必殺仕事人 (ファミリーコンピュータ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
必殺仕事人
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 バンプレスト
メディア ROMカセット
発売日 1990年12月15日
テンプレートを表示

必殺仕事人(ひっさつしごとにん)は、バンプレストから1990年12月15日に発売されたファミリーコンピュータゲームソフト

概要[編集]

テレビドラマ『必殺仕事人』を原作とした作品で、子供が起こした急襲事件を中村主水となって謎を解いていくアドベンチャーゲーム。時には戦闘モードで敵退治を行うこともある。なにかに関わるエピソードや、外伝という要素はなく、また仕事人の時間軸もバラバラであり、むしろパラレルワールドのようになっている。

登場人物[編集]

仕事人[編集]

中村主水
鍛冶屋の政
組紐屋の竜
飾の秀
三味線屋の勇次
念仏の鉄
おりく
何でも屋の加代
西順之助
畷左門

南町奉行所の仲間[編集]

田中熊五郎
間村竜右衛門信貞
南町きっての筆頭与力。3章で奉行に昇格する。
平七
主水のお抱えの岡引。

中村家[編集]

中村せん
中村りつ

その他[編集]

妙光尼
ろくに襲われた、被害者。ろくを許すように請う。
ろく
妙光尼を襲った犯人。後に口封じのために殺される。
まつ
ろくの兄貴分のやくざ
おきょう
事件第三の被害者。
おきく
町で泣いていた女の子。実は白川家の殿様と側室のゆきのとの子。
太一
町ではぐれていた男の子。刀を持ち歩いている。
権造
やくざの親分。町で神隠しと称し、若い娘達を外国に売り飛ばしている。
鳴海屋
港町に住む商人。抜け荷の噂がある。
白川の奥方お抱えのクノイチ。
妖玄斎
「悪の助っ人」と呼ばれる「闇の忍び」の頭領。
奥方
白川の殿様の正室。跡継ぎであるおきくの行方を追っている。
末吉
情報屋。鳴海屋の抜け荷の証拠を嗅ぎまわっている。
榎本
傘張浪人。怪しい影を見たと言って、殺される。
佐吉

シナリオ[編集]

  • 第1章:疑惑なり
  • 第2章:極楽浄土なり
  • 第3章:無残なり
  • 第4章:極悪非道なり