エドワード・ヤン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドワード・ヤン
Edward Yang
本名 楊徳昌
生年月日 (1947-11-06) 1947年11月6日
没年月日 (2007-06-29) 2007年6月29日(59歳没)
出生地 中華民国の旗 中華民国 上海市
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 中華民国の旗 中華民国
職業 映画監督、脚本家
ジャンル 映画
配偶者 蔡琴(1985年 - 1995年)
彭鎧立(? - 2007年)
主な作品
牯嶺街少年殺人事件』(1991年)
エドワード・ヤンの恋愛時代
ヤンヤン 夏の想い出
 
受賞
カンヌ国際映画祭
監督賞
2000年『ヤンヤン 夏の想い出』
東京国際映画祭
審査員特別賞
1991年牯嶺街少年殺人事件
国際映画批評家連盟賞
1991年『牯嶺街少年殺人事件』
全米映画批評家協会賞
作品賞
2000年『ヤンヤン 夏の想い出』
ニューヨーク映画批評家協会賞
外国語映画賞
2000年『ヤンヤン 夏の想い出』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
外国語映画賞
2000年『ヤンヤン 夏の想い出』
その他の賞
金馬奨 作品賞
1986年 『恐怖分子
1991年 『牯嶺街少年殺人事件』
金馬奨 脚本賞
1994年 『エドワード・ヤンの恋愛時代』
テンプレートを表示
楊徳昌
プロフィール
出生: 1947年11月6日
死去: 2007年6月29日
出身地: 中華民国の旗 中華民国 上海市
職業: 映画監督
各種表記
繁体字 楊德昌
簡体字 杨德昌
拼音 Yáng Déchāng
ラテン字 Edward Yang
和名表記: よう とくしょう
発音転記: ヤン ドゥーチャン
テンプレートを表示

エドワード・ヤン(Edward Yang / 楊德昌1947年11月6日 - 2007年6月29日)は、台湾映画監督脚本家

生涯[編集]

1947年上海に生まれ、2歳のときに家族で台北に移住した外省人ロック手塚治虫に影響されて育った。台湾の国立交通大学電気工学を学び、次いでフロリダ大学計算機工学の修士号を所得したが、やがて映画製作に興味を持ち南カリフォルニア大学に入学。しかしすぐに中退し、しばらくアメリカで電気関係の仕事についていた。

1981年に台湾に帰国後、日本を舞台とした余為政監督のデビュー作『一九〇五年的冬天』で脚本と製作助手を担当し、映画界入り。同年、シルビア・チャンが企画したテレビドラマ・シリーズ『十一個女人』の1話「浮萍」の監督に起用され、1982年に新人監督4人によるオムニバス映画『光陰的故事』の第2話「指望」で映画監督デビュー。

1983年、初長編映画『海辺の一日』でヒューストン映画祭グランプリを受賞。以後、1985年に『台北ストーリー』、1986年に『恐怖分子』、1991年に『牯嶺街少年殺人事件』、1994年に『エドワード・ヤンの恋愛時代』、1996年に『カップルズ』を監督。侯孝賢とともに台湾ニューシネマを代表する一人となった。

2000年の『ヤンヤン 夏の想い出』でカンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。同作完成のころから癌を患い、その後7年ほど闘病生活を続けていたが、2007年6月29日結腸癌による合併症のためアメリカカリフォルニア州ビバリーヒルズの自宅で死去。59歳だった。

闘病中もジャッキー・チェン製作総指揮で初のアニメ映画『追風』に着手していたが、数分間の断片を残したのみに終わった。1990年代半ばには『如果』『成長季節』など舞台劇も演出した。

主な監督作品[編集]

監督以外の作品[編集]

関連項目[編集]

  • 瞿友寧 - 『牯嶺街少年殺人事件』に参加した。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]