新・必殺仕事人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新・必殺仕事人
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1981年5月8日 - 1982年6月25日(55回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
製作総指揮 山内久司(朝日放送)
監督 貞永方久
松野宏軌
田中徳三
工藤栄一
脚本 野上龍雄
保利吉紀
石森史郎
プロデューサー 仲川利久(朝日放送)
櫻井洋三(松竹
出演者 藤田まこと
三田村邦彦
中条きよし
鮎川いずみ
山内敏男
菅井きん
白木万理
山田五十鈴
ナレーター 三代目 古今亭志ん朝
オープニング 作曲:平尾昌晃「とかくこの世は悪党ぞろい」
エンディング 三田村邦彦「想い出の糸車」
テンプレートを表示

新・必殺仕事人』(しん・ひっさつしごとにん)は1981年5月8日から1982年6月25日まで、テレビ朝日系で、毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作のテレビ時代劇。全55話。主演は藤田まこと

必殺シリーズの第17作、必殺仕事人シリーズの第2作、中村主水シリーズの第8作である。

概要[編集]

本作は、前作『必殺仕事人』の続編である。

前作『必殺仕事人』放送途中より起きた、飾り職の秀の人気をそのまま受け継ぐ形で、三田村邦彦が連続登板。『必殺仕置人』『新・必殺仕置人』の念仏の鉄山崎努)、『必殺必中仕事屋稼業』『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』のおせい(草笛光子)に続く、主水シリーズ 3番目の再登場の殺し屋となった。

前作『仕事人』より、仕事人の密偵役として、鮎川いずみも引き続き登場し、本作ではお馴染みの「何でも屋」を開業する(第8話〜)。

山田五十鈴が、主水シリーズ 2度目の出演を果たし、シリーズ第12作『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』第3話と『必殺仕事人』第61話でゲスト出演し、スペシャル『恐怖の大仕事 水戸・尾張・紀伊』で、仕事人の与市に宙吊りにされ、殺される悪役を演じ、第16作『必殺仕舞人』のオープニング ナレーションを担当した、中条きよしがシリーズ第6作『必殺仕置屋稼業』の市松(沖雅也)と、第7作『必殺仕業人』のやいとや又右衛門(大出俊)のキャラクターを併せた、三味線屋の勇次役を演じた。

本作の特徴として、『商売人』以来の主水シリーズとしては2度目となる、2つの殺し屋グループ(「主水・秀・加代」組、「おりく・勇次」組)が1つのグループとして統合し、毎回の仕置に挑むということと、お互いに不信感を持ち続けているが、1人のプロの殺し屋として、仕事を遂行して行く描写が上げられる。

本作は『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』とは違い、第3話で、おりくが旅に出てしまったため[1]、第4話以降は勇次が単独で主水たちと組み、お互いにいがみ合いながらも、いつしか仲間意識を芽生えさせていった。また、本作は毎回登場する悪人よりも、被害者の死に至るまでの人生模様などに描写の重点を置いているが、悪人の描写も練り込まれた表現となっている。

本作より『必殺仕事人IV』まで続く、主水・秀・勇次の3人の仕事人は、『仕事人』から始まった後期「必殺シリーズ」を代表する名キャラクターシフトの代表として、現在でも根強い人気を保っている。

サブタイトルがコミカルになっていくのも、本作からである。当初の番組タイトルは『必殺処刑人』と予定されていた。

あらすじ[編集]

前作『必殺仕事人』最終回で、仕事人グループが解散してから、月日が経ち、中村主水も裏稼業から足を洗い、その影響で、やや肥り気味になるほどの怠けた生活を送っていた。しかし、ある日、江戸を離れていた加代が、ぼろぼろの姿で、主水の前に現れた。主水は加代に金を渡し、お互い会わなかったことにして、その場を立ち去る。秀も江戸に舞い戻っており、3人の仕事人は再会を果たした。

加代は「3人で、裏稼業を再開しよう」と持ち掛けるが、2人ともその気は全く無かった。一度辞めてしまった命がけの仕事を再開するのに必要な気持ちの張りもなく、いつ返り討ちにあうかも知れない恐怖にも嫌気が差していたのだ。その上、秀には大店への婿入りの話があった。加代は仕方なく門付けを始めるために壊れた三味線の修理を頼みにある三味線屋に向かい、2人の親子に出会う。

この親子は普段は江戸の柳橋で、小さな三味線屋を営んでいるが、実は闇の仕事人のおりくと勇次であった。加代が訪れた頃から、おりくはある人物から、仕事人であることをネタに強請られていた。加代は2人の只者ではない気配を感じ、親子を監視し、勇次に捕まる。強請られていた、おりくの様子を暗に察していた勇次は加代が強請り主だと思ったからであった。秀の助けで、その場の難は逃れたが、主水とおりくも強請りがらみで、偶然にも、お互いが仕事人であることがわかる。

その後、ある人物に強制されて、おりくを強請っており、最終的に飛び降り自殺した女の最期の恨みの言葉を聞いた主水は裏稼業への復帰を決意。加代と秀を呼び出し、仕置を宣言した。そこへおりくと勇次が現れ、主水たちに協力を申し出る。

敵に回して容易に済む相手では無いと悟った主水は一度切りの条件付で手を組み、一味を抹殺した。おりくと勇次の殺しの凄腕振りを見届けた主水は「再会できるだろうか?」と呟く加代に対し、「別に会いたくもない」と一蹴する。だが、別の事件をきっかけに、2つの仕事人グループは1つに統合。かくして不信感に満ちた、新しい仕事人グループが誕生した。

登場人物[編集]

仕事人[編集]

中村主水
演 - 藤田まこと
南町奉行所の定町廻り同心。前作の最終回後、裏稼業からは足を洗っていたが、おりくと勇次の出会いから、裏稼業に復帰する。
表、裏の仕事ともに今作より、閉塞的かつ怠け癖が目立つようになる。
新たに仲間入りした勇次に対しては「気障野郎」と呟くなど、いい印象を抱いていなかったが、その殺しの腕に関しては認めている様子が見られる。
演 - 三田村邦彦
飾り職人。前作の最終回で、仕事人グループが解散した後、しばらくは旅に出ていたが、江戸に舞い戻っていた。当初は裏稼業に戻る気はなかったが、仲間の加代が勇次と相対したこともあり、裏稼業に復帰する。
裏稼業の長い経験から、物事を客観的に見つめて行動するなど、暴走しがちであった前作よりは落ち着いた一面を見せるが、心の中に変わらぬ熱さを秘める。
最終回で、自身のかつての過ちから、勇次と対立し、仕事人グループ解散に繋がる。
加代
演 - 鮎川いずみ
仕事人の密偵。前作の最終回で、仕事人グループが解散した後、江戸に舞い戻っており、ひもじい姿で、主水と再会する。おりくたちの秘密を知り、主水や秀を煽り、裏稼業に復帰させる。
当初は特定の表稼業を持たず、門付けや料亭の仲居などをしていたが、第8話より、何でも屋を開業する。
仲間になった当初は勇次に色目を使っていた。前作よりも、キャラクターが陽性化した。
勇次
演 - 中条きよし[2]
三味線屋。せんとりつの三味線や小唄の師匠をしていることから、中村家に出入りしている。
育ての親で自身を導いてくれた、おりくを信頼する反面、他の仲間に対しては心を開こうとせず、主水と秀からは反感を買うことがあるが、悪に対する憎しみは強く、子供に優しい。
本作の初期は、ミーコとクロという名前の猫を飼っていた。
おりく
演 - 山田五十鈴[3][4]
三味線屋で、仕事人の元締。経験豊富な殺し屋で、主水たちと組み、裏稼業に挑む。
本人の過去については明確に言及されていない。幾度か旅に出たり、江戸に戻ったりを繰り返し、勇次たちを旅先から支援していた。
勇次の母親だが、彼とは血の繋がりは無く、彼の実の父親を殺した張本人であるが、勇次は彼女を「おっ母さん」と呼び、生みの母同様に慕っている。
上方(大坂)の生まれらしく、酔った際や旧知の人物と会う時は上方訛りが出る。

その他[編集]

中村せん中村りつ
演 - 菅井きん白木万理
あいかわらず、婿養子の主水をいびっている。
三味線と小唄の師匠として、中村家に出入りするようになった勇次に対して色目を使うが、三味線の腕は一向に上達せず、勇次と主水を呆れさせている。
筆頭同心 内山
演 - 須賀不二男[5]
威勢のいい江戸訛りが特徴的な主水の上司。主水の失態で毎回、胃を痛めているので胃薬が欠かせず、主水に直接、不満をぶつけることが多い。面倒事や自身の利益にならない仕事は主水に全て押し付けている。
主水を呼び付ける際に大抵は“中村”、もしくは“おい! 中村”が殆どだが、嫌味や小言の際は“御主”と言い換えるときもある。
第12話で、八王子の甲府勤番所に転勤となった。
筆頭同心 田中
演 - 山内敏男(現・としお)[6]
第13話より登場した、内山の後任の筆頭同心。主水よりも遥かに年下の上司で、昼行灯の主水を疎んじている。
初登場時は口煩い上司で、主水に対して「あんた」と呼び捨てにしたことがあった。
本作の後期、末期は甲高い声を張り上げ、続編『必殺仕事人III』より明確となる、オカマに近いキャラクターに変貌していく。
ナレーション
語り - 三代目 古今亭志ん朝
作 - 山内久司

ゲスト[編集]

第1話 「主水 腹が出る」
第2話 「主水 気分滅入る」
第3話 「主水 子守する」
第4話 「主水 寝言に奮う」
第5話 「主水 アルバイトする」
第6話 「主水 喧嘩の仲裁する」
第7話 「主水 女の気持わかります」
第8話 「主水 端唄で泣く」
第9話 「主水 留守番する」
第10話 「主水 純情する」
第11話 「主水 ふてくされる」
第12話 「主水 金一封あてにする」
第13話 「主水 体を大切にする」
第14話 「主水 悪い夢を見る」
第15話 「主水 公休出勤する」
第16話 「主水 家で説教する」
第17話 「主水 心中にせんりつする」
第18話 「主水 上役に届け物する」
第19話 「主水 夜長にガッカリする」
第20話 「主水 つらく夜勤する」
第21話 「主水 左遷を気にする」
第22話 「主水 浮気する」
第23話 「主水 かくれて夜勤する」
第24話 「主水 泣いて減食する」
第25話 「主水 猫を逮捕する」
第26話 「主水 仮病休みする」
第27話 「主水 出張する」
第28話 「主水 弁解する」
第29話 「主水 ねこばばする」
第30話 「主水 御用納めする」
  • 耳次 - はしだのりひこ
  • およめ - 桂木文
  • 武蔵屋 - 中井啓輔(2回目)
  • 与力 服部 - 田中弘史
  • 和田 - 浜田雄史
  • 武蔵屋 女房 - 松葉由起
第31話 「主水 蜂にゴマする」
第32話 「主水 安心する」
第33話 「主水 粗食に我慢する」
  • 奥平真之助 - 本郷直樹(2回目)
  • 奥平典膳 - 石橋雅史(2回目)
  • おしの - 正司歌江
  • お浪 - 川口敦子
  • お花 - 白礼花
第34話 「主水 家でほっとする」
  • 御年寄 桐岡 - 弓恵子(2回目)
  • お町 - 新谷由美子
  • 御台所 - 志乃原良子
  • 呉竹 - 石屋智子
第35話 「主水 友情に涙する」
第36話 「主水 凧市で交通整理する」
  • 弘田玄内 - 峰岸徹
  • お清 - 三浦真弓
  • 勝造 - 永野辰弥
第37話 「主水 娘と同居する」
  • 金兵衛 - 杉本孝次
  • おきぬ - 棚橋久美
  • 水野帯刀 - 楠年明
  • 水野里江 - 仙北谷和子
第38話 「主水 女の節句に遠慮する」
  • お香(小あさ) - 吉沢京子
  • 源太 - 五味龍太郎(3回目)
  • 車坂の庄吉 - 小笠原弘
  • 才蔵 - 堀田眞三(2回目)
第39話 「主水 友達を気にする」
第40話 「主水 ケチに感心する」
  • 吉兵衛 - 遠藤太津朗(2回目)
  • 藤巻甚九郎 - 内田勝正(2回目)
  • お里 - 関根世津子
  • 清二郎 - 大石高裕
第41話 「主水 父親捜しする」
  • おゆき - 竹井みどり(2回目)
  • 間垣康三郎 - 南城竜也
  • 幸太 - 池田直人
第42話 「主水 バクチする」
第43話 「主水 表の仕事に熱中する」
第44話 「主水 予算オーバーする」
  • 房吉 - 湯沢勉
  • 権兵衛 - 北九州男
  • 淵上 - 玉生司朗
  • おさよ - 岐邑美沙子
第45話 「主水 心配する」
  • 久保寺作蔵 - 曽根晴美
  • お縫 - 梶美和子
  • 紫雲堂半兵衛 - 江並隆
  • お種 - 赤塚歩
第46話 「主水 火の用心する」
第47話 「主水 かくし芸する」
  • 秋山五兵衛 - 神田隆(2回目)
  • お波 - 賀田裕子
  • 松前屋 - 五味龍太郎(4回目)
  • 奥村将監 - 中村孝雄
  • おつる、おはな - キャンティ
第48話 「主水 倹約する」
第49話 「主水 三味線にビクビクする」
  • 彦六 - 梅津栄
  • 能勢東風 - 藤舎推峯
  • 鬼吉 - 阿波地大輔
  • 耕作 - 白川浩二郎
第50話 「主水 金魚の世話する」
第51話 「主水 ビックリする」
第52話 「主水 つゆ支度する」
  • お駒 - 小田切みき
  • ゆか - 牧野恵美(3回目)
  • 源五郎 - 伊吹徹
  • 霞屋 - 常泉忠通
  • はま - 京あけみ
第53話 「主水 甘味対策する」
第54話 「主水 入学祝する」
  • 市三 - 堀内正美(2回目)
  • お仲 - 渚まゆみ
  • 藤兵衛 - 芝本正
  • お梶 - 桃山みつる(2回目)
第55話 「主水 仕事仕舞いする」
  • お藤 - 佐藤万理
  • 綾部 - 南城竜也(2回目)
  • 柏木 - はりた照久
  • 戸田 - 岡本隆成

殺し技[編集]

中村主水
悪人を油断させながら、一瞬の隙を付いて、脇差を相手の急所に刺す。床下から奇襲することもある。
本作より「仕事人から一言〜中村主水のテーマ」を使用するようになった。
金属製の房が付いた金色の簪で、悪人の首筋を刺す。
勇次
表稼業に使う、三味線の三の糸[9]を、悪人の首筋目掛けて投げ、首に巻き付け締め上げ、宙吊りにして、弦を鳴らし、窒息死させる。
障子の隙間を使って締め上げるなどのバリエーションが見られる。仕事後の後始末は当初、親指の爪で糸を千切っていたが、次第に左手で糸を引っ張る描写に変更された。
初期は予め輪を作った糸を相手の首の前に垂らして掛けていたが、勇次役の中条が納得する型がなかなか決まらなかった。第14話で、屋根の上で片手を使っていた中条が口と片手を使って糸を引き出す動作を見せたところ、見栄えがよく、以降はこの型が定着した[10]
おりく
三味線の撥で、悪人の喉笛を斬る。第2話は撥ではなく、指輪に仕込んだ刃で、悪人の首筋を切り裂いた。

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

放送日程[編集]

  • 強調部は、サブタイトルのフォーマット。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1981年05月08日 主水 腹が出る 野上龍雄 貞永方久
第2話 5月15日 主水 気分滅入る 松野宏軌
第3話 5月22日 主水 子守する 田中徳三
第4話 5月29日 主水 寝言に奮う 保利吉紀 前田陽一
第5話 6月05日 主水 アルバイトする 石森史郎 井上梅次
第6話 6月12日 主水 喧嘩の仲裁する 工藤栄一
長瀬未代子
工藤栄一
第7話 6月19日 主水 女の気持わかります 林企太子 松野宏軌
第8話 6月26日 主水 端唄で泣く 南谷ヒロミ 井上梅次
第9話 7月03日 主水 留守番する 高山由紀子 田中徳三
第10話 7月10日 主水 純情する 吉田剛
第11話 7月17日 主水 ふてくされる 石森史郎 松野宏軌
第12話 7月24日 主水 金一封あてにする[11] 南谷ヒロミ 水川淳三
第13話 7月31日 主水 体を大切にする[12] 長瀬未代子 松野宏軌
第14話 8月07日 主水 悪い夢を見る 吉田剛 田中徳三
第15話 8月28日 主水 公休出勤する 高山由紀子
第16話 9月04日 主水 家で説教する 吉田剛 水川淳三
第17話 9月11日 主水 心中にせんりつする 高山由紀子
第18話 9月18日 主水 上役に届け物する 保利吉紀
望月俔東子
貞永方久
第19話 9月25日 主水 夜長にガッカリする 石森史郎 松野宏軌
第20話 10月02日 主水 つらく夜勤する[13] 田中徳三
第21話 10月09日 主水 左遷を気にする 吉田剛 工藤栄一
第22話 10月16日 主水 浮気する 高橋稔 松本明[14]
第23話 10月23日 主水 かくれて夜勤する 南谷ヒロミ 黒田義之
第24話 10月30日 主水 泣いて減食する 吉田剛 貞永方久
第25話 11月06日 主水 猫を逮捕する 南谷ヒロミ 松野宏軌
第26話 11月27日 主水 仮病休みする 石森史郎 松尾昭典
第27話 12月04日 主水 出張する 南谷ヒロミ 工藤栄一
第28話 12月11日 主水 弁解する 篠崎好 松野宏軌
第29話 12月18日 主水 ねこばばする 石森史郎
福岡恵子
田中徳三
第30話 12月25日 主水 御用納めする 南谷ヒロミ
第31話 1982年01月08日 主水 蜂にゴマする 田上雄 松本明
第32話 1月15日 主水 安心する 松原佳成 黒田義之
第33話 1月22日 主水 粗食に我慢する 藤城洋子
第34話 1月29日 主水 家でほっとする 南谷ヒロミ 松野宏軌
第35話 2月05日 主水 友情に涙する 吉田剛 田中徳三
第36話 2月12日 主水 凧市で交通整理する 石森史郎 山本邦彦
第37話 2月19日 主水 娘と同居する 吉田剛 田中徳三
第38話 2月26日 主水 女の節句に遠慮する 南谷ヒロミ 松野宏軌
第39話 3月05日 主水 友達を気にする 吉田剛
第40話 3月12日 主水 ケチに感心する 高橋稔 水川淳三
第41話 3月19日 主水 父親捜しする 篠崎好 松野宏軌
第42話 3月26日 主水 バクチする[15] 南谷ヒロミ 前田陽一
第43話 4月02日 主水 表の仕事に熱中する 石森史郎 田中徳三
第44話 4月09日 主水 予算オーバーする 南谷ヒロミ 水川淳三
第45話 4月16日 主水 心配する 松原佳成 松野宏軌
第46話 4月23日 主水 火の用心する 篠崎好
第47話 4月30日 主水 かくし芸する 高橋稔 田中徳三
第48話 5月07日 主水 倹約する 仁多雪郎 黒田義之
第49話 5月14日 主水 三味線にビクビクする 石森史郎
第50話 5月21日 主水 金魚の世話する 南谷ヒロミ 松野宏軌
第51話 5月28日 主水 ビックリする 松原佳成
正中恵
第52話 6月04日 主水 つゆ支度する 松原佳成
福岡恵子
田中徳三
第53話 6月11日 主水 甘味対策する 南谷ヒロミ
第54話 6月18日 主水 入学祝する 加田藤穂 松野宏軌
第55話 6月25日 主水 仕事仕舞いする 野上龍雄
筒井ともみ
水野純一郎

ネット局[編集]

※途中で打ち切られた局や、しばらくの間、放送する他系列ネットの局がある。

系列は放送当時のもの。
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 テレビ朝日系列 制作局
関東広域圏 テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
岩手県 テレビ岩手 日本テレビ系列
宮城県 東日本放送 テレビ朝日系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
1981年9月まで
福島放送 テレビ朝日系列 1981年10月開局から
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
テレビ朝日系列
長野県 テレビ信州 テレビ朝日系列
日本テレビ系列
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡けんみんテレビ テレビ朝日系列 現・静岡朝日テレビ
中京広域圏 名古屋テレビ
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
広島県 広島ホームテレビ テレビ朝日系列 放送途中から遅れネット(時期や日時は不明)
山口県 山口放送 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
第42話まで、同時ネット
第43話より、4日遅れの火曜 22:00 - 22:54
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県岡山県 瀬戸内海放送 テレビ朝日系列
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 テレビ朝日系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 テレビ熊本 フジテレビ系列
テレビ朝日系列
1982年3月までは、日本テレビ系列のトリプルネット局
大分県 大分放送 TBS系列
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

時期は不明だが、本放送当時、広島ホームテレビでの放送が番販扱いの遅れネットに変更されている。[16]

脚注[編集]

  1. ^ 山田のスケジュール調整が、その理由。
  2. ^ エンディングのクレジットは第1 - 25話は3番目に配置していたが、第26話より、山田出演の際には「トメ」の山田の前に配置され、不在の時は「起こし」無しで「トメ」に配置されている。
  3. ^ 第1 - 3、14 - 18、23 - 25、37 - 40、47 - 49話
  4. ^ クレジットは「起こし」(かつてのロート製薬のオープニングキャッチと同じ)
  5. ^ 第1 - 12話
  6. ^ 第13 - 55話
  7. ^ クレジットタイトルでは、トメに配置。
  8. ^ 秋野は後に『必殺仕事人IV』第11話にゲスト出演し、『必殺まっしぐら!』に桂馬のお銀役で、レギュラー出演する。
  9. ^ 三味線の弦の中で、一番細い弦。
  10. ^ 山田誠二『必殺シリーズ完全百科』p32
  11. ^ 筆頭同心 内山が退場。
  12. ^ 筆頭同心 田中が初登場。
  13. ^ 前日に開局した福島放送が、ネットを開始(福島テレビからのネット移行。FTV時代は腸捻転解消前は同時、解消後は遅れネット)。
  14. ^ 松本は『必殺仕業人』第2話「あんた この仕業どう思う」以来、約6年振りの必殺シリーズ監督作品である。
  15. ^ 山口放送が同時ネットを打ち切り、遅れネットに切り替えた(4日遅れの火曜 22:00 - 22:54)。
  16. ^ 朝日新聞西部本社ラ・テ欄の番組解説。番組タイトルと放送時刻の後に「KBC・UHT」と当時のネット局が出るはずが「KBC」しかなかった。
テレビ朝日 金曜22時台(当時はABCの制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺仕舞人
(1981年2月6日 - 1981年5月1日)
新・必殺仕事人
(1981年5月8日 - 1982年6月25日)
新・必殺仕舞人
(1982年7月2日 - 1982年9月24日)