山口豪久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
やまぐち たけひさ
山口 豪久
本名 やまぐち ともゆき
山口 智之
別名義 山口 暁(旧芸名)
山口 あきら(同上)
生年月日 1945年1月25日
没年月日 1986年4月6日(満41歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
民族 日本人
身長 175cm
血液型 A型[1]
職業 俳優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1964年 - 1984年
活動内容 1964年:俳優デビュー
1973年:『仮面ライダーV3
1974年:『電人ザボーガー
配偶者 山口千枝(元女優
著名な家族 山口貴子(長女、女優)
主な作品
'テレビドラマ
忍者部隊月光』『仮面ライダーV3
電人ザボーガー』『特別機動捜査隊

山口 豪久(やまぐち たけひさ、1945年1月25日[2] - 1986年4月6日[3])は、日本俳優。本名:山口 智之(やまぐち ともゆき)、旧芸名:山口 暁(やまぐち あきら)、山口あきら

出生は東京都[4]東京実業高等学校卒業[5]。妻は元女優の山口千枝、長女は女優の山口貴子

略歴[編集]

1964年、国際放映の特撮テレビドラマ『忍者部隊月光』(フジテレビ)の名月役でデビュー[1]

1966年、ピープロの特撮テレビ番組『マグマ大使』(フジテレビ)第17話にゲスト出演。のちに妻となる山口千枝と共演。その後も特撮作品を中心に活躍したが、スランプを経験し、「劇団NLT」の俳優教室に一年間通い、演技の基礎を磨き直した[5]

1972年、前述の山口千枝と結婚。後に二女をもうける。

1973年、東映の特撮テレビ番組『仮面ライダーV3』(毎日放送)に結城丈二 / ライダーマン役で出演。翌1974年には『電人ザボーガー』(フジテレビ)に大門豊役で出演し、これが初主演作品となった[1]

1980年代から、俳優業の傍ら、夫人の親戚が関係する中堅食品会社の幹部として勤務した。

1984年、『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』(毎日放送)に、再び結城丈二 / ライダーマン役で出演。この特番が仮面ライダーシリーズへの最後のゲスト出演であり、俳優の仕事における遺作となった。

1986年4月6日、41歳の若さで肝臓癌のために死去。入院からわずか4日後の急逝だった。学生食堂の店長として出店していた桜美林高等学校に当時在籍していた生徒からの投書が、特撮雑誌『宇宙船』Vol.32(1986年10月号)に掲載され、これが最初の訃報記事となった。

人物・エピソード[編集]

幼少時に実母と死別し、父親が再婚してからは親戚の家に預けられるなど、家族関係に苦労していたという。結婚後「夜遅く帰っても必ず自宅で食事を摂ったり、子煩悩だった。自分の家庭は大事にしたかったのでしょう」と夫人は語っている[6]。長女の山口貴子も忙しい時期でも近所の子供たちと一緒に遊んだり、自転車の補助輪を外して乗る練習をしてもらったことを回想している[1]

几帳面な性格で、役毎にドーランの番号やシーンの状況や背景などをノートに取りまとめていた[1]

絵や写真が好きで、役者以外では美術大学への進学も志望していたこともあった[1]。ノートの端々には撮影場所の風景が描かれていたり、ロケ地や撮影メンバーとの写真をアルバムにまとめていたりもしていた[1]

子供が好きで、小学校などをまわる劇団を自ら旗揚げして活動していた時期もあった[1]

晩年は俳優業の傍ら、親族が経営する飲食会社の幹部としても活動しており、高校の食堂でも自ら現場に立ち、周囲からは「ライダーマンのおじさん」として親しまれていた[7][1]。妻子の回想によれば、娘を連れて自宅近辺の海に釣りに出かけたり、塾への送迎も飲食業で多忙を極めるなかでも行うなど、家庭を大事にする穏やかな人物であった[8]

病は持病で、20歳頃にも1度発症していた[1]

最期となった入院に際しては「おなかが痛いので病院で注射を打ってくるよ」と出掛け、そのまま緊急入院した。夫人が世話に向かう際、子供たちは「お父さん大丈夫なんでしょ?」と言って特別見舞わなかったが、4日後に容体が急変し、急遽子供たちが呼ばれ、子供たちが病院に到着して程なく息を引き取った。没後、遺品を整理中に、家族それぞれに宛てた遺書が見つかったが、次女に宛てたものは名前だけだったという[9]

おもな役柄[編集]

アクション系の俳優ながら、物静かで知的なキャラクターを多く演じる一方で、『電人ザボーガー』の大門豊のような熱血漢役も演じている。一般作品では東映のテレビドラマ『特別機動捜査隊』(NET)に刑事役でセミレギュラー出演(第448話以降)する一方、他の刑事ドラマではチンピラ役や犯人役といった悪役を多く演じた。

結城丈二・ライダーマン[編集]

1973年の『仮面ライダーV3』で、主人公のライバルとして「結城丈二(ライダーマン)」を演じた。『仮面ライダー』で主演した藤岡弘、佐々木剛も山口の所属していた劇団NLTの第一期生で、山口は「『仮面ライダー』にはもともと縁があった」と語っている[10]

平山亨プロデューサーによれば、山口の自宅(藤沢)と平山の自宅(辻堂)が近かったこともあり、以前から親交があったそうで、『V3』の企画時に山口は平山の自宅に押しかけて「仮面ライダーに出して欲しい」と、熱心にアピールをしたという。平山は「当時すでに山口は十分実績のある俳優で、驚くやら嬉しいやらだった」そうだが、この時点で主演は宮内洋に決定していたので、これは叶えられなかったという。長女の山口貴子は俳優を目指していた頃に平山からこのエピソードを語られ、役者は積極的になるようにと言葉をかけられた[1]

平山によると、このときの印象が強く残っていたので、『V3』で「ライダーマン」の設定が出てきた際に、山口にオファーを出したという。このライダーマンは、当初マスクやスーツがアップ用の一着しかなく、山口自らスーツを着用しアクションシーンの撮影を行っている。

最後の出演となった『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』では既に肝臓を患っていたとされ、娘の山口貴子は顔がむくんでいたと述べている[1]

山口の入院後すぐに、ライダーマン関連のインタビュー記事としては最後の書籍となった『仮面ライダー大全集』(講談社、1986年)が自宅に送られていて、夫人が山口に届けたところ「嬉しそうに見ていた」という。

この『仮面ライダー大全集』に掲載されたインタビュー[11]では、「ライダーマン役に当たった時はびっくりした。宮内氏と『正しい心を子供たちに伝えたい』などと話した。一歩引いたヒーローを演ずることを心掛けた。バイクは大型免許を持っていました」とエピソードを語っている。また「撮影当時、砂地をオートバイで走行中に転倒し、バイクスタンドが左足に刺さって、今でもそのときの傷がある」といった苦労話も披露している。

主演の宮内洋は『V3』当時、山口から「僕たちは反目しあうライダーだから、普段から視線を外すよ」と言われたという、山口のプロ意識と役作りへの徹底ぶりが窺えるエピソードを紹介している。また『仮面ライダーストロンガー』で二人で客演した時には、「山口と仲良く『ロケ弁』を食べた」と語っている[12]

長年にわたり『仮面ライダー』シリーズを立花藤兵衛役で支えた小林昭二は、山口亡き後のコメントとして「彼(山口)も話題作(仮面ライダーシリーズ)に出られて嬉しかったでしょう」と答えている[13]

大門豊[編集]

唯一の主演作となった『電人ザボーガー』では、秘密刑事「大門豊」役で体当たりのアクションを見せた。この作品は「カンフーブーム」を受け、別所孝治プロデューサーの意向でブルース・リー風のアクションが随所に採り入れられており[14]、山口がブルース・リーばりのオーバーアクションや、雄たけびを多々見せている。大門の愛車「マシーン・ザボーガー」は、ライダーマンの愛車「ライダーマンマシン」と同じくハスラー250をベースにしていた。

この作品ではロボット「ザボーガー」がメインキャラクターであり、山口の役柄は一歩下がった立ち位置だったが、大門の見せ場として敵サイボーグとの超人的なアクションも見せ場となっていた。2011年にリメイクされた映画『電人ザボーガー』でも、古原靖久板尾創路が演じる大門のアクションに、そのキャラクターが踏襲されている。

後任[編集]

山口の死後、持ち役であったライダーマン(声)と大門 豊を引き継いだ人物は以下の通り。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 忍者部隊月光 / 新・忍者部隊月光(1964年 - 1966年、CX) - 名月 / 山名月之助
  • 特別機動捜査隊NET
    • 第221話「青春喪失」(1966年)
    • 第277話「春の波紋」(1967年)
    • 第348話「嵐の中の恋」(1968年) - 井手
    • 第391話「射殺命令707」(1969年) - 井上
    • 第396話「復活」(1969年) - 須山
    • 第413話「麻薬」(1969年) - 登
    • 第439話「同姓同名」(1970年) - 従業員
    • 第444話「愛の巡礼」(1970年) - 小西
    • 第448話「刑事」(1970年) - 山口刑事
    • 第617話「若者よ夜明けを探せ」(1973年)
    • 第619話「南国慕情」(1973年)
    • 第709話「華麗なる殺人計画」(1975年) - 森山
    • 第712話「七年目の報酬」 - 第801話「浮気の報酬」(1975年 - 1977年) - 神谷刑事
  • マグマ大使 第17話「ガレオン地球を攻撃せよ」(1966年) - 大原
  • 七人の刑事 第265話「二人だけの銀座」(1967年、TBS
  • 鉄道公安36号 第192話「歪んだ軌道」(1967年、NET)
  • あゝ同期の桜 第8話「一粒の麦」(1967年、NET)
  • 青空に叫ぼう (1967年 - 1968年、NET)
  • 怪獣王子 第14話「皆殺し!! 火山島」 - 第26話「サボテン怪獣の逆襲」(1968年、CX) - 西住鷹男三曹
  • ウルトラセブン 第30話「栄光は誰れのために」(1968年、TBS) - 青木隊員
  • 戦え! マイティジャック(1968年、CX) - 今井進 隊員
  • 東京バイパス指令 (1968年、NTV
    • 第27話「女獣」 - 檀上明
    • 第46話「死神の爆走」
    • 第55話「どぶ鼠狩り」
  • キイハンター 第107話「太陽と緑の国に大追跡」(1970年、TBS)
  • 俺は透明人間!(1970年 - 1971年、CX)
  • 刑事くん 第1部 (1971年 - 1972年、TBS) - 土居刑事
  • 人造人間キカイダー 第3話「呪い オレンジアントの死の挑戦」(1972年、NET) - 灯台守・道夫
  • さすらいの狼 第19話「殺人鬼の微笑」(1972年、NET)
  • プレイガール12ch
    • 第175話「河豚田警部の初恋」(1972年)
    • 第177話「裸の女をなぜ狙う」(1972年)
    • 第184話「真夜中の美少年」(1972年) - 信次
    • 第185話「女は全裸で勝負する」(1972年)
    • 第197話「死んでも離さぬ熱い肌」(1973年)
    • 第199話「女が裸で命を守る」(1973年) - 木原伸夫
    • 第206話「銀嶺は復讐の血で燃えた」(1973年)
    • 第220話「真夜中の腕くらべ」(1973年)
  • マドモアゼル通り(1972年 - 1973年、YTV) - 竹見
  • 快傑ライオン丸 第40話「大魔王ゴースン 再び怒る」・第41話「大魔王ゴースン あの胸を狙え!」(1972年 - 1973年、CX) - 鷹取城主 春景
  • 非情のライセンス 第1シリーズ 第23話「兇悪のシャンソン」(1973年、NET) - 暴力団組員
  • ロボット刑事 第24話「バクライマン焦熱作戦!!」(1973年、CX) - バドー秘密工作員 M-5
  • 大江戸捜査網(東京12チャンネル)
    • 第117話「仕組まれた祝言」(1973年)
    • 第370話「汚名に賭けた目明し無情」(1977年)
    • 第401話「遊女が明かす連続爆破の謎」(1979年)
  • 仮面ライダーシリーズMBS) - 結城丈二 / ライダーマン
  • 風の中のあいつ 第19話「幕末怨み節」・第20話「幕末同棲時代」(1974年、TBS) - 大村達尾
  • アイフル大作戦 第46話「スキーで婚約 殺人旅行」(1974年、TBS) - 青年
  • 電人ザボーガー(1974年 - 1975年)- 大門豊 主演
  • 太陽にほえろ!(NTV)
    • 第156話「刑事狂乱」(1975年)- 尾崎洋一
    • 第576話「刑事・山さん」(1983年)- 矢崎二郎
  • プレイガールQ 第64話「女の勝負は裸で迫る」(1976年、12ch)
  • Gメン'75 第71話「刑事の女体受託収賄事件」(1976年、CX) - 杉本信一
  • 大鉄人17 第3話「消えたワンセブン謎のヘルメット」 - 第21話「守れ! 熱血の甲子園」(1977年、MBS) - チーフキッド
  • 華麗なる刑事 第21話「真夏の夜の迷探偵」(1977年、CX) - 佐山ジュン
  • 特捜最前線 第41話「シクラメンは見ていた!」(1978年、ANB) - 銀行強盗犯
  • 大都会 PARTIII(1979年、NTV)
    • 第18話「マフィア・ジャパン・スタイル」 - 三浦ショウジ
    • 第28話「ブラックホール」赤い狼メンバー - 佐々木
    • 第34話「ストリート・ガール」 - 船木テツジ
    • 第42話「シージャック強盗団」 - 前島の部下
    • 第48話「囮作戦」 - 赤松猛
  • 西遊記 第24話「火焔山!! 芭蕉扇の愛」(1979年、NTV) - 猪八戒が化けた色男
  • おやこ刑事 第18話「罠・あなたもスターになれる」(1979年、12ch)
  • 男! あばれはっちゃく 第64話「やせるゾがまんだマル秘作戦」(1981年、ANB) - アラン田原

映画[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 仮面ライダー1971-1984 2014, pp. 446-447, 「父との思い出(山口暁)」
  2. ^ 『仮面ライダーオフィシャルマガジンVOL.4 ライダーマン』講談社 2004年 ISBN 4-06-367091-0[要ページ番号]
  3. ^ 『不滅のヒーロー 仮面ライダー伝説』 ソニーマガジンズ1999年ISBN 978-4789713382
  4. ^ 「オフィシャルマガジン」のプロフィールより[要ページ番号]。「仮面ライダー伝説」P82では名古屋出身と記載している。
  5. ^ a b 『ファンタスティックコレクションNo.9 仮面ライダー 総集版』 朝日ソノラマ1978年
  6. ^ 「仮面ライダー伝説」 P82‐83。
  7. ^ 『宇宙船』Vol.32(朝日ソノラマ・1986年)p.102
  8. ^ 「仮面ライダー伝説」 P83。
  9. ^ 「仮面ライダー伝説」 P86‐87。
  10. ^ 『仮面ライダー大全集』(講談社・1986年)p.232
  11. ^ インタビュー日時は1985年11月12日(死去の約半年前)。
  12. ^ 『とことん!石ノ森章太郎・最終章 仮面ライダーシリーズよ永遠に』(デジタルBS 2、2008年3月29日放送)[出典無効]
  13. ^ 『仮面ライダー怪人大全集』(講談社・1986年)p.180
  14. ^ 『マグマ大使パーフェクトブック』(白夜書房)
  15. ^ 1974年に公開された『五人ライダー対キングダーク』でも代役を務めている。

参考文献[編集]

  • 『仮面ライダー大全集』(講談社)
  • 『仮面ライダーオフィシャルファイルブック・ライダーマン』(講談社)
  • 『仮面ライダー1971-1984 秘蔵写真と初公開資料で蘇る昭和ライダー10人』 講談社 編、講談社2014年11月20日ISBN 978-4-06-218566-0