中村主水

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
必殺シリーズ > 中村主水

中村 主水(なかむら もんど)は、時代劇必殺シリーズに登場する、藤田まこと演じる架空の人物である。小説などの原作を持たない、テレビ番組オリジナルのキャラクターである。

第2作『必殺仕置人』での初登場以来、シリーズ第31作目『必殺仕事人2009』まで、シリーズの半分を超える16作にレギュラーとして登場した。その他のシリーズでも『助け人走る』や『必殺剣劇人』にゲスト出演し、公式にも「必殺の顔」と称されるなど、シリーズを通して活躍した。

キャラクター[編集]

表稼業[編集]

昼行灯として有名な江戸北町奉行所(後に南町奉行所に転属)の平同心。職務怠慢が目立つが、それ以上に自分の担当地域の商屋に袖の下(賄賂)を要求したり、同じく軽犯罪の場合には金で見逃す、現代でいうところの悪徳警官である。史実として同心(役人)に付け届けを払うということは頻繁にあったが、必殺シリーズが誕生した当時の時代劇の常識として、主人公である同心がこのような小悪党という設定は珍しいことであった。普段は無気力な一方で、有力旗本や大名などの巨悪が絡む事件については上の命令を無視してまで捜査をしようとするなど、元来の性格が現れることもある。

多くの上司は主水のことを軽んじたり蔑ろにし、時には疫病神と呼んで嫌ったが、中には主水の素質と性格を見抜いて報償金を使って上手くコントロールした者もいた。同僚たちからも馬鹿にされる一方で、10年以上に渡って宴会の幹事を行い、宴会の仕切りに関しては同僚たちからも信頼されていた。また賭け事の胴元をすることも多く、その際には、普段は口うるさい上司も上手く丸め込んだ。

好物は甘いものと目刺。酒は下戸ではないものの、基本的に進んで嗜むこともないが、例外的に『必殺仕業人』ではうらぶれて鬱憤晴らしに酔うことが多かった。

劇中では異動や出張が多く、シリーズによって勤務地や職務が変わっている(#経歴参照)

裏稼業[編集]

晴らせぬ恨みを金銭で晴らす殺し屋としての顔も持っている。『必殺仕置人』において、棺桶の錠が持ちかけてきた百姓娘の父親の仇討ちを請け負ったのをきっかけに、裏稼業に足を踏み入れた。以降、「仕置人」「仕事人」などと名乗りながら、長きに渡って裏稼業を続けてきた。

元々参謀的な脇役として登場し、殺し以外にも、同心という表の仕事を利用した情報収集やサポートを行なった。初作『仕置人』は特にその傾向が強く、実際に殺しを行うのは鉄と錠だけで、サポートにすら関わっていないエピソードも存在する。その後、主に実働隊の一員・リーダーとして活躍し、参謀として作戦を立案することもある。また、同心という表の仕事を利用した情報収集やサポートを行うことも少なくない。殺し技は剣術#剣術参照)。

『必殺仕置人』で仕置人となった当初は、やり場のない日々の怒りを悪人にぶつけるように積極的に仕置に関わっていた。しかし『暗闇仕留人』において、糸井貢が仕留人としての自らのあり方に苦悩して命を落とした後は、感情をなるべく表に出さず、仲間と馴れ合うことを避けるようになった。昔馴染みだった念仏の鉄や、中村家を訪れて三味線の稽古をつけている三味線屋の勇次、奉行所の同僚である渡辺小五郎などを除き、裏稼業に関係のない場面で仲間に会う機会があっても知らない者同士を装っており、必要以上に親しく接することもなくなっている。例外として昔なじみである念仏の鉄と再度組んだ『新・必殺仕置人』時代は、元々鉄の仲間だった他の仲間たちのことも信用しており、主水が『仕置人』『仕留人』時代以外で仲間と友人のように馴れ合う唯一の時であった。

裏切りや粛清はしないものの、仲間の甘さや未熟さを𠮟咤することは多く、感情が先走りがちだった飾り職人の秀や、子供じみた正義感を振りかざす西順之助に対して鉄拳を振るったこともある。またチームが危機に瀕した場合には、その原因であるメンバーを容赦なく斬ることも宣言していた。しかし一方で、仲間が危機に陥った場合には自ら死地に飛び込んで救い出そうとする場面も多く、実際に仲間を粛清したり裏切ったりしたことはない。

必殺仕事人2007』以降、主役の座を渡辺小五郎へ譲り、自分は、元締のようなポジションとなった。若手の仕事人たちの前に大先輩の貫録を見せ、サポートし、血気盛んな若手の仕事人たちが感情に任せて無鉄砲な行動を取る、仕事人としてのイロハを理解していない、仕事人として冷徹に徹しきれないなど甘さや未熟さが見られたときには叱責や諭すことも忘れなかった。

例えば『新・仕置人』で重要な伏線となるように、前期シリーズにおいて主水の正体は殺し屋の世界では知られておらず、主水も自分の正体を隠していた。特定の斡旋人(元締)の下で働くということもなく、むしろ主水自身はそのような人物・組織を「人殺しの集団」「信用できない」と呼んでいたこともある。全シリーズを通して見ても「寅の会」や「闇の会」など間接的に関わった例を除けば、主水が特定の元締の体制下で依頼を請け負っていたのは『仕事人』と『仕事人・激突』の時だけである。主水の名が仲間以外の裏稼業の人間に知られていることを確認できるのは主水シリーズの第6作目『商売人』の第22話が最初である。

逆に後期シリーズ(仕事人シリーズ)においては、主水は裏の社会でも名の通った仕事人となり、様々な同業者達と面識があった。その中には有力な元締もおり、しばしば仕事の斡旋を受けたこともあるが、先述したように特定の元締の体制下で依頼を行ったことは少ない。関連して後期エピソードの中にはその回の悪党が闇の世界を牛耳るために有力な仕事人である主水を手元に置こうと謀略をしかけた話が多数ある(『V・激闘編』第24話・最終話、『V・風雲竜虎編』第1話など)。『仕事人』第82話のように、主水のことを知らない闇の稼業の者達も登場している。

剣術[編集]

殺し技は、手持ちの刀を用いた剣術である。その腕前は超一流で、劇中の描写や設定によると奥山神影流、御嶽新影流、小野派一刀流、一刀無心流の免許皆伝で、心形刀流の心得もある。子供の頃から、寺子屋で一番の腕前であったとも語られている。

中期までは状況に応じて様々な剣技を披露していたが、後期に入ると斬りかかるのではなく、親しげに話しかけて相手の油断を誘い刺殺する殺し方が中心になっていった(このシーンにはスローテンポの専用BGMが用いられる)。『必殺仕事人V』『必殺仕事人V・激闘編』では、刀の柄の中に刃を仕込み、柄を鞘のように抜いて相手を暗殺する場面もあった。

奉行所では昼行燈を装っていることから、剣術の腕前を周囲に隠している。奉行所での剣術の稽古や試合などでは、わざと負けて痛めつけられており、実力がないように見せるため竹光を腰に差したこともあった。

家庭など[編集]

妻・りつ、姑・せんと3人で、八丁堀の役宅に暮らしている。下総の同心・北大路家の次男だった主水が、わずかな伝手を頼って中村家へと婿養子になりに来たのが、家族のなれそめである。中村家の家紋は「丸に唐花」。

恐妻家で、やる気のなさゆえに奉行所での出世の見込みがないこと、主水自身の怠惰な生活態度から、家庭内では2人から疎まれ、陰に日向にいびられ続けている。主水もまた、そのような態度で接する2人、特に厳しく当たってくるせんに対しては相当に嫌気が差している様子が窺える。しかし一方、表に出ないだけで実際は深い愛情で結ばれてもおり、それを示唆するエピソードも劇中に数多く見られた。

30歳を過ぎても子供ができず、妊娠の兆候もないことから、せんとりつからは「種無しかぼちゃ」と罵られている。『商売人』ではりつが妊娠したが、最終的には死産という結末を迎えた。夫婦ともに性欲は旺盛で、りつから床入りをねだる場面がしばしばあり、主水も時折他の女に浮気をしている。

へそくりが趣味で、袖の下や裏の仕事などで得た金銭を、家の様々な場所に隠している。それを必要な時に持ち出して様々な用途に用いているが、せん・りつに見つけられて生活費や遊興費に当てられてしまうことも多い。

経歴[編集]

劇中では以下のような職務歴を経ている。基本的に時間の経過はシリーズの順序に沿い、時代設定は各シリーズによってまちまちであるが概ね江戸時代後期の設定となっている。

主水シリーズ2作目『仕留人』は黒船来航の時期(1853年以降)であり、後期作品には桜田門外の変1860年)を扱ったスペシャル特番がある。また、寛政-天保期(1800年前後)も多い。一方で、『新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵』の元禄(1700年前後)は、時代設定が極端に他のシリーズから外れている。

時系列以外に整合性が取れない事例も多く、例えば主水が南町に転属になったのは鳥居耀蔵が既に奉行を務めていた時であったが(『仕置屋稼業』)、後のスペシャル『春日局の秘密』『仕事人vsオール江戸警察』では少なくとも鳥居が着任する前から主水が南町にいたことになっている。これらの矛盾の回答として、『必殺忠臣蔵』冒頭で藤田まことが「どの時代にも主水のような人物がいたと解釈してほしい」と説明している。

作品名 役職 備考
前史 佐渡金山同心見習い
必殺仕置人 北町奉行所定町廻り
助け人走る
暗闇仕留人
必殺仕置屋稼業 南町奉行所定町廻り 北町からの栄転
必殺仕業人 伝馬町牢屋敷見廻り 左遷
新・必殺仕置人 南町奉行所定町廻り
必殺商売人
八王子甲府勤番勤め 左遷
必殺仕事人 南町奉行所定町廻り
新・必殺仕事人
必殺仕事人III
必殺仕事人IV
必殺仕事人V
仕事人V・激闘編 最終回で定町廻りの班長に昇格
仕事人V・旋風編 石川島百軒長屋の番所勤め 南町奉行所配下
仕事人V・風雲竜虎編 富岡八幡宮へ架かる橋の番所勤め
必殺剣劇人 南町奉行所定町廻り
TVスペシャル期間
必殺仕事人・激突! 南町奉行所定中役同心
必殺! 主水死す 南町奉行所定町廻り 劇中で死亡
必殺仕事人2007 南町奉行所書庫番 渡辺小五郎赴任に伴う配置換え
必殺仕事人2009 木挽町自身番勤め 左遷 / 南町奉行所配下
必殺仕事人2010 西方へ赴任 以降登場せず

エピソード[編集]

中村主水の誕生[編集]

シリーズ第1作『必殺仕掛人』の後、プロデューサーの山内久司は次作『必殺仕置人』にサラリーマンを出すことを決め、中村主水の基本設定を決めたという。山内は主水に平凡さを求め、配役には男前でもなければ不細工でもない、体格も極めて平均的な日本人である藤田まことしかないと思った[1][2]。配役には反対も多かったが、監督を担当した深作欣二の賛同もあって藤田に決まった。一方で、藤田は「スタッフは他の有名俳優にも主水役を打診したが、家庭で嫁姑にいびられる情けない役どころを引き受ける人間が誰もおらず、最終的に自分のところに回ってきた。依頼から撮影までがたった一週間だったのが合点がいった。」と語っている。

『仕置人』において主水は準主役級であったが、人気を博し、次作『助け人』のゲスト出演、そして『仕留人』での再登板へと繋がっていく。結果『てなもんや三度笠』以降俳優として不遇の時代が続いていた藤田を、再びスターの座に返り咲かせることとなった。撮影を担当した石原興は、当初の藤田の演技は未熟だったが、『仕置人』が終わるころには物になっており、主水は藤田以外にはいないと思ったと述懐している[3]。後年藤田は、インタビューにおいて「中村主水というキャラクターが自分の中に確立できたのはいつ頃か」という質問に「『必殺商売人』の頃だ」と答えている[4]

「中村主水」という名前の由来に関してはいくつか説がある。平凡な名前にしようと会議で決めていた時、山内は冗談で「ジェームス・ボンドにしましょうか?」と発言したところ、深作が「“モンド”という名前は平凡やね、目立たん名前やね」と返し、決まったという[1][2]他方で、日本人に一般的な中村という苗字に、八木節に登場する怠け者・鈴木主水の名前を取って付けられたという説もある。この場合、ジェームズ・ボンドは人気が出た後の後付けだという。[要出典]

トレードマークになっているマフラーは、『必殺仕業人』の撮影時、寒さをしのぐために小道具係から借り、そのまま撮影に用いたものが定着したものである。

最期[編集]

主水の最期はシリーズ中に2つある。

1つ目は、劇場版第6作『必殺! 主水死す』である。この中で主水は権の四郎(津川雅彦)との死闘の果てに爆死する(ただし、劇中では死体が確認される描写はない)。その3年後を描いた『必殺仕置長屋』では、主水の死は世間には知られておらず、行方不明扱いとなっている。しかし、その約10年後に製作・放送された『必殺仕事人2007』には何事もなかったように普通に登場しており、その経緯は説明されていない。『2007』放送前には「主水は映画で勝手に殺されてしまった。だからテレビでは(以前のようにまた)登場させる」という主旨のスタッフコメントもあった。[要出典]必殺シリーズにおいては、亡くなったはずの人間が、別のシリーズやスペシャル番組で復活することはままある(元締・虎など)。

2つ目は、藤田まことの急逝を受けての『必殺仕事人2010』である。この作中で、主水は「西方へ赴任した」という形で退場する(「西方」がどこなのかは不明だが、仏教で「西方」と言えば、浄土極楽を指す)。また、戸に貼られていた紙にはの花が描かれ、藤田への弔意を暗示している。

没案では、『必殺仕事人』第27話にて殺し屋組織との抗争で奉行所に裏稼業がバレて主水が単身で戦い、命を落とすという案もあった。

また、劇中の現実ではないが、主水は『江戸プロフェッショナル・必殺商売人』第18話の冒頭でも殺されている(藤田まことが見たという夢オチ)。

主人公問題[編集]

ドラマにおいては通常、配役表の先頭には主人公(ならびに演じた俳優)が記されるのが慣例になっている。初登場作の『必殺仕置人』では、主水でなく念仏の鉄が主人公として扱われていたため、エンディングクレジットは鉄を演じる山崎努が先頭に、主水演じる藤田が最後(トメ)に配置されていた。しかし主人公として抜擢された『暗闇仕留人』以降も藤田の名前はトメに置かれ、そのため以降のシリーズでは、藤田が主人公を演じたにも関わらず、共演の沖雅也中村敦夫が主演と紹介されることがしばしばあった。藤田及び当時藤田が在籍していた渡辺プロダクションは、これについて制作サイドに幾度となく申し入れを行っていたが、クレジットの配置が変更されることはなかった。

そのような事情の中、山崎が鉄役で再びレギュラー出演することになった『新・必殺仕置人』の制作が決定。藤田側はこれに対し、またも名前がトメに回される可能性が高くなったと判断し、必殺シリーズそのものを降板する構えを見せ、厳重に抗議。これによって初めて藤田の名前がキャストの最初に登場するようになり、主役を降板する『必殺仕事人2007』まで、エンディングクレジットの先頭を飾り続けた。

出演作[編集]

TVシリーズ[編集]

TVスペシャル[編集]

舞台[編集]

  • 必殺仕置人(1976年、九州地方にて巡業。詳細不明だが、中村主水の主人公問題で急遽組まれたとみられる)
  • 藤田まこと特別公演「新・必殺仕置人」(1978年、新歌舞伎座
  • 納涼必殺まつり(1981年 - 1987年の毎年8月下旬、京都南座
    • 必殺女ねずみ小僧(1981年)
    • 必殺・鳴門の渦潮(1982年、南座に先がけ名鉄ホールで上演)
    • 必殺ぼたん燈籠(1983年)
    • からくり猫屋敷(1984年)
    • 琉球蛇皮線恨み節(1985年)
    • 女・稲葉小僧(1986年)
    • 地獄花(1987年)
  • 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 中村主水参上!(地獄花改め)」(1988年、梅田コマ・スタジアム
  • 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 主水、大奥に参上!」(1989年、梅田コマ・スタジアム→新宿コマ劇場⇒1991年、名鉄ホール→新宿コマ劇場)
  • 藤田まこと特別公演「必殺仕事人 地獄花」(1990年、名鉄ホール)
  • 南座八月公演「必殺 中村主水、大奥に参上!」(1996年、京都南座)
  • 藤田まこと特別公演「必殺仕事人/主水、大奥に参上!」 (1997年、新宿コマ劇場⇒1998年、中日劇場劇場飛天⇒1999年、全国巡業⇒2002年、明治座

映画[編集]

パチンコ機[編集]

いずれも京楽産業.から発売。

注釈[編集]

  1. ^ a b 講談社 2010年『必殺DVDマガジン 仕事人ファイル 1stシーズン壱 必殺仕置人 中村主水』
  2. ^ a b 朝日放送「必殺シリーズ作品総編集」極私的回想録
  3. ^ 『必殺を斬る』時代劇専門チャンネル製作番組
  4. ^ 『必殺! CD-ROM』NECインターチャネル