新装 (秘) 必殺現代版 東京六本木・京都円山公園・大阪梅田 3元仕事人ナマ中継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「新装必殺現代版 東京六本木・京都円山公園・大阪梅田 3元仕事人ナマ中継」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

新装 (秘) 必殺現代版 東京六本木・京都円山公園・大阪梅田 3元仕事人ナマ中継』(しんそうマルひ ひっさつげんだいばん とうきょうろっぽんぎ・きょうとまるやまこうえん・おおさかうめだ さんげんしごとにんなまちゅうけい)は、1985年10月4日の金曜日21:00 - 22:48に、ABC松竹(京都映画撮影所、現・松竹撮影所)が共同製作・テレビ朝日系列で放送されたバラエティ番組。

必殺シリーズの長時間スペシャル第6弾である。

概要[編集]

同年11月15日に始まる『必殺仕事人V・激闘編』を盛り上げるため1982年に放映された『(秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族』を再編集(ダイジェスト化)して放送しただけでなく、『3元仕事人ナマ中継』のタイトル通り、途中で大阪市北区梅田コマ・スタジアム1992年に閉館、梅田芸術劇場の前身)楽屋、東京都六本木京都市円山公園の三元中継をむすび、玉井孝アナウンサー(当時)の司会進行により生中継された。途中『V』の出演者が様々なシチュエーションに扮し仕事を行うという当番組ならではの映像がOAされた。

キャスト・スタッフ[編集]

(秘) 必殺現代版 主水の子孫が京都に現われた 仕事人vs暴走族の同項目を参照。

新装 (秘) 必殺現代版 東京六本木・京都円山公園・大阪梅田 3元仕事人ナマ中継[編集]

  • 制作 - 山内久司(朝日放送)
  • 構成 - 保利吉紀
  • 東京・六本木
  • 大阪・梅田
  • 京都・円山公園
    • 出演 - 鮎川いずみ京本政樹
    • ディレクター - 森山浩一・今村俊昭・平尾知也(朝日放送)
    • 技術 - 庄田勝麿、直井孝司、木上博万、大槻俊樹、沢田治、梨本一夫、池辺明男、大東照明
  • Cスタジオ
    • ディレクター - 山村啓介・株柳真司(朝日放送)、田中夏人
    • 技術 - 藤岡興一、田端健一、寺内顕、西谷高弘
    • T.K. - 鹿嶋さちこ
  • 協力 - 琵琶湖汽船 ミシガン、姫路セントラルパーク、東京・六本木「かっぱ」
  • プロデューサー - 辰野悦央(朝日放送)、桜井洋三(松竹)
  • 制作協力 - テレビ朝日松竹大阪東通東通企画T.S.P.、京都映画撮影所(現・松竹撮影所)
  • 制作著作 - 朝日放送

エンドテーマ[編集]