セルゲイ・ユトケーヴィッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セルゲイ・ユトケーヴィッチ
Сергей Юткевич
本名 Серге́й Ио́сифович Ютке́вич
生年月日 1904年9月15日
没年月日 1985年4月24日(満80歳没)
出生地 ロシア帝国の旗 ロシア帝国 サンクトペテルブルク
死没地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 モスクワ
職業 映画監督脚本家
活動期間 1925年 - 1980年

セルゲイ・ユトケーヴィッチロシア語: Сергей Юткевич, 1904年9月15日 - 1985年4月24日)は、ソビエト連邦の映画監督脚本家である。

生涯[編集]

ユトケーヴィッチが住んでいたモスクワに作られた記念碑。

ロシア帝国時代のサンクトペテルブルクで生まれる。10代の頃に人形劇の仕事を始めた。1921年から23年のあいだはフセヴォロド・メイエルホリドの下で働いた[1]。1920年代に映画界に入り。1928年に監督活動を始めた。作品の多くはロシア映画であり、アメリカ合衆国のスラップスティック作品に影響を受けていた。一方で、シリアスな歴史映画、ドキュドラマ、伝記映画も撮っていた[2]

オセロ英語版』(1955年)と『ウラジミール・レーニンの想い出英語版』(1966年)で2度カンヌ国際映画祭監督賞を受賞した。他に『Lenin in Paris』で知られる。1959年の第1回モスクワ国際映画祭英語版[3]、その2年後の第2回モスクワ国際映画祭英語版で審査員の1人を務めた[4]。1967年の第5回モスクワ国際映画祭英語版で審査員長を務めた[5]

1985年4月24日にソビエト連邦モスクワで亡くなる。

主なフィルモグラフィ[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]