エットーレ・スコラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エットーレ・スコラ
Ettore Scola
Ettore Scola
生年月日 (1931-05-10) 1931年5月10日
没年月日 (2016-01-19) 2016年1月19日(84歳没)
出生地 トレヴィーコ
死没地 ローマ
国籍 イタリアの旗 イタリア
職業 映画監督脚本家舞台演出家
主な作品
あんなに愛しあったのに
特別な一日
ル・バル
マカロニ

エットーレ・スコラEttore Scola1931年5月10日 - 2016年1月19日)は、イタリア映画監督脚本家

来歴[編集]

1950年代前半、20歳で脚本家としてデビュー、40本以上もの脚本を量産。1964年、『もしお許し願えれば女について話しましょう』で映画監督としてデビューした。

1976年の『醜い奴、汚い奴、悪い奴』で第29回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞、1980年の『テラス』で第33回カンヌ国際映画祭脚本賞を受賞、1984年の『ル・バル』で第34回ベルリン国際映画祭銀熊賞 (監督賞)を受賞した。

2012年4月、トリノ・レージョ劇場の依頼で、モーツァルト歌劇コジ・ファン・トゥッテ》を手掛け、オペラ演出家デビュー。2014年夏のプッチーニ音楽祭で《ラ・ボエーム》を演出し、ジェノヴァカルロ・フェリーチェ劇場の2015年-2016年シーズン・オープニング作品として再演。

この公演終了間もない、2016年1月19日、ローマ市内の病院で死去。84歳没[1]

2016年夏にはプッチーニ音楽祭で《ラ・ボエーム》(アンジェラ・ゲオルギューラモン・バルガス共演)が再演されると共に、2017年2月にはジェノヴァで《コジ》が上演されるなど、追悼上演が決まっている。

フィルモグラフィ[編集]

主な脚本作[編集]

主な監督作[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ イタリアの巨匠エットレ・スコーラ監督が死去”. 映画.com (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。

外部リンク[編集]