コンテンツにスキップ

前田陽一 (映画監督)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
まえだ よういち
前田 陽一
生年月日 (1934-12-14) 1934年12月14日
没年月日 (1998-05-03) 1998年5月3日(63歳没)
出生地 日本の旗 日本 兵庫県龍野市
職業 映画監督
ジャンル 映画テレビドラマ
 
受賞
ヨコハマ映画祭
審査員特別賞

1998年
テンプレートを表示

前田 陽一(まえだ よういち、1934年12月14日 - 1998年5月3日)は、日本映画監督兵庫県龍野市出身。

略歴

[編集]

兵庫県立龍野高等学校早稲田大学文学部卒業後、1958年4月に松竹大船撮影所に入社。吉田喜重監督、渋谷実監督に師事し、1964年、「にっぽん・ぱらだいす」で監督デビュー。以降、喜劇映画を中心に作品を手がける。

小林信彦が脚本を担当した『進め!ジャガーズ 敵前上陸』はカルト映画として知られる。

小林信彦の私小説的作品「根岸映画村」(1978年発表、連作短編集「袋小路の休日」に収録)では、前田をモデルにした映画監督による、『進め!ジャガーズ 敵前上陸』の製作が、松竹会長の古い考えのために、なかなか実現しなかったことが描かれ、また後の時代に、映画自主上映サークルによって前田作品が上映されて大好評だったことも描かれ、天地真理主演の前田作品「虹をわたって」にも言及される。

劇場映画の衰退後はTVに活躍の場を移し、多くのTVドラマを手がけるほか、永原秀一とともに脚本家事務所「ラグス」の共同代表を務めた。

1998年、やはり、小林の作品が原作の、劇場映画「新・唐獅子株式会社」にて久々に劇場映画を撮ることになったが、クランクイン1週間後になって入院する。そしてそのまま、5月3日肝不全のため死去した。享年63。

撮っていた「新・唐獅子株式会社」は、前田監督に師事していた南部英夫長濱英孝両監督が後を引き継ぎ無事完成し、公開された。南部・長濱両監督は「協力監督」としてクレジットされているが、あくまでも前田陽一監督作品である。

作品

[編集]

映画

[編集]
涙にさよならを』(1965年)

テレビ

[編集]

脚注

[編集]

外部リンク

[編集]