必殺仕業人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
必殺仕業人
ジャンル 時代劇
放送時間 金曜日22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1976年1月16日 - 7月23日(28回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 朝日放送
監督 工藤栄一
松本明
蔵原惟繕
田中徳三
脚本 安倍徹郎
中村勝行
野上龍雄
プロデューサー 山内久司(朝日放送)
仲川利久(朝日放送)
櫻井洋三(松竹)
出演者 藤田まこと
中村敦夫
大出俊
中尾ミエ
渡辺篤史
美川陽一郎
鶴田忍
菅井きん
白木万理
ナレーター 宇崎竜童
オープニング 作曲:平尾昌晃「緊迫の一瞬」
エンディング 西崎みどりさざなみ
時代設定 天保年間
テンプレートを表示

必殺仕業人』(ひっさつしわざにん)は1976年1月16日から7月23日まで、NETテレビ(現・テレビ朝日)系で毎週金曜日22:00 - 22:54に放送された、朝日放送松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)共同製作の時代劇。全28話。主演は藤田まこと[1]

必殺シリーズの第7作目、中村主水シリーズの第4作目である。

概要[編集]

本作は前作『必殺仕置屋稼業』に引き続き、中村主水が登場する。前作の最終回で降格処分を受けた主水は小伝馬町牢屋敷の牢屋見廻り同心となっている。羽織自体も貧窮した生活を反映するように他シリーズと違い、長い丈で、茶色に色褪せている。このような描写が代表するように全体的に暗い作風となっており、裏稼業も世のためにするというよりも、金のためにするという向きが非常に強い。このような作風は最終回での剣之介とお歌の無意味な死、主水の裏稼業との決別へ繋がっていく。

主演には『木枯し紋次郎』(フジテレビ)で主人公の紋次郎を演じた、中村敦夫を迎えている。必殺シリーズは『木枯し紋次郎』への対抗として生まれた経緯があり、かつてのライバル作に主演として出演することについては色々と取り沙汰されたらしい[2]。中村本人は後年「当時の自分としてはあまり、そのことは気にしていなかった」と答えている[2]。前作『必殺仕置屋稼業』第20話で、木枯し紋次郎を模した風来坊の殺し屋「疾風の竜」役でゲスト出演をしており、必殺シリーズに初めて出演した訳ではない。

主人公はあくまで中村主水であるが、エンディングのテロップでは前作で沖雅也を先頭に置いたのと同様に本作でも中村敦夫が先頭に置かれ、中村主水(藤田まこと)はトメである[3]。このことはかねてよりあった中村主水の主人公問題を大きくすることに繋がり、次期作『新必殺仕置人』の降板騒動に繋がっていく[4]

『仕業人』のタイトルは一般公募から決定した。当初は作中で用いられてはいなかったが、第10話以降は裏の稼業の名称として、普通に用いられるようになった。

第24話「あんた、この替玉をどう思う」(1976年6月25日放映)は、必殺シリーズ200回の記念回である。かつてのレギュラー出演者(中村玉緒沖雅也草笛光子中谷一郎、大塚吾郎、野川由美子田村高廣緒形拳三島ゆり子石坂浩二。以上、登場順)がカメオ出演をしている。

最終回(第28話)は、又右衛門役の大出俊のスケジュールの都合で、大出のみ、先にクランクアップすることになり、第26、27話より、先に撮影された。第26話は又右衛門が全く登場せず、第27話は書き置きを残して、温泉に旅に出ていることになっており、殺しの場面では代役による後ろ姿と針を持った手のみが登場する[5]。これは本作が当初は全26話の予定で、大出もそれに合わせ、スケジュールを確保していたが、後番組『必殺からくり人』の製作が遅れたために穴埋めとして、本作が急遽2話延長されることになったため、という説がある[6]

あらすじ[編集]

市松を逃がした失態で、中村主水は小伝馬町牢屋敷の牢屋見廻り同心に格下げとなった。俸禄が少なくなった中村家は傘張りの内職に明け暮れ、妻と姑のいびりも激しい。だが、おこうの死に際の頼みから、新たに加わった鍼灸師のやいとや又右衛門と組んで、裏稼業を続けていた。

一年後のある日の夜、主水は旅の芸人らしき男女と出会う。白塗りの男は「中村主水を知らないか?」と尋ねるが、主水は知らないと誤魔化す。その頃、江戸には沼木藩の奥方 お未央の方が来ていた。我侭な彼女は理不尽な悪行を重ねており、主水に仕事の依頼が入っていたが戦力不足を感じ、悩んでいた。

主水は旅芸人の男と再会する。男は赤井剣之介といい、元は上州沼木藩士の武士 真野森之助であったが、惚れた女旅芸人のお歌のために人を殺し、脱藩。お尋ね者として身を隠しつつ、大道芸で生計を立てていた。その道中で、市松と出会い「江戸に行ったら、主水を頼れ」と言われていた。

剣之介はお歌の負担を軽くしたいため、自分も裏稼業の仲間にして欲しいと頼み込む。主水も今度の仕事の大きさを考え、新たな仲間を欲していた。主水は今度の標的について話すが、実はお未央の方は剣之介の許婚であり、剣之介は彼女の悪行が自分の出奔が遠因と思い、仕事を断ろうとする。だが、お歌がお未央の手の者にさらわれたと知って、一転。裏の仕事に参加することを決める。

主水たちはお未央の方とその仲間を殺害し、お歌を救出する。又右衛門は剣之介を信用できず、仲間に入れることを拒否するが、主水の説得で、しぶしぶ認める。新しい「仕業人」チームが結成され、弱者の晴らせぬ恨みを晴らし、悪を闇に葬っていく。

登場人物[編集]

仕業人[編集]

中村主水
演 - 藤田まこと[7]
南町奉行所の小伝馬町牢屋敷 牢屋見廻り同心
敷牢屋見廻りに降格し、俸禄も減り、袖の下も貰えなくなっている。そのため、裏の仕事も金のためという向きが強く、プロの殺し屋として臨む。
最終回で、剣之介の無意味な死に大きなショックを受ける。最後は全てを決着させるために殺し屋ではなく、一人の侍として果たし合いに臨み、裏稼業から足を洗うことを決心する。
赤井剣之介
演 - 中村敦夫
居合い抜きの大道芸人。
本名は真野森之助で、元は上州沼木藩の藩士だったが、惚れた女旅芸人のお歌のために人を殺し、脱藩する。その後はお尋ね者として、お歌と共に身を潜めながら旅をしている道中で市松と出会い、主水を紹介され、江戸にやって来る。
堅物で、芸人には不向きながらも普段は顔に白粉を塗り(後半は面)、大道芸をしている。お歌に負担をかけていることを申し訳なく思っている。
剣の腕は主水に匹敵するほどでありながら、武士を捨てたという理由で殺しには用いない。
最終回で、又右衛門から足が付いて捕らわれ、拷問を受ける。最期はお歌と共に斬り殺されるという無意味な死を遂げる。
やいとや又右衛門
演 - 大出俊[8]
鍼灸師
本名は政吉。元来の殺し屋で、経緯は不明だが、本編開始前に主水と組む。鍼灸師としては明るく親切で、月に一度の無料施術日を設けるなど、市井の人たちからの信頼も厚いが、利己的で、美人の客には口うまく手を出す面も併せ持つ。
市井の人たちには優しく、第11話以降は仲間に対しても、嫌味はあまり言わなくなっている。特に殺し屋としては金と我が身を第一に考え、プロの殺し屋としての顔を見せる(第23話)が、腕っ節は弱い(第13話)。
縁起を気にする性格で、殺しの前には様々な占いを行うが、吉が出るまで、何度も繰り返す。
彼の両親も殺し屋であり、裏切り者として両親を処刑した男に育てられた(第10話)。
最終回で、自身が捨てた凶のおみくじから足が付き、チームを危機に陥れる。最終的に、主水と小十郎の決闘を見届け、上方へ旅立つ。
捨三
演 - 渡辺篤史[9]
仕業人の密偵。前作「仕置屋」の風呂屋の釜番から、色街専門の洗い張り屋に転職した。前作と同じく、彼の職場が仕業人の隠れ家となっている。
仕置屋解散後に転職するが、裏稼業は主水と共に続けていた。仕置屋時代と変わらず、殺しはせずに情報収集とサポートを務める。
お歌
演 - 中尾ミエ
旅の女芸人で、剣之介の内縁の妻。
剣之介が出奔する原因となった女性で、暗い世界に生きていながらも明るい性格である。剣之介の出奔後、彼と身を隠しながら旅をし、主に彼女の芸で生計が立てられていた。
第1話で事件に巻き込まれ、結果的に、裏の仕事を知る。殺しはしないが、剣之介と行動を共にする。囮になって、仕業人のサポートを務めることもある。
最終回で、敵に捕らわれた剣之介を助け出そうとするが失敗し、彼と共に惨殺される。

その他[編集]

中村せん
演 - 菅井きん
主水の姑。婿養子の主水をいびる。本作は主水が牢屋見廻りに格下げされ、俸禄が激減したことと中村家の困窮した状態から、いびりが特に酷い。
中村りつ
演 - 白木万理
主水の妻。せんとともに、婿養子の主水をいびる。
本作は中村家の困窮状態から、傘貼りの内職をしているシーンが多く、主水の提案で、間借りを始める。
島忠助
演 - 美川陽一郎[10]
小伝馬町牢屋敷の牢屋見廻り同心で、主水の同僚。
定年間近の老同心で、主水以上に安穏としているが見識は深く、主水も関心している。
島を演じた美川は本作の放送期間の1976年6月2日に急死。本作が遺作となった[11]
出戻り銀次[12]
演 - 鶴田忍[13]
牢屋を極楽と考えており、短い刑期を延ばそうとしたり、刑期を終え、解き放ちを受けても軽い罪を犯してはまた戻ってくる、小悪党。「がんばりま〜す!」が口癖[15]
お澄
演 - 二本柳俊衣[16]
最初の中村家の間借り人。回船商の妾で、金は持っているが旦那との逢引が煩いため、主水、せん、りつは寝不足気味となるが、又右衛門の占いで、穏便に追い出される。
間借りの玄覚
演 - 田渕岩夫[17]
お澄の次の間借り人。「女性関係はない」との発言で、お澄のようなことは無いと、せんとりつは安心するが、実は怪しげな祈祷師で、中村家を奇行で困らせたため、早々に追い出される。
千勢
演 - 岸じゅんこ[18]
玄覚の次の間借り人。若い女先生で、中村家で塾を開く。知的な女性だが、穢れ本集めの趣味があり、主水と意気投合する。最終回で、主水に厠を覗かれたと誤解をして、せんとりつの前で激昂する。
ナレーション
語り - 宇崎竜童[19]ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
作 - 早坂暁

ゲスト[編集]

第1話 「あんた この世をどう思う」
第2話 「あんた この仕業どう思う」
第3話 「あんた あの娘をどう思う」
第4話 「あんた この親子をどう思う」
第5話 「あんた この身代りどう思う」
第6話 「あんた この裏切りどう思う」
第7話 「あんた この仇討どう思う」
第8話 「あんた この五百両どう思う」
第9話 「あんた この仕組をどう思う」
  • おたか - 中原早苗
  • およう - 柴田美保子
  • 秋葉兵庫 - 早川保
  • お梅 - 大重絹子
  • かえで - 林恭子
  • おもん - 丘夏子
  • おさい - 明石螢子
  • 大月 - 芦田鉄雄
  • 伊蔵 - 笹吾朗
第10話 「あんた この宿命をどう思う」
  • 弥蔵 - 大滝秀治
  • 伊平 - 伊吹新吾
  • おゆう - 山口朱美
  • 勘助 - 山本清
  • 太吉 - 宮ケ原淳一
  • 又右衛門の子供時代 - 多田和生
  • 牢名主 - 並木稔
  • 同心 井口 - 浜田雄史
  • 同心 中井 - 滝譲二
第11話 「あんた この根性をどう思う」
第12話 「あんた この役者どう思う」
第13話 「あんた この神隠しどう思う」
第14話 「あんた この勝負をどう思う」
  • 萩田道安 - 中尾彬
  • 竹次郎 - 長塚京三
  • おかな - 三浦真弓
  • 天下斎楳楽 - 田辺一鶴
  • まつ - 松井加容子
  • 勘兵衛 - 谷口完
  • 辰五郎 - 西山嘉孝
  • 大槻 - 波田久夫
  • 清兵衛 - 市川男女之助
第15話 「あんた この連れ合いどう思う」
第16話 「あんた この無法をどう思う」
第17話 「あんた この掠奪をどう思う」
第18話 「あんた この手口をどう思う」
  • 嘉七 - 内田勝正
  • 定吉 - 大竹修造
  • お京 - 宮前ゆかり
  • 甚作 - 下元勉
  • 豊島屋久兵衛 - 西山辰夫
  • お駒 - 桃山みつる
  • 丹波屋 女将 - 近江輝子
  • 同心 榊 - 柴田昭彦
  • 丁稚 - 後藤尚人
第19話 「あんた この奥の手をどう思う」
第20話 「あんた この志をどう思う」
  • 蔵吉 - 梅津栄
  • 同心 神山 - 今井健二
  • 金貸し吾兵衛 - 安部徹
  • 小坂栄之進 - 浜田光夫
  • 美緒 - 吉本真由美
  • お沢 - 任田順好
  • 占い師 紅嵐 - 田中佐和
  • 女中 - 倉谷礼子
  • 町の女 - 浦田良枝
  • 道場師範 - みの和田良太
  • 用人 - 壬生新太郎
第21話 「あんた この計り事どう思う」
  • 伸吉 - 太田博之
  • 岡っ引きの弥七 - 田口計
  • 条吉 - 志賀勝
  • おりく - 水原麻記
  • お仙 - 双葉弘子
  • 藤兵ヱ - 西山嘉孝
  • 留三 - 島米八
  • 孝助 - 道井和仁
  • 久六 - 山村弘三
第22話 「あんた この迷惑をどう思う」
  • 間監物 - 天津敏
  • 口入れ屋藤兵衛 - 神田隆
  • 里絵 - 珠めぐみ
  • 水谷清二郎 - 伊藤敏孝
  • 助造 - 広瀬義宣
  • 吉次 - 阿波地大輔
  • 長屋おかみ - 町田米子
  • 侍 - 暁新太郎
  • 甚助 - 石原須磨男
第23話 「あんた この女の性をどう思う」
  • 仙次郎 - 峰岸徹
  • 雪 - 宇津宮雅代
  • 間部図書 - 川合伸旺
  • その - 間慶子
  • 直助 - 平野康
  • 六蔵 - 秋山勝俊
  • 浅次 - 西田良
  • 権九郎 - 野口貴史
  • お新 - ひろみどり
  • おりん - 島村昌子
  • お民 - 三笠敬子
  • おたか - 倉谷礼子
  • お紋 - 宮本幸子
  • 女郎 - 嶋多佳子
  • かね - 松谷令子
  • 侍の子供 - 赤松志乃武
第24話 「あんた この替玉をどう思う」
第25話 「あんた この毒手をどう思う」
第26話 「あんた この心眼をどう思う」
第27話 「あんた この逆恨をどう思う」
  • 羽三 - 浜村純
  • 三蔵 - 大竹修造
  • お駒 - 稲野和子
  • 同心 岡田 - 不破潤
  • 牢同心 - 山口幸生
  • 牢同心 - 松田明
  • 馬吉 - 島米八
  • 角太郎 - 吉田聖一
  • 猪之助 - 下元年世
  • 同心 - 波多野博
  • 門番 - 石沢健
第28話 「あんた この結果をどう思う」

殺し技[編集]

赤井剣之介
剃刀付きの指輪で、悪人の元結(もっとい)を切断。その乱れた髪の毛で、相手の首を絞め殺す[22]
また殺し技ではないが、第21話では自作した弓矢を使用した。
やいとや又右衛門
携帯用の火種で針を熱し、真っ赤になった針を不意打ちで、悪人の眉間や急所に刺す。刺された直後、標的は痙攣し、次第に身体を硬直させ、息を引き取る。
第21話では2本刺し、第23話では首に刺して、折って埋め込む。第24話では相手を気絶させるのに使用している。同話では、又右衛門のレクチャーを受けたお歌も同様の技を使っている。
中村主水
大刀・脇差で悪人を斬る、刺す[23]。後期に見られるような不意打ちが基本である。

スタッフ[編集]

主題歌・挿入歌[編集]

放送日程[編集]

  • 強調部は、サブタイトルのフォーマット。
  • 各話のサブタイトルは字が繋がったままで表記されているが、本項では便宜上、半角スペースを空けて記す。
話数 放送日 サブタイトル 脚本 監督
第1話 1976年1月16日 あんた この世をどう思う 安倍徹郎 工藤栄一
第2話 1976年1月23日 あんた この仕業どう思う 田上雄 松本明
第3話 1976年1月30日 あんた あの娘をどう思う 野上龍雄 工藤栄一
第4話 1976年2月06日 あんた この親子をどう思う 安倍徹郎 蔵原惟繕
第5話 1976年2月13日 あんた この身代りどう思う 中村勝行 大熊邦也
第6話 1976年2月20日 あんた この裏切りどう思う 保利吉紀 松野宏軌
第7話 1976年2月27日 あんた この仇討どう思う 國弘威雄 工藤栄一
第8話 1976年3月05日 あんた この五百両どう思う 中村勝行 大熊邦也
第9話 1976年3月12日 あんた この仕組をどう思う 猪又憲吾 松野宏軌
第10話 1976年3月19日 あんた この宿命をどう思う 村尾昭 蔵原惟繕
第11話 1976年3月26日 あんた この根性をどう思う 中村勝行 大熊邦也
第12話 1976年4月02日 あんた この役者どう思う 松田司 松野宏軌
第13話 1976年4月09日 あんた この神隠しどう思う 野上龍雄 工藤栄一
第14話 1976年4月16日 あんた この勝負をどう思う 安倍徹郎 松野宏軌
第15話 1976年4月23日 あんた この連れ合いどう思う 中村勝行 大熊邦也
第16話 1976年4月30日 あんた この無法をどう思う 野上龍雄 松野宏軌
第17話 1976年5月07日 あんた この掠奪をどう思う 横光晃
第18話 1976年5月14日 あんた この手口をどう思う 保利吉紀 工藤栄一
第19話 1976年5月21日 あんた この奥の手をどう思う 中村勝行 大熊邦也
第20話 1976年5月28日 あんた この志をどう思う 南谷ヒロミ 渡邊祐介
第21話 1976年6月04日 あんた この計り事どう思う 保利吉紀 松野宏軌
第22話 1976年6月11日 あんた この迷惑をどう思う 猪又憲吾 工藤栄一
第23話 1976年6月18日 あんた この女の性をどう思う 安倍徹郎 渡邊祐介
第24話 1976年6月25日 あんた この替玉をどう思う 中村勝行 大熊邦也
第25話 1976年7月02日 あんた この毒手をどう思う 國弘威雄 松野宏軌
第26話 1976年7月09日 あんた この心眼をどう思う 中村勝行
第27話 1976年7月16日 あんた この逆恨をどう思う 松田司 高坂光幸
第28話 1976年7月23日 あんた この結果をどう思う 安倍徹郎 渡邊祐介

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 朝日放送 NETテレビ系列 制作局
関東広域圏 NETテレビ 現・テレビ朝日
北海道 北海道テレビ
青森県 青森テレビ TBS系列
岩手県 岩手放送 現・IBC岩手放送
宮城県 東日本放送 NETテレビ系列
秋田県 秋田テレビ フジテレビ系列
山形県 山形放送 日本テレビ系列
福島県 福島テレビ TBS系列
フジテレビ系列
新潟県 新潟総合テレビ フジテレビ系列
日本テレビ系列
NETテレビ系列
長野県 長野放送 フジテレビ系列
山梨県 テレビ山梨 TBS系列
富山県 富山テレビ フジテレビ系列
石川県 北陸放送 TBS系列
福井県 福井テレビ フジテレビ系列
静岡県 静岡放送 TBS系列
中京広域圏 名古屋テレビ NETテレビ系列
鳥取県島根県 山陰放送 TBS系列
岡山県 テレビ岡山 フジテレビ系列
NETテレビ系列
現・岡山放送
当時の放送エリアは岡山県のみ
広島県 広島ホームテレビ NETテレビ系列
山口県 テレビ山口 TBS系列
フジテレビ系列
NETテレビ系列
徳島県 四国放送 日本テレビ系列
香川県 瀬戸内海放送 NETテレビ系列 当時の放送エリアは香川県のみ
愛媛県 南海放送 日本テレビ系列
高知県 テレビ高知 TBS系列
福岡県 九州朝日放送 NETテレビ系列
長崎県 長崎放送 TBS系列
熊本県 熊本放送
大分県 大分放送 15日遅れの土曜日 13:00枠
宮崎県 宮崎放送
鹿児島県 南日本放送
沖縄県 琉球放送

脚注[編集]

  1. ^ エンドロールでは剣之介役の中村敦夫が先頭(藤田はトメ)のため中村が主役と誤解されることが多いが、ストーリー上の主演は一貫して藤田である。
  2. ^ a b 『必殺DVDマガジン 仕事人ファイル 1stシーズン拾 必殺仕業人 赤井剣之介』講談社、中村へのインタビュー
  3. ^ ただし後述の主人公問題を局側も危惧していたのか、藤田のテロップだけ他と違いズーム処理という不自然な演出で強調する配慮がされていた。
  4. ^ 詳しくは必殺シリーズ#中村主水の主人公問題を参照
  5. ^ エンディング テロップにも、大出の名は無い。
  6. ^ キングレコード『必殺シリーズ オリジナル サウンドトラック全集 必殺仕業人』のライナーノーツ解説に記載。
  7. ^ クレジットはズーム
  8. ^ 第1 - 25、28話
  9. ^ 第1 - 12、14 - 28話
  10. ^ 第1話 - 11、13、15、16話
  11. ^ 登場は第16話まで。第16話放送から、約1ヶ月後の訃報だった。
  12. ^ 第1、3 - 6話は「出戻り銀次郎」、第7 - 9話は「出戻りの銀次郎」と表記。
  13. ^ 第1 - 22、24 - 28話
  14. ^ 「INTERVIEW 俳優 鶴田忍」、『別冊映画秘宝 特撮秘宝』vol.3、洋泉社2016年3月13日、 pp.66-68、 ISBN 978-4-8003-0865-8
  15. ^ この口癖は第1話を監督した工藤栄一が新人俳優の口だけの挨拶からとった[14]
  16. ^ 第2 - 6話
  17. ^ 第7 - 9話
  18. ^ 第10 - 28話
  19. ^ 冒頭、ストーリー前に宇崎の写真が使用されていた。
  20. ^ エンディングでは、三五郎と表記。
  21. ^ 必殺シリーズ200回目。上記のほか、過去のレギュラー陣から石坂浩二緒形拳沖雅也、大塚吾郎、草笛光子田村高廣中村玉緒中谷一郎野川由美子三島ゆり子らがカメオ出演。出演者多数のため、エンディングはロングバージョンとなっている。
  22. ^ 第8、18話を除く。
  23. ^ 第10、13、24話を除く。

外部リンク[編集]

NET 金曜22時台(当時は朝日放送の制作枠)
前番組 番組名 次番組
必殺仕置屋稼業
(1975年7月4日 - 1976年1月9日)
必殺仕業人
(1976年1月16日 - 1976年7月23日)
必殺からくり人
(1976年7月30日 - 1976年10月22日)