チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チェッ・チェッ・チェッ
-涙にさよならを-
橋幸夫シングル
B面 愛をこめて
リリース
ジャンル 歌謡曲(リズム歌謡)
時間
レーベル ビクター(SV-150)
作詞・作曲 佐伯孝夫(作詞)
吉田正(作・編曲)
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 月間1位(『平凡』第13回から連続3ヶ月)
  • 月間1位(『明星』第19回から連続3ヶ月)
  • 橋幸夫 シングル 年表
    君のひたいに光る汗
    (1964年10月30日)
    チェッ・チェッ・チェッ
    -涙にさよならを-
    さすらい者
    (1965年1月20日)
    テンプレートを表示

    「チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-」は、1964年11月20日ビクターレコードより発売された橋幸夫の59枚目のシングルである(SV-150)。副題の「涙にさよならを」を題名とした松竹映画が作成され主題歌となった。後に日本ビクター出版よりミュージックブック「涙にさよならを」(MBK3123)が制作、発売されている。

    概要[編集]

    • 作詞佐伯孝夫、作曲吉田正による、橋のリズム歌謡は、本楽曲で3曲目となる。第1作の「恋をするなら」はサーフィン、第2作の「ゼッケンNO.1スタートだ」はホットロッド、本作「チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-」はサブロックのリズムで制作されている。なお橋は、翌年、一連のリズム歌謡で、第7回日本レコード大賞企画賞を獲得している[1]
    • リズム歌謡は通常夏の季節だが、本作は歌詞に「」が出てくることから唯一冬を対象にしている。
    • 特徴的なタイトルについて、橋は、「佐伯先生の感詞といいましょうか、感覚的な歌詞でした。”チェッ”という舌打ちを三つ重ねて”残念”くやしいという意味を持たせただけでなく、リズム感も出している」と評している[2]
    • 「平凡」ランキング連続3ヶ月トップ、「明星」ランキング連続3ヶ月トップ。
    • c/wの「愛をこめて」も佐伯、吉田による楽曲である。この年の橋のシングルリリースは15枚に達した(翌年も15枚)[3]
    • 本楽曲で橋のビクターヒット賞は50となり、デビューから僅か4年半で前例のない記録を樹立している[4]

    収録曲[編集]

    1. チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-
      作詞:佐伯孝夫、作・編曲:吉田正
    2. 愛をこめて
      作詞:佐伯孝夫、作・編曲:吉田正

    収録アルバム[編集]

    • 『橋幸夫 ザ・ベスト』(2012.07.25)
    • 『元祖! リズム歌謡』( 2005.06.29)
    • 『SWIM! SWIM! SWIM!』(2005.07.21)
    • 『〈TWIN BEST〉』(1998.11.06)
    • 『吉田正 自撰77曲(下)』(1998.07.23)
    • 『<BEST ONE> 橋 幸夫』(1996.10.23)

    関連作品[編集]

    映画「涙にさよならを」[編集]

    涙にさよならを
    監督 前田陽一
    脚本 光瀬信彦
    原作 菊村到
    製作 今泉周男
    出演者 橋幸夫倍賞千恵子
    音楽 小川寛興
    撮影 竹村博
    編集 大澤しづ
    製作会社 松竹
    公開 日本の旗1965年1月3日
    上映時間 79分
    製作国 日本の旗 日本
    言語 日本語
    テンプレートを表示
    • 橋幸夫、倍賞千恵子が「花の舞妓はん」に引きつづいて五度目の共演。1965年1月3日松竹系で公開された。79分。
    • スポーツカーのセールスマン大畑京一(橋幸夫)の婚約者みどり(夏圭子)はカメラマンを志望。
    • ある日、京一は、ホテルで、スリを働いた老人を捉え、許すも、その一瞬をみどりのカメラが捉える。これが、週刊誌に〝決定的瞬間〟として掲載され、老人の一人娘久美子(倍賞千恵子)は絶望し、郷里越後湯沢へ家出する。責任を感じたみどりと京一は久美子を探しだし、父親ともども職の世話し、結果として、二人は互いに好意を抱くようになる。
    • ある日、京一は老人がスッた自動車免許証がもとで、観光会社の社長鮫岡らを中心とする麻薬団に狙われる。それは、彼等の犯罪(殺人)を証明するものだったのだ。やがて魔の手は老人や久美子にも延び、ここから、雪山を舞台にハードなアクションが展開されることになる。橋が犯罪者集団と戦う、歌謡映画としては異色の青春アクション映画となっている[5]

    スタッフ[編集]

    出演者[編集]

    映像ソフト[編集]

    • 2000年5月21日にこの作品のビデオソフトが発売された(規格:VHS、廃盤)。

    同時上映[編集]

    大根と人参

    ミュージックブック「涙にさよならを」[編集]

    • 楽曲のヒットと映画制作を受け、ミュージックブック「涙にさよならを」が、1965年1月日本ビクター出版より発売された(MBK3123)。
    • 主な内容は以下のとおりで、片面ソノシートが4枚付属している。
      • 巻頭カラーグラビア
      • スキーでサブロック(スキーを滑る橋)
      • 対談「スキーってたのしいね」(橋幸夫、倍賞千恵子)
      • グラビア、歌詞紹介
      • 「涙にさよならを」ストーリー紹介
      • ロケだより「すばらしい5日間」
      • 橋幸夫ポケットメモ
    ソノシートの楽曲「チェッ・チェッ・チェッ -涙にさよならを-」はセリフ入りで、シングルレコードとは異なっている。

    関連項目[編集]

    出典[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 金子勇『吉田正 誰よりも君を愛す』ISBN 978-4-623-05623-1 ミネルヴァ書房(京都) 2010/1 337頁
    2. ^ 橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』ISBN 4-948735-16-7 ワイズ出版(東京)1993/6 52頁
    3. ^ 前掲書「シングルレコード・ディスコグラフィティ」168-209頁参照
    4. ^ 『ミュージックブック・僕等はみんな恋人さ』(SB3030)日本ビクター出版 1965年12月刊行 2-3頁「橋幸夫ヒット賞50曲突破記念リサイタル」,14頁「50曲一覧」
    5. ^ 日本ビクター出版『涙にさようなら』1965年1月刊行 8-9頁