村上弘明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
むらかみ ひろあき
村上 弘明
本名 村上 弘明
生年月日 (1956-12-22) 1956年12月22日(59歳)
出生地 岩手県陸前高田市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 185cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ演劇
活動期間 1979年 -
活動内容 1979年:デビュー
1979年:『仮面ライダー
1985年:『必殺シリーズ
配偶者 田島都(元モデル
公式サイト オスカー村上弘明
主な作品
映画
極道の妻たちII
ジュリエット・ゲーム
アイアン・メイズ』『渋谷物語
テレビドラマ
仮面ライダー (スカイライダー)
必殺仕事人V』『都の風
炎立つ』『腕におぼえあり
八丁堀の七人』『銭形平次
津軽海峡ミステリー航路
柳生十兵衛七番勝負シリーズ
刑事の証明』『秀吉』『炎立つ』『元禄繚乱
警視庁南平班〜七人の刑事〜

村上 弘明(むらかみ ひろあき、1956年12月22日[1] - )は、日本俳優。本名同じ[1]

岩手県陸前高田市広田町出身[1][2]オスカープロモーション所属(元オフィス佐々木所属)。身長185cm。体重73kg。血液型A型。スリーサイズはB100・W80・H100cm[3]宮城県気仙沼高等学校卒業、法政大学法学部政治学科中退[4][1]。特技は柔道弐段[4]。 妻は元モデルの田島都。子供は4人(二男・二女)いて、(2014年現在)第一子は21歳。

来歴[編集]

気仙沼高校を卒業した後、医学部を目指して浪人中に映画館へ入り浸って3浪した末、法政大学法学部に進学する[5]。ある日、映画好きの友人が勝手に応募した[5]映画『もう頬づえはつかない』のオーディションを受けたことがきっかけで、芸能事務所に籍を置く[1][6]

1979年、事務所の意向で『仮面ライダー (スカイライダー)』の主演オーディションに応募し、3,786人の候補者から選出され、主人公・筑波洋役でデビュー[1][6]。この時に大学を中退し、しばらく両親には内緒にしていた[7]

現代劇を中心に活動していたが、1985年の必殺スペシャル第5弾『必殺仕事人意外伝 主水、第七騎兵隊と闘う 大利根ウエスタン月夜』以降、必殺シリーズにの花屋(後に鍛冶屋)の役で出演し、時代劇にも活動の場を広げた。同年、NHK大河ドラマ春の波涛』を皮切りに、1988年には『武田信玄』で農民から一城の主となる武将高坂昌信1993年の『炎立つ 第二部』では藤原清衡を主演した。

1996年の『秀吉』では明智光秀を演じたが、時代考証を担当した小和田哲男の「明智光秀はこれまでの時代劇では悪役が多かったが、歴史的に見れば悪役とはいいがたい面もある。明智役は若くて爽やかで清潔感のある人を」という言葉により配役され、小和田もその演技に「満足した」と語っている。[要出典]村上が演じていた時期に、光秀の居城である丹波亀山城や首塚(亀岡市宮前町の谷性寺)のあった京都府亀岡市を訪れる観光客が増加したことを、京都新聞が報道した[要文献特定詳細情報]1999年元禄繚乱』では柳沢吉保を演じ、2013年の『八重の桜』では松平春嶽を演じ、同作が東日本大震災からの復興のために作られる側面を持つことから、出演を決めたとのことである。[要出典]

1992年藤沢周平の小説『用心棒日月抄』を原作とした金曜時代劇腕におぼえあり』に主演しシリーズ化され、2005年には近衛十四郎千葉真一に次ぐ三代目・柳生十兵衛役として[8]、金曜時代劇『柳生十兵衛七番勝負』に主演し、大層好評だったことから第3シーズンまで制作・放映された[9][10]。このほかにはテレビ朝日の『八丁堀の七人』、『銭形平次』などに主演した。

2009年6月、妻がモデル時代に在籍していた縁もありオスカープロモーションへ移籍。

2011年東日本大震災では、岩手県陸前高田市にある実家が被災した。外出中だった両親は辛うじて九死に一生を得たが、母方の叔父夫婦と従兄弟が亡くなった。実家の建物も半壊し、建て替えを余儀なくされた。

2012年5月、NHK東日本大震災復興応援ソング『花は咲く』にボーカルとして参加。また地元IBC岩手放送が毎年12月に開催しているIBCラジオ・チャリティー・ミュージックソンにも度々ゲスト出演している。

人物[編集]

子供の頃は『隠密剣士』が好きで、真似をしておもちゃの刀を振り回すなどしていた[6]。俳優になってからは、『仮面ライダー (スカイライダー)』のメインライターが『隠密剣士』も手掛けた伊上勝であったり、オロナミンのCMで『隠密剣士』の制作会社である宣弘社に携わるなどし、縁を感じたという[6]

映画が好きで、浪人生時代に『風と共に去りぬ』を観たことがきっかけで映画業界を志した[1]。東京の大学を選んだのも映画業界に触れるためであったが、親には教師になると約束していた[1]

大学生時代はよく映画を鑑賞しており、邦画ではATG作品など社会性のある作品を愛好していた[6]

『仮面ライダー (スカイライダー)』のエピソード[編集]

当初は『仮面ライダー (スカイライダー)』のオーディションには乗り気ではなかったが、事務所から新人なのだから勉強のつもりで受けるよう言われて参加した[注 1]

オーディションではバイクの免許が必須要件となっていたが、オーディションに参加した時点では免許を取得していなかった[6]。バイクの試験になり、無免許で乗ったもののブレーキの掛け方がよく判らなくて飛び降り、石ノ森章太郎らのいる審査員席にバイクが突っ込んだという[6]。村上はこれでダメかと思ったが、審査員はバイクについては撮影しながら少しずつ練習させることとして最終候補の5人にまで残ることができ、カメラテストへと進む[6]。しかし、村上以外の4人は『レッドバロン』で2枚目役としてレギュラーを務めていた加藤寿をはじめ、『恐竜戦隊コセイドン』主演の大西徹也など経験者揃いでカメラテストの結果も素晴らしく、村上以外なら誰でも良しと報告されていたという[11]

撮影初日は緊張で眠れず遅刻した[1]

スカイライダーは空を飛ぶ仮面ライダーであることから、『スーパーマン』を意識したという[6]

当時としてはかなり大柄な部類だったため、用意できる衣装が体に合わず「衣装部泣かせ」と言われた[7]

スカイライダーのスーツアクターを務めた中屋敷哲也は同じ岩手県出身であり、自宅の遠かった村上は撮影所から近かった中屋敷宅によく泊まりに行くなど懇意にしていた[6]。中屋敷の隣には殺陣師の岡田勝も住んでおり、中屋敷宅と岡田宅を行き来することもあったという[6]。中屋敷宅から中屋敷の車で撮影所に向かう際、彼からは「主役を事故にあわせず送り届けなければならないから緊張する」との旨の言葉を受け、村上は番組を背負っている立場を自覚するようになったと述べている[1][6]

両親には大学を中退していたことを内緒にしていたうえ、「教職を取って田舎に帰る」と言っていたため、『仮面ライダー (スカイライダー)』へ出演していることが近所の人から伝わった際には、故郷に背を向けたという[5]

後年のインタビューでは、作品を振り返り、路線変更した後半よりも、独自色の強かった前半の方が好きであると述べている[6]

後年、『仮面ライダー』での経験は自身のベースになっていると強く意識するようになり、自身の誇りであると述べている[1]

出演[編集]

映画[編集]

タイトル 公開年 役名 配給 備考
もう頬づえはつかない 1979年 ATG
仮面ライダー 8人ライダーVS銀河王 1980年 筑波洋 / スカイライダー(声) 東映 主演
ジェラシー・ゲーム 1982年 芳賀衛児 にっかつ
ションベン・ライダー 1983年 金太 東宝
必殺! ブラウン館の怪物たち 1985年 花屋の政 松竹
必殺! III 裏か表か 1986年 鍛冶屋の政
プルシアンブルーの肖像 深見先生 東宝
Let's豪徳寺! 1987年 海老名保 松竹
必殺4 恨みはらします 鍛冶屋の政
極道の妻たちII 木本燎二 東映
行き止まりの挽歌 ブレイクアウト 1988年 西村幸治 日活
ジュリエット・ゲーム 1989年 山崎正彦 日本ヘラルド映画 主演
アイアン・メイズ/ピッツバーグの幻想 1991年 杉田 UIP(米国
必殺!5 黄金の血 鍛冶屋の政 松竹
17才 〜旅立ちのふたり〜 2003年 川村聡 東映
渋谷物語 2005年 安藤昇 主演
TANNKA 短歌 2006年 写真家M
裁判員 選ばれ、そして見えてきたもの 2007年 村瀬智昭 最高裁判所 主演裁判員制度広報用映画)
大地の詩 -留岡幸助物語- 2011年 留岡幸助 現代ぷろだくしょん 主演
今日、恋をはじめます 2012年 椿圭汰 東宝
恐竜を掘ろう 2013年 東京テアトル
劇場版 ATARU THE FIRST LOVE & THE LAST KILL ラリー井上 東宝
偉大なる、しゅららぼん 2014年 速水義治 東映
万能鑑定士Q -モナ・リザの瞳- 朝比奈尚幸 東宝

テレビドラマ[編集]

※ 話数 / サブタイトルはゲスト出演のみ

タイトル 話数 / サブタイトル 放映年 役名 放映局 備考
仮面ライダー(新) 1979年10月 - 1980年10月 筑波洋 / スカイライダー(声) 毎日放送 主演
御宿かわせみ 1980年10月 - 1981年3月 徳松 NHK
うわさの淑女 1981年4月 - 6月 TBS
娘が家出した夏 家庭ってなァに? 1981年7月 - 8月
太陽にほえろ! 第471話「山さんに任せろ!」 1981年8月 上野 日本テレビ
ザ・サスペンス / 惨事 バスガイドの殺意 1982年9月 TBS
噂の刑事トミーとマツ2 第39話「進めトミマツ! 人間戦車だ!!」 1982年12月 矢沢次郎
土曜ドラマ / 欲望 1983年3月 - 4月 NHK
銀河テレビ小説 / 宵待草 1983年9月 - 10月
火曜サスペンス劇場 / 妻たちの昼下り 1983年11月 赤沢貞夫 日本テレビ
木曜9時の女 / 魔性の女シリーズ 妻たちの熱い午後 1984年1月 - 2月 テレビ朝日
必殺仕事人IV 第14話「主水 節分の豆を食べる」 1984年2月 小平次 朝日放送
火曜サスペンス劇場 / 情事の報酬 1984年5月 白須四郎 日本テレビ
東芝日曜劇場 / うさぎ、はねた! 中部日本放送
火曜サスペンス劇場 / 真夜中の妻たち 1984年7月 赤沢貞夫 日本テレビ
土曜ワイド劇場 / 呪いのマネキン人形 1984年8月 テレビ朝日
銀河テレビ小説 / 新・青春戯画集 1984年9月 NHK
月曜ワイド劇場 / 非行心療室 テレビ朝日
必殺仕事人意外伝 主水、第七騎兵隊と闘う 大利根ウエスタン月夜 1985年1月 花屋の政 朝日放送
大河ドラマ / 春の波涛 1985年1月 - 12月 湯浅麟介 NHK
必殺仕事人V 1985年1月 - 7月 花屋の政 朝日放送
必殺仕事人V・激闘編 1985年11月 - 1986年7月 鍛冶屋の政
東芝日曜劇場 / プロポーズをもういちど 1985年12月 RKB毎日放送
東芝日曜劇場 / 城 春にして 1986年3月
連続テレビ小説 / 都の風 1986年10月 - 1987年4月 吉野雄一郎 NHK
東芝日曜劇場 / あらためて、恋人 1986年3月 RKB毎日放送
必殺仕事人V・旋風編 1986年11月 - 1987年3月 鍛冶屋の政 朝日放送
新春仕事人スペシャル 必殺忠臣蔵 1987年1月
必殺仕事人V・風雲竜虎編 1987年3月 - 7月
水曜ドラマスペシャル / 胡桃の家 1987年3月 TBS
火曜サスペンス劇場 / 花嫁は眠れない 1987年6月 早川晃司 日本テレビ
江戸の青春 1987年9月 秋葉大輔 テレビ朝日 主演
必殺仕事人ワイド 大老殺し 下田港の殺し技珍プレー好プレー 1987年10月 鍛冶屋の政 朝日放送
銀河テレビ小説 / おとんぼ 1987年10月 - 11月 NHK
必殺ワイド・新春 久しぶり!主水、夢の初仕事 悪人チェック!! 1988年1月 鍛冶屋の政 朝日放送
大河ドラマ / 武田信玄 1988年1月 - 12月 高坂昌信 NHK
古都 1988年4月 関西テレビ
熱っぽいの! 1988年4月 - 7月 花岡康 フジテレビ
土曜ドラマスペシャル / ボクの乙女ちっく殺人事件 1988年8月 倉田 TBS
意外とシングルガール 1988年8月 - 9月 津田慎一郎
お待たせ必殺ワイド 仕事人vs秘拳三日殺し軍団 主水、競馬で大穴を狙う!? 1988年9月 鍛冶屋の政 朝日放送
年末年始ホテル物語 1988年12月 TBS 主演
大忠臣蔵 1989年1月 山吉新八郎 テレビ東京
必殺スペシャル・新春 決定版!大奥、春日野局の秘密 主水、露天風呂で初仕事 鍛冶屋の政 朝日放送
必殺スペシャル・春一番 仕事人、京都へ行く 闇討人の謎の首領! 1989年3月
その人の名を知らず 1989年5月 NHK
木曜ゴールデンドラマ / 幸福ホットライン 1989年7月 よみうりテレビ
シリーズ・街 / 六本木スキャンダル 1989年8月 俊介 テレビ朝日 主演
火曜スーパーワイド / 和久峻三の祇園のゲイシャ弁護士II 城崎慎介
月影兵庫あばれ旅 1989年10月 - 12月 月影兵庫 テレビ東京 主演
兄弟(あにおとうと) 1989年12月 健太郎 NHK
宮本武蔵 1990年1月 佐々木小次郎 テレビ東京
必殺スペシャル・新春 大暴れ仕事人! 横浜異人屋敷の決闘 鍛冶屋の政 朝日放送
白い巨塔 1990年4月 財前五郎 テレビ朝日 主演
ドラマ10 / 熱きまなざし 1990年5月 - 6月 NHK
月影兵庫あばれ旅II 1990年10月 - 12月 月影兵庫 テレビ東京
次郎長三国志 1991年1月 吉良の仁吉
火曜ミステリー劇場 / 弁護士・徳永弓子の証言 富豪美人妻殺人事件 1991年9月 テレビ朝日
前畑がんばれ 1991年10月 兵藤正彦 NHK
源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽蝶 源氏九郎 テレビ朝日 主演
海風をつかまえて 1991年10月 - 11月 片桐洋輔 テレビ東京
微笑み 1991年11月 NHK
…ひとりでいいの 1992年1月 - 3月 津村剛彦 日本テレビ
腕におぼえあり 1992年4月 - 6月 青江又八郎 NHK 主演
影狩り 1992年4月 室戸十兵衛 フジテレビ
土曜ワイド劇場 / 森村誠一の背徳の詩集 1992年6月 渡瀬克己 テレビ朝日
腕におぼえあり2 1992年9月 - 11月 青江又八郎 NHK
徳川武芸帳 柳生三代の剣 1993年1月 柳生十兵衛 テレビ東京
腕におぼえあり3 1993年1月 - 3月 青江又八郎 NHK 主演
心の旅シリーズ / 波多町(なみだまち) 前後編 1993年3月 関西テレビ
火曜サスペンス劇場 / 遠い約束 1993年5月 日本テレビ
大河ドラマ / 炎立つ 1993年7月 - 1994年3月 藤原清衡 NHK
闇の狩人 1994年4月 谷川弥太郎(笹尾平三郎) テレビ東京
土曜ワイド劇場 / 松本清張スペシャル・状況曲線 1994年11月 大石謙吉 テレビ朝日
家光謀殺 三代将軍に迫る謎の暗殺軍団! 1995年1月 芥川七郎兵衛
メナムは眠らず 1995年7月 村松敏郎 NHK 主演
月曜ドラマスペシャル / 北アルプス穂高連峰殺人ルート 紫門一鬼 TBS
侠客・幡随院長兵衛 1995年10月 幡随院長兵衛 テレビ東京
大河ドラマ / 秀吉 1996年1月 - 12月 明智光秀 NHK
土曜ワイド劇場 / 雪の絶唱 1996年3月 船越重文 テレビ朝日 主演
陽はまた昇る 中島登 フジテレビ
炎の奉行 大岡越前守 1997年1月 秋月数馬 テレビ東京
編笠十兵衛 1997年1月 - 3月 月森十兵衛 主演
大追跡! 江戸〜上州〜みちのく〜四国 1997年5月 高野長英 朝日放送
土曜ワイド劇場 / 天才・神津恭介の殺人推理 時速240km東北新幹線遠隔殺人トリック! 1997年6月 神津恭介 テレビ朝日 主演
新・御宿かわせみ 1997年10月 - 12月 神林東吾
土曜ワイド劇場 / “繭の密室”連続殺人事件 1998年1月 貴島柊志 主演
奈良へ行くまで 夫が汚職に踏み切る時 1998年2月 平山泰之 テレビ東京
松本清張サスペンス特別企画・熱い絹 1998年3月 山形佐一 よみうりテレビ
月曜ドラマスペシャル / 萩・津和野殺人ライン 1998年7月 黒江壮 TBS 主演
新選組血風録 1998年10月 - 12月 土方歳三 テレビ朝日
心室細動 1998年11月 上原健治 主演
大河ドラマ / 元禄繚乱 1999年1月 - 12月 柳沢吉保 NHK
髪結い伊三次 1999年4月 - 6月 不破友之進 フジテレビ
日曜劇場 / ザ・ドクター 第10話「一真、ついにトラウマ克服か!?」 1999年9月 高柳竜司 TBS
次郎長三国志 2000年1月 身受山鎌太郎 テレビ東京
八丁堀の七人 2000年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 黒衣の天使 2000年6月 百瀬純一 日本テレビ
マッチポイント! 2000年10月 - 12月 倉田進 NHK
八丁堀の七人2 2001年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
死者からの手紙 2001年6月 陣内幹夫 NHK-HV
女と愛とミステリー / 天使の傷痕 2001年7月 田島伸治 テレビ東京 主演
旗本退屈男 第3話「どくろ屋敷の謎」 2001年8月 鏑木兵庫 フジテレビ
八丁堀の七人3 2002年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
金融腐蝕列島 再生 2002年1月 竹中治夫 BS-i 主演
金曜エンタテイメント / 津軽海峡ミステリー航路 函館と青森を結ぶフェリーで起こった動く密室殺人! 2002年2月 青柳誠 フジテレビ
土曜ワイド劇場 / 天才・神津恭介の殺人推理 ふた組の夫婦のからみ合う殺意! 2002年6月 神津恭介 テレビ朝日
女と愛とミステリー / 私はやってない! 痴漢えん罪殺人連鎖 三沢敦 テレビ東京
大江戸捕物改革 八丁堀の七人4 2003年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
金曜エンタテイメント / 津軽海峡ミステリー航路2 2003年1月 青柳誠 フジテレビ 主演
土曜ワイド劇場 / 刑事・村上緑子、警察官連続殺人 2003年3月 安藤警部 テレビ朝日
蝉しぐれ 第1話「嵐」
第3話「ふくと文四郎」
2003年8月 - 9月 矢田作之丞 NHK
月曜ミステリー劇場 / 警察庁特別広域捜査官・宮之原警部シリーズ 丹後浦島伝説殺人事件 2003年9月 宮之原昌幸 TBS 主演
八丁堀の七人5 2004年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
金曜エンタテイメント / 津軽海峡ミステリー航路3 弘前〜函館殺人海道 2004年2月 青柳誠 フジテレビ 主演
銭形平次 2004年4月 - 6月 銭形平次 テレビ朝日
女と愛とミステリー / 古都奈良殺人ライン〜八木沢警部補の捜査 2004年5月 八木沢庄一郎 テレビ東京
女と愛とミステリー / 女の中の二つの顔 2004年8月 佐島雅夫
忠臣蔵 第1話「刃傷 松の廊下」
第3話「赤穂城明渡し」
2004年10月 脇坂淡路守 テレビ朝日
八丁堀の七人6 2005年1月 - 3月 青山久蔵
金曜エンタテイメント / 津軽海峡ミステリー航路4 函館〜青森殺人海道 2005年3月 青柳誠 フジテレビ 主演
柳生十兵衛七番勝負 2005年4月 - 5月 柳生十兵衛 NHK
銭形平次2 2005年7月 - 9月 銭形平次 テレビ朝日
天下騒乱〜徳川三代の陰謀 2006年1月 荒木又右衛門 テレビ東京
八丁堀の七人7 2006年1月 - 3月 青山久蔵 テレビ朝日
月曜ミステリー劇場 / 広域捜査官・宮之原警部2 菜の花幻想殺人事件 2006年2月 宮之原昌幸 TBS 主演
金曜エンタテイメント / 津軽海峡ミステリー航路5 函館〜青森殺人海道 青柳誠 フジテレビ
柳生十兵衛七番勝負 島原の乱 2006年4月 - 5月 柳生十兵衛 NHK
土曜ワイド劇場 / 新聞記者・鶴巻吾郎 2006年8月 鶴巻五郎 テレビ朝日
太閤記〜天下を獲った男・秀吉 2006年10月 - 12月 織田信長
金曜プレステージ / 津軽海峡ミステリー航路6 2007年2月 青柳誠 フジテレビ 主演
火曜ドラマゴールド / 30億円ダイヤ強奪! 保険調査員・村木修介の災難 村木修介 日本テレビ
柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い 2007年4月 柳生十兵衛 NHK
刺客請負人 2007年7月 - 9月 松葉刑部 テレビ東京
金曜プレステージ / 津軽海峡ミステリー航路7 2008年2月 青柳誠 フジテレビ
水曜ミステリー9 / 森村誠一サスペンス 警視庁捜査一課殺人班 刑事の証明 2008年7月 広瀬和宏 テレビ東京
刺客請負人 第2シリーズ 2008年7月 - 9月 松葉刑部
土曜ワイド劇場 / 新聞記者・鶴巻吾郎2 北陸金沢〜加賀温泉郷、山中節殺人事件! 2008年8月 鶴巻吾郎 テレビ朝日
新春ワイド時代劇 45周年記念 / 寧々〜おんな太閤記 2009年1月 織田信長 テレビ東京
金曜プレステージ / 津軽海峡ミステリー航路8 2009年3月 青柳誠 フジテレビ 主演
月曜ゴールデン / 警視庁南平班〜七人の刑事〜 2009年8月 南部平蔵 TBS
土曜ワイド劇場 / 新聞記者・鶴巻吾郎3 天女伝説殺人事件! 鶴巻吾郎 テレビ朝日
金曜プレステージ 黒澤明生誕百年企画 / 悪い奴ほどよく眠る 2010年3月 西幸一 フジテレビ
連続テレビ小説 / ゲゲゲの女房 2010年4月 - 9月 深沢洋一 NHK
土曜ワイド劇場 / 新聞記者・鶴巻吾郎4 青梅〜磐梯山に徳川埋蔵金を探す 2010年11月 鶴巻吾郎 テレビ朝日 主演
悪党〜重犯罪捜査班 2011年1月 - 3月 前島隆造 朝日放送
金曜プレステージ / 第三の女 2011年12月 大湖浩平 フジテレビ 主演
水曜ミステリー9 / 森村誠一サスペンス 刑事の証明 -大都会の死角- 2012年1月 広瀬和宏 テレビ東京
ATARU 2012年4月 - 6月 ラリー井上 TBS
大河ドラマ/ 八重の桜 2013年 松平春嶽 NHK
水曜ミステリー9 / 森村誠一サスペンス 刑事の証明〜人間の十字架 2013年2月 広瀬和宏 テレビ東京 主演
土曜ワイド劇場 / セイアン〜生活安全特捜隊 2014年11月 結城公一 テレビ朝日 主演
大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る! 2015年1月 井坂十蔵 テレビ東京
美しき罠〜残花繚乱〜 2015年1月 - 3月 柏木荘太 TBS
テレビ東京開局50周年特別企画 / 松本清張 黒い画集-草- 2015年3月 沼田一郎 テレビ東京 主演
松本清張特別企画 喪失の儀礼 2016年3月 大塚京介 主演
恋の三陸 列車コンで行こう! 2016年2月- 3月 別所正憲 NHK
ドラマスペシャル / ゴールドウーマン 2016年5月 菊田祐介 テレビ朝日

その他のテレビ番組[編集]

タイトル 放映日 放映局 備考
NHKスペシャル 病の起源 第6集 アレルギー〜2億年目の免疫異変〜 2008年11月23日 ナビゲーター NHK
第23回JNN共同制作番組 三陸発!世界三大漁場を行く 2013年2月11日 ナビゲーター
ナレーター
JNN系列各局 IBC岩手放送制作
テレメンタリースペシャル〜被災地からのメッセージ2014年春〜 2014年3月11日 ナレーター テレビ朝日
ロマン建築の旅 2014年4月15日 - BSフジ

舞台[編集]

タイトル 上演年 役名 制作 備考
タンジー 1983年 松竹
黒蜥蜴 1986年
ハムレット 1990年 ハムレット 主演
フールズ 1991年 レオン・トルチンスキー
腕におぼえあり 2000年 青江又八郎 明治座
走れ! スミス 2001年 ジョン・スミス シアターアプル
佐々木小次郎 2002年 佐々木小次郎 明治座
走れ! スミス 2003年 ジョン・スミス シアターアプル

ラジオドラマ[編集]

タイトル 放送年 役名 放送局 備考
アドベンチャー・ロード / 黄金のアポロ 1986年 NHK-FM 主演

CM[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2004年のインタビューでは最終選考に内定しても嬉しいよりも先に戸惑ったと述べているが[1]、2014年のインタビューでは審査に勝ち残っていくにつれて徐々に勝ち残りたいという闘争心が芽生えていったと述べている[6]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l OFM仮面ライダー8 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔2 村上弘明」
  2. ^ 村上弘明の両親無事も「悪魔だよ」”. 日刊スポーツ (2011年3月15日). 2011年3月20日閲覧。
  3. ^ 村上弘明 -オスカー電子カタログ”. オスカープロモーション. 2014年12月5日閲覧。
  4. ^ a b 『テレビ・タレント人名事典 第5版』 日外アソシエーツ2001年、1057頁。
  5. ^ a b c 『ごきげんライフスタイル よ〜いドン!』(2016年5月11日放送回)の番組概要ページ - gooテレビ番組(関西版)
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 334-337, 「INTERVIEW 村上弘明」
  7. ^ a b 新仮面ライダーSPIRITS 7巻・巻末インタビュー[要ページ番号]
  8. ^ ドラマのみどころ”. 柳生十兵衛七番勝負. NHK (2005年). 2006年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  9. ^ ドラマのみどころ”. 柳生十兵衛七番勝負 島原の乱. NHK (2006年). 2006年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  10. ^ ドラマのみどころ”. 柳生十兵衛七番勝負 最後の闘い. NHK (2007年). 2007年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月28日閲覧。
  11. ^ 午後のまりやーじゅ. ゲスト:村上弘明. NHKラジオ第1. 2014年2月11日放送.

参考文献[編集]

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.8 スカイライダー』 講談社、2004年7月9日ISBN 4-06-367087-2
  • 『仮面ライダー1971-1984 秘蔵写真と初公開資料で蘇る昭和ライダー10人』 講談社 編、講談社、2014年11月20日ISBN 978-4-06-218566-0

外部リンク[編集]