荒木しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あらき しげる
荒木 しげる
本名 あらき いくのり
荒木 生徳
別名義 荒木 茂(旧芸名)
生年月日 (1949-02-09) 1949年2月9日
没年月日 (2012-04-14) 2012年4月14日(63歳没)
出生地 日本の旗 日本鹿児島県出水市
死没地 日本の旗 日本東京都目黒区
民族 日本人
身長 174cm
血液型 B型
職業 俳優歌手ドラマー
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 1968年 - 2012年
活動内容 1968年フォー・セインツ
1973年:解散、CMモデル
1974年:俳優に転向
1975年:『仮面ライダーストロンガー
1976年:『超神ビビューン
1977年:『特捜最前線
2000年シングルリリース
2007年目黒区議選出馬
2008年:フォー・セインツ再結成
主な作品

映画
けんか空手 極真無頼拳
激動の1750日
丹下左膳 百万両の壷


テレビドラマ
仮面ライダーストロンガー
超神ビビューン』『特捜最前線
走れ! 熱血刑事』『暴れん坊将軍II

荒木 しげる(あらき しげる、1949年2月9日[1] - 2012年4月14日)は、日本俳優ドラマー。フォークグループ「フォー・セインツ」のメンバー。本名:荒木 生徳(あらき いくのり)[2][1]、旧芸名:荒木 茂(読み同じ)。

鹿児島県出水市出身[1]身長174cm、体重68kg、血液型はB型。日本学園高等学校[3][1]玉川大学[4]卒業。妻は元女優で現在書道家の樋口のり子。前妻との間の娘は女優の三枝りな[5]

略歴[編集]

高校時代に渋谷でスカウトされ、男性ファッション誌などでモデルを務める。玉川大学在学中の1968年にカレッジフォークグループフォー・セインツドラムスとしてデビュー[6][1]。「小さな日記」「希望」「冬物語」などのヒット曲を生み出す。

1973年の解散後は、CMモデルを経て俳優に転向。当初は本名で活動していたが、1975年、『仮面ライダーストロンガー』に「城茂」役で主演したことから荒木 茂に改名した。のちに荒木しげるに改名(1983年 - 1988年までは、再度「茂」を名乗る)。また、ごく一時期だが新木しげる名義だったことがある。

その後、『超神ビビューン』でふたたびヒーロー役を演じ、『特捜最前線』『暴れん坊将軍』では長期にわたってレギュラーで活躍した。2000年にはシングル「失恋日記 / 雨情話」をリリースし、音楽活動を再開していた。

2008年にはフォー・セインツの再結成に参加。新曲「この街で」をリリースし、各地でライブを開催した。

2007年4月の統一地方選挙で東京都目黒区議会議員選に立候補するが、48人中45位で落選[7]。選挙後のインタビューで「どうやったら区議会議員に受かるか、もう分かった。でも4年後またやるかというと、もうやりたくない」と発言していたが、その後の4年間に食道癌の摘出手術を受ける体験を経て、考え直したことで2011年4月の統一地方選挙で東京都目黒区議会議員選にもう1度立候補するが、再び55人中51位で落選している[8][7]

2011年は仮面ライダー生誕40周年でもあったので、選挙前から落選後もライダー関連のイベントには積極的に参加している。その間、東京・駒込にて「スナック・どっと混む」(2010年閉店)のマスターも務め、同店を通じファンとの交流なども積極的に行っていたが、癌の治療によって食が細り、体力が落ちてきたことで体調を崩すことが多くなっていた。

2012年4月2日、娘の大学の入学式当日に東京都内の病院に入院する。その12日後の2012年4月14日アスペルギルス症併発の肺炎のため、東京都内の病院で死去。同17、18日に目黒区内にて葬儀が行われた。63歳没[9]

遺作は、往年の仮面ライダーシリーズのプロデューサー平山亨の門下生が制作に参加した、特撮オリジナルビデオ『バレットリヴァース』。

人物[編集]

  • 『特捜最前線』共演時代から同い歳の誠直也とは仲が良く、一緒にゴルフに行く仲だったという。選挙に立候補した際には応援演説に駆けつけ、その写真がニュースサイトに掲載されるとネット上で「立候補したストロンガーをアカレンジャーが応援演説している」と話題になった。
  • また藤岡弘、とは『仮面ライダー』関係で共演する前から親交があったと言われている。『仮面ライダー』関係のイベントにも藤岡弘、と佐々木剛と共に参加している。
  • 仮面ライダーアマゾン』の主演・岡崎徹とは、同じ所属事務所だった時期があったこと、同じ九州出身であることから個人的にも親交があった。2010年と2012年には、既に芸能界を引退して久しい岡崎を長崎から東京に招いて、共にイベントに参加している。
  • 2010年9月の自身のブログで「荒木しげる後援会『強兜倶楽部(ストロンガークラブ)』」を発足させることを発表。死去するまでの間に数度、ファンとの交流会を設け、活動を行っていた。
  • 太りやすい体質で、娘と公園に行くときも自転車に並走してランニングを行っていた[5]
  • 娘の三枝りなは、父親としての荒木には許せない部分があったが、自身も役者になり役者として荒木を見るようになってすべてを許せるようになったと述べている[5]

エピソード[編集]

  • 『超神ビビューン』でのセリフで、「お前たち妖怪から日本を守る」と言わなければいけないと思われるところを、「お前たち妖怪を日本から守る」と言ってしまった。あきらかにNGのはずなのだが、なぜかそのまま放送されてしまった(第21話「良い子が筆になる?呪いの習字教室」)。
  • 『特捜最前線』への出演が決定していた『ビビューン』放送終盤では、津上刑事の役柄に合わせて短髪にしていた。
  • 『特捜最前線』は荒木が降板後から海外ロケが増えて「そりゃないでしょう」と残念そうに冗談めかしくDVD発売記者会見で語っている。

『仮面ライダーストロンガー』関連[編集]

俳優業をやり始めて間もない頃、履歴書を持って子供向け番組の主役オーディション会場へ向かい、そこでカメラテストを受け、渡邊亮徳の目に止まり、『仮面ライダー』『秘密戦隊ゴレンジャー』『コンドールマン』の中で、どれか好きな物を選ぶように言われ、仮面ライダーしか知らなかったこともあり「仮面ライダーをやりたい」と返答。これにより、仮面ライダーストロンガー/城茂役に選ばれた[10]

空手柔道(初段)、フットボールの経験があり主演に抜擢され、年下だが大野剣友会の代表である岡田勝から「初めてとは思えないぐらい勘がいい」と評されていた[1]しかし第1話のロケではNGばかりで、ダメだしを受けていた[要出典]。また、宮内洋と同じくノースタントで危険なシーンも全部自分で演じきった。危険なアクションを行う際は、岡田が宮内や藤岡弘を引き合いに出して煽ったが、後日嘘であったことを明かされた[1]。岡田は荒木がやれと言われたものを断らなかったことを感心したと荒木に告げ、荒木もその言葉に感激したという[1]

二輪免許は撮影開始直前に取得したが、運転自体は中学生時代から父親のバイクを乗り回していた[1]。『ストロンガー』で初めて乗ったモトクロスタイプのバイクに面白みを感じ、よく空き時間にスタントの人間と岩山に登って転び、監督から怒られていたという[1]。細い山道で後ろに子供を乗せて走るシーンの撮影では、反対から走ってきたジープを避けるためとっさに脇の崖を登り、無事に回避したこともあった[6]

『ストロンガー』制作発表時には(俳優転向間もない事もあって)「演技の引き出しがないので、どんどん地を出してやりたい」と語っている。演じた「城茂」が自分の性格と違い過ぎて荒い台詞回しが多かったが、優しい面を出そうと思うようになり、番組後半では優しい面を見せるようになった[11]。共演した小林昭二には、しばしば食事に連れていってもらったと語っている。

『ストロンガー』の終了を持って仮面ライダーシリーズが一旦終了した際は、作品に参加できたことに感謝をすると同時に、それぞれ活躍していた先輩仮面ライダー俳優たちの姿を見て、ヒーローを卒業することへの寂しさを感じつつ、これを糧として今後を頑張るという新たな心構えを抱いたという[1]。後年のインタビューでは、『ストロンガー』での経験が、時代劇でも役立ったことを述べている[6]

1997年に腸閉塞および肺炎で長期入院を余儀なくされた際、病室に若い医師や看護婦が押しかけてサイン攻めにあったことがある[1]。理由は、担当医が『ストロンガー』を見て育った世代で、自身が荒木の担当であることを仲間の医師に噂したためであり、その医師たちが自身を憧れのヒーローとしてみている姿に感激し、「このような体験は仮面ライダーを演じた自分たちだけだと思う」と感じたという[12][1]

大野剣友会の当時のスーツアクター面々と佐々木剛速水亮高杉俊介と共にライダー関係のイベントに出演。舞台上で短い殺陣と「変身」を披露した。ストロンガーの変身後を披露したのは中屋敷哲也であったがストロンガーの前口上のアテレコは荒木が行った。

闘病・死去[編集]

2012年4月13日午後に危篤状態となり、肺が「アスペルギルス症」に感染していたこともあり、肺炎で力尽きた。

2012年4月17日と18日に都内の斎場にて葬儀がしめやかに営まれ、会場ではフォーセインツの「小さな日記」などが流れる中で、仕事先関係者やファンなどが告別式には500人ほど参列した。17日の通夜には佐々木剛と高杉俊介、横光克彦、フォーセインツのメンバーが来場、翌日の告別式には藤岡弘、、速水亮、誠直也、白川由美らが訪れていた。

また、速水亮は荒木の追悼記事を自身のブログにて掲載し、他の葬儀参列者らと共に荒木の棺を霊柩車まで送り届けた。そのブログのコメント欄などには荒木を偲ぶ声が寄せられた。マスコミ陣の取材に対し、公私共に兄貴分として荒木を可愛がっていた藤岡は声を詰まらせ、「時を共にした仲間なので非常に胸が痛い。早すぎる、無念………」と語り、荒木のことを「いつも明るくて前向きでチャレンジ精神が旺盛な人でした」。と語った。亡くなる3年前に「会って話がしたい」と言われ、久しぶりに再会した時に「藤岡さんを中心にもう一度、ライダーの仲間たちで頑張りたい」と熱っぽく語っていたという。藤岡が本人と最後に会ったのは二谷英明の通夜だったようで、「忙しくて会釈ぐらいしかできなかったけど、明るい顔をしていたので『大丈夫だ』と思っていたのですが…」と、肩を落とした。

その後、夫人が自身のブログにて夫の葬儀に参列した芸能関係者、全国から集まったファン、葬儀手伝いなどでお世話になった人々に対して、深い感謝の気持ちを述べている。

漫画家の村枝賢一は、このことに伴い『月刊少年マガジン』で連載中の原稿を差し替え、『宇宙船』の7月号に追悼記事を掲載している[要ページ番号]

出演[編集]

映画[編集]

タイトル 公開年 役名 配給 備考
けんか空手 極真無頼拳 1975年 大橋耕一 東映
暗号名 黒猫を追え! 1987年 谷警部 プロダクションU
てんびんの詩 第二部 自立篇 1988年 島田先生 日本映像企画
激動の1750日 1990年 荒牧組若頭 立浪岩根 東映
女侠 夜叉の舞い 2000年 暴力団幹部 東映ビデオ
丹下左膳 百万両の壺 2004年 高大之進 エデン
デスカッパ 2010年 官房長官 インターフィルム

テレビドラマ[編集]

レギュラー出演[編集]

タイトル 放映年 役名 放映局 備考
仮面ライダーストロンガー 1975年 城茂 / 仮面ライダーストロンガー(声) 毎日放送 主演
木下恵介・人間の歌シリーズ / 早春物語 1976年 TBS
超神ビビューン 1976年 - 1977年 月村圭 / 超神ビビューン(声) NET 主演
ポーラテレビ小説 / おゆき 1977年 保科健作 TBS
特捜最前線 1977年 - 1980年 津上明 巡査長 テレビ朝日 第1 - 147話
ライオン奥様劇場 / 徳川の女たち 第一部 華麗・春日局 1980年 徳川家光 フジテレビ
走れ! 熱血刑事 1980年 - 1981年 速水達郎 刑事 テレビ朝日
柳生新陰流 1982年 徳川秀忠 テレビ東京
大河ドラマ / 徳川家康 1983年 榊原康政 NHK
暴れん坊将軍II 1983年 - 1987年 御庭番 木葉才蔵 テレビ朝日
ドラマ23 / 隣りの奥さん 1988年 TBS

ゲスト・単発出演[編集]

タイトル 話数 / サブタイトル 放映年 役名 放映局 備考
特別機動捜査隊 第398話「蜜蜂色の少女」 1969年 二郎 NET 特別出演
太陽にほえろ! 第104話「葬送曲」 1974年 ジャズバンド"アシュラ"のドラマー 日本テレビ
高校教師 第17話「燃えよ! 番長」 東京12チャンネル
特捜記者 犯罪を追え! 第21話「赤熱のロック」 関西テレビ
夜明けの刑事 第5話「猛犬は追いつめる」 TBS
全員集合!7人の仮面ライダー!! 1976年 城茂 / 仮面ライダーストロンガー(声) 毎日放送
同心部屋御用帳・江戸の旋風II 第4話「帰って来た女」 由松 フジテレビ
新・二人の事件簿 暁に駆ける! 第25話「警官仕掛人」 1977年 朝日放送
東芝日曜劇場 / ふりむいた女 五郎 毎日放送
桃太郎侍 第179話「道楽息子の置土産」 1980年 千太郎 日本テレビ
銭形平次 第714話「殺しの舞扇」 新吉 フジテレビ
長七郎天下ご免! 第26話「くらやみ河岸に鶴が舞う!」 森蔭大介 テレビ朝日
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第111話「咲け! 姥捨山の恋」 榊信三郎
仮面ライダー(新) 第38話「来たれ城茂! 月給百万円のアリコマンド養成所」
第52話「洋の父が生きていた! 改造人間FX777とは?」-
第54話「さらば筑波洋! 8人の勇士よ永遠に…」
城茂 / 仮面ライダーストロンガー(声) 毎日放送
爆走!ドーベルマン刑事 第11話「挑戦 目黒の赤い星」 田村ケンイチ テレビ朝日
新・江戸の旋風 第28話「情けの犬張子」 秀次 フジテレビ
蒼き狼 成吉思汗の生涯 ジュチ TBS
土曜ワイド劇場 / 華麗な殺しの三重奏 決闘の女 テレビ朝日
吉宗評判記 暴れん坊将軍 第164話「誰がための親不孝」 1981年 市助
大江戸捜査網 第496話「鈴の音が殺しを呼ぶ」 佐吉 東京12チャンネル
ドラマ・人間 / 名古屋・女子大生殺人事件 テレビ朝日
桃太郎侍 第246話「親子喧嘩を食った鬼」 清太郎 日本テレビ
時代劇スペシャル / 宿命剣鬼走り 小関鶴之丞 フジテレビ
秘密のデカちゃん 第29話「あなた大変! 赤ちゃんが出来た!!」 前山 TBS
影の軍団II 第15話「黒衣に汚された恋」 1982年 河村信二郎 関西テレビ
大江戸捜査網 第533話「娘十手もち爆破魔を追う」 宇之吉 テレビ東京
第571話「くノ一殺し・禁断の白い肌」 林田兵馬
時代劇スペシャル / 仕掛人・藤枝梅安 梅安流れ星 松平総之介 フジテレビ
噂の刑事トミーとマツII 第16話「トミマツまっ青! おとこ女が出たァ」 TBS
源九郎旅日記 葵の暴れん坊 第14話「なにわ娘の恋十手」 新吉 テレビ朝日
松平右近事件帳 第22話「日本橋の団十郎」 新十郎 日本テレビ
遠山の金さん 第20話「尼寺・迷いこんだ若侍!」 森左近次 テレビ朝日
特捜最前線 第351話「津上刑事の遺言!」 1984年 津上明 刑事
京都マル秘指令 ザ新選組 脅迫8「日本一の学者をサハラ砂漠へ放り出すぞ!」 増田正義 朝日放送
長七郎江戸日記 第99話「娘仇討ち! 敵は長さん」 1986年 矢内源太郎 日本テレビ
水戸黄門 第16部 第31話「頑固くらべ献上茶釜 - 山形 -」 佐吉 TBS
白虎隊 第一部 益田右衛門介 日本テレビ
新撰組 1987年 古高俊太郎 テレビ朝日
若大将天下ご免! 第34話「殺しの調べを弾く女!」 川辺幸右衛門
水戸黄門 第17部 第12話「銃に群がる悪い奴 -堺-」 佐助 TBS
三匹が斬る! 第6話「鬼と呼ぶ男に惚れて薄化粧」 半次郎 テレビ朝日
京都サスペンス / 石楠花の咲く寺 関西テレビ
田原坂 平野国臣 日本テレビ
長七郎江戸日記II 第5話「仇討ちという殺人」 1988年 大久保一馬
木曜ゴールデンドラマ / 死者からの使者 読売テレビ
暴れん坊将軍III 第15話「妻を斬った男」 須賀弥平太 テレビ朝日
火曜サスペンス劇場 / 監察医・室生亜季子5 高価すぎた情事 荒井刑事 日本テレビ
大岡越前 第10部 第26話「辻斬り 三葉葵の陰謀」
第27話「将軍吉宗暗殺計画」
三木和馬 TBS
火曜スーパーワイド / 京都花見小路殺人事件 舞妓さんは名探偵! 長田克彦 テレビ朝日
水戸黄門 第18部 第9話「悪計暴いた白頭巾 -諏訪-」 諏訪忠虎 TBS
暴れん坊将軍・春のスペシャル みちのく血判状! 魔性の谷の決戦!! 1989年 三春藩秋田輝季 テレビ朝日
土曜ワイド劇場 / 京都マネーゲーム殺人事件 南田一郎
水曜グランドロマン / 用心棒日月抄 日本テレビ
水曜グランドロマン / 懲りない女たち2
名奉行 遠山の金さんII 第6話「甘い囁きは女の敵」 己之介 テレビ朝日
翔んでる!平賀源内 第11話「瞼の父は盗賊か?」 千太郎 TBS
土曜ワイド劇場 / 思い出の写真 テレビ朝日
水戸黄門 第19部 第3話「鬼と呼ばれて恩返し -棚倉-」 芳野屋芳之助 TBS
月影兵庫あばれ旅 第1シリーズ 第8話「殺したのは私じゃない」 清太郎 テレビ東京
男と女のミステリー / 最悪のチャンス フジテレビ
暴れん坊将軍・500回記念スペシャル 将軍琉球へ渡る、天下分け目の決闘! 1990年 木葉才蔵 テレビ朝日
水戸黄門 第19部 第26話「仇討ち 小諸馬子唄 -小諸-」 真介 TBS
あばれ八州御用旅 第10話「暗闘に死す! 忍びの恋の最期」 伊助 テレビ東京
特警ウインスペクター 第31話「哀しみの最強ロボ」 朝比奈博士 テレビ朝日
豪剣! 賞金稼ぎ 無用ノ介
名奉行 遠山の金さんIII 第13話「密入国のジャパユキさん」
武田信玄 1991年 馬場信春 TBS
水戸黄門 第20部 第21話「奸計暴いた娘の忠義 - 人吉 -」 宗方数馬
第44話「涙で染めた紅花紬 -山形-」 坂上保馬
暴れん坊将軍IV 第13話「血ぬられた折鶴」 小普請組 磯貝茂樹 テレビ朝日
銭形平次 第1シリーズ 第10話「右の腕」 卯吉 フジテレビ
あばれ八州御用旅II 第23話「ご赦免花の咲く日迄 - 江戸- 」 巳之吉 テレビ東京
女忍かげろう組(参) 阿久津隼人 日本テレビ
名奉行 遠山の金さんIV 第11話「殺人者は振り袖の美女」 1992年 坂東紋次郎 テレビ朝日
赤かぶ検事の逆転法廷 第8話「ロケーション殺人事件 女優謎の転落」 藤堂貴也 朝日放送
必殺仕事人・激突! 第18話「主水、釣り友だちの恨みを晴らす」 上州屋利平
八百八町夢日記スペシャル 国盗り夢物語 岩田典膳 日本テレビ
水戸黄門 第21部 第10話「嫁のこころ姑しらず - 日田 -」 瀬戸口市之進 TBS
暴れん坊将軍IV 第66話「めおと三味線上州しぐれ!」 加納伊三郎 テレビ朝日
昭和最後のダンディー ディック・ミネと四人の妻たち 灰田勝彦
大河ドラマ / 信長 KING OF ZIPANGU 第38話「長篠の戦い」 馬場信房 NHK
月曜女のサスペンス / 殺しの交差点 テレビ東京
土曜ワイド劇場 / おんな秘密調査員 立花江梨子 石井正三 テレビ朝日
土曜ワイド劇場 / 美人真珠王殺し 1993年 児玉久造
水戸黄門 第22部 第1話「水戸」
第10話「暗雲晴れた和歌山城 -和歌山-」
結城修二郎 TBS "新木しげる"名義
暴れん坊将軍V 第14話「歌ってよ、子守唄を」 木戸市之丞 テレビ朝日
闇を斬る!大江戸犯科帳 第15話「故郷からの恋文」 矢沢左近 日本テレビ
名奉行 遠山の金さんV 第30話「恐怖! 地震があばいた悪の顔」 桂木新八郎 テレビ朝日
土曜ワイド劇場 / 東北新幹線やまびこ5号の殺意 1994年 工藤良治
ブルースワット 第23話「超時空の新戦士」
第24話「地球征服0秒前」
鬼塚剛三
水戸黄門 第23部 第19話「悲願叶えた高麗人参 - 松江 -」 佐伯市之進 TBS
土曜ワイド劇場 / スーパービュー踊り子号殺意の旅 グリーン個室の遺言 1995年 柴田副社長 テレビ朝日
姫将軍大あばれ 第11話「怒り涙の越後獅子」 加藤美作 テレビ東京
第24話「任侠! 男の花道」 水野出雲守
水戸黄門外伝 かげろう忍法帖 第4話「怨霊! 鎧武者」 友吉 TBS
水戸黄門 第24部 第19話「悪を糺した瀬戸の花嫁 - 広島 -」 1996年 幸吉
第30話「欲望渦巻くお留山 - 秋田 -」 吉野幸一郎
はぐれ刑事純情派IX 第13話「美人ナースの死 買物依存症の女」 滝沢洋二 テレビ朝日
ウルトラマンティガ 第7話「地球に降りてきた男」 ヤナセ・オミ技官 毎日放送
うしろの百太郎 第6話「禁断のコックリさん」 1997年 前田タツミ テレビ東京
水戸黄門 第26部 第9話「願い叶えた神楽面 - 高千穂 -」 1998年 相良陣内 TBS
金曜エンタテイメント / おだまりコンビ 芸能界殺しのパズル 1999年 世田谷南署刑事 フジテレビ
南町奉行事件帖 怒れ!求馬II 第7話「友を斬る!」 本堂健士郎 TBS
金曜エンタテイメント / 赤い霊柩車13 函館立待岬・喪服の花嫁 2000年 杉本亘 フジテレビ
土曜ワイド劇場 / 温泉若おかみの殺人推理9 岡村刑事 テレビ朝日
水戸黄門 第29部 第5話「波瀾万丈の旅立ち - 甲府 -」 2001年 羽佐間正次郎 TBS
月曜ドラマスペシャル / 外科医・零子 ハートの記憶 北詰文夫
金曜エンタテイメント / 赤い霊柩車15 偽りの葬儀 2002年 橋口刑事 フジテレビ
水戸黄門 第30部 第13話「黄門様は名鑑定士! - 天橋立 -」 向井将監 TBS
水戸黄門 第31部 第10話「ドカーンと一発悪退治 - 大和 -」 吉村出雲守
女と愛とミステリー / 山岳救助隊紫門一鬼5 北アルプス殺人山行 2003年 冬芝秀紀 テレビ東京
女と愛とミステリー / 警視正・日丸教授の事件ノート 相沢課長
忠臣蔵 第2話「赤穂激震」
第5話「遊興に隠された真意」
2004年 戸田権佐衛門 テレビ朝日

オリジナルビデオ[編集]

タイトル リリース年 役名 メーカー 備考
バイオセラピー 1986年 日活
殺意の循環 1988年 東和
ザ・首領 火の玉伝説 1993年 ケイエスエス
特交機PC110 1994年 ビデオチャンプ
人にいちばん近いまち〜まき子の人権宣言〜 1995年 小林先生 東映 福知山市人権啓発用ビデオ
残照の中で 1998年 KBS京都 京都市人権啓発用ビデオ
カバーガール 深夜番組の天使たち 2000年 TMC
M:M - 7 Mission Miss Seven 徳間ジャパンコミュニケーションズ
平成維新伝 群狼がゆく ミュージアム
首領への道21 2002年 満田純一 GPミュージアム
首領への道22
実録・竹中正久の生涯 荒らぶる獅子 2003年 3代目組長代行・山崎広
テロリストEmi 1 ライン・コミュニケーションズ
テロリストEmi 2
修羅外道 本家襲撃 2005年 GPミュージアム
バレットリヴァース 2011年 月村圭一郎 アタックゾーン

WEBドラマ[編集]

タイトル 公開年 役名 制作 備考
渋谷怪談 サッちゃんの都市伝説 第五伝説「三本足」 2004年 刑事 ジェネオンエンタテインメント

舞台[編集]

タイトル 上演年 役名 制作 / 会場 備考
暴れん坊将軍 1982年 明治座
1985年
水戸黄門 1989年 新歌舞伎座
京の夕映え 1992年 島田魁
蒲田行進曲2002 2002年 劇団OPA
友情 Friendship 2003年 島崎保 劇団絵生
母の祈り 2005年 幸一 御園座
清水次郎長 / 拝領妻始末 新歌舞伎座
笑・浅草21世紀 2011年 浅草木馬亭

CM[編集]

音楽[編集]

シングル[編集]

題名 C/W 発売年 レーベル 備考
失恋日記 雨情話 2000年 オリエント

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m OFM仮面ライダー7 2004, p. 26, 「主演俳優の素顔8 荒木しげる」
  2. ^ 『仮面ライダーX・アマゾン・ストロンガー大全』 双葉社2004年ISBN 978-4575297324
  3. ^ 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、16頁。
  4. ^ 『ファンタスティックコレクションNo.9 仮面ライダー 総集版』 朝日ソノラマ1978年
  5. ^ a b c 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 448-449, 「父との思い出(荒木 茂)」
  6. ^ a b c 仮面ライダー大全集 1986, p. 233, 「仮面ライダーSTAFF CASTインタビュー 荒木茂」
  7. ^ a b 目黒区議会議員選挙 平成27年4月26日執行PDFファイル)、目黒区
  8. ^ スポーツ報知新聞2007年4月23日版、2011年4月25日版より
  9. ^ “「仮面ライダーストロンガー」役 荒木しげるさん死去”. スポニチ Sponichi Annex. (2012年4月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2012/04/16/kiji/K20120416003053450.html 2016年10月25日閲覧。 
  10. ^ 岡謙二 1999, pp. 131-132
  11. ^ 岡謙二 1999, pp. 134-135
  12. ^ 岡謙二 1999, pp. 139-143

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]