな代表団』 文・日本映画製作者連盟・顧問 鈴木進」『AVジャーナル』1996年1月号、文化通信社、 113頁。
  12. ^ 「映画界の動き 映連、9月定例理事会開催」『キネマ旬報』1982年11月上旬号、キネマ旬報社、 186頁。
  13. ^ 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1986(映画産業団体連合会協賛)』1985年12月1日発行、時事映画通信社、 11頁。
  14. ^ a b 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1984年版(映画産業団体連合会協賛)』1984年12月1日発行、時事映画通信社、 10頁。
  15. ^ 今村三四夫 (1984年1月21日). “週間点描 年初各種会合盛況 その繁栄全業界に”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  16. ^ 「映画界重要日誌」『映画年鑑 1984年版(映画産業団体連合会協賛)』1985年12月1日発行、時事映画通信社、 4、7頁。
  17. ^ 今村三四夫 (1984年1月21日). “週間点描年初各種会合盛況その繁栄全業界に”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1 
  18. ^ “許されなかった日本映画が解禁へ、「里見八犬伝」薬師丸ひろ子の訪台に大フィーバー”. Record China. (2016年4月2日). https://www.recordchina.co.jp/b132405-s0-c70-d0044.html 2016年4月2日閲覧。 
  19. ^ 台湾映画『海角七号/君想う、国境の南』記者会見 - アジアンエンタメ情報
  20. ^ a b c 遠藤繁 (1997年12月2日). “映画ビジネス広がるスクリーン(上)『 もののけ姫』100億円ー邦画、世界を舞台。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 13 
  21. ^ a b c d e f “香港・台湾で邦画公開、東映、日本に先行も―アジア戦略強化”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 3. (1997年7月11日) 

関連項目[編集]