ユリア・ソーンツェワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Yuliya Solntseva
ユリア・ソーンツェワ
本名 Yuliya Ippolitovna Solntseva
別名義 Julia Solntseva
生年月日 1901年8月7日
没年月日 1989年10月28日(満88歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 モスクワ
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 (現ロシアの旗 ロシア
国籍 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
職業 映画監督脚本家映画プロデューサー女優
ジャンル 映画
活動期間 1924年 - 1979年
活動内容 1924年 女優としてデビュー
1961年 カンヌ国際映画祭監督賞受賞
1975年 第28回カンヌ国際映画祭審査員就任
配偶者 アレクサンドル・ドヴジェンコ

ユリア・イッポリトヴナ・ソーンツェワユーリア-、Yuliya Ippolitovna Solntseva, 1901年8月7日 - 1989年10月28日)は、ソビエト連邦(現ロシア)の映画監督脚本家映画プロデューサー女優である。

人物・来歴[編集]

アエリータ』1924年当時のポスター。

1901年(明治34年)8月7日、革命前のロシア帝国モスクワに生まれる。

1924年(大正13年)、ヤーコフ・プロタザーノフ監督のSF映画アエリータ』に、火星の女王アエリータ役で主演して、女優としてデビューした。

ウクライナ出身の映画監督アレクサンドル・ドヴジェンコと結婚し、ドヴジェンコの監督作に出演する。1939年(昭和14年)からはドヴジェンコと共同監督を始める。

1949年(昭和24年)、ドヴジェンコ監督の『ミチューリン』でスターリン国家賞を受賞する。1956年(昭和31年)、ドヴジェンコと死別する。1961年(昭和36年)、ソーンツェワの監督作『戦場』が、第14回カンヌ国際映画祭のコンペティションに出品され、監督賞と技術大賞特別賞受賞を受賞した。1964年(昭和39年)の監督作『魅せられたデスナ河』はフランスでも公開され、フランスの映画批評誌『カイエ・デュ・シネマ』誌上で、ジャン=リュック・ゴダールが1965年(昭和40年)のベストワンに推した。1975年(昭和50年)には、第28回カンヌ国際映画祭のコンペティションで審査員に就任した。

1979年(昭和54年)、78歳のころ、監督作『三次元における世界』を発表、同作を最後に引退した。80歳を迎えるころ、ソ連人民芸術家の称号を受けた。

1989年(平成元年)10月28日、死去した。満88歳没。

おもなフィルモグラフィ[編集]

[編集]

外部リンク[編集]

画像外部リンク
肖像写真
en:File:Solntseva.jpg