吉田日出子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
よしだ ひでこ
吉田 日出子
本名 平松 日出子
生年月日 (1944-01-07) 1944年1月7日(73歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市
血液型 AB型
職業 女優
ジャンル 舞台映画テレビドラマ
活動期間 1960年代 -
配偶者 なし
主な作品
テレビドラマ
峠の群像
子供が見てるでしょ!
映画
社葬
舞台
上海バンスキング

吉田 日出子(よしだ ひでこ、本名;平松日出子1944年1月7日 - )は、石川県出身の女優

来歴・人物[編集]

石川県金沢市生まれ[1]。父は彫刻家だったが、徴兵を受け、石川県金沢に駐屯、身重の母親が臨月近くに金沢に来て日出子が生まれる[1]。生後1ヶ月で父は出征、母子は新潟県に疎開した[1]。父はそのまま戦死。1947年、医師だった母は娘二人を連れて東京に戻り、赤羽で医院を開業した[1]。母はその後再婚して一女をもうける。日出子は三姉妹の真ん中[1]東京都立北園高等学校卒業後、俳優座養成所に入る。後に劇団文学座の研究生となり、文芸座を退団後は、串田和美と共に1966年自由劇場を立ち上げた。1967年1976年紀伊國屋演劇賞受賞。

1979年の『上海バンスキング』で広く知られるようになり、15年間の長期公演となった[1]

1986年菊田一夫演劇賞を受賞。

1989年の『社葬』にて第14回報知映画賞最優秀助演女優賞・日本アカデミー助演女優賞を受賞。

岡林信康小日向文世高橋克典とは同棲していた(特に岡林との関係は濃密で、ほぼ事実婚状態であり、岡林は吉田の女性器を模写した絵を仲間内に見せては悦に入っていた。また、吉田も岡林のコンサートに度々飛び入り出演していた)。

独特の声質の持ち主であるため、清水ミチコのモノマネレパートリーの1人である。

九条の会の賛同者にも名を連ねている。

2014年11月、著書「私の記憶が消えないうちに」の中で、2007年に主演舞台を降板したことに触れ、それ以前からセリフを覚えることが困難であったこと、普段通っている道でも迷ってしまうことがたびたびあったと告白。脳の検査・診断の結果、前頭葉に傷が見つかり高次脳機能障害であることが判明したと明かした。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 山襞 (1966年)
  • 上海バンスキング (1979年)
  • 阿呆劇トゥーランドット姫 (1997年)
  • 浅草パラダイス (1998年)
  • 愛の勝利 (1999年)
  • 花 (2000年)
  • 母アンナ・フィアリングとその子供たち (2005年)
  • 獅童流 森の石松 (2006年)
  • 上海バンスキング(再演)(2010年)

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CMナレーション[編集]

  • 明星食品 チャルメラ(1990年)
  • イオナ(2002年)
  • 大鵬薬品・チオビタドリン(2002年)
  • 純米焼酎白岳しろ(2004年)
  • ユニチャームペットケア「猫元気7才以上」(2004年)
  • アテント(2004年、2006年)
  • サントリー銀座カクテル(2006年 - 2008年)

著書[編集]

  • 女優になりたい(1993年、晶文社
  • 私の記憶が消えないうちに(2014年、講談社

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 週刊朝日』1882年10月29日号、46-50頁(本人のインタビューも含む記事)。
  2. ^ 迷宮物語”. マッドハウス. 2016年6月26日閲覧。

外部リンク[編集]