ソフィア・コッポラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ソフィア・コッポラ
Sofia Coppola
Sofia Coppola
本名 Sofia Carmina Coppola[1]
生年月日 (1971-05-14) 1971年5月14日(49歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督プロデューサー脚本家女優
ジャンル 映画
活動期間 1972年 -
活動内容 1972年:デビュー
1998年:映画監督デビュー
2004年:アカデミー賞受賞
配偶者 スパイク・ジョーンズ(1999年 - 2003年)
トーマス・マーズ(2011年 - )
著名な家族 祖父:カーマイン・コッポラ
祖母:イタリア・コッポラ
父:フランシス・コッポラ
母:エレノア・コッポラ
兄:ロマン・コッポラ
主な作品
ヴァージン・スーサイズ
ロスト・イン・トランスレーション
SOMEWHERE
ブリングリング
The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ
テンプレートを表示

ソフィア・コッポラ(Sofia Coppola、1971年5月14日 - )は、アメリカ合衆国映画監督プロデューサー脚本家女優ファッションデザイナー2003年公開の『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー脚本賞を受賞した。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

ニューヨーク州ニューヨーク市出身。映画一家に生まれ育つ。父親は、映画監督のフランシス・フォード・コッポラ。母親はセットデザイナーで後に監督デビューもするエレノア・ニール。祖父は音楽家のカーマイン・コッポラ。俳優のニコラス・ケイジジェイソン・シュワルツマンは従兄弟に、女優のタリア・シャイアは叔母にあたる。兄弟にロマン・コッポラジャン=カルロ・コッポラがいる。

カリフォルニア芸術大学で学んでいたが中退し、1995年に幼少時代からの友人であるステファニー・ハイマンをパートナーにファッション・レーベル『ミルクフェド』をスタートさせた。

俳優業[編集]

映画『ゴッドファーザー』では、洗礼を受ける男の子として乳児期に出演している。『ゴッドファーザーPart III』では体調不良で降板したウィノナ・ライダーに代わり、主人公マイケルの娘を演じた結果、第11回ゴールデンラズベリー賞最低助演女優賞最低新人賞を受賞した。

ティム・バートンが初期に監督した短編映画『フランケンウィニー』には端役で出演している。

監督業[編集]

1998年に短編映画『リック・ザ・スター』を監督。翌1999年『ヴァージン・スーサイズ 』で長編デビューし注目を集める。2003年『ロスト・イン・トランスレーション』でアカデミー脚本賞ゴールデングローブ賞 脚本賞セザール賞外国映画賞などを受賞し評価を高める。2010年『SOMEWHERE』で第67回ヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞した。

ガーリー・カルチャーを語る上で欠かせない存在であり女性ファンも多い。映画のサウンドトラックが好評で、音楽的なセンスの評価も高い。『ロスト・イン・トランスレーション』ではマイ・ブラッディ・ヴァレンタインを取り上げたことでも知られる。マイ・ブラッディ・ヴァレンタインのボーカルケヴィン・シールズソニック・ユースとは個人的な親交がある。また、ケミカル・ブラザーズビースティ・ボーイズらのミュージック・ビデオに出演、ホワイト・ストライプスのミュージックビデオの監督も務め、デビュー当時無名だったザ・レディオ・デプトを見出すなどしている。

私生活[編集]

映画監督のスパイク・ジョーンズと1999年に結婚したが、2003年に離婚。クエンティン・タランティーノとの交際を経て、フェニックスのボーカリストであるトーマス・マーズと交際。2006年11月28日に女児(ロミー)を、2010年6月25日に女児(コジマ)を出産。2011年8月27日、イタリア南部の町ベルナルダ(コッポラ家のルーツの地)でマーズとの結婚式を挙げた。

映画界ではアレクサンダー・ペインポール・トーマス・アンダーソンウェス・アンダーソンゾーイ・カサヴェテスら同世代のクリエイターたちと親交がある。

フィルモグラフィー[編集]

出演のみ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Some sources give May 12, per Sofia Coppola Biography (1971-)”. FilmReference.com. 2014年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]