石川真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしかわ しん
石川 真
本名 いしかわ かつひさ
石川 功久
生年月日 (1963-08-03) 1963年8月3日(54歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府
民族 日本人
職業 俳優モデル
活動期間 1989年 -
主な作品

映画
マイフェニックス
BEST GUY』『極道記者2


テレビドラマ
和っこの金メダル
ウルトラマンガイア』『離婚計画
ウルトラマンメビウス


オリジナルビデオ
真・仮面ライダー 序章

石川 真(いしかわ しん、1963年8月3日[1] - )は、日本俳優モデル。本名及び旧芸名は石川 功久いしかわ かつひさ[2]プレステージ所属。

大阪府出身。身長185cm。中京大学文学部卒業。趣味は音楽鑑賞。特技は野球水泳書道英会話

来歴・人物[編集]

子供の頃より映画が好きであったことから、大学卒業後に関西芸術座付属研究所に入所[2]。その後、映画『マイフェニックス』で俳優としてデビュー[2]

1992年、オリジナルビデオ『真・仮面ライダー 序章』で主人公・風祭真 / 仮面ライダーシンを演じた[2]

その後、芸名を現在の石川 真に改める。なお、改名の理由には、「功久(かつひさ)という読みが難しい」ことと、前述の『真・仮面ライダー』で風祭を演じた名残もあるという[3]

2006年には『ウルトラマンメビウス』で再び「ウルトラシリーズ」の作品に出演し、セリザワカズヤ / ウルトラマンヒカリ(ハンターナイトツルギ)役を務めた。

エピソード[編集]

『真・仮面ライダー 序章』にはオーディションで合格したが、当時二輪車の免許を持っていなかったため、急ぎ免許を取得した[2]

『真・仮面ライダー』劇中で風祭真が仮面ライダーシンに変身する際に特殊メイクの都合上、変身シーンの撮影で2時間も動くことができず苦労したと明かしている[4]

石川は「ウルトラシリーズ」の作品では『ウルトラセブン』が好きだったと語っている[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ、オリジナルDVD[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本タレント名鑑'94』 VIPタイムズ社、1994年、25頁。
  2. ^ a b c d e 仮面ライダー映画大全集 1993, p. 148, 「仮面ライダーSTAFF・CASTインタビュー 石川功久」
  3. ^ a b 特撮ニュータイプ』2006年12月号のインタビューより[要ページ番号]
  4. ^ 『仮面ライダーオフィシャルファイルマガジン』(講談社)より[要検証 ]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]