スラップスティック・コメディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スラップスティック・コメディ: slapstick comedy)とは、コメディのジャンルの一つ。観客を笑わせることおよび観客の笑いを引き出すことを主目的とした喜劇の中でも、とくにを張った表現形態を指す。サイレント映画において盛んに制作され、「映画独自の形式をもった喜劇」としてコメディ映画の一ジャンルと定義づけられることもある[1]。日本では「ドタバタ喜劇」と訳されることが多いが、厳密には異なる[注釈 1]。単にスラップスティック[2]スラプスティック[3]とも。

アメリカのサイレント映画で、マック・セネットがプロデュースしたキーストン喜劇が代表的なもの[4]

名前の由来[編集]

スラップスティック。画像は上下が逆

「スラップスティック」とは、叩く(スラップ)棒(スティック)の意。もともとはアメリカ合衆国道化芝居で相手をひっぱたくときに使われた、先が二つに割れた棒のこと(振るった時の音は大きいがあまり痛くなく、日本のハリセンのようなものと考えて差し支えない。使う時は跳ねて音を出す可動側を上にする)。これが転じて舞台喜劇のドタバタ芸を指すようになり、さらに転じて、動きの多いコメディ映画をそう呼ぶようになった。

映画における流行と廃れ[編集]

叩いたり叩かれたり、追いかけたり追いかけられたり、あるいはパイを投げ合ったりといった体を張った演技は、映画が音声・音響、特に俳優の語る言葉を持たなかったサイレント時代初期に広く流行した。

しかし、映画の主流が短編から長編へと移行するにつれ、物語の比重が重要になり、さらにトーキーに移行することで、大げさな体技による笑いから、セリフによる笑いへと変化していったことなどから徐々に廃れていき、現在[いつ?]ではほとんど作られることがなくなっている[要出典]

代表的なコメディアン[編集]

コメディアン以外でスラップスティック・コメディー制作に関わった主な人々[編集]

プロデューサー[編集]

監督[編集]


参考資料[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 小林信彦によると、日本で「ドタバタ喜劇」と呼ばれるものはアドリブの要素が大きく、個々の演者の能力に依拠する部分が大きいのだが、「スラップスティック・コメディ映画」は綿密な構成と入念な打ち合わせや準備を要するもので、本質的に異なるという[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ 新潮社、SHINCHO ONLINE BOOKS、『世界の喜劇人』小林信彦著、「第二部 喜劇映画の衰退 序章 遥かなる喝采」
  2. ^ 小学館「デジタル大辞泉」. “スラップスティック”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月6日閲覧。
  3. ^ 平凡社「世界大百科事典 第2版」. “スラプスティック”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月6日閲覧。
  4. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. “スラップスティック・コメディ”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]

  1. ^ 新潮社、SHINCHO ONLINE BOOKS、『世界の喜劇人』小林信彦著、「第二部 喜劇映画の衰退 序章 遥かなる喝采」
  2. ^ Youngson, Robert (1963-02-10), 30 Years of Fun, Robert Youngson Productions, https://www.imdb.com/title/tt0056799/ 2023年1月15日閲覧。